星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

永世七冠とは?羽生善治の強さは衰え知らずでタイトル戦績がエグい

更新日:


先日、永世七冠のラストピース(2015年に開設された叡王戦を除いて…)である永世竜王の称号を手にし、永世七冠となった棋士・羽生善治氏。

これまで何度か永世竜王に挑戦するもなかなか手が届かず、一方では衰えも見えてきたという話もちらほらささやかれていましたよね。

それだけにこのニュースは実にうれしいニュースです。

さて、ついに前人未到の永世七冠の資格を手に入れた羽生善治氏ですが、その強さの秘密はどこにあるのでしょうか。

また現在、羽生善治氏が、どれだけのタイトルを保持されているのかも気になります。

そのあたりを本記事で探っていこうと思います!

 

ついに永世七冠を達成した羽生善治

先日、プロ棋士の羽生善治氏が、念願とも言える七期目の竜王を獲得し、永世七冠の資格を得たというニュースが報道されましたよね。

筆者もそのニュースを見て衝撃を受けたのですが、多くの将棋ファンが、竜王は難しいだろうと感じていただけに、このニュースに驚いているはず…

というのも、この竜王に関しては、一度タイトルを失って以来、2度挑戦していますが、ことごとく渡辺明氏(九段)に敗れていたのです。

ちなみに、羽生善治氏が6度目の竜王から陥落した2003年以降の竜王は、ほぼ渡辺明氏が死守していたといっても過言ではありません。

2003年と2013年に森内俊之氏(九段)が、2014年に糸谷哲郎氏(八段)が、それぞれ竜王を獲得しただけ…

残りは全て渡辺明氏が獲得していたのです。

ほぼ完全に竜王を独擅場としていたわけですから、渡辺氏が引退でもしない限り、他者が入り込む余地はほぼないと見て良いのではと思えてならない…


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.