星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

レスリング世界選手権2017女子の日程と階級別出場選手の優勝候補!

更新日

2024年のオリンピック招致に向けて、

『パリが全力をあげて盛り上げる』

といわれている、レスリング世界選手権2017。

2017年は、8月21日から開催されるらしく、開催が近づくにつれて、世間の注目も高まってきているようです。

そんな、レスリング世界選手権2017では、優勝を勝ち獲れる可能性を秘めた、女子日本代表選手が数多くいます。

全階級での優勝も決して夢ではないでしょう。

そこで本記事にて、レスリング世界選手権2017女子の、各階級の有力選手や大会の日程をお話していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

レスリング世界選手権2017

一時は、

「夏のオリンピックの競技から、外されてしまうのではないか?」

と、言われていたレスリング競技。

レスリングは、

1896年の第1回アテネオリンピックから、1900年のパリ大会以外のすべてのオリンピック

で、正式競技として実施され続けてきました。

それだけ伝統のある競技が消えるかもしれないとニュースが流れた当時を考えると、まさに耳を疑いたくなる話でした。

一部では

女子日本代表があまりに強すぎるため

日本にメダルを取らせないために、狙い撃ちした話もあるようです。

とはいえ、それはあくまで噂。

実際には、伝統にあぐらをかき過ぎたために、レスリングのルールがわかりづらく、知らない人に魅力が伝わりにくい問題を、放置し続けた結果だったようです。

つまり、オリンピック競技として、レスリングの魅力が伝わらないにもかかわらず、改善努力がなにも見いだせなかったからなのです。

そのために、オリンピック競技から除外しようという動きがあったわけです。

これに待ったをかけたのが、吉田沙保里選手や伊調馨選手たち、日本のレスリング選手たちでした。

2020年東京五輪を一つのきっかけに、その前のリオ五輪でも、なんとかレスリングの除外を回避できないかと動きました。

さらに、2015年のレスリング世界選手権(アメリカ・ラスベガスにて開催)での活躍も見せました。

その結果、一度は除外されたはずの、レスリングが除外回避となったそうです。

そんな伝統を守ったレスリング競技で、日本代表チームの活躍が期待される、レスリング世界選手権が2017年も開催されます。

とくに女子は、お家芸の如く、全階級でのメダルも十分期待できるでしょう。

なお、女子の場合、フリースタイルのみで、オリンピックのときより、2階級多い8階級で実施されます。

それだけに、リオ五輪女子レスリング69kg級で、金メダルを獲った土性沙羅選手のような、ニューヒロインが誕生するかもしれませんね。

 

レスリング世界選手権2017女子の日程

本来、毎年賑わいを見せるレスリング世界選手権です。

ただ、2016年はリオ五輪が開催されたために、ブタペストで開催されていたことすら気づかれず、多くの人にスルーされていたようです。

その分、2017年の世界選手権に関しては、再び多くのレスリングファンが、注目しているでしょう。

では2017年のレスリング世界選手権はどこで、いつ開催されるのでしょうか?

さっそく、レスリング世界選手権2017女子の大会日程を探ってみることにしました。

 

色々調べてみると、女子の日程は、

2017年8月21日(月)~26日(土)

フランスのパリで開催

されることが、フランス協会のホームページで報じられています。

もちろん、世界レスリング連盟(UWW)のカレンダーに、詳細が発表されているわけではないので、詳しいことはまだ何もわかっていません。

しかし、パリで2017年のレスリング世界選手権が開催されることだけは、ほぼ間違いなさそうですね。

フランス協会のホームページによると、どうやら会場は、パリ最大の室内競技場と言われている、

『ベルシー・アリーナ』

で開催されるらしいのです。

日本の会場でいうと『さいたまスーパーアリーナ』や、『横浜アリーナ』クラスの会場で、収容人数も1万5千人~1万7千人を収容可能という話も…。

 

さらに、フランス・パリは、2024年のオリンピック開催地に立候補しているそうです。

2017年のレスリング世界選手権の半月後の、

9月13日に開催されるオリンピック総会へのアピールの場として、パリが総力を挙げて、レスリング世界選手権の開催を華々しく演出する

とのことです。

これは、非常に楽しみですね。

なお、中継の予定など、まだ詳しいことは何もわかっていません。

具体的な階級ごとの日程やテレビ中継の放送日時に関しては、後日追って発表されると思います。

スポンサーリンク

アドセンス

レスリング世界選手権2017の出場選手!

女子レスリングにおいては、リオ五輪で金メダルを獲得した、

登坂絵莉選手(48kg級)、伊調馨選手(58kg級)、川井梨紗子選手(63kg級)、土性沙羅選手(69kg級)

など、たくさんの有力選手が日本にはいます。

もちろん、リオ五輪では銀メダルとなってしまったものの、

霊長類最強と異名を持つ吉田沙保里選手(53kg級)

もいるわけで、日本レスリング界にとっては、彼女らは宝と言っても良い選手ではないでしょうか。

ところで、パリで開催されるレスリング世界選手権2017(女子)では、どんな選手が出場するのでしょうか?

とりあえず、日本代表選手については、先日発表されましたね。

海外選手に関しては、まだ具体的な発表がないので、正式に誰が出場するのか分かっていない状況です。

筆者個人の予想として、出場すると思われる有力選手をピックアップしていきたいと思います。

レスリング女子『48kg級』

女子48kg級は、やはりこの人を外すわけにはいかないでしょう。

2013年から世界選手権3連覇の実績を持ち、2014年アジア大会、2016年のリオ五輪でも金メダルを獲った

登坂絵莉選手が、今大会でも優勝候補の筆頭

と思っていたのですが…

実は、彼女は怪我のために世界選手権の選考会を兼ねたレスリング明治杯2017に出場できず、今回は不参加となってしまいました。

その空席となった48kg級の代表の座を掴んだのが、須崎優衣選手です。

須崎優衣

須崎優衣

須崎優衣選手は、現在18歳。

これまで、多くの大会で優勝をしてきた選手です。

中学時代は、当時の伊調馨選手のような体つきで、将来が期待される選手として注目されていたそうです。

先日開催されたレスリング明治杯2017(全日本選抜選手権)でも優勝し、

今回のレスリング世界選手権2017の女子48kg級の代表の切符

を手に入れました。

世界選手権は初の代表入りと、実績はありません。

それは世界選手権のみの話で、世界との戦いでもジュニア・カデットの部ではあるものの、優勝し続けてきている実績の持ち主なのです。

自身の全てを世界選手権にぶつけて、戦ってほしいものです。

そして、レスリング世界選手権で輝かしい成績をもたらし、ニューヒロイン誕生となる姿を見たいものですね。

 

さて、海外の注目選手ですが、具体的に誰が出てくるのかまだ分かっていないために、はっきりとしたことは言えないのです。

これまでの実績を参考にお話させていただくと、

2015年の世界選手権で、

一時2-0とリードしながら逆転負けを喫し、リベンジに燃えているマリヤ・スタドニク選手(アゼルバイジャン)

を筆頭に、有力選手達がこの階級の金メダルを取りに来ることと思われます。

2014年のアジア大会で2位になった孫亜楠(スン・ヤナン)選手(中国)や、欧州4位の実績を持つエリチャ・ヤンコバ選手(ブルガリア)など

も、今大会のシード選手として、出場してくると思われます。

あくまで推測でしかありませんが、きっと、彼女らを中心に激しい戦いが繰り広げられると思います。

果たして、須崎優衣選手が新女王となるのか、これまでのキャリアのある海外選手がこの階級の頂点を取るのか。

いろんな意味で注目したいところですね。

レスリング女子『53kg級』

女子53kg級といえば、

霊長類最強の吉田沙保里選手

を思い浮かぶ人が、大多数と言っても過言ではないでしょう。

残念ながら公式戦での連勝記録は、リオ五輪で途絶えてしまいましたが、それでも銀メダルは獲れています。

少なくともメダルに手がとどかないことはなく、最強女王と言って良いでしょう。

ただし、それは、吉田沙保里選手がレスリング世界選手権に出場すればの話です。

そもそも、2020年の東京オリンピックもでられるかどうか分からず、現在は広報活動に回っている印象も強く伺えます。

まだはっきり引退を示唆しているわけでもありません。

少なくとも明治杯には出場せず、今回のレスリング世界選手権には代表入りしていないので、残念ながら吉田沙保里選手が出場することはありません。

代わりに出場を決めたのが、向田真優選手。

向田真優

向田真優

向田真優選手は現在20歳と若い選手です。

吉田沙保里選手が絶対女王として君臨してきたこの53kg級で、

2016年の全日本選手権、2017年の全日本選抜選手権(明治杯)に優勝

しています。

今回代表に選ばれ、ポスト吉田沙保里としても一部から期待されている選手なのです。

 

ただ、海外に目を向けると、出場可否について確証はありませんが、これまでの世界大会を見てきて、強敵が揃いなのです。

それだけに、簡単に彼女が世界の頂点を取れるという保証はどこにもありません。

なお、こちらが世界の有力選手たちです。

  • リオ五輪で吉田沙保里選手を破ったヘレン・マルーリス選手(アメリカ)
  • 3年連続決勝を争ったソフィア・マットソン選手(スウェーデン)
  • 女子レスリング界の真のチャンピオンと評価の高いナタリア・シニシン選手(アゼルバイジャン)

