星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

iPhone

iPhone6sの価格はいくら?スペックやサイズなど最新情報まとめ!

更新日

2014年9月9日に、iPhone 6が発表されてから1年。

スティーブ・ジョブズが亡くなってから、初めての新機種となったiPhone 6は、サイズの大型化や、ポケットに入れたら曲がる強度の低さなど、当時大きな波紋を呼びました。

さすがに、今となっては、発売当時ほど大きく取沙汰されることは無くなりましたが、それでもなお、ネット上で

「iPhone 6が曲がった!」

なんて声があがり続けており、次の新機種には、大幅な改善が望まれているようです。

そして、例年の発売スケジュールからすると、もう間もなく、iPhone 6の次世代機種として、『iPhone 6s』が発表されることでしょう!

これまで、iPhone 6sに関する噂は数多くあげられていますが、iPhone 6が持っていた問題点は、はたして改善されているのでしょうか?

今回は、これまでネット上で明らかにされた、Appleの新機種『iPhone 6s』に関する噂についてまとめ、iPhone 6から進化した点を調査しました!

スポンサーリンク

アドセンス

9月9日に『iPhone 6s』発表?

アップル

来たる9月9日午前10時、アメリカのサンフランシスコにて、米Apple社の定期発表会が開催される予定です。

今回の発表会における大きな目玉は、やはり、iPhoneシリーズの最新型である、『iPhone 6s』に関する情報の解禁でしょう!

iPhone 6の発売から約1年が経過しており、これまでのiPhoneシリーズの発売ペースから考えれば、今回の発表会でiPhone 6sに関する発表がある事は、間違いありません。

この1年間で、本体の画像やスペックなど、iPhone 6sに関する多くの情報がリークされており、ネット上では、すでに様々な噂が飛び交っています。

そこで、アップルの発表会に先駆けて、これまでに明らかにされた、iPhone 6sの新機能に関する噂について、もう一度確認しておきましょう!

 

iPhone 6sのデザインやサイズは大きな変化無し

iPhone6s

iPhoneシリーズの中でも、『s』がつく機種は、たいてい、従来の端末にさらなる新機能を追加した、言わばアップグレード版として発売されることになります。

たとえば、iPhone 4Sの場合は、音声認識サービスの『Siri』が初めて追加された機種であり、Siriの頭文字をとして『S』がつけられたそうです。

今回のiPhone 6sについても、昨年発売されたiPhone 6の内部機能アップグレード版、という立ち位置になると思いますので、端末のデザイン自体は、ほとんど変わらないかと思います。

実際、これまでリークされた、iPhone 6s本体の画像を見てみても、ほとんどiPhone 6と見分けがつかない、といっても過言ではありません。

サイズについても同様で、iPhone 6s本体サイズのリーク情報では、幅が約0.6mm、厚さが約0.1mm増加しているだけとのこと。

したがって、ユーザーが見た目で違いを感じることはほとんど無く、デザイン的な目新しさは全く無いと言っていいでしょう。

一方で、iPhone 6とサイズがほとんど変わらないということは、ケースなどのアクセサリは、そのままiPhone 6sに使い回すことができると考えられます。

これまでiPhone 6を使っていた方にとっては、iPhone 6sにアップグレードしても、新しくアクセサリを買い直す必要が無いため、これは朗報かもしれませんね!

 

iPhone 6sは曲がらない?

曲がるiPhone6

見た目こそ変わらないiPhone 6sですが、本体の設計に関しては、やや変更が加えられているようで、まとめると、

・iPhone 6に比べて、アルミニウムの含有量が減り、亜鉛が添加されている

・ボリュームボタン周辺のフレーム厚みが増している

という噂が確認されています。

iPhone 6が発売された頃、

「iPhone 6をズボンのポケットに入れていたら、曲がってしまった!」

「手でギュっとしただけで曲がる!」

といった具合に、TwitterやFacebookのあちこちで、iPhone 6が曲がってしまう、というクレームが相次いでいました。

iPhone 6sでは、この『本体が曲がる問題』を二度と繰り返さないよう、本体の強度を高めるべく、こういった設計変更がなされたのでしょう。

実際、アメリカのUnbox Therapyが独自に実験したところ、本体が耐えられる圧力は

・iPhone 6:30ポンド(約13.6kg)

・iPhone 6s:80ポンド(約36.3kg)

とのことで、iPhone 6sは、iPhone 6の2倍以上の強度を得ることに成功しているようです!

新型iPhone 6sでは、

「気が付いたら本体が曲がっていた!」

なんて悲劇は、もう起こらないかもしれませんね。

 

iPhone 6sではついにRAMが2GBに!

iPhone6s

これまでの『s』シリーズと同様に、iPhone 6sについても、本体のデザインや見た目よりも、内部のスペックのパワーアップに、開発の重点が置かれているようです。

その中でも、一番注目されているのは、

「iPhone 6sでは、RAMがついに2GBになる」

という噂です。

RAMとは、スマホがアプリを起動する際に使用するメモリのことで、RAMの容量が大きいほど、より多くのアプリを快適に動作させることができる、と言えます。

実は、RAMを2GB搭載しているスマホは、2013年頃からかなり登場しており、XperiaやGalaxyといった、人気Android機種のほとんどに、2GBのRAMが搭載されています。

そんな中、去年発売されたiPhone 6は、なんとRAMが1GBしかなく、

「アプリが全然使えない!」

「いつになったらAndroidに追いつくの?」

と、一部のユーザーから大きな非難を浴びていました。

今回のiPhone 6sで、やっと2GBのRAMが搭載されるとのことで、Androidのハイスペック機種に負けないレベルの、パワフルな機種となることが期待できます!

他にも、スペック面では

・背面カメラで、1200万画素(4K)画質のビデオ録画が可能になる

・デュアルレンズの搭載により、光学ズームが可能となる

・より高性能なLTEチップにより、最大300Mbpsの高速通信が可能になる

といった噂が流れています。

いずれにしても、スペック面に関しては良い噂がほとんどで、機能的には、iPhone 6から大幅にパワーアップする、と予想されているようです。

iPhone 6発売時のような、目新しさには欠けるかもしれませんが、iPhone 6よりもさらに使いやすい安定版として、iPhone 6sは十分に素晴らしい機種となるでしょう!

 

iPhone 6sの価格は?

iPhone6s

ここまで、iPhone 6sの、デザインやスペックに関する情報をまとめてきましたが、やはり

「いくらで買えるのか?」

ということが、一番気になる情報かと思います!

iPhone 6sの価格に関しては、すでにTechTasticから情報がリークされており、次の価格設定でほぼ間違いないようです。

・iPhone 6s

16GB:699ユーロ(約9万円)

64GB:799ユーロ(約10万円)

128GB:899ユーロ(約12万円)

・iPhone 6s Plus

16GB:799ユーロ(約10万円)

64GB:899ユーロ(約12万円)

128GB:999ユーロ(約13万円)

これらの価格は、カラーバリエーションによって違うということもなく、iPhone 6とほぼ同じ価格設定なので、とくに安くも高くも無い、と言えますね。

ちなみに、キャリアの2年契約によって割引されれば、16GBモデルの場合、おおよそ2万5000円~4万円で入手できるのではないか、と予想されています。

もし、いまiPhoneを契約しており、タイミングよく機種変更ができそうならば、iPhone 6sを安く入手することができるかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2015年9月9日にアップルから発表される予定の、iPhone最新機種『iPhone 6s』について、これまでネット上で広がった噂をまとめました。

iPhone 6発表時の流れからすると、iPhone 6sも発表後すぐに予約が開始され、18日頃には発売されるのではないか、と予想されているようです。

iPhone 6sの場合、スペックなどの内面的なアップグレードが多いため、iPnohe 6発売時ほどのインパクトは無いかもしれません。

しかし、現段階で噂されている限りでは、iPhone 6sはかなり良い機種に仕上がっているようで、iPhone 6から大きく進化していると期待できます!

「iPhone 6を買ったけど、いまいち満足していない……」

「色々不安だったから、iPhone 6の購入は見送ったけど、iPhone 6sはどうかな?」

と不安に感じている方でも、iPhone 6sには望みが持てるはずです。

まずは、9月9日のiPhone 6s発表を、しっかりチェックするようにしましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-iPhone