星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

さかなクンとドランクドラゴン鈴木拓が共演NGの理由・原因とは?

更新日

芸能界には、若手大御所関係なく、実に多くの方が在籍されていますが、中には、

『実は同じ学校の同級生だった』

というケースもありますし、

『この人とは共演してもストレスを感じるだけ…』

という人もいらっしゃるでしょう。

一般社会ならば、我慢するしかないことなのですが、売れっ子の芸能人は、共演NGとすることも可能みたいです。

魚類学者のさかなクン鈴木拓さん(ドランクドラゴン)も、同級生でありながら共演NGと言われ続けていたらしく、ネットでも何かと囁かれていましたが、実は共演NGは大きな勘違いだったようです。

では、何故、さかなクンと鈴木拓さんは共演NGと誤解されていたのでしょうか?

その理由を当記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

意外と多い芸能人の共演NGまとめ

お笑いコンビ『ドランクドラゴン』鈴木拓さんと、魚類学者のさかなクンが共演NGになっているなんて話が、ネット上で何かと噂になっているらしく、先日放送された『金スマ』を観るまで、完全に2人は不仲で共演NGであると誤解していた方も多いのではないでしょうか?

実際に鈴木拓さんもさかなクンに『共演NG』とされている、と誤解されていたそうですし、そういう話を見聞きしたネットユーザーは、誤解しても仕方ありません。

さて、このような共演NGという話は、芸能界では決して珍しい話ではなく、ジャンルを問わず共演NGという組み合わせはたくさんあるようです。

今回、この共演NGについて調査する前の筆者としては、

『芸能人の共演NGなど都市伝説のようなもので、視聴者が勝手に決めつけた共演NGなのではないか?』

と思っていただけに、まさに衝撃的な話でした。

共演NGは、芸能人自らが共演NGを言い渡すケースもあるようですが、実はテレビ局側が"気を遣う"というのも多いようですね。

テレビ局が、"気を遣う"ケースで、特に多いのが、三角関係や元カノ・元カレといった恋愛関係での問題があった方々。

まぁ確かに、元カノ・元カレといった存在は、場合によっては、もう仕事だとしても顔も見たくなかったりと、大きな嫌悪感を抱いてしまうこともあります。

テレビ局側としても、出演してもらう以上は、最高のコンディションで番組に臨んでもらいたいでしょうし、芸能人はそれこそ山のように大勢存在するので、あえて苦手意識を抱いている者同士を共演させる必要もないですからね。

では、芸能人自らが共演NGを言い渡したケースというのは、一体どのくらいあるのでしょうか?

そこで、現在までに共演NG状態にあると言われている芸能人の噂を3つほど、ご紹介していきます。

【共演NGその1】松本人志×明石家さんま

松本人志と明石家さんま

松本人志と明石家さんま

『ダウンタウン』松本人志さんと、明石家さんまさんの不仲説は、これは結構有名な話ですよね。

なんでも、松本人志さんの相方である浜田さんが、明石家さんまさんにトラウマ意識を持っているらしく、また松本人志さんと明石家さんまさんの芸風の違いから、『不仲なのではないか?』と囁かれているようです。

確かに、同じ事務所でありながら、『ダウンタウン』と、明石家さんまさんは、共演を全然みかけないですよね。

明石家さんまさんは、『ナインティナイン』などとの共演が割とあるだけに、『ダウンタウン』とだけ全く共演がないというのは、この不仲説にも少し納得できてしまいます。

また、松本人志さんと、明石家さんまさんの数少ない共演である『さんまのまんま』では、二人の話がかみ合わなかったり、『笑っていいとも』の最終回では、距離をとっていたということも聞かれます。

筆者としては、別に無理に共演する必要もないですし、今後もそれぞれテレビを賑わせていってほしいなと思います。

また、『ダウンタウン』は、共演NGの芸能人がかなり多いと言われており、ほかにも『爆笑問題』の太田光さん、中山秀征さん、森脇健児さんが共演NGなのだとか。

【共演NGその2】スザンヌ×ふかわりょう

スザンヌとふかわりょう

スザンヌとふかわりょう

おバカタレントのスザンヌさんと、お笑いタレントのふかわりょうさんも、共演NGの関係にあるようです。

ふかわりょうさんは、スザンヌさんに対し好意を持っていたらしく、ふかわりょうさんが番組の共演をきっかけにスザンヌさんとメールアドレスを交換。

それで舞い上がってしまったのか、ふかわりょうさんは1日1回は、スザンヌさんにメールを送っていたそうです。

ふかわりょうさんがスザンヌさんにメールを送ること自体は、別に問題にならなかったそうですが、その送ったメールの内容が問題でした。

ふかわりょうさんが一方的にスザンヌさんを口説くようなメールばかりを送りつけ、しかも自己完結するメール内容で非常に返信しづらいものだったらしく、その後、スザンヌさん側が、ふかわりょうさんに対して、共演NGを出したのだそうです。

一方的な内容のメールばかりを送られてしまっては、返信に非常に困りますし、そんな方と恋愛関係に発展したい…とは、あまり思いませんよね。

アプローチをかけるのは良いのですが、あまりにしつこいのもどうかと…

【共演NGその3】千原ジュニア×加藤浩次

千原ジュニアと加藤浩次

千原ジュニアと加藤浩次

お笑いコンビ『千原兄弟』の千原ジュニアさんと、こちらもお笑いコンビ『極楽とんぼ』の加藤浩次さんは、なんと20年間も共演NG状態にあったと言われています。

こちらは、既に噂ではなく、千原ジュニアさん本人が『エニシバナシ~芸人縁旅~』で語った内容からも明らかとなっています。

ある番組で、千原せいじさんが、現在は解散した『やるじゃねぇかーず』の浦井崇さんと大喧嘩したそうです。

この喧嘩に助太刀に入った千原ジュニアさんもヒートアップしてしまい、さらにこの事態を止めようとしていた加藤浩次さんを怒鳴ってしまったのだといいます。

若かりし頃の千原ジュニアさんですからね。

血気盛んだった当時を改めて振り返り、止めてもらったにもかかわらず、酷いことをしてしまったと悔やんでいるそう。

騒動後は会うことがなく、謝る機会が中々訪れないまま過ぎてしまったそうです。

それが偶発的に共演NGという結果になってしまったとのこと。

公にするということは、現在では和解していると思われますが、はたしてどうなのでしょうか?

また、兄の千原せいじさんは、なだぎ武さんを共演NGにしているらしく、その理由については、

「お互いのいいところを潰しあってしまうため、プロとして仕事にならないから」

とのことです。


 

このように、芸風の違いから恋愛関係のもつれ、大喧嘩などのトラブルと、様々な理由で共演NGとなってしまっている芸能人は多いという噂です。

まあ、大半は噂なので真偽のほどは怪しいものですが、千原ジュニアさんや千原せいじさんのように本人が語っているケースもあるため、共演NG自体は芸能界に存在するものと見てよいでしょう。

芸能人同士の確執の噂などは、結構囁かれたりしていますし、もしかしたら一触即発なほど、ピリピリした関係にある芸能人も少なくはないのかもしれません。

それにも関わらず、収録中は笑顔で通すのですから、芸能人のプロ意識というものに、ただただ感服するばかり…なのかもしれません。

 

ドランクドラゴン鈴木拓とさかなクンが共演NG?

鈴木拓とさかなクン

鈴木拓とさかなクン

先ほどの話で、芸能界には共演NGが存在するということがわかりました。

それでは話を本題に戻し、『ドランクドラゴン』鈴木拓さんと、さかなクンが共演NGと噂されていた一件に触れていきたいと思います。

実は、『ドランクドラゴン』鈴木拓さんと、さかなクンは、なんと中学・高校時代の同級生で、さらに高校時代はクラスメイトだったそうです。

同じ高校の出身だったということであれば、SMAPの木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんや、仲間由紀恵さんと奥菜恵さんといった例はいくつもありますが、さすがにクラスメイトだったというのは、かなり珍しいことですよね。

『ドランクドラゴン』鈴木拓さんと、さかなクンは、中高と同じ学校で過ごす間柄であり、お互いを熟知しているはずの間柄であるはずです。

しかし、何故現在は、『共演NG』となってしまっているのでしょうか?

一部で言われているのは、さかなクンが『ドランクドラゴン』鈴木拓さんを恐れ、できれば共演したくないと、共演NGとしている話があります。

過去に、さかなクンが『情熱大陸』に出演した時にも、同級生として『ドランクドラゴン』鈴木拓さんが、VTR出演していましたが、同じ空間での共演となると、先日の『金スマ』で23年ぶりなんだそうです。

一方、鈴木拓さんは、自身の趣味である釣りで共演したいと、関係者を通じて、さかなクンに対して色々アプローチをかけているようですが、さかなクンからの返答は全くなかったとのこと。

鈴木拓さんは、2008年のブログで、さかなクンについての思い出を綴っていたり、知り合いのディレクターや、スタッフから、さかなクンが出演する番組を聞いたりして、何とか共演ができないかと考えているという話もされていたそうです。

それだけ熱烈なアプローチをしているのに、さかなクンは共演オファーを受け入れなかったのだとか…

普通ならば、何かしらの共演があってもよいと思うのですが、全くそんな素振りがなかったことから、『これは何かあるぞ』と、ネットユーザーは理由を気にしていろいろ探りを入れていたそうです。

そして、その結果、さかなクンが『ドランクドラゴン』鈴木拓さんとの共演をNGと拒むのは、クラスメイトだった高校時代が原因だったと噂されはじめてしまうのです。

確かに、さかなくんのことを2軍扱いしていたり、大学の一芸入試で魚のネタで受けるも失敗した時に、

『魚で受かるわけねぇだろ』

と罵倒していたので、さかなクンに敬遠されてしまったと誤解しても不思議ではありません。

事実、23年間謝罪する機会を失い、ようやくその事を謝罪できたと鈴木拓さんも安堵されていましたから、よほどの事だったのでしょう。

ただし、さかなクン本人は別に鈴木拓さんを忌み嫌い共演NGとしていたわけではありませんでした。

もちろん多少は関わりづらいという気持ちも会ったのかもしれませんが、それよりも重要視していたのは、年齢不詳としていたのにも関わらず、同級生である鈴木拓さんと共演することで、あきらかに年齢がバレてしまうことが問題だったみたいです。

何故、年齢がバレてしまうと困ってしまうのか、その理由は定かではありませんが、おそらくさかなクンというのは一つのキャラクターとして通っているので、年齢を告げることで、ファン達の夢を壊したくないという想いがさかなクンにあるのではないかと思います。

そのために、同級生である鈴木拓さんと仕事上での接点を持たないようにしていただけみたいですね。

事実、さかなクンは、鈴木拓さんがトロンボーンを始めたという話を5年ほど前に聞きつけ、トロンボーンを購入してプレゼントしようと準備をしていました。

忌み嫌っている相手にそんなことをするでしょうか?

確かに、高校時代には『ドランクドラゴン』鈴木拓さんを避けたいと思えるような行動を、さかなクンに対して鈴木拓さんは、度々引き起こしていたそうですし、周囲がそのように思うのは無理がありません。

また、さかなクンも少なからず苦手意識を無意識の内に持っていたのかもしれません。

しかし、本当の理由は別にあったというのが、先日の『金スマ』で明かされた事実と言えるでしょうね。

 

さかなクン・鈴木拓の共演NGは誤解

謎の女性

ある種、『ドランクドラゴン』の鈴木拓さんとの共演を避けてきたさかなクンですが、先程もお話したとおり、決して彼のことを嫌って共演NGとしていたわけではありません。

あくまでさかなクンの年齢が発覚するのを恐れ、できれば共演したくない程度というのが率直のところで、決して断固共演NGとしていたわけではなかったようです。

まぁ、鈴木拓さんといえば、テレビでの印象では、あまりにも人としてのイメージが最悪で、なにか起こす度にネットで炎上してしまうタレントですから、さかなクンの心の何処かで、鈴木拓さんからもらい事故のようなことは受けたくない、という意識も会ったのかもしれませんね。

いずれにしても、ようやく誤解も解けて和解でき、さかなクンと鈴木拓さんの二人は、23年ぶりに共演出来たわけですから、これを機に、釣り番組などで、共演する姿が見られるといいですね。

 

まとめ

広い芸能界の中では、

「○○さんは共演NGにしてと言っている」

と、当事者の口から共演NGの打診があるという話には、非常に驚きました。

筆者は、『噂は所詮噂だろう』と考えていただけに、千原ジュニアさんの話などを知ったときには目を丸くしましたね。

そして、魚類学者としても有名なさかなクンが、『ドランクドラゴン』鈴木拓さんと共演NGだという話。

一部では、いじめがあったという噂もありますが、事実は異なり、年齢がバレることを恐れていた部分が大きかったみたいで、とくに忌み嫌っていたというわけではないそうです。

大きな誤解も解けて和解できたみたいですし、さかなクンと鈴木拓さんの2人が今後あらゆる番組で共演できるといいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人