以上が、世界の注目すべき53kg級の選手たちですが、いずれも強敵ばかり…

一方、アジアに目を向けても、2014年のアジア大会では、

吉田沙保里選手をあと一歩でフォール勝ちというところまで追い詰めた鐘雪純(ゾン・シュチャン)選手(中国)

など、強敵がひしめいています。

もちろん、全員が2017年の世界選手権に出てくるかどうかは別としても、鐘雪純選手以外はシードにされているそうです。

大変な階級であるとも言えるでしょう。

向田真優選手には、いろんな意味でプレッシャーの掛かる大会となると思います。

ぜひ、そのプレッシャーに打ち勝ち、金メダルを持ち帰ってきて欲しいですね。

レスリング女子『55kg級』

この55kg級は、オリンピックでは除外されている階級でもあるので、誰が優位に立っているのか、全くわからないのが正直なところです。

一応、

  • イリナ・オロゴノワ選手(ロシア)
  • アイーム・アブディルディナ選手(カザフスタン)
  • ダヴァーシュク・オトゴンツェツェグ(モンゴル)

がシードされているみたいです。

それだけに、全く誰が出るかもわかっていないこの状況で、優勝候補を選ぶだけでも、難しいですね。

 

先日、日本代表に関しては発表されましたので、ここで紹介しておきます。

2017年の明治杯で優勝した奥野春菜選手が、今回のレスリング世界選手権2017に出場することとなりました。

まだ若干18歳で、今回が初出場となるみたいです。

どこまで結果を出してくれるのか期待したいものですね。

レスリング女子『58kg級』

この階級は、

ほぼ伊調馨選手一択

と言っても過言ではないと、誰もが考えていたはず…。

しかし、吉田沙保里選手同様、2016年リオ五輪後しばらく休養状態が続き、明治杯にも出場していないため完全なる空席となってしまっています。

その空席である58kg級の代表の座を勝ち取ったのが、坂上嘉津季選手です。

この選手は24歳とまだ若いですが、もともと60kg級で戦っていたものの、ヘルニアによる手術を受け戦線離脱…。

さらに、58kg級に転向するも怪我が相次ぎ、満身創痍の状態で戦い続けてきた選手…。

そんな苦労の中、先輩(伊調馨選手)が守ってきた58kg級の絶対王者の席に滑り込み、伝統を引き継いでいかなければと気合が入っているそうです。

ぜひとも、今大会も日本に金メダルを持ち帰るために、坂上嘉津季選手には頑張って欲しいですね。

さて、そんな58kg級の海外の有力選手は以下の通りです。

  • ワレリア・コブロワ選手(ロシア)
  • マルワ・アマリ選手(チュニジア)
  • サルシ・マリク選手(インド)

