星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

探偵の探偵(ドラマ)の最終回までのストーリー結末ネタバレまとめ

更新日:


ドラマ『探偵の探偵』は放送を終え、これまでの謎が明らかなものとされました。

15歳で両親に捨てられ、暴行も受け、心が荒んでいった市村凛が、ドラマ『探偵の探偵』の黒幕だったのです。

自身が関わった相手の命を奪う方法として、

筋弛緩剤を打つ

という手法であったことも、『探偵の探偵』第10話で、ほぼわかりました。

本記事では、

  • 最終回『探偵の探偵』のクライマックスのストーリー結末ネタバレ
  • 視聴率
  • 『探偵の探偵』のストーリー全部のまとめ・おさらい

を紹介していきます!

スポンサーリンク

『探偵の探偵』最終回のストーリーネタバレ!

探偵の探偵

ドラマ『探偵の探偵』第9話・第10話は、

複雑化したドラマの設定・演出を、全て明らかにしていくように

かなり明快に、わかりやすく描かれていましたよね。

今回は、一部の事件においても、原作とは異なり、ことごとく筋弛緩剤が登場してきたわけです。

それは、『探偵の探偵』最終回で、

市村凛が筋弛緩剤を用いて、紗崎玲奈の命を奪うことを暗示させるメッセージだった

と考えれば、なぜあえて筋弛緩剤を用いていたのか?という謎も、理解できます。

また、筋弛緩剤を犯行に用いることで、市村凛の狂気の性格を過剰に演出し、さらに

ただの犯人ではなく、これまでの事件の黒幕であることを強調

しようとしていたのだとすれば、筋弛緩剤にこだわっていたことが納得できます。

 

正直これまでは、筋弛緩剤という共通ワードはあったものの、いまいち全体としての繋がりが見えてこなかったような気もしました。

一部、ややこしさを感じた視聴者もいたようで、それで『探偵の探偵』のドラマ視聴率も伸び悩んでいました。

しかし、9話・10話でその伏線が明確にされたことで、ようやく一連の事件の謎が全て明るみになったのです。


次のページへ >

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.