星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

森田みいこの趣味や性格が凄い!失声症の原因と出身高校もチェック

更新日 投稿日2014年12月31日

お天気お姉さんをしていた経験もある、グラビアアイドルの森田みいこさん。

一時はブレイクかと言われていましたが、潔癖症な性格のことなどもあり、あまりテレビ出演が多いとは言えません。

しかし、森田みいこさんの身に降りかかった出来事を知ると、

「芸能界引退のほうがいいかもしれないな…」

と思わせるほどの事態だと判明。

これらを森田みいこさんは、出演した『ナカイの窓』で語っていました。

今回当記事では、そんな森田みいこさんの経歴プロフィールついて、また、『ナカイの窓』出演時に語った壮絶な過去についてを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

森田みいこの経歴プロフィールをチェック!

ショートカット森田みいこ

それでは、まず今回ご紹介していく森田みいこさんとはどんな人物なのでしょう。

彼女の簡単なプロフィールをまとめてみました。

森田みいこのプロフィール

本名:森田美位子(もりたみいこ)

生年月日:1987年2月12日

出身:兵庫県

血液型:B型

身長:155cm

靴のサイズ:23cm

趣味:裁判傍聴、落語、読書

所属事務所:ビスケットエンターティメント

プロフィールを見てもらえるとわかるとおり、森田みいこさんには、非常に変わったというか、古風な嗜好があるようです。

趣味の欄にある『落語』や『読書』はともかく、

まさかの裁判傍聴!

裁判傍聴が森田みいこさんの趣味となったきっかけは、森鴎外の『高瀬舟』を読んだことで裁判に行きたくなり、その後、多い時は年に300件ほどを裁判の傍聴をするほどの趣味となったそうです。

とくに刑事裁判の傍聴が好きみたいですよ。

『高瀬舟』をきっかけに裁判傍聴が趣味になったということならば、主に刑事裁判の傍聴が好きなのも頷ける気がします。

『高瀬舟』は、喜助の罪という点で非常に考えさせられる内容ですし、これをきっかけに実際の裁判を見てみたいと思う方もいるでしょう。

どうやら、人が罪を犯した時の心理状況など、そういった一面を知ることができるという意味で森田みいこさんは裁判傍聴が好きなようです。

また、森田みいこさんのもう1つの趣味である『落語』は、携帯音楽プレイヤーに入れて聞いているほどらしく、とくに好きなのは古典落語の『火焔太鼓』だそうですよ。

読書も古典的な書物が好きなようで、休日に根津神社で万葉集を読んだりしたこともあったそうです。

その際、持参した水筒には白湯を入れていたとか。

あまりにも古風。

森田みいこさんは見た目の可愛らしさからは想像もできないような趣味嗜好を持っていて、そのギャップがまた人気の秘密なのかもしれませんね。

まさか、こんなに可愛らしいイマドキの子といった感じの女性が、万葉集を読んだり落語を聞いたりしているとは思わないでしょうし、裁判の傍聴席にいるとも考えません。

まさに根っからの古風な日本人と呼ぶのにふさわしい方だなという印象を森田みいこさんから受けました。

また、性格は潔癖症のようで、男性に対する嫌悪感もあるのだとか。

そうなると、森田みいこさんに彼氏などはとてもできそうにないことになるのですが、それで良いと思っているのでしょうか…。

また、森田みいこさんは、言葉に関西訛りがないことから、

「ぶりっこではないか?」

とも言われているそうですが、男性に嫌悪感を抱くほど恐れているのに、ぶりっこを演じる理由もないですし、おそらくは気のせいなのだろうと思います。

 

森田みいこの出身高校や大学はどこ?

