星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

五輪エンブレム原案(元ネタ)もパクリで盗作確定?遂に取り消しへ!

投稿日

2020年、東京五輪エンブレムのデザインパクリ(盗作)疑惑問題。

事の発端は、デザイナー:佐野研二郎さんが手がけた五輪エンブレムが、

『ベルギーのリエージュシアターの、ロゴマークを盗作したのでは?』

と疑惑に挙がったことが発端でした。

その後、佐野さんの手がけてきたデザインアイテムの数々にパクリ疑惑が勃発し、問題が肥大化する一方。

そんな中、先日の東京五輪エンブレムの原案が公開されて、デザインが決定した経緯なども発表されていますが、そこでも何かと問題が起こっているようです。

結果、五輪エンブレムが取り消しになったとか…

一体、五輪エンブレムの原案では、どんな問題が勃発したというのでしょうか?

本記事で、新たに起こっている五輪エンブレム盗作(パクリ)問題について探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

東京五輪エンブレム問題の経緯

五輪エンブレム

(左から)リエージュシアターのロゴ・五輪エンブレム

最近、巷で何かと、やかましくニュースで流れている2020年の東京五輪エンブレム問題。

コンペによって決まったデザインの原作者である佐野研二郎さんのパクリ疑惑が取り沙汰され、この問題がかなり深刻化されていますよね。

事の発端は、ベルギーのリエージュシアターのロゴマークに酷似していると、Facebookで指摘が入ったことから、発展し問題化した話ですが、当初は、このデザインを手がけた佐野研二郎さんを擁護する声も多くありました。

そもそも、デザインとは、世の中のあらゆるものを組み合わせて、新たな造形物を作るものです。

明らかな著作権違反はNGですが、四角や丸などの形・マークのように、明らかに著作権のないものを用いることには問題は無く、シンプルなもの程、結果的にデザインが酷似するのは当然。

今回の東京五輪エンブレムと、リエージュシアターのロゴマークは、趣旨も違うわけですし、デザインを手がけた佐野研二郎さんも、会見の席で

『盗作(パクリ)ではない』

と言い切っていますよね。

そんなことから、TBS『ひるおび!』のレギュラーでもある、八代英輝さんも元裁判官、国際弁護士という立場で、佐野研二郎さんを擁護していました。

しかし、ここで問題は終わらず、トートバックのパクリ疑惑が浮上し、その事を佐野研二郎さんがあっさり認めてしまったものだから、事態はどんどんおかしな方向に進んでしまい、

『やはり東京五輪エンブレムは盗作だったのか…』

と言われるようになっていきます。

さらに、

『東山動物園(名古屋市)のシンボルマークが、中米コスタリカの国立博物館のマークに酷似している』

という話が浮上し、「おおたBITO太田市美術館・図書館」のロゴマークも、アメリカのデザイナーのものをアレンジしただけだと、次から次へとパクリ疑惑が浮上しました。

これらの数多くの盗作疑惑が浮上し、さすがに世間は佐野研二郎さんを擁護できなくなったのです。

また、この一件で、世間に対するデザイナーへの見る目が厳しくなっているのか、佐野研二郎さんを養護した森本千絵さんの手がけたユーミンやミスチルのアルバムジャケットや、東京五輪エンブレムの審査をした長嶋りかこさんにもパクリ疑惑が浮上します。

もちろん、たとえかなり似ている部分があったとしても、100%のパクリであるというには決め手が薄く、賛否は分かれながらも、見る側がデザイナーの仕事を理解せず、冷静さを欠いた判断になってしまっているようにも伺えます。

そんなこともあり、この東京五輪エンブレム問題は、デザイナーそのものの今後の仕事にも影響しそうな大問題へと発展していきました。

そして、世界陸上2015や、現在開催中のワールドカップバレーなどで、日本が盛り上がり、一時的にこの問題を忘れかけてきた矢先です。

今回の東京五輪エンブレム原案そのものにパクリ(盗作)疑惑が浮上し、またしても問題が巻き起こり、遂には五輪エンブレムの取り消しに発展していきます。

詳しくは後ほどお話しますが、それにしても一体どこまで盗作(パクリ)問題が深刻化していくのか?といった印象が強く、いろんな意味でいい加減にして欲しい話だと思う次第です。

