星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

MGS5TPPのカットストーリーネタバレ!未完成で評価急落の理由とは

更新日

ファンから大きな期待を寄せられながら発売を迎えた『メタルギアソリッド5 ファントムペイン』(以下MGS5TPP)。

しかし、『MGS5TPP』の発売後には評価が急落します。

調べてみると、

「未完成品をあたかも製品として売るなんてありえない!」

と、ネットを中心に大批判が起こる事態となっていました。

なんとストーリーの終盤部分がカットされており、『MGS5TPP』から、今後のメタルギアサーガに繋がる重要な部分が、全くわからない状態だったのです。

ストーリーがカットされ、未完成のままゲームが世に送り出されるというのは、普通ならばあってはならないことです。

そこで当記事では、『MGS5TPP』の終盤のストーリーは、何故カットされてしまったのか?

また、カットされた部分は、どのような内容だったのかについて、探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

『MGS5TPP』エピソード51 蝿の王国 ネタバレ

メタルギアソリッド5

メタルギアソリッド5

コナミ開発の新たなエンジンである『FOXエンジン』を導入し、オープンワールド式となった『MGS5』。

『GZ』では、エンジンを完全に導入はできなかったものの、『TPP』では完全導入されているようです。

そして、ストーリーの評判も

『第一章まではよかった』

と言われており、『MGS5TPP』の発売当初は概ね高評価でした。

しかし、第二章を終え、ゲームクリアしたユーザー、限定版を購入していたユーザーから、徐々に『MGS5TPP』に対する批判の声が増大していきます。

その批判の声の最大の理由が…

「ストーリーが完結しておらず、未完成だった」

ということです。

唐突なストーリーの打ち切りとも思える終わり方に、『MGS5TPP』をプレイしたユーザーからは、

「小説で言えば、最後の数十ページが破り取られていたようだった」

と、あんまりな感想を語っています。

その例のひとつとして、ゲーム内では、イーライがサヘラントロプスを奪い、第三の子供らと共に旅立っていったのですが、それについては何も語られていません。

『MGS5TPP』ゲーム内では、エピソード46『世界を売った男の真実』で終わってしまうのです。

イーライのその後については、限定版のムービーに収録されたエピソード51『蝿の王国』を見ないとわからず、通常版・ダウンロード版を購入した方には、エンディング後に流れる年表によって、その出来事があったという事実しか知ることしかできないのです。

そして、2013年に公開されたPV動画がありましたが、この中で公開された映像の内、いくつかが本編では結局出てきていません。

ここで、『蝿の王国』のストーリーネタバレをざっとまとめてみると…


 

サヘラントロプスを奪ったイーライ(後のリキッド・スネーク)は、アフリカで最後の英語株を持った声帯虫を拡散。

声変わりをしていない子供には感染しないという特徴を利用して、子供だけの王国を築きます。

ダイアモンド・ドッグスは、イーライや子供たちを回収するために『蝿の王国』へ向かい、サヘラントロプスとの激闘の末、イーライを破りました。

そして、XOFに命を狙われたイーライを救おうとするのですが、投げ込まれたグレネードの影響で視覚障害が、さらに顕在化します。

発作的に赤色が白色に見えてしまうという、タイトルロゴ演出の伏線もしっかりと回収されているのです。

ダイアモンド・ドッグスは、イーライや子供たちを回収しようとしますが、なんとイーライが英語株に感染していることが発覚。

そこでダイアモンド・ドッグスは、イーライをそこに放置して、島全体を焼き尽くすことになります。

島が焼き尽くされる直前、イーライは第三の子供(後のサイコ・マンティス)の超能力で英語株が治療され、共に島を去り、

「まだだ、まだ終わってない」


 

という台詞を残し、エピソードは終了…という流れです。

おそらく、『MGS5TPP』は、このイーライとの戦いが、最終章となる予定だったのでしょう。

しかし、それを収録できないまま、『MGS5TPP』の発売に至ってしまった…というわけです。

これだけで済んでいれば…いや、済んでいても炎上は避けられなかったのでしょうが、さらに衝撃的な事実が判明します。

発売からしばらくして、PC版のデータ解析をしたユーザーが現れ、そのユーザーの解析により『第三章:平和』の存在が確認されます。

さらにザ・ボスと思わしきキャラクターのテクスチャが発見されたり、隠しエンディングと思われる映像も発見されたそうです。

ちなみに、その隠し映像の内容をまとめると

・一定以上の核廃棄に成功すると見られる?

・『ダイアモンド・ドッグス』は脱核宣言し、核を所有するPFや国を無差別攻撃を行う組織となる

・世界は核が抑止力にならないと判断、世界中で核廃棄の流れ→世界から核が消える

・ザ・ボスの遺志が達成された世界となる

ということだそうです。

このため、当然ながら核が世界から消滅するため、メタルギアも作られなくなり、後のアウターヘブン蜂起、ザンジバーランド騒乱が起こらないパラレルワールドに進むエンディング…ということになります。

あくまでも『MGS5TPP』のゲーム解析による映像なので、この映像が本作プレイで、元々見られるものだったか否かはまだ不明です。

このように、『MGS5TPP』には、まだ未完成としか言えないようなストーリー内容だったことから、ユーザーの間では、ゲーム前半がよかっただけに非常に残念だという評価になってしまいました。

 

『MGS5TPP』ストーリーカットの理由とは?

メタルギアソリッド5

さて、ここで募る疑念は、なぜ『MGS5TPP』のストーリーがカットされてしまったかですよね。

これについて、2つの理由があると思われます。

まず最初に、『蝿の王国』が収録されなかったり、『第三章:平和』のデータのみが存在したという理由。

これについては、言わずもがなだとは思いますが、コナミ社内での騒動が原因でしょう。

2015年3月、新役員人事に伴い、小島プロダクションが解散、コンシューマゲーム開発の縮小などが行われます。

おそらくは、これによって予算が打ち切られたか、開発期間を打ち切られ、否応なく『MGS5TPP』を世に送り出す…という結果になってしまったのでしょう。

もちろん、かなりの予算をかけ、開発期間が非常に長引いた小島プロダクション側にも、おそらくは問題があったのだとは思います。

予算や開発期間をかなり使っているのですから、あまりに長引けば会社の予算を食いつぶされていると思われても仕方がありません。

まあ、これについては詳しい予算などが明かされているわけではないので、憶測でしかないですし、コナミの社内騒動のゴタゴタで、製作に支障が出たことも考えられます。

コナミに対して言えるのは、やはり未完成品と思われるような商品を発売するということが、一番の問題ですよね。

「我々コナミは手抜き作品を作って売ります!」

と、宣言しているも同義なのでは?と筆者は感じてしまいます。

小島プロダクション解散や、さくまあきら氏との確執などで、既にただでさえ失墜したコナミへの信頼は、先日のコナミの社内環境に関する情報が日経新聞に掲載され、さらに地の底へ落ちました。

その上で、ユーザーから"未完成品"と言われてしまうようなゲームを売り出してしまうというのは、まさに火に新たな油を注ぐような行為。

これでは、コナミの不買運動に発展しても仕方のないような状況であるとも言えますよね。

筆者の結論としては、『MGS5TPP』の第三章がカットされてしまったことについては、小島プロダクション、コナミ双方に非があるのではないでしょうか?

続いて2つ目の問題、PV動画で公開されていた映像がいくつかカットされているということについて。

これは、おそらく表現上の問題だったということが考えられます。

PV動画内でカットされたシーンの例をいくつか挙げてみます。

・少年兵を訓練するシーン

・囚人(おそらくチコだと思われる)を射●するシーン

・焼け落ちた村でスネークが叫ぶシーン

これらが『MGS5TPP』からカットされたのは、海外版、日本版の双方のCERO表現によるものとのこと。

確かに、子供に銃を持たせたりというシーンは、海外では御法度で、即刻規制の対象となるのです。

同じように暴力的なシーンも、子供が対象にされているため、本編のムービーとしては使用できなかったのでしょう。

最後に3つ目の焼け落ちた村に横たわる焼●体が、日本のCERO表現では、『Z』に分類されるゴア表現に抵触するため、カットまたは他の形で再利用されたということでしょう。

表現規制については、現在規制が強まっている時代背景もあるので、仕方がありませんね…。

こうして、CERO表現による一部シーンのカットや、社内事情による終盤のストーリーの大幅カットが行われた結果、ユーザーからは

「未完成で売り出すとは何事だ」

と、大きな批判が噴出する事態になってしまったのです。

小島プロダクションが解体され、さらにメタルギアシリーズ製作スタッフの募集をしている現状では、続編の製作や有料DLCでのストーリー追加にも期待はできません。

小島秀夫監督が指揮するメタルギアシリーズが、このような不完全燃焼で終わってしまうというのは、ファンとしては悲しみでなんともいえない気持ちになります…。

 

まとめ

満を持して発売…と思われた小島秀夫監督の最後のメタルギアシリーズ『MGS5TPP』は、システムもグラフィックも、かなりクオリティの高いゲームであり、最初から最後までプレイしても高評価は揺るぎないものだと思われていました。

しかし、最後は唐突なエンディングで打ち切りのようなストーリー展開で終了。

後に、第三章のデータのみが解析されるなど、おそらく未完成状態だったことが判明します。

これによってユーザーの批判はコナミに集中。

ただでさえゲームユーザーの信頼を失っていたコナミは、さらにその信頼を失う結果となってしまいました。

報復が、ひとつのテーマだった『MGS5TPP』をプレイすることによって、プレイヤーがコナミへの報復心を抱いてしまうという、皮肉な結果を迎えてしまうことに。

海外では幻のエピソードとなってしまった『蝿の王国』を映像化し、販売してほしいという旨の署名活動まで行われていると聞きます。

コンシューマゲームファンを裏切る行為ばかりを続けているコナミが、これに応えることはあるのでしょうか?

せめて最後くらいは、コナミの誠意というものを見てみたいですね。

今後のコナミの対応に、注目していきたいと思います。

メタルギアの記事はこちらも良く読まれています!

メタルギアソリッド5ファントムペインまでの伏線とストーリー予想

MGS5ファントムペインでオセロットをストーリー(本編)で操作可能?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム