星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

ラグビーワールドカップ2015で日本が南アフリカに勝利が奇跡の理由

更新日

現在、イングランドで開催されているラグビーワールドカップ2015。

このラグビーワールドカップ2015大会で、

『一つの奇跡が起きた!』

と、日本国中が賑わっているらしく、そのことが何かとニュースで取り上げられているそうです。

朝の情報番組『とくダネ!』のMCである小倉智昭さんが、その奇跡で大興奮して、第一声からかなり大声で挨拶していた光景を観た時には、ただただビックリしたほど。

何故いつも冷静な彼が、大興奮しているのか?

その理由は、ラグビーワールドカップ2015での日本vs南アフリカの一戦にあり、この試合である大きな奇跡が起こったというのですが、一体どんな奇跡が起こったというのでしょうか?

きっと試合の内容についても気にされている方もいらっしゃると思いますので、その辺の事情を本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

日本がラグビーで南アフリカに勝利!

ラグビー日本代表

イングランドで開催中のラグビーワールドカップ2015で、あの南アフリカから日本が歴史的勝利をもたらしてくれました。

あまりラグビーに精通していない方には、日本が南アフリカに勝利したことそのものがどれだけ凄いことか分からず、世界中で大きく盛り上がっていることにキョトンとされていることと思います。

ただ、世界3位にランキングされ、過去7回のワールドカップの内、2回も優勝している強豪国から勝利するということは、天地がひっくり返るほど凄いことで、世界中に衝撃が走ることは当然なことなのです。

そんな奇跡的な勝利を挙げることになるとは誰も想像すらしておらず、試合開始後は、日本が先制したものの、すぐさま南アフリカが逆転し、再逆転してはリードを許すという展開、かつロスタイムに突入し、ほとんど残り時間がなかったため、完全に誰もが日本の敗退となると諦めかけていました。

しかし、日本は29-32とリードを許したラストワンプレイという局面で、敵陣ゴール前のスクラムを獲得すると、そこから逆サイドに大きく展開し、逆転のトライ。

このトライ試合終了となり、奇跡の大逆転劇で南アフリカから勝利を勝ち取ることが出来たのです。

筆者自身、ラグビーのルールに詳しいわけではないので、正直なんとも言えない部分があるのですが、実はこのスクラムを獲得する際に、スクラムか、ペナルティキックかのどちらかを得ることを選択できたらしく、ヘッドコーチからは、ペナルティキックを選択するように指示があったそうです。

しかし、日本代表のリーチ・マイケルキャプテンは、ペナルティキックでゴールを得ても、3点しか入らず同点止まりと考え、ここで一気に逆転することを考え、あえてスクラムという大博打に打って出ました。

その結果、逆転のトライが生まれ、日本が劇的な勝利に至ったのです。

何度形成をひっくり返してリードされながらも、集中力を全く切らさずに粘り強く戦い抜いたことと、最後に勇気ある決断をしたことが、南アフリカに勝利した最大の理由だと言われています。

今回のゲームを振り返り、高校卒業後に南アフリカでプレーしていたウイング松島幸太朗選手はこう語っています。

『南アフリカは、低くタックルを入れられることにそれほど慣れているわけではない。日本の武器はそういった精密なタックルにあるわけだから、相手を休ませること無く、どんどん低くタックルを入れていこうと、チームで話し合って実践していった』

と…

徹底的に南アフリカの特質を分析し、弱点をしっかりついた上で、粘り強く戦い続けてきた事と、最終局面での勇気ある決断が、この奇跡を生んだのです。

日本が南アフリカから劇的な逆転勝利を挙げたことは、まさに、奇跡的な勝利であり、とても喜ばしいことですが、まだラグビーワールドカップ2015は始まったばかりです。

この後、2015年9月23日にはスコットランド戦、10月3日にはサモア戦、10月12日にはアメリカ戦が控えています。

この3戦で全敗してしまい、予選リーグ敗退となってしまったら、それこそ、この歴史的一勝の意味も色褪せてしまうでしょう。

万が一にもそうならないように、スコットランド戦でも勝利をもたらすように応援していきたいものです。

 

日本が南アフリカに勝利することが奇跡の理由

ラグビー

ラグビーワールドカップ2015で、南アフリカに日本が勝利した…

もちろん日本が勝利したことは嬉しいことですが、その偉大さが全く分からず、「それがどうしたの?」という印象しか、当初筆者は持っておりませんでした。

まさにそれは、今朝そのニュースを聞いた『とくダネ!』MC菊川怜さんが、日本の勝利で大熱狂している小倉智昭さんの隣で、ポカンとしていたような印象を彷彿するような感じです。

いくら、筆者がラグビーに精通していなくても、ラグビーは、ニュージーランドやオーストラリア、イングランドが強いと言うことは、それなりに知っていますし、これらの国に勝ったというのであれば、流石にその凄さには気づきます。

しかし、南アフリカが世界ランキング3位でラグビーワールドカップに2度も優勝している強豪だとは全く知りませんでした。

残念ながら、ラグビーは、野球やサッカーよりもマイナーなスポーツと言う印象が強く、世界戦などの中継もCSが中心であるため、馴染みが薄い印象があります。

そのため、ドコの国が強く、ドコの国が弱いという情報すら、あまり知られていないのが実情です。

だからこそ、ラグビーワールドカップ2015で、日本が南アフリカに勝利したからといって、何故奇跡と叫ばれるのか全く意味不明と思っている人も多いのです。

しかし、"奇跡"というからにはちゃんと明確な理由があります。

ラグビーの中の常識として、その競技の特質から、試合で大波乱は起きにくいと言われているらしく、ニュージーランドやオーストラリア、イングランド、スコットランド、南アフリカなどの強豪に勝つのは、格下の国では非常に難しいと言われているそうです。

事実、過去7回のワールドカップで優勝したのは、ニュージーランド(2回)、オーストラリア(2回)、南アフリカ(2回)、イングランド(1回)のみで、ベスト4まで範囲を広げてもフランス、アルゼンチン、ウェールズ、スコットランドまでしか入っていません。

まだ8回目と、歴史の浅いラグビーワールドカップではありますが、過去7回の大会で、ベスト4に入った国が、たった8カ国しかその名が刻まれていないわけですから、なかなか番狂わせが起きにくいことがよく分ります。

ちなみに、南アフリカのランキングは世界3位で日本は13位。

ランキングだけを見れば、それほど大きな差があるようには思えないのですが、先程からもお話しているように、世界の上位と比較すると、その差は歴然としていて、サッカーでいうところの、1位と100位くらいの差があるといわれているそうです。

そんな格上の国から日本が勝利を得たことは、まさに非常に価値が高い歴史的勝利なのです。

そして、こんな大それた快挙を、日本はやってのけたのですから、世界が激震するような奇跡を起こしたとして賞賛されているわけです。

 

南アフリカに勝利で湧き上がる国内外の反応は?

ラグビー

ラグビーワールドカップで日本が南アフリカから勝利することは、サッカー日本代表が、ブラジルに勝利した、あの『マイアミの奇跡』に匹敵するような凄いことで、まさに世界中が驚くような奇跡です。

そんな奇跡が起こったものだから、かつての『マイアミの奇跡』が起こった時と同じように、ラグビーファン・関係者を中心に日本中で盛り上がりを見せているようです。

一部では、日本が南アフリカに勝利したことで、目標であったベスト8進出だけでなく、ラグビーワールドカップの優勝もありえるのではないか?というラグビーファンもいて、かなり評価が上がっているようです。

しかも、この勝利で盛り上がるのは、日本国内のラグビーファンだけでなく、外国人のラグビーファンも歓喜に浸っています。

もちろん南アフリカのファンは、ショックを受けていると思いますが、それでもなおかつ日本の勝利に驚かされつつも

『よくやった日本。君たちの戦いは勝利に値する』

と祝福してくれています。

そして、世界中が日本への祝福ムードで盛り上がっているというのですから、ラグビーに精通していない一般人からすれば、本当の驚きとしか言いようがありません。

普通だったら、ただワールドカップの一戦だけで、このようなことが起こることなどあり得ません。

しかし、それが起きてしまう…

それほどの奇跡的な勝利だったということなのでしょう。

『ラグビーワールドカップ史上最高の瞬間』

『ポルトガル人が泣いた一戦』

など、世界中で激震が起こっているような奇跡の勝利…

日本国内でも

『桐谷美玲が吉田沙保里にレスリングで勝利するようなもの』

と、その奇跡っぷりが報道されていますよね。

これまで日本は、ラグビー後進国と言われ続け、2019年にラグビーワールドカップを東京でやることが、果たして正しいことなのかと否定ばかりされてきた日本。

しかし、この一勝で全てがチャラにでもなったかというくらい、否定的な意見が全て吹き飛んでしまうという現象まで巻き起こっています。

もちろん、ただ南アフリカに勝利しただけで、本来の目標を達成したわけでも何でもありません。

まだ、スコットランド、サモア、アメリカとの対戦が残っていて、これらの国に負ければ、日本は予選リーグで敗退してしまうことも十分考えられます。

実際にアトランタオリンピックで引き起こした日本サッカーの『マイアミの奇跡』は、歴史的勝利と言われ、日本中歓喜しましたが、結局は、予選リーグで日本は敗退し、ただの歴史的一勝で幕を閉じることとなってしまいました。

今回のラグビーワールドカップでも、そのようなことが起こってしまえば、せっかくの盛り上がりが全て台無しになってしまいます。

せめて、そういう悲劇が起こらないように、まずは目の前のスコットランド戦に集中して、続けて勝利を勝ち取って欲しいと切に願っています。

 

まとめ

ラグビーワールドカップで世界が激震するような、南アフリカから日本が勝利を得たことは、まさに奇跡的なことで、スポーツ新聞でも各紙1面に掲載されるような奇跡の大勝利となりました。

確かに、ラグビーでは大番狂わせは起きにくく、ジョーンズHCが南アフリカから勝利するというような意気込みを語っていた時も『大丈夫か?』と心配されていたほどでした。

しかし、日本人気質にあったトレーニングを積み重ね、その準備をしっかり行ってきた日本は、何度リードを許しても粘り強く闘い抜き、最後のロスタイムで、南アフリカから奇跡の逆転勝利となり、世界に激震を与えたのです。

ぜひ、この勢いに乗り、ベスト8と言わずラグビーワールドカップで優勝を狙ってほしいものですね!

ラグビーの記事はコチラもよく読まれています!

ラグビー日本代表に外国人メンバーが多い理由とは!ルールはOK?

五郎丸の忍者ポーズの意味と苗字の由来!嫁や子供の存在は?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