星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

ラグビーワールドカップ2015で日本が南アフリカに勝利が奇跡の理由

更新日:

イングランドで開催されたラグビーワールドカップ2015。

この大会で、

「一つの奇跡が起きた!」

と、日本国中が賑わっていましたよね。

その理由は、予選リーグでの日本の初戦(南アフリカ戦)にあり、この試合である大きな奇跡が起こったというのです。

今回は、その辺りの事情を本記事でお話していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本がラグビーで南アフリカに勝利!

ラグビー日本代表

イングランドで開催したラグビーワールドカップ2015で、あの南アフリカから日本が歴史的勝利!

あまりラグビーに精通していない人には、日本が南アフリカに勝利したことが、どれだけ凄いことかわからなかったようです。

きっと世界中で大きく盛り上がっていたことに、キョトンとしていることと思います。

ただ、世界3位にランキングされ、

過去7回のワールドカップの内、2回も優勝している強豪国から勝利する

ということは、天地がひっくり返るほど凄いことで、世界中に衝撃が走ることは当然なことなのです。

日本が、そんな奇跡的な勝利を挙げることになるとは、誰も想像すらしていませんでした。

 

試合展開を見てみると、開始後は、日本が先制したものの、すぐさま南アフリカが逆転し、再逆転してはリードを許すという展開でした。

そして、ロスタイムに突入し、日本が負けている状況で、ほとんど残り時間がなかったため、完全に誰もが日本の敗退となると諦めかけていました。

しかし、日本は29-32とリードを許したラストワンプレイという局面で、敵陣ゴール前のスクラムを獲得すると、そこから

逆サイドに大きく展開し、逆転のトライ!

このトライで試合終了となり、奇跡の大逆転劇で、南アフリカから日本が勝利を勝ち取ることができたのです。

 

実は、このスクラム獲得の際に、スクラムか、ペナルティキックかのどちらかを選択できたらしいのです。

ヘッドコーチからは、ペナルティキックを選択するように指示があったそうです。

しかし、日本代表のリーチ・マイケルキャプテンは、ペナルティキックでゴールを得ても、3点しか入らず同点止まりと考え、

ここで一気に逆転することを考え、あえてスクラムという大博打

に打って出ました。

その結果、逆転のトライが生まれ、日本が劇的な勝利に至ったのです。

何度も形勢逆転をくり返してリードされながらも、集中力を全く切らさずに粘り強く戦い抜いたこと

最後に勇気ある決断をしたこと

これが、日本が南アフリカに勝利した最大の理由だと言われています。

 

今回のゲームを振り返り、高校卒業後に南アフリカでプレーしていた、ウイング松島幸太朗選手はこう語っています。

南アフリカは、低くタックルを入れられることに、それほど慣れているわけではない。

日本の武器はそういった精密なタックルにあるわけだから、相手を休ませることなく、どんどん低くタックルを入れていこうと、チームで話し合って実践していった。

日本の勝因の一つは、徹底的に南アフリカの特徴を分析し、弱点をしっかり突いたことです。

その上で、粘り強く戦い続けてきた事と、最終局面での勇気ある決断が、この奇跡を生んだのです。

追記

奇跡のジャイアントキリングを達成した、2015年ラグビーワールドカップ予選リーグ南アフリカ戦(第1戦)。

これを一つの契機として、予選リーグ突破も期待されていたラグビー日本代表チーム。

その後の結果は、みなさんも知っている通り。

  • 第1戦(南アフリカ)34-32で勝利
  • 第2戦(スコットランド)10-45で敗戦
  • 第3戦(サモア)26-5で勝利
  • 第4戦(アメリカ)28-18で勝利

この結果、日本代表は、スコットランド、南アフリカと共に3-1敗となりましたが、勝ち点の関係上、予選リーグ敗退となりました。

あと一歩というところで、決勝トーナメントには進めなかったのです。

まぁ南アフリカが、この大会で3位に入っているわけです。

この下馬評の高い南アフリカに勝利したことは、間違いなく今後の日本代表にとって、大きな自信となるでしょう。

しかし、あと一歩と見えても、その一歩がとてつもなく大きな差となっているのが、日本代表の現状かもしれません。

ラグビーの国際リーグ戦には、『スーパーラグビー』という大会があります。

このリーグには、ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ共和国・アルゼンチン・日本の5か国のチームが参戦しています。

日本からも『サンウルブス』というチームが、参戦していますが、

2シーズン合計22戦戦って、未だに2勝1分19敗

という残念な成果しか出せていません。

とくに1シーズン目となる2016シーズンは、参加18チーム中で最下位でした。

これには、ここまで世界との差が大きく開いているのか、と痛感させられましたね。

まぁニュージーランドやオーストラリア、南アフリカなどの強豪国を相手にしているわけですから、簡単に勝てないのは当然のことです。

だからこそジャイアントキリングと言われてしまっているんでしょう。

 

2015年ラグビーワールドカップでは、確かに日本が南アフリカに勝利しました。

しかし、既に戦いは次のステージに移行しています。

2019年には、ラグビーワールドカップが日本で開催されるわけです。

今度こそ、ジャイアントキリングは別にしても、日本には予選リーグを突破してほしいですね。

 

日本が南アフリカに勝利することが奇跡の理由

ラグビー

ラグビーワールドカップ2015で、南アフリカに日本が勝利した…。

もちろん日本が勝利したことは嬉しいことですが、その偉大さが全くわからず、

「それがどうしたの?」

としか、当初の筆者は感じていませんでした。

まさにそれは、そのニュースを聞いた『とくダネ!』MC菊川怜さんが、日本の勝利で大熱狂している小倉智昭さんの隣で、

ポカンとしていた

ような印象を彷彿する感じです。

 

 

筆者同様、ラグビーワールドカップ2015で、日本が南アフリカに勝利したからといって、

なぜ奇跡なのか意味不明

と思っている人も多いのです。

しかし、『奇跡』というからには、ちゃんと明確な理由があります。

ラグビーでの常識として、その競技の特質から、

試合で大波乱は起きにくい

と言われているらしいのです。

なので、ニュージーランドやオーストラリア、イングランド、スコットランド、南アフリカなどの強豪に勝つのは、

格下の国では非常に難しい

と言われています。

事実、過去7回のワールドカップで優勝したのは、

ニュージーランド(2回)、オーストラリア(2回)、南アフリカ(2回)、イングランド(1回)のみ

で、ベスト4まで範囲を広げても、フランス、アルゼンチン、ウェールズ、スコットランドまでしか入っていません。

まだ8回目と、歴史の浅いラグビーワールドカップではあります。

過去7回の大会で、ベスト4に入った国が、たった8カ国しかないのですから、なかなか番狂わせが起きにくいことがよくわかります。

ちなみに、南アフリカのランキングは世界3位で日本は13位。

ランキングだけを見れば、それほど大きな差があるようには思えません。

しかし、先程からもお話しているように、世界の上位と比較すると、その差は歴然としていて、

サッカーでいうところの、1位と100位くらいの差がある

といわれているそうです。

そんな格上の国から日本が勝利を得たことは、まさに非常に価値が高い、歴史的勝利なのです。

そして、こんな快挙を、日本はやってのけたのですから、世界が震撼するような奇跡を起こしたとして賞賛されているわけです。

 

南アフリカに勝利で湧き上がる国内外の反応

ラグビー

ラグビーワールドカップで日本が南アフリカから勝利することは、サッカー日本代表が、ブラジルに勝利した、

あの『マイアミの奇跡』に匹敵するような凄いこと

で、まさに世界中が驚くような奇跡です。

しかし、そんな奇跡が実際に起こったのです。

ですから、かつての『マイアミの奇跡』の時と同じように、ラグビーファン・関係者を中心に、日本中で盛り上がりを見せていました。

一部では、日本が南アフリカに勝利したことで、目標であったベスト8進出だけでなく、

ラグビーワールドカップの優勝も、ありえるのではないか?

というラグビーファンもいて、かなり評価が上がりました。

しかも、この勝利で盛り上がるのは、日本国内のラグビーファンだけでなく、外国人のラグビーファンも歓喜に浸っています。

もちろん南アフリカのファンは、ショックを受けていると思いますが、それでもなおかつ、日本の勝利に驚かされつつも、

「よくやった日本。君たちの戦いは勝利に値する」

と祝福してくれています。

そして、世界中が日本への祝福ムードで盛り上がっているというのです。

 

ラグビーに精通していない一般人からすれば、本当の驚きとしか言いようがありません。

普通だったら、ただワールドカップの一戦だけで、このようなことが起こることなどあり得ません。

しかし、それが起きてしまう…

それほどの奇跡的な勝利だったということなのでしょう。

  • 「ラグビーワールドカップ史上最高の瞬間」
  • 「ポルトガル人が泣いた一戦」

など、世界中で激震が起こっているような奇跡の勝利…。

日本国内でも

「桐谷美玲が吉田沙保里に、レスリングで勝利するようなこと」

と、その奇跡っぷりが報道されていますよね。

これまで日本は、ラグビー後進国と言われ続けていました。

2019年にラグビーワールドカップを東京でやることが、果たして正しいことなのかと、否定ばかりされてきた日本。

しかし、この一勝で全てがチャラにでもなったかというくらい、否定的な意見が全て吹き飛んでしまう現象まで巻き起こっていったのです。

追記

ラグビーワールドカップ2015で、日本は、強豪・南アフリカを相手に屈することなく、粘り強く戦い抜きました。

そして、見事に奇跡の大逆転勝利を納め、世界を震撼させてくれました。

しかし、終わってみれば、予選リーグ3勝1敗にもかかわらず、決勝トーナメント進出はなりませんでした。

ラグビーワールドカップの厳しさを、突きつけられた印象さえ残ります。

そんな、日本代表チームでしたが、予選敗退したとは言え、世界の評判としては大絶賛の嵐だったようです。

  • 「3勝もしていて予選リーグ突破できていないのはおかしい」
  • 「間違いなく今大会のMVPは日本代表だ!」

という意見が続出していたようです。

やはり、それだけ南アフリカに勝てたことは、世界の評判を大きく変える、一つの転機となったのではないかと思いますよ。

 

まとめ

ラグビーワールドカップで世界が震撼するような、南アフリカから日本が勝利を得たことは、まさに奇跡的なことでした。

スポーツ新聞でも、各紙1面に掲載されるような奇跡の大勝利となりました。

この大会で日本は、予選リーグ3勝1敗となりながらも勝ち点の都合で、残念ながら予選リーグ敗退。

しかし間違いなく、2019年のラグビーワールドカップにつながる、大きな1勝だったたことに違いはないでしょう。

今度は日本での開催だけに、地の利を活かして、必ず決勝トーナメントに勝ち進み、前回のリベンジを果たしてくれると信じています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.