星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

ハリルジャパン日本代表メンバーから見る永井謙佑の選出理由とは?

更新日

ハリルジャパンが、2015年9月に戦うロシアワールドカップ2次予選(カンボジア戦・アフガニスタン戦)の23名が、2015年8月27日に選出されました。

正直、今回日本代表に選出されたメンバーを見ると、本気で勝ちにいっているようには伺えず、何処か消化不良の起こるような人選に映っている方が多いようです。

特にその矢面に立たされているのが、FW永井謙佑選手で、

『何故か選出?』

と、首を傾げているサポーターも多いようですが、それは一体何故なのでしょうか?

そこで、本記事では、今回選ばれたハリルジャパン日本代表の23名及び、ハリルホジッチ監督に対しての筆者の考えを交えながら、永井謙佑選手の過去成績による批判的な話や、選出理由に迫っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ハリルジャパン日本代表23名選手!迷走露出

ハリルジャパン

8月27日、サッカー男子ロシアワールドカップの第2次予選、カンボジア戦及び、アフガニスタン戦に出場する23名の発表会見が行われました。

今なお所属チームが決まっていない川島永嗣選手(GK)が、代表から外れるというサプライズがあったものの、基本的には順当な選手選出であり、一応試合に勝ちに行く姿勢は伺えるようにも思います。

しかし、正直なところ筆者としては、

『やっぱりこの選出なのか…』

と落胆の色を隠せませんでした。

確かに、日本国内で彼等に変わる選手が出てきていないのは十分承知していますし、その事自体由々しき問題だということも分かりますが、何故

『宇佐美選手なの?』

『チームスピリットを持ち、鼓舞できる大久保嘉人選手などは、など選出されていないの?』

など…

まぁ、言いたいことは山ほどありますが、まずは、選ばれた代表23名を見ていきましょう。

まずGKは、川島永嗣選手が外れ、その代わりに六反勇治(ベガルタ仙台)が選出されています。

さらに、これまで何度か選出されている西川周作(浦和レッズ)、東口順昭(ガンバ大阪)が選出された顔ぶれとなりました。

今回、川島永嗣選手がいないだけに、西川選手や東口選手にとっては、レギュラーを掴むビッグチャンスだと思いますし、何が何でも結果を出してほしいものですね。

DFは、次の8名。

酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)、酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)、長友佑都(インテル/イタリア)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、丹羽大輝(ガンバ大阪)、槙野智章(浦和レッズ)、森重真人(FC東京)、米倉恒貴(ガンバ大阪)。

ここ数年で多少変わっているとすれば、米倉選手、丹羽選手が起用されていることくらいで、特に代わり映えはしないという印象ですね。

やはり、経験値の高い、長友選手、吉田選手、槙野選手、森重選手辺りが、DF陣を牽引していくといったところなのでしょう。

MFは次の6名。

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、山口蛍(セレッソ大阪)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)、香川真司(ドルトムント/ドイツ)、遠藤航(湘南ベルマーレ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

やはり予想通りのメンバー選出で、彼等を超える逸材がいない事そのものが問題かもしれず、長谷部選手の牽引力と、柴崎選手の戦術眼・突破力に期待するしかない厳しい状況でしょうか…

そしてFWは次の6名。

本田圭佑(ミラン/イタリア)、宇佐美貴史(ガンバ大阪)、武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)、岡崎慎司(レスター/イングランド)、興梠慎三(浦和レッズ)、永井謙佑(名古屋グランパス)

本田圭佑選手や、岡崎慎司選手を軸に、決定力を上げられるかどうかが問題かもしれませんね。

以上が、今回選出された23名ですが、正直厳しい意見を言わせてもらうと、この日本代表からは、何一つ期待感が得られないのは、筆者だけなのだろうか?と言わざるを得ません。

一貫性も無ければ、本気で勝ちたいという姿勢も伺えず、何のためのW杯予選なのかすらも見えません。

まず、GKに対しては、川島選手がコンスタントに試合に出れていない状況(チームすらも決まっていない…)で外れるのは分かるにしても、代わりに入ったのが、六反勇治選手と言うのはどうなのか?

おそらく、これまでの選手とは別の選手を入れようという意志の表れだと思いますが、現状、ベガルタは、J1リーグ2ndステージで17位と低迷中で、ここのところほぼ毎試合失点もしています。

もちろん、この失点は、彼だけの責任ではないことは重々理解していますが、もし勝ちにいくなら川島永嗣選手を3番目(ベンチウォーマ・精神的支柱)として起用するか、権田修一選手(FC東京)、林彰洋選手(サガン鳥栖)などを起用するべきだと思います。

逆に、あえて将来性を考えて若手を起用するなら、大胆に、櫛引政敏(清水エスパルス)のような若手にチャンスを与えてみるのもいいかもしれません。

六反選手の選出は完全に中途半端としか思えないのです。

次にDFに関してですが、安定して試合に出れていないという理由で、GKの川島選手を外したのであれば、何故長友選手も外さなかったのか?