森田みいこさんの出身高校は、兵庫県の三田松聖高等学校と言われています。

三田松聖高等学校の偏差値は、

41~49

という評価で、特進クラスで49のようですね。

特進クラスで偏差値49と考えると、お世辞にも勉強のできる高校とは言えなさそうです。

学校の口コミを見ても、ほぼ普通という内容が多く、『可もなく不可もなし』といった平凡な高校だということが伺えます。

森田みいこさんの大学についてですが、どうやら森田みいこさんは大学には進学していなかったようです。

高校卒業後、そのまま芸能事務所のスクールを卒業し、芸能界に入ったみたいですね。

ちなみに、森田みいこさんが芸能界入りした理由は、

「家族がミーハーだから」

とのことで、家族の会話のネタになればいい、それだけで芸能界入りを決めたそうです。

いやはや、何というか、思い立ったら即行動、というようなタイプなのか、それともただの天然なのか…。

森田みいこさんには、少々理解できない不思議な部分が多いのかもしれませんね。

 

森田みいこが『ナカイの窓』で語った過去とは?

森田みいこ

お天気キャスターも務めていたことのあるグラビアアイドル・森田みいこさん。

しかし、実は森田みいこさんには、おそらく聞いた人全員が身の毛もよだつような恐怖体験をしていた事が語られました。

それが、森田みいこさんの過去なのです。

潔癖症なこともあって、それが失声症にもつながったのだとか。

実は昔、森田みいこさんはある番組のアシスタントをしたことがあったらしく、その番組の企画で

芸人の汗や鼻水、唾液を集めて鍋に入れて火にかけて、塩を足したものを食べる

という、とんでもない企画に参加したそうです。

しかも当初は予定になかったのに、森田みいこさんがそれを食べる役にさせられたそうで、あまりの気持ち悪さに、泣きすぎて過呼吸になってしまったとのことですよ。

そして、先ほども触れたように、この結果、森田みいこさんは2か月間、失声症に陥ってしまったらしく、これを機に、苦手だった男性のことをさらに嫌悪感を抱くようになってしまったそうです。

ほんとに信じられない話ですよね…。

正直、文章だけを見るだけでも吐き気がしてきます…。

これはもはや犯罪のレベルで、テレビ番組の企画だからで許される問題ではないと思います。

MCの中居正広さんも絶句していましたし、視聴者からも、

「かわいそうすぎる」

「バラエティの皮をかぶった傷害事件だ」

と、その企画への批判が噴出していました。

おそらく、その問題の企画を行った番組というのは、『やりすぎコージー』だと思います。

本当にやりすぎで、それゆえに番組も2011年に終了しているわけですが…。

実は、森田みいこさんは芸能界デビューが2009年となっていますが、それはあくまでも森田みいこ名義でのお話。

2006年に芝真未名義で『やりすぎコージー』の4代目やりすぎガールとしてデビューしていたのです。

その後、名義を原真未に変え、活動していたようですが、2007年にプレミアムエンターテインメントとの契約満了となり事務所を退所。

その2年後に、『森田みいこ』として芸能界に戻ってきたということのようですね。

森田みいこさんが過去のことを語りがらないのは、そうした壮絶な、そしてトラウマな出来事を体験したからでしょう。

筆者としても、仮にそんな状況になっていたら、そんな辛い過去は黒歴史だと認定し、忘れる意味も込めて芸能界では名義を変えると思います。

芸能界、とくに下積みや無名時代はこういった無理難題や横暴に付き合わされなければならないので、決して賑やか・華やかだけといった世界ではないんだな、と改めて思い知らされますね…。

 

まとめ

とても可愛らしい外見でありながら、趣味嗜好は古来の日本文化に偏っているというギャップが、また人気となっている森田みいこさん。

しかしながら、潔癖症や男性が苦手ということもあり、なかなかテレビでお目にかかる機会は減ったような気がします。

過去を紐解いてみると、森田みいこさんは、家族がミーハーだからという理由で芸能界入りしたり、芸能界で壮絶な悪質企画のせいで失声症になってしまうなどの波乱万丈な人生を送っていました。

なかなか浮上のきっかけも掴めず、森田みいこさんは今後も苦労が多いかとは思いますが、きっと悪いことばかりでないでしょう。

ぜひ、なんとか芸能界で活躍し、テレビで元気な姿を見せてほしいところですね。

おまけ

『やりすぎコージー』を観たい方は、ゲオのネットレンタルがおすすめです。

最大1ヶ月間のお試し期間(無料)があるので、一度試してみてください。

新作から旧作まで、充実していますよ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人