星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

本田圭佑の評価がイタリアで悪い理由原因は性格と結果がでないこと

更新日

サッカー日本代表の中心的選手として活躍されている本田圭佑選手。

彼がイタリアで酷評されているそうです。

確かに、本田圭佑選手の場合、自分を鼓舞する為かビッグマウスを叩いてしまう部分があり、それもあって評価が分かれてしまうところがあります。

今回は一体どんな理由で、イタリアメディアなどから悪い評価を本田圭佑選手は受けているのでしょうか?

一部ではプレイに精細を欠いているという話もあるのですが、それは本当のことなのか…

その辺りの裏事情も含めて、本記事で本田圭佑選手がイタリアで悪い評価を受けている理由・原因を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

世界的に有名な本田圭佑のビッグマウス

本田圭佑

本田圭佑選手は、良く言えば、負けん気が強く血気盛んなタイプ、悪く言えば大口を叩いて人を見下すタイプです。

日本のサッカーファンの間でも、評価が分かれるタイプとも言えるでしょう。

リーダーシップを周囲に見せて牽引するタイプの選手としてなら、多少オーバーアクションするタイプの方が良いのかもしれません。

本田圭佑選手の場合は、ビッグマウスを叩くことで、あえて自分にプレッシャーを掛け、普段から準備をしっかり行うようにしています。

それで結果が出ていれば、多少は大目に見られるところもあるでしょう。

問題は、ビッグマウスを叩いて、結果が出なかった時の話です。

本田圭佑選手は、先輩後輩は関係無く、ビッグマウスや、ある種の規律を乱す発言を平気で吐いてしまうところがあります。

調子の良い時には、それが追い風となり、チームを勝利に導くような結果をもたらしますが、一つも結果に結びつかなかったら、周囲から大バッシングの大惨事に。

事実、中村俊輔選手と共に出場した南アフリカW杯では、うまく共存出来ずに、何とかベスト16には入れたものの、その後、大きな亀裂が入り、日本代表に大きな影響をもたらしています。

そして、闘莉王選手が、日本代表に起用されなくなった理由も、本田圭佑選手との衝突が理由・原因として挙げられていると聞きます。

闘莉王選手も、闘将タイプで、かなり檄を飛ばすタイプの選手です。

本田圭佑選手とは反りが合わず、本田圭佑選手・中村俊輔選手の時のように、チーム内で二人が共存できなかった模様。

これは日本代表での話に過ぎませんが、イタリアでも本田圭佑選手は何かとビッグマウスを叩くことが多いみたいですし、良くも悪くもそういうタイプであることは、もう世界中で有名なのでしょう。

 

本田圭佑がイタリアで評価が悪い理由・原因

本田圭佑

本田圭佑選手は、ロシアを経由して、現在は、イタリア・セリアA(ACミランに所属)でプロサッカー選手として活動をされています。

イタリア人は、良い結果を出せば賞賛するものの、少しでも悪いプレイをすると、厳しく評価されるところがあるそうです。

やはり、それだけイタリアではサッカー熱が高いのでしょう。

その上で本田圭佑選手は、ビッグマウスを叩く選手として有名です。

イタリアでも、FKを他の選手から強引に奪ってゴールを決めたこともあります。

その時もゴールを決めたから良いものの、一つ間違えば、本田圭佑選手はACミランから干されたかもしれない…なんて、話も囁かれました。

 

そんな本田圭佑選手は、ブラジルW杯以降、ピーク時と比較して、やや低調な部分も見え隠れし、常にトップパフォーマンスを出せるような状況ではなさそうです。

本田圭佑選手は、仮にもACミランで背番号10を背負っている選手です。

当然、常に最高のパフォーマンスを見せないと、メディアを中心にかなりのバッシングを受けてしまうのです。

2015年9月13日に行われた、インテルとの『ミラノダービー』で、本田圭佑選手はトップ下として起用されたものの、大きな見せ場を何一つ見せることができず、後半36分で途中交代。