もちろん彼以上にハードワークができるサイドバックはいないので、仕方ないのかもしれませんが、全盛期からパフォーマンスが落ちていると考えれば、もうここは諦めて、酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)に期待してみてもいいのではないかと思います。

次にMFに関してですが、こちらは致し方なしといったところでしょう。

ボランチにしろ、ゲームメーカーにしろ日本国内で誰一人、『絶対』『鉄板』という選手が育っているように思えません。

今回起用された選手を含めても、それなりに期待できる選手は、長谷部選手・遠藤航選手・柴崎岳選手、そして、遠藤保仁選手の4名くらいしか思い浮かびません。

遠藤保仁(ガンバ大阪)選手は、年齢的なこともあるので、外すというのも分かりますし、この選択肢が妥当だと思います。

今回の日本代表選出の一番の問題はFWです。

特に宇佐美選手の起用には、首をかしげたくなるばかり…

宇佐美選手自身ここのところ疲れていると、ハリルホジッチ監督自身が述べていたにも関わらず、彼を起用する意味が全く分かりません。

他にもチームを鼓舞することができる大久保選手もいますし、得点力という意味では、浦和:武藤雄樹選手だって十分パフォーマンスは残せています。

若手であれば、広島の浅野拓磨選手だっているわけで、何故そこで宇佐美選手を起用するのでしょうか?

疲れていて最高のパフォーマンスが残せないのであれば、外すべきとはセルジオ越後さんもおっしゃっていた話で、しかも年齢的理由から大久保選手を外しておきながら、興梠選手を起用するという意味不明さも浮き彫りになっています。

確かに大久保選手よりは4歳年下ですし、極端におかしいとは言いませんが、彼を選ぶのであれば、年齢的にも2歳若く、Jリーグで結果を出している武藤雄樹を起用しないのはどうなのでしょう?

これでサポーターにばかり応援を求められても、誰が納得するのでしょうか?

さらにかなり厳しい意見を言わせていただきます。

このままの一貫していないブレた選出をしている以上、カンボジア相手でも勝つのはかなり厳しいと筆者は睨んでいます。

最悪2連敗も十分ありえるのでは?と考えられ、首脳陣の本気さが何一つ伝わらないメンバー選出だけに、非常に心配です。

しかし、もう選ばれてしまった以上は、どうすることも出来ません。

ここで起用された選手たちは、ぜひ奮起して日本代表としての意地を見せて欲しいと願うばかりです。

 

永井謙佑選手の過去成績にも『待った!!』あり?

永井謙佑

永井謙佑

今回の日本代表選出に関して、永井謙佑選手(名古屋グランパス)も起用されていますが、彼の過去の成績を見ると待ったを掛けたくなる日本代表ファンも多い様に伺えます。

永井謙佑選手自身、アビスパ福岡、ヴィッセル神戸の特別指定選手を経て、名古屋グランパスに入団し、その後スタンダール・リエージュへ海外移籍し、また名古屋に戻ってきています。

筆者自身、神戸サポなので、神戸で出場していた試合でも何度か観ていますが、確かに永井謙佑選手のスピードは、日本代表にとって必要な武器ですし、選出されるのはよく分かりますが、彼自身にはそれほどの決定力はありません。

海外移籍していた期間も得点0で、2013年途中で名古屋に帰ってきたということを考えても、その年にゴール0だったというのは

『ストライカーとしてどうなの?』

と、言いたくなる気持ちになるでしょう。

2014年に12ゴールを挙げているものの、今年はまだ6点と、得点感覚で言えば、非常に浮き沈みの激しい選手であることが分かります。

それだけに、絶対的な得点力を欲するハリルジャパンで、何故永井謙佑選手を起用するのか?と疑問視するサポーターが多いのも頷けます。

筆者としては、永井謙佑選手が起用されるのは、別におかしなことではないと思いますし、彼に得点を求めるのではなく、自慢のスピードを上手く使って欲しいと考えています。

永井謙佑選手のスピードは、相手にとってみれば脅威ですし、有効に使えば大きな武器になります。

ただし、あとでも述べますが、チームがひとつになっていなければ、永井謙佑選手のスピードなど活かされるわけもなく、何の役にも立たない無駄なピースになってしまいます。

そうならない様に、永井謙佑選手だけでなく、チーム全員が、俺様サッカーをするのではなく、チームとして機能するサッカーをして欲しいと心から願っています。

 

永井謙佑選手がハリルジャパンに選出された理由!

永井謙佑

永井謙佑

ハリルジャパンの日本代表(カンボジア戦及びアフガニスタン戦)23名の中に、永井謙佑選手が選出されたわけですが、その理由をハリルホジッチ監督は、この様に語っています。

永井謙佑選手は、得点の応力もさることながら、スピードを持っている選手で、日本代表には欠かせない個をもった選手です。

試合の最後のところでの体力低下が著しくなってしまうので、そこを何とか改善してほしいという話もされていましたが、守備からのカウンターを仕掛けるという意味では、重要なピースになるのではないでしょうか?

とはいっても、ただ運動力があるだけでは意味がなく、他の選手と連動して人とボールが動かなければ、全く意味がありません。

そのことはサッカー界の神様とも言われたジーコさんが、監督を務めた2006年ドイツW杯でも明らかになったことです。

当時、小野伸二選手、稲本潤一選手、中田英寿選手、中村俊輔選手という、黄金カルテット4人の中盤を形成しながらも、連携不足で勝ち切ることが出来ずに、気がつけばグループリーグ敗退となってしまいました。

もちろん、個の力(フィジカル)はとても重要ですが、選手間の連携がないところでパスの受け渡しをしていたら、簡単にパスカットされてカウンターを受けて失点してしまいます。

東アジアカップ選手権でも、まさに同じ現象が起きていました。

一部では『ハードワークなんて馬鹿げたことを…』とおっしゃいますが、いくら永井謙佑選手のような素晴らしい武器を持った選手が登場しても、その個が連動しなければ、何一つ意味はありませんし、そのためにハードワークは必要です。

別に終始動き回る必要はありませんが、ここぞという時にしっかりスイッチを入れ替えて、連帯感を持って動けなければ、どれだけ得点力をもった宇佐美選手や、スピードを活かせる永井謙佑選手がいても、決定力には一切つながりません。

永井謙佑選手は、確かに、スピードという武器を持った素晴らしい選手であることに違いありません。

ハリルホジッチ監督や、日本代表にとって抜きん出たFW(点が取れるFW)の創成が求められていることも事実であり、永井謙佑選手はその素質を持っています。

しかし問題は、そんなところではなく、何度も言うようにハードワークを用いながらチームとして連動し、彼等のような素晴らしいピースをどのように効果的に使うかということが重要なのです。

これは、東アジアカップ2015の時も筆者が指摘したことで、ある種の『俺様サッカー』という身勝手な判断で勝手な行動をしてばかりいれば、数人がかりで止められてカウンターに遭うのは目に見えてわかりきったことで、また同じ繰り返しをするだけです。

※東アジアカップ2015(北朝鮮戦)で、日本が予想通りに逆転負けした一戦に関して、筆者が述べた敗戦理由の詳細や、日本が負けた3つの気が付かなければいけない要素は下記の記事で十二分に述べていますので、割愛します。

問題は、日本代表が『フォアザチーム』になれるかどうかが問題で、周囲をしっかり見渡し、パスを出すべきところはパスを出し、またパスの受け手も自ら動いてパスを貰うという努力をし続けることや、打つべきところで、しっかりシュートを打ち切る姿勢を保つことが重要なのです。

その姿勢をピッチに立つ全員が見せ続けられるかが重要であり、その姿勢を保つためにも、メンバー全員が危機感を持つことが必要だと、筆者は今回の選出でも思いました。

これもまた、セルジオ越後さんがおっしゃっていたことですが、万が一カンボジア戦で結果が出なければ、ハリルホジッチ監督を更迭(クビ)にするくらいでなければ、同じ過ちを繰り返してしまうと思いますよ。

選出されたメンバーたちが本当に厳しく試合に挑めるのか、そして、ハリルホジッチ監督も必死になれるのか、まさに正念場の一戦を迎えると行った印象を受けるカンボジア戦です。

日本代表(サムライブルー)の本気が少しでも見られることを切に願うばかりですね。

 

まとめ

遂に2015年9月に行われる、男子サッカー・ロシアワールドカップ2次予選(カンボジア戦、アフガニスタン戦)を戦うメンバー23名が発表されました。

この選手選考に対して、思うことは人それぞれだと思いますが、何処かしら疑問に思っているサポーターは多いように思います。

その中で、特に筆者個人の意見を言わせてもらえば、完全に東アジアカップの二の舞いという印象です。

監督をはじめとする首脳陣の方針もブレブレに見えますが、それでも肝心なのはピッチに立つメンバーたちが結果を残すことなので、まずは彼等の戦いぶりをも見届けたいものです。

そして、カンボジア戦の内容によっては、次の一手(ハリルホジッチ監督更迭)を打つべきなのかどうかを見極めたいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー