星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

ゴン中山(雅史)が現役引退から復帰の理由とは?膝の怪我が完治!

更新日:


そこで簡単ながら、ゴン中山のプロフィールを、ここで紹介しておきます。

ゴン中山は、

生年月日:1967年9月23日生まれ

出身:静岡県藤枝市

小学校4年生の頃からサッカーをスタート。

ポジションはフォワードとして、数々の大会で得点をマークされています。

高校は、藤枝東高等学校に進学。

2年生の時には、全国高校サッカー選手権の準決勝まで駒を進め、ゴン中山も2得点し、貢献されていたそうです。

そして、静岡県の高校選抜にも選ばれます。

当時は、元ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)のスター選手であった武田修宏さんもいたことから、ゴン中山はサイドバックとして起用されていたらしく、なかなか陽の目が当たらなかったそうです。

そんなゴン中山が、脚光を浴びるようになったきっかけ。

それは、あのドーハの悲劇が起こった1994年のFIFAワールドカップ(アメリカ大会)・アジア予選。

ゴン中山は、スリランカ戦などを含む8試合に出場。

4ゴールをマークし、日本代表に大きく貢献すると、三浦知良選手や武田修宏選手以外にも、得点が期待できる日本人選手が現れたと、世間でも脚光を浴びはじめるのです。

その後、ジュビロ磐田が、Jリーグに加盟。

Jリーグで戦うようになると、1997年のJリーグ初優勝を皮切りに、1999年、2002年の3度の年間優勝をはじめ、数々のカップ戦でも、優勝を果たします。

その大きな起爆剤として、ゴン中山が活躍するのです。

とくに、ゴン中山が達成した1998年の

4試合連続ハットトリック

は、未だ誰にも破られておらず、ギネスブックにも登録されています。

ゴン中山は、現在のサッカー日本代表が最も望む、強力な得点能力を持ったFWだったのです。


次のページへ >

-Jリーグ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.