本田圭佑選手に対して地元メディアからは

『いつも簡単に倒れてしまい、ゴール前での危険なプレイが何一つ無い』

と、かなり酷評されているようです。

ミランへの移籍直後の頃は、本田圭佑選手はメディアから絶賛もされていましたし、それなりの結果は出していました。

しかし、常にビッグマウスを叩く気質を持ちながら、2015年はプレシーズンから何一つ結果を出せていないのです。

これでは、背番号10を背負う本田圭佑選手が酷評されるのは当然です。

また、本田圭佑選手がイタリアでの評価が悪いことは、もう一つの理由原因があります。

それは、既にかなり長くミランに所属し、イタリアに住んでいるのに、いまだに

イタリア語をほとんど話すことができない

から、というところにもあります。

この点、中田英寿選手は、セリエに入るのが少年時代からの夢でしたので、高校時代からイタリア語を勉強していたそうです。

本田圭佑選手とは、心構えもだいぶ違いますね。

長友佑都選手も、あまりうまいとは言えませんが、イタリア語は話せます。

しかも性格的に明るく、イタリア人好みの性格です。

本田圭佑選手は、長友佑都選手と違い、内にこもった性格という印象を受けるでしょう。

2~3年前には、イタリア語のレッスンも受けていたようですが、その後、イタリア語が流ちょうになったという話しも聞きませんので、途中でやめてしまったのかも。

やはりチームメートと会話ができないと浮いてしまいますし、監督との意見交換などでも、行き違いが出る恐れもあります。

また、ファンから見ても、その国の言葉が話せる選手には親近感を持ちます。

イタリアのようなサッカー先進国だと、いつまでたってもイタリア語を覚えないというのは、バカにされているように感じるかもしれません。

同じく日本代表の長谷部誠選手が、チームから強い信頼感をもたれているのも、その誠実で几帳面な(ドイツ人好みの!)性格もありますが、ドイツ語が堪能という理由も大きいでしょう。

このように、その国の言葉ができないというデメリットは、相当に大きいものがあります。

そのあたりが、本田圭佑選手のイタリアでの評価が良くない理由原因になるのです。

 

ビッグマウスを叩くのであれば、常に結果を出せて当たり前です。

チームの規律までも乱す行為をして結果が出ないのなら、もはやサッカー選手としての資格は、微塵もないと言い切っていいでしょう。

これまでは、結果を出したことで、周囲を黙らせていたに過ぎず、結果が出なくなれば、酷評されてしまうだけの話ですね。

 

本田圭佑がサッカー選手を今後も続けていくには

本田圭佑

ザッケローニ監督が、闘莉王選手を外した時のように、ハリルホジッチ監督が、本田圭佑選手を日本代表から外すのも時間の問題かもしれません。

では、本田圭佑選手が日本代表としてロシアW杯に出場するためには、どうなれば良いのでしょうか?

まず考えられる方法は2つです。

一つは、一刻もはやく謙虚な姿勢を持ち、その中でしっかり結果を見せていくことです。

サッカーは、11人でやるチームスポーツです。

いくらフィジカルが優れていたとしても、自身にパスがなかなか回ってこないで、サッカーにならないなんてことも考えられます。

逆に周囲がプレイで助けてくれて、ゴールに絡む活躍ができるようになることも、よくある話です。

謙虚な姿勢を見せなければ、チームで孤立するのは目に見えて分かる話でしょう。

その事にいち早く気づき行動することが、本田圭佑選手には必要なことだと考えています。

 