 

東京五輪エンブレム原案にパクリ(盗作)疑惑

何かと物議の声が挙がってしまい、時間が経過するほどに問題が大きくなっていった東京五輪エンブレム問題。

その根源となっているのが、佐野研二郎さんの手がけたあのエンブレムにあるわけですが、もはや問題は彼だけのことではなく、他のデザイナーまでもが死活問題になるほどの波紋が広がりかけています。

そこで、東京五輪エンブレムと、リエージュシアターのロゴとは、趣旨が全く違うものだと証明したかったのか、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が会見を開き、原案の公開や、選考過程を説明されました。

しかし、一部のネットユーザーが、ネット検索して見つけてきたのか、この原案そのものに、盗作疑惑が浮上してしまいます。

実は原案と言われたTの字をより強調されているようなデザインが、2年前に東京都内で行われた展覧会のポスターで描かれたロゴマークに酷似していたのです。

なお、この2年前に東京都内で行われた展覧会のポスターとは、20世紀に名を残すタイポグラファー(ざっくり言うと活版印刷技師のようなものだそうです)のヤン・チヒョルト氏の展示会として東京・銀座で行われたものだそうです。

五輪エンブレム

(左から)ヤン・チヒョルト氏の作品と五輪エンブレム

そして、そのポスターは、ヤン・チヒョルト氏の英語表記『Jan Tschichold』の頭文字である『J』『T』の文字を使い2年前にデザインされたポスターとのこと。

今回の東京五輪エンブレムの原案は、この2年前からあったヤン・チヒョルト氏の展示会のポスターデザインに酷似していたというのです。

ちなみに、何処が酷似していたのかというと、まさにTの文字の描き方なのですが、この文字の横棒の三角の部分と縦棒の長方形の部分のパーツ、右下の丸は全く同じで、文字を示す部分のパーツの間隔が、若干離れているか離れていないかの差でしかありません。

あと付け加えて言うのであれば、カラー配色が変わっているくらいで、ほぼ瓜二つと言っても良いでしょう。

そして、話はここで終わりません。

プレス向けに、作成された展開案の絵に付いて、ある海外の個人サイトで使われている写真がそっくりそのまま使われているのです。

五輪エンブレム

(左から)海外個人サイトの画像と五輪エンブレムの展開案

仮にもオリンピックのエンブレムですし、特に著作権にはシビアなはずなのに、似ているどころかほぼコピーしているというのですから、もう佐野研二郎さんに言い逃れは出来ませんよね。

さらに酷いのが、五輪の大会運営側が、この問題が発覚する以前のコンペの段階から、

『原案に似ているものがあるから』

と言って、修正を佐野研二郎さんに求め、それでごまかそうとしていた点です。

普通なら、明らかに原案と瓜二つのデザインが見つかっていたら、コンペで次点とされたデザイナーの方に改めて依頼するものです。

ところが、五輪の大会運営側は、佐野研二郎さんに修正を求め、次点となったデザイナーに依頼し直す(原案見直し)ことはしなかったのです。

その理由は、おそらく佐野研二郎さんのデザイナーとしての展開力を期待して、なんとか軌道修正で済ませようとしたのでは?という話なのですが、この話はあくまで憶測の部分でしか無く、明確な理由は、会見の席で一切語られていなかったのです。

そんな話になれば、これはもう、火に油を注ぐだけで、ますます五輪エンブレムの盗作(パクリ)問題が深刻化するだけですよね。

結局、2015年9月1日のお昼の速報ニュースで流れて、わかったことですが、東京五輪エンブレムの見直しが決定し、さらに佐野研二郎さんに対しても、改めて調査することが発表されました。

とりあえず、これで一旦は、この問題が終息への流れを見せていくと思われますが、もしかすると、もう後戻りのできない泥沼化する恐れもあり、なんとも後味の悪い問題になってしまいましたね。

一体、この東京五輪エンブレム盗作(パクリ)問題の最終的な決着はどうなってしまうのでしょうか?

本当にただただ悲しいばかりです…

 

東京五輪エンブレム原案盗作の反応・評判は?