あくまで、有力選手の一部を挙げている似すぎませんが、彼女らシード選手がこの58kg級に出場すると思われます。

簡単に金メダルは取れないかもしれませんが、彼女らに坂上嘉津季選手が負けずに戦い抜いて欲しいですね。

レスリング女子『60kg級』

この階級も、オリンピックの非階級ということもあって、今のところ、シード選手はいません。

誰が出場するのか、全く決まっていないことしかわかりません。

ただ、オリンピック非階級だけあって、58kg級や63kg級で埋もれている選手が、こぞってこの階級に出てくる可能性はあると思います。

全く予測不可能な階級だけに、いろんな意味で楽しみですね。

ちなみに、2016年は、

  • ペイ・シングル選手(中国)が金メダル
  • アリ・ラガン選手(アメリカ)が銀メダル
  • リンダ・モライス選手(カナダ)が銅メダル

を獲得しています。

追記:2017年7月15日

ほぼノーマークとなっていた60kg級です。

今回は、リオ五輪女子63kg級金メダリストでもある川井梨沙子選手が、60kg級で出場します。

川井梨沙子

川井梨沙子

リオ五輪金メダリストが、この階級にスライドしてくることで、勢力図に変化がもたらされるのか。

その辺りのところに注目していきたいものですね。

レスリング女子『63kg級』

筆者としては、レスリング女子63kgでは、2016年リオ五輪で金メダルを獲った川井梨紗子選手に注目していました。

しかし彼女は、先程お話したとおり、60kg級で出場するので、この63kg級には出場しません。

そんな63kg級には、伊藤彩香選手が選出されています。

伊藤彩香

伊藤彩香

もともと伊藤彩香選手は60kg級の選手なのですが、昨年あたりから63kg級にスイッチして、各大会に出場しているみたいです。

ある種、川井梨沙子選手と配置転換(60kg級・63kg級を入れ替え)という風にも見えます。

このことが吉と出るか凶と出るか、それは、世界選手権がはじまってみてのお楽しみ…。

ぜひ、変えてよかったといえるように、伊藤彩香選手にもしっかり結果を出して欲しいと、期待しています。

さて、そんな63kg級の海外有力選手は、

  • マリア・ママシュク選手(ベラルーシ)
  • エカテリーナ・ラリオノワ選手(カザフスタン)
  • モニカ・ミチャリク選手(ポーランド)

あたりが有力といったところでしょうか。

とはいえ、あくまでシードされているだけに過ぎず、彼女らが出場するかどうか分かりません。

なによりも、この階級で有力と言っているだけで、際立った存在はいないので、混戦必至となるでしょう。

それだけに、伊藤彩香選手にかかる期待は大きいと思います。

レスリング女子『69kg級』

土性沙羅

土性沙羅

69kg級では、リオ五輪で金メダルを獲った日本代表の

土性沙羅(どしょうさら)選手

をはじめ、

  • ナタリア・ボロベワ選手(ロシア)
  • エルミラ・シズディコワ選手(カザフスタン)
  • ジェニー・フランソン選手(スウェーデン)

など有力選手がひしめく階級…。

実際に世界選手権では、まだ土性沙羅選手も優勝していません。

また、2015年世界選手権で銀メダリストの周風選手(中国)、銅メダリストのアリーネ・フォッケン選手(ドイツ)がシードされていない模様…。

それだけ混戦必至の階級です。

ぜひ悲願の金メダル獲ってくれることを、土性沙羅選手に期待したいものですね。

レスリング女子『75kg級』

75kg級に関しても、誰が強いのか全くわからない状況です。

2015年の世界選手権では、

  • アデリン・グレイ選手(アメリカ)が金メダル
  • 周倩選手(中国)が銀メダル
  • バシリサ・マルザリウク選手(ベラルーシ)、エポ・マエ選手(エストニア)が銅メダル

を獲得しています。

しかしシード選手が誰なのかもわかっておらず、これらの選手が出場するかも不明。

それだけに、競合する選手たちを倒し、新たな日本代表チームのシンデレラガールが、誕生することを期待したいです。

追記:2017年7月15日

正直なところ、誰が強いのか分かっていない75kg級ですが、58kg級同様、怪我から復帰ししてきた選手が、代表の座を掴んでいます。

その選手の名は、鈴木博恵選手。

鈴木博恵

鈴木博恵

2011年までは浜口京子選手が日本選抜選手権で優勝し続けたこの階級。

それを鈴木博恵選手が2012年からタイトル奪取!

そのまま連勝を重ねていたのですが、2015年に左膝を怪我しリオ五輪は断念。

ただし、2016年の全日本選抜選手権で復帰し、見事に優勝すると、そのままの勢いで通算6連覇を達成!

2017年の世界選手権代表の座を掴みました。

一度は、この怪我を理由に、現役引退をも考えた鈴木博恵選手。

見事に怪我から復活劇を遂げた、今大会で金メダルを奪取することができるか。

開き直った彼女の強さがどこまで世界に通用するか、非常に楽しみですね。

 

以上が、レスリング世界選手権2017女子で、有力候補として注目している選手たちの紹介です。

一応、これまでの実績を踏まえて、現時点でのシード選手として、レスリング協会が発表されている選手たちを、ピックアップしています。

日本代表選手以外は、あくまで、彼女たちが世界選手権2017に出場することが大前提としています。

ぜひとも素晴らしい戦いを繰り広げ、ファンを感動させて欲しいと、彼女たちの活躍を願っています。

 

まとめ

2017年8月21日~26日に渡り、フランス・パリにて開催される、レスリング世界選手権2017。

今大会は、

  • リオ五輪金メダリストである登坂絵莉選手(48kg級)
  • オリンピック4大会連続金メダル保持者・伊調馨選手(58kg級)
  • 霊長類最強の異名を持つ吉田沙保里選手(53kg級)

が出場しません。

しかし、彼女らの代わりに選ばれた若き日本代表選手をはじめ、有力選手がひしめく大会であることは間違いないでしょう。

女子はフリースタイルのみで、オリンピック非階級である55kg級・60kg級を含めた8階級が実施されます。

これらの階級で、熱い戦いを見せてくれることを期待したいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