星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

レスリング世界選手権2017男子の日程と日本人出場選手をチェック

更新日:

アマチュアレスリングの世界大会の一つとして、毎年開催され続けてきた、『レスリング世界選手権』が2017年も開催されます。

まだ、開催まで時間はありますが、やはり

2016年のリオ五輪で、女子レスリング選手たちが、多くのメダルを持ち帰り、大フィーバーした

影響もあって、男子レスリング選手に対しても、早くもメダルを期待する声が、高まっているようです。

そこで本記事では、レスリング世界選手権2017の開催日程、有力選手などを探り、男子レスリング界の魅力にも、迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

レスリング世界選手権2017男子!

ロンドン五輪の男子フリー66kg級で、米満達弘さんが金メダルを獲ったことで、また密かに注目され始めた男子レスリング界。

2016年のリオ五輪でも、

太田忍選手(グレコローマン59kg級)、樋口黎選手(フリースタイル57kg級)の二人が銀メダル

を獲り、徐々にではあるものの、確実に日本男子レスリング界も、注目され始めているようです。

とはいえ、まだまだ世界との差はあるのかもしれません。

知名度を見ても、女子レスリングと比較して、それほど浸透していないのも事実でしょう。

あくまで、発展途上であることには変わりはありませんが、それでも伸びしろはまだまだあり、今後さらなる飛躍は期待できると思います。

 

さて、そんな男子レスリング界の将来を占う、大きな大会と言っても過言ではない世界選手権が、2017年も開催されます。

2017年は、昨年とは異なり、

全階級が実施となります。

(2016年はオリンピックが開催されたため、オリンピック適用外の階級のみ実施)

リオ五輪以来の大きな大会として、世界中で大注目されていくことでしょう。

ライブ中継などの詳細もまだわかっていないので、後日追って発表されると思います。

それらの発表に注目しながら、私達日本人としては、日本代表選手達が、一つでも多くのメダルを持ち帰ってくれることを期待したいですね。

 

レスリング世界選手権2017男子の大会日程

レスリングといえば女子フリースタイルばかりが注目されているという印象ですね。

男子は、あまり注目されていない気がするというのが率直なところです。

 

さて、男子レスリングには、

グレコローマン・フリースタイルの2スタイル(各8階級)

という2種類のスタイルが存在しているのです。

それすらも、あまりレスリングに精通していない人は知らずに通り過ぎていることもあるそうですよ。

ちなみに、改めてこの2つのスタイルの違いを紹介しておくと、こんな感じです。

グレコローマン

上半身のみ攻防の対象とされ、下半身に対して(足首を狙った攻撃など…)はルール上禁止。

その為、投げ中心での、せめぎあいになりやすい傾向にあります。

フリースタイル

全身が攻防の対象。

アンクルホールドなどの固め技などもよく見られます。

男子レスリング選手たちの戦いが見られる、レスリング世界選手権2017。

この大会は女子同様、

フランス・パリ(ベルシー・アリーナ)

で開催されます。

残念ながら、階級ごとの詳しい日程・スケジュールまでは記載されていません。

日本レスリング協会公式サイトにおいても、世界大会のスケジュールの一つとして、

『女子同様、8月21日~8月26日』

とだけ、スケジュールが発表されているに過ぎない状況です。

このレスリング世界選手権の選考大会の一つとされている、

全日本選抜選手権(明治杯)

も、直前まで詳しい日程・スケジュールが公表されていませんでした。

もしかしたら、レスリング世界選手権も、直前までスケジュールを発表しないのかもしれませんね。

まぁ、柔道世界選手権などと同じく、深夜帯などで放送はされると思いますし、少なくとも、後日、何らかの発表は間違いなくあるでしょう。

なので、今後も、レスリング協会からの発表に注目しつつ、レスリング世界選手権2017・男子の開催を楽しみにしたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

レスリング世界選手権2017男子の出場選手と優勝候補

レスリング男子は有力選手と思われる有名選手は数少ない印象ですよね。

もちろんグレコローマンとフリースタイルの2種類のスタイルがあるので、単純に階級数だけ見れば女子の倍以上となります。

一つの階級に有力選手が集中しにくい部分もあるのだと思いますが、いずれにしても優勝予想がしづらいことには違いありません。

実際に、先日の代表発表のニュースを見るまで、今大会に誰が出場するのかさえ、ほとんど予想ができていませんでした。

おそらく多くの人が、レスリング世界選手権2017(男子)に誰が出場するのか知らないと思います。

ここで改めて、代表に選ばれた全16選手(グレコローマン・フリーそれぞれ8階級8選手)及び、海外の有力選手を紹介したいと思います。

男子フリースタイル57kg級

男子フリースタイル57kg級は、2016年リオ五輪の銀メダリストでもある、樋口黎選手が有力候補でした。

彼は明治杯では61kg級に変更し、さらに優勝できず今大会出場を逃しています。

そんな中、今大会出場を決めたのが、高橋侑希選手です。

高橋侑希

高橋侑希

現在23歳の高橋侑希選手は、高校1年の頃インターハイ(55kg級)で、史上五人目の1年生チャンピオンに輝く実績の持ち主です。

これまでもカデットの部で何度も優勝してきているそうです。

リオ五輪の選考を兼ねた2015年の全日本選手権では、優勝候補筆頭と注目されながら川野陽介選手に3回戦で敗れ、オリンピック行きを逃しました。

悔しい思いを胸に、2017年の明治杯では川野陽介選手と初戦で当たり、勝利するとそのままの勢いで優勝し代表入りとなりました。

高橋侑希選手は、

「カウンターのし掛けどころも絶妙で、攻撃力もある」

と、定評があります。

そんな彼の弱点はメンタルにあるらしく、攻めれば勝てると分かっていながらも攻めきれない部分を持っている話も耳にします。

今大会でそのメンタルを強化し、メダルを獲りきれるか注目したいところですね。

さて、海外の有力選手に目を向けると、2015年では、

  • ウラジーミル・ヒンチェガシビリ選手(ジョージア)
  • ハサン・ラヒミ選手(イラン)
  • エルデネバト・ベフバヤル選手(モンゴル)
  • ウビクトル・レベデフ選手(ロシア)

がメダルを獲得しました。

中でも、ウラジーミル・ヒンチェガシビリ選手とハサン・ラヒミ選手は、リオ五輪でもメダルを獲得しています。

それだけではなく、過去のレスリング世界選手権を見ても、このウラジーミル・ヒンチェガシビリ選手とハサン・ラヒミ選手は、常にメダルに絡んでいるのです。

間違いなく、優勝候補の一角に挙げても良いでしょう。

そういう実力者が出場するレスリング世界選手権2017で、果たして高橋侑希選手は優勝することができるでしょうか。

リベンジ魂を燃やして戦い、代表枠を勝ち取った高橋侑希選手の戦いぶりをこの階級で注目したいと思います。

男子フリースタイル61kg級

オリンピックでは実施されていない61kg級は、全く推測不可能な階級…。

しかも、リオ五輪銀メダリスト樋口黎選手を明治杯で退け、2016年の大会では、57kg級でエントリーして、先程紹介した

高橋侑希選手を下し、優勝している中村倫也選手

が代表の切符を手にするなど、かなり混戦模様が伺えます。

てっきり階級を変えてきた樋口黎選手が代表入りするとばかり思っていたのです。

この激戦区を勝ち抜いた中村倫也選手が、どこまで結果を出すことができるでしょうか。

さて、海外に目を向けてみると

  • UWWランキング上位で、2016年世界選手権でメダルを獲っている、 ローガン・スティーバー選手(アメリカ)
  • アフメド・チャカエフ選手(ロシア)

あたりが、一枚上手で優勝候補筆頭と思われます。

彼らにどこまで中村倫也選手が通用するのか。

また、彼らを打ち破り金メダルを取ることができるのか注目したいものですね。

男子フリースタイル65kg級

男子フリースタイル65kg級は、2015年世界選手権で61kg級に出場していた鴨居正和選手が、階級を上げてエントリー。

鴨居正和

鴨居正和

2015年世界選手権では、5位とメダル奪取には至りませんでした。

階級を上げたことで、次こそメダルを持ち帰ることができるのか注目したいものですね。

海外の選手に目を向けると、2015年の実績では、

  • フランク・カミゾ選手(イタリア)
  • イフティヨル・ナブルゾフ選手(ウズベキスタン)
  • ソスラン・ラモノフ選手(ロシア)
  • アフマド・モハンマディ選手(イラン)

辺りが有力候補と言えるでしょう。

簡単に 優勝できる階級ではないと思いますし、その中で、鴨居正和選手がどこまで勝利をもたらしてくれるのか見届けたいものです。

男子フリースタイル70kg級

レスリングフリースタイル男子70kg級では、2016年の世界選手権で5位に入った、多胡島伸佳選手が有力候補と筆者は考えていました。

もちろん実績は乏しく、まだまだこれからの選手ではあるのです。

それでも新たなメダル候補というだけの実力を持っている選手ですので、密かに期待していたのです。

しかし、この階級でも波乱が起こり、明治杯(全日本選抜選手権)・70kg級決勝で、 藤波勇飛選手に敗れたため、

多胡島伸佳選手は2017年のレスリング世界選手権の切符を逃してしまいました。

藤浪勇飛

藤浪勇飛

藤波勇飛選手の実績は不詳ですが、少なくとも多胡島伸佳選手を破っているわけですから、決して実力がないはずがありません。

この階級には、マゴメド・クルバナリエフ選手(ロシア)をはじめ、実力者がひしめいています。

メダルは簡単には取れないとは思いますが、多胡島伸佳選手を破った実績をそのままぶつけ、金メダルを獲って欲しいと期待しています。

男子フリースタイル74kg級

2015年のレスリング世界選手権・日本男子フリースタイルで、最もメダルを期待されていた選手が、この

74kg級の高谷惣亮選手

ではないでしょうか。

高谷惣亮

高谷惣亮

当時のUWWランキング上位だった実績もあり、優勝候補の一角として注目されていましたが、終わってみれば、メダルに全く届かず惨敗…。

どこか勝負弱いところがあるのか、2014年の世界選手権2位が最高で、オリンピックではメダルどころか、4強に入ることすらできませんでした。

現在はUWWランキング9位と一時期の低迷より浮上していますが、本当の意味での戦いはここからだと思います。

今度こそリベンジを果たし、男子フリースタイル74kg級で、金メダルを獲って欲しいと願っています。

とはいえ、この階級もアニウアル・ゲドゥエフ選手(ロシア)をはじめ、数多くの実力者がひしめいています。

どこまで高谷惣亮選手が力を発揮してくれるのか、注目していきたいものです。

男子フリースタイル86kg級

男子フリースタイル86kg級は、UWWランキングトップ20に日本人選手が誰ひとりとして入っていないので、メダルを獲ることは厳しいと思える状況…。

そんな中で、初めて世界選手権の切符を手にしたのが、松坂誠應選手です。

松坂誠應

松坂誠應

松坂誠應選手は、リオ五輪の予選には出場していたものの、結局本戦に出場はできず、悔しい思いをしています。

実際に、この階級でのリオ五輪の出場はなく、それだけ世界との差は歴然となっていることが伺えます。

なお、2015年の結果を見ると、

  • アブドゥルラシド・サドゥラエフ選手(ロシア)
  • セリム・ヤシャル選手(トルコ)
  • サンドロ・アミナシビリ選手(ジョージア)
  • アリレザ・カリミ選手(イラン)

辺りが有力候補と言えるでしょう。

果たして、松坂誠應選手は彼らを破り、今度こそ、日本代表としてメダルをもたらすことができるのか楽しみにしましょう。

その他のフリースタイル日本代表選手

残る2階級(97kg級、125kg級)に関しては、リオ五輪での実績もありませんので、日本の代表選手のみ簡単に紹介しておきます。

まず97kg級は、赤熊猶弥選手が代表入り。

赤熊猶弥

赤熊猶弥

赤熊猶弥選手は、高校時代はインターハイ3位が最高と、優勝に縁のない選手だったみたいです。

遅咲きの大輪というべきなのか、階級を97kg級に上げたことで、メキメキ頭角を現し始めました。

そして、2016年の全日本選手権(天皇杯)及び全日本選抜選手権(明治杯)で優勝。

一気に、97kg級のトップに加わる実績を残し始めていきます。

とは言え、それは日本国内での話で、海外と比べると差は歴然…。

果たして、今大会の台風の目となることができるのか。

 

125kg級は、山本泰輝選手が代表の切符を手にしました。

山本泰輝

山本泰輝

山本泰輝選手も、86kg級の松坂誠應選手同様、リオ五輪の予選に出場していた日本人選手です。

残念ながら本選には出場できず、今回のレスリング世界選手権も初出場なので、まずはどこまでやれるのか海外に挑戦といったところだと思います。

おそらく海外との差は歴然ですが、彼が台風の目になる可能性はあります。

全てをぶつけて悔いのない戦いを見せて欲しいと思います。

男子グレコローマン59kg級

筆者が男子グレコローマンで最も期待したいのが、この59kg級でした。

それもそのはず!!

この階級は、UWWランキング上位に、日本勢が二人ランキングされている唯一の階級。

『忍者レスラー』

という異名を持ち、2016年のリオ五輪でも、銀メダルを獲った太田忍選手がその中の一人に入っていました。

それだけに、否が応でも期待は高まっていたのです。

しかし、先日の明治杯男子グレコローマン59kg決勝で、もう一人のランカーである文田健一郎選手に敗れてしまい、代表の座を逃しました。

文田健一郎

文田健一郎

とはいえ、太田忍選手を破った文田健一郎選手もUWWランキング4位の実力選手ですので、メダルは十分期待できます。

初出場ながらメダル奪取という快挙を成し遂げてくれるかもしれませんね。

ぜひとも世界の強豪を打ち破り、日本に金メダルをもたらしてほしいものです。

さて、この階級の海外有力選手としては、

  • イスマエル・ボレーロ選手(キューバ)
  • ロブシャン・バイラモフ選手(アゼルバイジャン)
  • アルマート・ケビスパエフ選手(カザフスタン)
  • ユン・ウォンチョル(北朝鮮)

などがいます。

彼らがそのまま出場してくるかどうかはわかりません。

文田健一郎選手も負けていないと思いますし、本大会のグレコローマン59kg級は期待したいものですね。

男子グレコローマン66kg級

男子グレコローマン66kg級は、やはり海外勢が強く、リオ五輪メダリストたちが、そのまま実力者として君臨している印象を受けます。

  • 金メダルを獲ったダヴォル・シュテファネク選手(セルビア) 
  • 銀メダルを獲ったミグラン・アルテュニャン選手(アルメニア)
  • 銅メダルのシュマギ・ボルクヴァゼ選手(ジョージア)
  • ラスル・チュナエフ選手(アゼルバイジャン)

彼らは、UWWランキング上位5傑に入っている実力者!!

もちろんランクングが全てではありませんが、実績があるからこそランキング上位でいられるわけです。

やはり、今大会のレスリング世界選手権に出場してくれば、間違いなく優勝候補筆頭と言えるでしょう。

一方、日本人選手として代表選出されたのは、高橋昭五選手。

高橋昭五

高橋昭五

高橋昭五選手は現在22歳。

高校時代は無冠の帝王だったらしく、タイトルとは無縁の存在だったようですが、ここ数年で頭角を現し、今大会の日本代表の座を初めて掴みました。

果たして、高橋昭五選手は、世界の強豪を相手に、どこまで戦い抜くことができるでしょうか。

こちらも楽しみにしたいものですね。

男子グレコローマン71kg級

男子グレコローマン71kg級では、これまでUWWランキング上位に、ランキングされていなかった泉武志選手。

泉武士

泉武士

彼は2017年3月に開催された、ザグレブ・オープン『クロアチア』で2位、『ハンガリー・グランプリ』で、3位に入りました。

その実績が評価され、遂にUWWランキング14位にランクイン。

バーリント・コルパーシ選手(ハンガリー)をはじめ、まだまだ上にはたくさんの選手がいます。

でももしかしたら、今大会の台風の目になるかもしれませんよ。

男子グレコローマン75kg級

男子グレコローマン75kg級は、屋比久翔平選手が出場します。

尾比久翔平

尾比久翔平

屋比久翔平選手は、レスリングの全日本学生選手権大会で3連覇を成し遂げた強者です。

リオ五輪の出場は逃していますが、2020年の東京五輪への出場を期待されている選手の一人。

一方、海外に目を向けてみると、

  • ロマン・ブラソフ選手(ロシア)
  • マルク・マドセン選手(デンマーク)
  • ドスジャン・カルティコフ選手(カザフスタン)
  • アンディー・ビセク選手(アメリカ)

など有力候補というべき選手がひしめいています。

今大会、初出場の屋比久翔平選手が、果たして金メダルをもたらすことができるのか、ぜひ期待したいところですね。

男子グレコローマン80kg級

この80kg級の前田祐也選手も、高校時代は無冠で、近年は急成長を遂げている選手です。

前田裕也

前田裕也

正直、まだ海外の選手との差は歴然だと思いますが、今大会初めて出場するだけに、一泡ふかせて欲しいと期待しています。

なお、海外選手の有力候補は、

  • セルチュク・チェビ選手(トルコ)
  • ビクタル・サスノウスキ選手(ウクライナ)
  • ユセフ・ガデリアン選手(イラン)
  • ラシャ・ゴバドゥゼ選手(ジョージア)