不安な男性

さて、今回の、デザイナー:佐野研二郎さんが巻き起こした、東京五輪エンブレム原案パクリ(盗作問題)の反応・評判ですが、やはり冷ややかな目で見ている方が多いようです。

また、一部のデザイナーまでも、この問題に感化され、冷静な判断ができなくなってしまい、明らかにコンセプトもデザインも異なるものを、酷似していると批評し、自分たちだけが正しいデザインをしているというふうに差別化してしまっている方も、出始めています。

きっとこの方達も自分たちが少しでも、デザイナーとしての信頼を落とさずに、なんとか仕事を確保したいと必死なのでしょう。

筆者としては、ただただ冷静になってほしいのです。

別記事でも書いたことをもう一度ここでも書きますが、極端な話ですが、素麺を開発して商品化したら、中華麺、そば、ひやむぎ、うどんその他麺類が全部パクリになるのですか?

明らかに違いますよね。

そもそもデザインの世界で、何一つ影響を受けないものなどあるわけがないですし、何でもかんでもパクリと言うのはあまりにもおかしい話です。

別に佐野研二郎さんを擁護するつもりもありませんし、彼の場合は明らかに著作権をも無視したパクリ(盗作)です。

ただ、他のデザイナーまでもが100%パクリだとは思い込んでほしくないのです。

今、話題になっている森本千絵さんも、長嶋りかこさんも、明らかに100%のパクリというには決め手が薄い気がします。

確かに森本さんは、かなり疑わしい部分もあると思いますが、長嶋さんの場合は明らかに質や物が違うと考えています。

当然コンセプトも違うでしょうし、佐野研二郎さんと括りつけて、盗作・パクリと言うのはあまりにも理不尽で、先ほどお話した素麺が世の中にあるなら、他の麺類すべてがパクリで、この世からすべて抹消すべきと言っているようなものです。

もちろん、今回起こったパクリ疑惑のような話は、氷山の一角で、実は何処にでもあるようなことなのかもしれません。

しかし、ここで全てを盗作・パクリと決めつけたら、デザイナーだけでなく、最悪フォトグラファーやイラストレイターたちの作品もパクリと言われてしまうかもしれません。

もっともっと言ってしまえば、AKB48の新曲『ハロウィン・ナイト』の振り付けで、両腕を上下にふる振り付けでさえ、何かのパクリと言われかねなくなります。

もちろんパクリではありませんし、こんなことはあってはならないことです。

確かに人の価値観は、十人十色で、あらゆるデザインが、酷似していると感じるか感じないかは、あくまでも人の自由で感性の問題だと思います。

ただ、明らかなパクリでもないのに、さもパクリだ盗作だ、と騒ぐことは、デザイナーなどが生きていく上での死活問題に発展します。

もちろん、佐野研二郎さんが引き起こしたことは、本当に許されることではありませんし、今後は責任をしっかり追求されるべきだと思っています。

しかし、今一度冷静になってください。

このままの判断で、ひたすら"あら探し"のようなことばかりが行われば、この世の中が、大きくおかしな方向へと進んでいくことは間違いないと思います。

ただただ、そんな悲劇が起こらないように、冷静な判断で、世の多くのデザインと触れ合って欲しいと切に願うばかりです。

 

まとめ

東京五輪エンブレム問題で、デザイナー:佐野研二郎さんが引き起こしてしまったパクリ(盗作)疑惑。

それを否定するために五輪の大会運営側が、佐野研二郎さんの五輪エンブレム原案まで公表したにも関わらず、その原案までも別のデザインとほぼ瓜二つで、ついに決まっていた東京五輪エンブレムのデザインが取り消しに…

しかも、五輪の大会運営側の対応も不手際が多く、さらに問題が深刻化。

世の中のデザイン全てに対して疑惑の目で持つ方が増えてしまいました。

佐野研二郎さんには、これからしっかり責任追求していくべきですが、このままでは、オリジナルに傾倒しすぎて、間違った方向に傾きかけないだけに、今ひとつ、冷静な判断で、世の中のすべてのデザインが、決してパクリとは限らないことを理解して欲しいと、切に願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事