星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

本田圭佑のイタリアでの評価が悪い理由・原因はでない結果と性格?

更新日

サッカー日本代表の中心的選手として活躍されている本田圭佑選手が、イタリアで酷評されているそうです。

確かに、本田圭佑選手の場合、自分を鼓舞する為かビッグマウスを叩いてしまう部分があり、それもあって良くも悪くも評価が分かれてしまうところがあります。

今回は一体どんな理由で、イタリアメディアなどから酷評を本田圭佑選手は受けているのでしょうか?

実際にACミランに移籍してからの本田圭佑選手の全てのプレイを見ているわけではないので、なんとも言えない部分はありますが、一部ではプレイに精細を欠き、ビッグマウスも影響して酷評を受けているという話もあるのですが、それは本当のことなのか…

その辺りの裏事情も含めて、本記事で本田圭佑選手がイタリアで酷評を受けている理由・原因を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

世界的に有名な本田圭佑のビッグマウス

本田圭佑

本田圭佑

本田圭佑選手は、よく言えば、負けん気が強く血気盛んなタイプの選手ですが、悪く言えば大口を叩いて人を見下すタイプとも言えるため、サッカーファンの間でも、実に評価が分かれるタイプとも言えるでしょう。

リーダーシップを周囲に見せて牽引するタイプの選手として見れば、長谷部誠選手の様に、クールに徹するタイプではなく、熱く多少オーバーリアクションするタイプの方が良いのかもしれません。

本田圭佑選手の場合は、ビッグマウスを叩くことで、あえて自分にプレッシャーを掛け、普段から準備をしっかり行うようにしているので、結果が出ていれば多少は大目に見るところもあるでしょう。

問題は、ビッグマウスを叩いて、結果が出なかった時の話です。

本田圭佑選手は、先輩後輩関係無く、ビッグマウスや、ある種の規律を乱す発言を平気で吐いてしまうところがあるため、調子の良い時には、それが追い風となり、チームを勝利に導くような結果になりますが、一つも結果に結びつかなかったら、周囲から大バッシングの大惨事に陥ります。

事実、中村俊輔選手と共に出場した南アフリカW杯では、うまく共存出来ずに、何とかベスト16には入れたものの、その後、大きな亀裂が入り、ザックジャパンでも大きな影響をもたらしています。

そして、闘莉王選手が、ザックジャパンで起用されなかった理由も、本田圭佑選手との衝突が理由・原因として挙げられていると聞きます。

闘莉王選手も、闘将タイプで、かなり檄を飛ばすタイプの選手なので、本田圭佑選手とは反りが合わず、本田圭佑選手・中村俊輔選手の時のように、チーム内で二人が共存できなかったようです。

ザッケローニ監督の中では、守備に関しては吉田麻也選手と今野泰幸選手のコンビが機能したということもあって、香川真司選手など、前線の守備の軽減を図ろうとしたこともあり、まだ外したとしてもチーム全体に影響の少ない闘莉王選手を外したというのです。

この時も、サッカー関係者の大半が、

『何故、闘莉王選手を外すのか?』

と、ザッケローニ監督が相当叩かれたという話も…

これは日本代表戦での話に過ぎませんが、イタリアでも本田圭佑選手は何かとビッグマウスを叩くことが多いみたいですし、良くも悪くもそういうタイプであることは、もう世界中で有名なのでしょうね。

 

本田圭佑がイタリアでの酷評の理由・原因とは?

本田圭佑

本田圭佑

本田圭佑選手が、ロシアを経由して、現在は、イタリア・セリアA(ACミランに所属)で、プロサッカー選手として活動をされていますが、イタリア人は、良い結果を出せば賞賛するものの、少しでも悪いプレイをすると、厳しく評価されるところがあるそうです。

やはり、それだけイタリアでのサッカー熱が高いのでしょう。

その上で本田圭佑選手は、ビッグマウスを叩く選手として有名です。

イタリアでも、FKを他の選手から強引に奪ってゴールを決めたこともあり、その時もゴールを決めたから良いものの、一つ間違えば、本田圭佑選手はACミランから干されてしまっていたかもしれないなんて、話も囁かれているそうです。

そんな本田圭佑選手は、ブラジルW杯以降、ピーク時と比較して、やや低調な部分も見え隠れし、常にトップパフォーマンスを出せるような状況ではないようです。

先程もお話したように、イタリア人はサッカーに対して熱い人が多いため、本田圭佑選手は、仮にもACミランで背番号10を背負っている選手ですから、当然常に最高のパフォーマンスを見せないと、かなりのバッシングを受けてしまうのです。