など…。

彼ら有力候補となる海外選手たちが出場するかどうかはまだ分かっていません。

前田祐也選手には、ぜひ彼らの中のひとりでも倒して、少しでも良い結果をもたらして欲しいですね。

男子グレコローマン85kg級

男子グレコローマン85kg級の代表に選ばれた日本人選手は、2016年夏からグレコローマンに転向した松本篤史選手。

彼は、これまでフリースタイル69kg級で戦っていました。

いきなりスタイルも階級も異なるグレコローマン85kg級に転向して、レスリング世界選手権の金メダルを獲ることができるのでしょうか。

まぁ、階級を変えても代表の座をつかめるほど、実力は折り紙付きなので、メダルの期待はできるのかもしれませんね。

なお、この階級の海外有力選手は、

  • ジャン・ベレニウク選手(ウクライナ)
  • ルスタム・アッサカロフ選手(ウズベキスタン)
  • ハビボラー・アフラギ選手(イラン)
  • サマン・ターマセビ選手(アゼルバイジャン)

など…。

果たして、男子フリースタイル69kg級の頃と同じように、階級を変えてもこれらの海外の強敵を倒すことができるのか。

松本篤史選手の戦いに注目したいと思います。

男子グレコローマン98kg級

男子グレコローマン98kg級は、正直、全くのノーマーク。

奈良勇太選手が、この階級の代表に選ばれていますが、彼も高校時代にはタイトルと縁のなかった選手です。

奈良勇太

奈良勇太

しかし、日体大に入ってからメキメキ頭角を現し始めています。

 

2017年に開催されているアジア大会では7位、同じく今年ワルシャワで行われた、ピトラシンスキ国際大会では11位と惨敗…。

まだ海外との差は歴然ですが、できれば一矢報いて欲しいと願っています。

なお海外の有力選手は、

  • アルツール・アレクサニャン選手(アルメニア)
  • ガセム・レザエイ選手(イラン)
  • イスラム・マゴメドフ選手(ロシア)
  • ドゥミトロ・ティムチェンコ選手(ウクライナ)

など…

強敵ぞろいの98kg級ですから、なかなか勝ち切るのは難しいかもしれません。

奈良勇太選手も大会初出場なのですから、失うものは何もないと思って、全てをぶつけてきてほしいものですね。

男子グレコローマン130kg級

最後となる男子グレコローマン130kg級には、園田新選手が代表入りを果たしています。

園田新

園田新

園田新選手は国内では他を寄せ付けない圧倒した強さを持つ選手なのですが、海外ではあまり実績を残せず、リオ五輪も出場を逃してしまっています。

それだけに、彼の中で悔しい思いもたくさんしているでしょう。

やはり、海外との差は歴然だとは思いますが、今度こそリベンジとして一矢報いて欲しいと、期待しています。

なお、2015年時の世界選手権上位者は、

  • リザ・カヤールプ選手(トルコ)
  • ミハイン・ロペス選手(キューバ)
  • オレクサンドル・チェルネトスキ選手(ウクライナ)
  • ビリャル・マホフ選手(ロシア)

の4名です。

誰が出ても園田新選手にとっては強敵となることに違いないと思います。

 

以上が、男子フリースタイル・グレコローマン全階級の出場選手たちとなっています。

あくまで海外は有力候補選手として紹介させていただいているので、彼らがそのまま出場するかどうかは分かりません。

ただ、階級によっては、誰が出てきても日本勢も負けていない有力選手が出場します。

全開級は難しいとしても、一つでも多くの金メダルを日本に持ち帰ってきて欲しいですね。

 

まとめ

レスリング世界選手権2017男子が、フランス・パリで、

2017年8月21日~26日

に開催されることが、既に決まっています。

海外の選手については、いずれにしても強敵ぞろいですので、日本が簡単にメダルを持ち帰るのは難しいかと思います。

ただ、日本も決して負けていない実績の持ち主が出場するので、期待はできます。

まぁ女子と比較すると実績が乏しい感は否めませんが、決して不可能というわけではありません。

少しでも海外の有力選手たちを倒し、日本に多くのメダルをもたらしてくれることを期待しています!

レスリングの記事はこちらも良く読まれています!

レスリング世界選手権2017女子の日程と階級別出場選手の優勝候補!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.