もう一つは、全ての関係者を黙らせる圧倒的な結果を見せつけることです。

なんだかんだ言ってもサッカーは、結果を求められるスポーツであり、結果が出せるのであれば、誰も文句は言いません。

それどころか王様のような態度を取っていたとしても、あらゆる人から賞賛されてしまいます。

ただし、その賞賛を受けるためには、常に結果を出し続けていることが最低条件となります。

本田圭佑選手のように、調子が悪く、結果を出せていない時間が長ければ長いほど、ただの独りよがりな選手と酷評され、蚊帳の外に追い出されてしまいます。

誰だってロボットではありません。

常に最高のパフォーマンスを見せ続けることは、至難の業でしょう。

そこまでのプレイができないのであれば、一刻も早く謙虚になるべきです。

ただ、本田圭佑選手の気質を考えると、それは難しい話なのかもしれませんね。

筆者は以前、本田圭佑選手が日本代表にとってのブレーキになるかもしれないと思っていましたが、そのことが現実味を帯びてきているように見えます。

本田圭佑選手には、自分の間違いに気が付き、二度と同じ失敗をしないようにしてほしいものです。

 

それでは、本田圭佑選手の今後はどうなるのでしょうか。

本田圭佑選手は、ベンチを温めることが多くなり、試合への出場は大幅に減っています。

ミランからは、2020年までの契約延長という話もありました。

これは、本田圭佑選手の代理人である兄の本田弘幸氏に、ミランの副会長であるアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が、

他クラブからのオファーを受けないように要請

し、ミランとの契約延長への話し合いの場を持つ意志があることをを伝えたとのこと。

これは、日本やアジアでの本田圭佑選手の人気と知名度が、商業的にミランのプラスになっているという認識からでしょう。

しかし、同時に中国資本へのミラン売却の件もあり、不透明な状況といえます。

 

そして、この話とは逆に、2017冬に本田圭佑選手が移籍するという話もあります。

イングランドプレミアリーグの、ワトフォードが本田圭佑選手の獲得に興味をもっているそうですが、その後の進展状況は不明です。

本田圭佑選手には、アメリカMLSのサンダーランドや中国のチームも関心を持っているようですが、中国については、本田圭佑選手自身が否定しています。

本田圭佑選手とミランとの契約は、

2017年6月30日で満了

となりますので、その前にはなんらかの動きがあることは間違いないでしょう。

 

最後に、本田圭佑選手のイタリアでの評判(愛称?)を紹介します。

本田圭佑のイタリアでの愛称(評判)

刀のないサムライ

ファッキンサムライ

ブジャールド(嘘つき)

足より口に毒

パラメトロゼロ(移籍金ゼロ)

広告用の豚

ピッチを徘徊するゾンビ

肉とも魚とも言えない物

遊園地の射的

酸素が足りない

サハラ砂漠でもブーイング

ジャングルで迷子

皆既日食のような闇

不可解なオブジェ

鼓笛隊のおもちゃ

パンキナーロ(ベンチ要員)

ミラネッロの幽霊

これはまた、ずいぶんな言われようですが、本田圭佑選手にはそれだけの価値があるかも?(笑)

 

まとめ

サッカー日本代表の本田圭佑選手が、イタリアで悪い評価を受けているという話の真相は、やはり彼の気質とサッカーの質の悪さが理由原因でした。

元々ビッグマウスを叩く気質であり、他の選手からもボールを奪ってでも強引にFKを蹴るシーンも見られる本田圭佑選手。

王様気質の彼は、結果を出せている間は、誰もが賞賛してくれますが、結果が出せなくと、手のひらを返され、一気に酷評されるのです。

自分が招いたことですが、イタリアでこのような評価が続けば、当然日本代表にとっても悪い影響を生むだけです。

これまで、本田圭佑選手は日本代表の中心選手であり、彼が出場しない日本代表の試合など、考えられないことでした。

しかし、ハリルジャパンの最近の試合では、本田圭佑選手が外される試合が増えてきているのです。

このあたりを本田圭佑選手自身はどのように受け取り、どのように考えているのでしょうか。

本田圭佑選手には、常に100%の結果を出せないのであれば、謙虚な姿勢を持つことを願うばかりです。

本田圭佑の記事はコチラもよく読まれています!

本田圭佑と中村俊輔が不仲の理由・原因を清水圭が猛烈批判!

本田圭佑のミラン批判発言の内容!チームを退団し移籍の可能性は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー