星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

阿部慎之助の引退理由は年俸に釣り合わない打撃成績とプライド?

更新日

2015年のプロ野球のペナントレースも、いよいよ終盤に入ってきましたね。

パ・リーグはソフトバンクの独走で、試合を見る側としては、あまり面白味のない展開になってしまいましたが、セ・リーグは予想外の大混戦となっています。

というのも、昨年まで圧倒的な強さでセ・リーグ3連覇をはたした巨人が、絶不調に陥ったためです。

昨年のシーズン後半辺りから、綻びが見え始めてはいましたが、2015年シーズンの巨人が、まさかここまでの苦戦を強いられることになるとは思っていませんでした。

そのおかげで、2015年のセ・リーグのペナントレースは、どこのチームが優勝するのかわからない大混戦となり、皮肉にもペナントレースを面白くする要因にもなっているのですが…

そんな巨人不調の象徴とも言えるのが、長年攻守に渡ってチームを支え続けてきた阿部慎之助選手の現在の状況です。

なんでも、

『もはや阿部慎之助は引退危機なのでは!?』

との噂も巷では出ているようで…。

そこで当記事では、現在の阿部慎之助選手が引退危機にある理由について探ってみました!

スポンサーリンク

アドセンス

巨人阿部が絶不調!2015シーズンのこれまで

阿部慎之助

阿部慎之助

長年、『打てるキャッチャー』として、巨人を支えてきた阿部慎之助選手。

そんな阿部慎之助選手が、現在なぜ引退危機に陥っているのでしょうか?

その大きな理由のひとつは、2015年シーズンの阿部慎之助選手の状況からわかります。

まだ、2015シーズンは終わっていませんが、ここで一度振り返ってみましょう。

阿部慎之助選手は、年齢による衰えと、怪我の影響もあり、年々キャッチャーを務めることが厳しくなってきました。

2014年の後半では、キャッチャーではなく、ファーストを守ることが何度かありましたね。

そういった背景から、2015年は阿部慎之助選手を、ファーストへコンバートさせることにした巨人でした。

が、しかし…。

阿部慎之助選手のキャッチャーの代わりとして補強した相川亮二選手が、序盤に負傷してしまい、さらに未来の正捕手として目をかけられている小林誠司選手は、まだまだ守備面での不安からスタメンを外れ、結局コンバートしたはずの阿部慎之助選手が、再びマスクをかぶることになります。

そのため、案の定というべきか、阿部慎之助選手は再度怪我で負傷し、2軍行きとなってしまうのです。

再びキャッチャーを封印させ、ファーストに専念させるということで、1軍復帰をはたしましたが、打撃が振るわず8月25日時点での打率はたったの.250ちょっとしかありません。

状況別での得点圏打率が特に酷く、8月初頭の時点では、2割に満たないという成績にもなっています。

阿部慎之助選手を打撃に専念させるはずのためのコンバートで打撃不振に陥り、さらに下位打線へ打順の降格、果てにはスタメン落ちで、代打要員にまでなってしまいました。

筆者は、生粋の巨人ファンではないので、あまり試合自体は、見ていないのですが、対巨人戦や、応援チームの中継がないときに、巨人戦を見て思ったのは、一度やむを得ず

『キャッチャー復帰をした時のほうが、打っていたな』

という印象です。

おそらくですが、キャッチャーをしながら打席に立つということが、阿部慎之助選手のリズムであり、まだファーストを守りながらの打撃のリズムを作ることができていないのではないか?と感じます。

まあ、もちろん怪我の影響や、年齢の衰えもありますが、阿部慎之助選手ほどのバッターであれば、ここまで急激に打撃成績が落ち込むということは、なかなかありません。

ここで悪く考え、

『衰えによるものでもう修正がきかない』

ということにでもなってしまえば、当然ながら阿部慎之助選手には、"引退"の2文字がちらつくことにも…。

阿部慎之助選手は今後、どうなってしまうのか心配になってしまいますね。

 

プライドボロボロの阿部慎之助に引退の可能性

阿部慎之助

阿部慎之助

怪我や、ファーストへのコンバートなどの環境変化もあり、自身のリズムでシーズンに望めていない阿部慎之助選手。

そんな阿部慎之助選手が、もしかしたら引退するかもしれない、と噂になっているのは、冒頭でも触れましたね。

怪我や、現在の極度の成績不振もそうですが、どうやらメンタル面を打ち砕くような出来事があり、それが精神的に苦痛になっているのではないか?とのことらしいです。

まあ、例によって○○関係者の話、などと発言の発信元が、曖昧なことで有名な週刊誌の言っていることなので、あまりあてになりませんが…。

それによると、阿部慎之助選手が打撃ゲージに入った時、村田総合コーチ、清水打撃コーチや高橋由伸選手兼任コーチ、そして原監督が彼を注目します。

その後、清水コーチが阿部慎之助選手にアドバイスを送るなど、集中指導が行われたようで、若手が見ている前で恥を晒したこととなり、それがプライドを傷つけられたとのこと。

また、同じく不振の村田修一選手の代打として登場し、凡退した際には、村田・阿部両選手のプライドに傷がついたとも報じています。

これらの理由から、精神的に追い込まれた阿部慎之助選手が、2015シーズンをもって、引退するのでは?との報道でした。

少し前まで第一線で活躍していたとはいえ、成績不振であるならば代打を送られる、スタメンを外れるというのは、実力が全てのこの野球界では仕方のないことですし、本人たちもそれを理解していると思います。

ましてや常勝軍団として常にトップに位置し続けなければならない巨人というチームカラー。

いくら実績のある選手とはいえ、不振ならばスタメン外しなどを行わなければ、ファンからも批判されてしまいます。

阿部慎之助選手の場合は、コンバートが決定しながらもチーム事情によって、急にキャッチャーへ復帰させられたりと、なかなかモチベーション的に上手くいかないところもあり、成績が振るわないシーズンとなってしまっていますが、2015シーズンで引退するのか?と言われると、正直筆者的にはノーだと思います。

おそらく、阿部慎之助選手本人が引退することになるかの判断をくだすのは、2016シーズン次第になるのではないかと読んでいます。

というのも、現在では小林誠司選手がリード面でも成長が見られたため、阿部慎之助選手のキャッチャー再々復帰の可能性はほぼないに等しく、これでもうファーストに専念できるでしょう。

ファーストとしての守備力は、お世辞にも上手いとはいえませんが、阿部慎之助選手はそれを打ち消す、強烈なバッティングという魅力を持っています。

2016シーズンに、以前のような阿部慎之助選手の思ったような打撃ができるのであれば、まだ引退はしないでしょう。

逆にファースト一本でプレーした上でも、2015シーズン同様の不振が続くようならば引退する、と考えるのではないでしょうか?

筆者の結論としては、阿部慎之助選手の進退は2016シーズン次第である、と強調し断言しておきます。

 

阿部慎之助引退説に対するネットの反応は?

野球ファンの男性

一流の選手が極度の成績不振に陥ると、必ずと言っていいほど囁かれる引退説。

阿部慎之助選手の引退説に、ネットの巨人ファンはどう思っているのでしょうか?

そこで実際に見てみると、

「こんな成績なら必要ないし、引退するべきだ」

と、考えている方もちらほらいましたが、大半は、阿部慎之助選手はまだ必要な選手だから、残って欲しいと思っているようです。

また、引退待望派の方も、阿部慎之助選手の働きが年俸に見合っていないからという理由からきているらしく、

「給料の大幅カットならば残ってほしい」

と、年俸が1億円程度までダウンするのであれば、残ってほしいと考えている方が多いようですね。

かねてより、阿部慎之助選手の年俸は高すぎる!とファンから批判されていました。

ちなみに阿部慎之助のその年俸額ですが、なんと5億1,000万円!

2015年の成績で、5億1,000万円もの大金を巨人が阿部慎之助選手に支払っているとなれば、これは『給料泥棒』と言われてしまっても無理はありません。

阿部慎之助選手の現在の極度の不振状態が続くとなれば、5億1,000万で他の大型補強をしたほうがマシなくらいですからね…。

 

おわりに

成績不振に陥っている巨人の阿部慎之助選手は、2015シーズンで引退するのではないか?と囁かれていたようですが、これは某週刊誌の報じたもので、信憑性には欠けるものでした。

しかし、ファンも5億1,000万円もの高額年俸であれば、阿部慎之助選手はもう必要ないと感じているようです。

2015年の年俸が、5億1,000万円の時点でも批判が噴出していたことなので、巨人フロントとしては、2015年の査定は厳しく臨まなければならないでしょうね。

まあ、筆者的には阿部慎之助選手の再起の可能性や、これまでの功労者であることなどもかけて、最終的には年俸3~4億程度までしかダウンしないのでは?と思っています。

(本当はそれではいけないのですが…)

いずれにせよ、阿部慎之助選手が2015シーズンで引退することはほぼなく、その決断の判断材料は2016シーズン次第になるのではないかと予想します。

引退のきっかけになるのは、人によってさまざまで、日本を代表するキャッチャーであったアメリカ・メジャーリーグでも活躍した城島健二さんは

「キャッチャーのまま引退したい」

と、コンバートの提案を蹴って引退という道を選びました。

阿部慎之助選手は、何よりの持ち味がバッティングですから、コンバートにより打撃に専念できる環境の下でも、不振に終われば引退…と考えているのかもしれませんね。

このまま2016シーズンも阿部慎之助選手は不振が続き、遂には引退となってしまうのか?

はたまた2016シーズン、または終わってはいない2015シーズンの後半から阿部慎之助選手のバッティングが復活し、まだまだ現役を続けるのか?

これからも阿部慎之助選手の今後の動向には、目が離せませんね!

阿部慎之助の記事はこちらもよく読まれています!

巨人・小林誠司はキャッチャー失格?阿部が再び捕手の理由とは?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球