実際、ACミランに移籍した際には、あれだけ本田圭佑選手を持ち上げたにも関わらず、2015年9月13日に行われた、インテルとの『ミラノダービー』で、本田圭佑選手をトップ下として起用されたものの、彼は大きな見せ場を何一つ見せることが出来ず、後半36分で途中交代。

本田圭佑選手に対して地元メディアからは

『いつも簡単に倒れてしまい、ゴール前での危険なプレイが何一つ無い』

と、かなり酷評されているようです。

確かに移籍直後の頃は、本田圭佑選手はメディアから絶賛もされていましたし、昨シーズンは6得点と、それなりの結果は出していて、まだその頃も賞賛されていました。

しかし、常にビッグマウスを叩く気質を持ちながら、2015年はプレシーズンから何一つ結果を出せていないのです。

実質まだリーグ戦を3戦試合も行われていないものの、本田圭佑選手が出場した2戦は、共にACミランが負けています。

これでは、背番号10を背負う本田圭佑選手が酷評されるのも無理がありません。

ビッグマウスを叩くのであれば、常に結果を出せて当たり前です。

チームの規律までも乱す行為をして結果が出ないのなら、もはやサッカー選手としての資格は、微塵もないと言い切っていいでしょう。

最初から、反乱分子という様相を持っていたサッカー選手でしたが、これまではそれで結果を出したことで、周囲を黙らせていたに過ぎず、結果が出なくなれば、酷評されてしまうだけですので、本田圭佑選手には、いち早く闘争心をむき出しにするのと、暴言を吐くことの違いを、ちゃんと理解してほしいものですね。

 

本田圭佑がサッカー選手を今後も続けていくには

本田圭佑

本田圭佑

イタリアでも酷評を受け、日本代表では反乱分子…

もうここまで来ると、ザッケローニ監督が、闘莉王選手を外した時のように、ハリルホジッチ監督が、本田圭佑選手を日本代表から外すのも時間の問題かもしれません。

では、本田圭佑選手が日本代表としてロシアW杯に出場するためには、どうなれば良いのでしょうか?

まず考えられる方法は2つです。

一つは、一刻もはやく謙虚な姿勢を持ち、その中でしっかり結果を見せていくことです。

サッカーは、11人でやるチームスポーツですから、いくらフィジカルが優れていたとしても、自身にパスが回ってこずに、何一つサッカーにならないなんてことも十分考えられます。

逆に周囲がプレイで助けてくれて、ゴールに絡む活躍が出来るようになることも、よくある話です。

謙虚な姿勢を見せなければ、チームで孤立するのは目に見えて分かる話で、その事にいち早く気づき行動することが、本田圭佑選手には必要なことだと筆者は考えています。

もう一つは、全ての関係者を黙らせる圧倒的な結果を見せつけることです。

なんだかんだ言ってもサッカーは、結果を求められるスポーツであり、結果が出せるのであれば、誰も文句は言いません。

それどころか王様のような態度を取っていたとしても、あらゆる人から賞賛されてしまいます。

ただし、その賞賛を受けるためには、常に結果を出し続けていることが最低条件となります。

本田圭佑選手のように、今シーズンの調子が悪いというように、結果を出せていない時間が長ければ長いほど、ただの独りよがりな選手と酷評され、蚊帳の外に追い出されてしまいます。

誰だってロボットではないのですから、常に最高のパフォーマンスを見せ続けることは、なかなか至難の業でしょう。

そこまでのプレイが出来ないのであれば、一刻も早く謙虚になるべきなのですが、元々本田圭佑選手の持っている気質を考えると、それは難しい話なのかもしれませんね。

筆者は以前、本田圭佑選手が日本代表にとってのブレーキになるかもしれないというようなことをお話しましたが、そのことが現実味を帯びてきているようにも思うだけに、自分の間違いに気が付き、二度と同じ失敗をしないようにしてほしいものです。

 

まとめ

サッカー日本代表の本田圭佑選手が、イタリアで酷評を受けているという話の真相は、やはり彼の気質と、今シーズンのサッカーの質の悪さに起因していました。

元々ビッグマウスを叩く気質であり、他の選手からもボールを奪ってでも強引にFKをけるシーンも見られるだけに、王様気質の本田圭佑選手は、結果を出せている間は、誰もが賞賛してくれますが、結果が出せなくと、手のひらを返され、一気に酷評されるのです。

元はといえば、自分が招いたことですが、イタリアでこのような評価が続けば、当然日本代表に取っても悪い影響を生むだけです。

本田圭佑選手には、常に100%の結果を出せないのであれば、謙虚な姿勢を持つことを願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー