星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ヒロイン失格の映画ストーリーとネタバレ!キャストに桐谷美玲!

投稿日

・自分が好きな人を好きになるのか

・自分のことを好きでいてくれる人を好きになるのか

女性にとって何かと難しい恋愛のテーマみたいですが、そんなテーマの三角関係を描いた映画『ヒロイン失格』が現在公開されています。

主演は桐谷美玲さんで、現在25歳になられているのに、未だに制服姿がよく似合うという印象もあり、また、彼女のストレートな演技が、いろんな意味で楽しめる作品とも言えるでしょう。

そこで、本記事では、映画『ヒロイン失格』のストーリー・ネタバレ、また、桐谷美玲さんが演じる主人公「松崎はとり」の魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

映画『ヒロイン失格』で桐谷美玲のキャラに注目

桐谷美玲

桐谷美玲

遂に劇場公開された注目の恋愛映画『ヒロイン失格』。

主演は、最近のバラエティ番組などで、散々番宣で出演していたので、みなさんもご存知だと思いますが、女優の桐谷美玲さんが務めます。

桐谷美玲さんが演じる主人公「松崎はとり」は、とにかく思い込みの激しい女子高生で、それでいて腹黒い一面もあり、感情表現もかなりユニークなキャラクターです。

時折見せる、驚きからくる変顔には思わず笑みがこぼれてきますね。

桐谷美玲

普通、ラブストーリーで女子高生(ヒロイン)を演じるとなると、大抵は何処か品があって誰からも愛されるような女の子タイプが多いと思います。

しかし、そんな一般的な女性ヒロインと比較すると、今回の映画『ヒロイン失格』の「松崎はとり」は、型破りな性格でブラックな要素も抱えたキャラクターなのです。

これは、人気マンガの『バクマン』風な表現法なのですが、ジャンプ漫画で『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』などの王道バトル漫画に対して、『DEATH NOTE』のような、悪が栄えるというかネガティブな要素を押し出す邪道漫画も、一つの大きな個性で魅力的だと思います。

映画『ヒロイン失格』の主人公「松崎はとり」は、まさに王道に反した邪道的なキャラクターであり、それでいて"恋する乙女"という実にユニークなキャラクターです。

この映画『ヒロイン失格』を通じて、筆者としては、

『なるほど、こう来たか!!』

と感心させられました。

あくまで個人的な見解ではありますが、桐谷美玲さんも、どちらかと言うと邪道タイプの女優で、純粋に乙女というよりも、何処か天邪鬼で悪魔っぽい一面を持っている女優という印象ですので、まさにピッタリな役だと思います。

ぜひ、そんな桐谷美玲さんの演技と、彼女の演技によって描かれるヒロイン:松崎はとりのキャラクター性に大注目しながら、映画『ヒロイン失格』を楽しみたいものですね。

 

映画『ヒロイン失格』のストーリー!

ヒロイン失格

時にドS系キャラ、時に甘えん坊なキャラなど、与えられた役に変幻自在に入り込み、巧みに演じ分ける技量を持ち合わせた演技派女優の桐谷美玲さん。

そんな桐谷美玲さんが、女子高生に扮して、どっぷり恋愛系のストーリーを演じていく映画『ヒロイン失格』は、ちょっと風変わりながらも、三角関係の恋愛を描いた心清らかな恋愛映画です。

自分のことを好きでいてくれる男性と恋に落ちるか、自分はその相手のことを好きでいながらも、相手からはただの幼なじみと思われ、恋愛感情を抱いてもらえない彼女の好きな男性を想い続けていくのか…

好きな相手か好かれる相手か、まさに結婚を前にした女性によく起こりがちな三角関係と言われているようですね。

ある女性キャスターの話によると、結婚前の恋愛は自分が好きになる相手を想い続けたい、結婚する相手はやはり自分を好きでいてくれる相手が良いと聞きます。

確かになるほどと思いましたが、女性の多くは、そんなことを常日頃から考えているのかもしれないと、ふと思った作品が、映画『ヒロイン失格』です。

さて、気になる映画『ヒロイン失格』のストーリーを、ここでご紹介していきましょう。


 

幼なじみの寺坂利太(役:山崎賢人)にとって、自分はヒロインであると思い込み、一途に想い続けてきたちょっと腹黒い女子高生「松崎はとり」(役:桐谷美玲)。

利太にとっては、自分がヒロインであると思い込んでいるはとりは、友人の中島杏子(役:福田彩乃)から、さっさと告白しろと忠告を受けても余裕綽々。

しかし、不良男子に絡まれている安達未帆(役:我妻三輪子)を利太が救ったことから事態は急転。

利太と未帆はいい雰囲気になり、自分にないものを持っているという理由で、利太は安達未帆(役:我妻三輪子)と交際すること…

驚き隠せず"ヒロイン失格"と落胆するはとりは、このままでは諦め付かないと、あれやこれやと手をつくし、何とか利太を自分に振り向かせようと躍起になりますが、利太に全くその気配がなく意気消沈。

そこに、学校一にモテ男で、少しチャラい印象もある弘光康祐(役:坂口健太郎)が、からかい半分で、はとりにちょっかいをかけてきます。

初めはちょっかいをかけていた、弘光ですが、次第に本気ではとりに惹かれていくようになり、利太から完全にフラレ、はとりが失意のどん底に落ちているところで、告白し交際することに…

はとりは、自分のことを好きになってくれている弘光に時折甘えながらも、本当に弘光と付き合って良いのか揺れ動きます。

結局はとりは、やはり利太のことを忘れられず、このまま弘光に甘えてはいけないと、弘光に別れを告げて、髪をバッサリ切り、再び利太にアタック。

利太も心の底では、はとりのことが気になり、そんな様子を見ぬいた安達未帆は、利太の背中を押し、はとりに利太のことを譲っていくのだが…


 

以上が、映画『ヒロイン失格』の簡単なストーリーです。

幼なじみの松崎はとりが自分のことを好きでいてくれていると全く気が付かずに、気がついたら、自分にない何かを持っている安達未帆と交際しているという鈍感な"ヒーロー失格"の男子高校生・寺坂利太。

そして、利太にとって自分はヒロインだと思い込み、他のかなり地味な女子高生に利太を奪われていってしまう"ヒロイン失格"の松崎はとり。

この二人を中心に絡んでいく三角関係がどのようにストーリー展開して、最終的に二人が結ばれていくのか?

非常に楽しみな恋愛模様を描いた映画となっていますので、そんな胸キュン映画として、ぜひ楽しみながら『ヒロイン失格』を観てみてくださいね。

 

映画『ヒロイン失格』のネタバレ要素考察!

ヒロイン失格

映画『ヒロイン失格』のストーリーは先程ご紹介したとおりですが、やはりこの映画では、ところどころネタバレ要素があります。

例えば、はとりが弘光と別れて、髪をバッサリ切って、中島杏子に驚かれ、『弘光に振られたの?』と聞かれるシーンも、原作漫画でも展開されていますよね。

これも、はとりの一つのけじめの現れで、たとえ利太に振り向いてもらえなかったとしても構わないと考えていて、ただ利太の幸せを願っていたという心理模様が描かれています。

また、はとりにフラれた弘光は、これまでのチャラい行動を改め、はとり以上に好きになれるような女性が現れるまで恋をしないと心に決め、髪を短く切ったはとりをからかいながらも、はとりに対して、自分自身に新たな気付きを与えてくれてありがとう、と感謝しているのです。

そんな高校生ならではの心理模様が、原作漫画のネタバレ要素として、たくさん描かれていますので、その一つ一つを感じながら、大人たちは学生時代の気持ちに戻り、学生達は、ちょっと背伸びしながら、映画『ヒロイン失格』を見ていくと、意外な部分で楽しめるのではないかと思いますよ。

まだまだしばらくは、映画公開されていると思いますので、気になる方は、ぜひ劇場に脚を運んで、映画『ヒロイン失格』をご覧下さいね。

 

まとめ

桐谷美玲さんが主演を務める映画『ヒロイン失格』は、思い込みが激しく、時折腹黒い性格を見せてしまう、一風変わった女子高生:松崎はとりが主人公の恋愛映画です。

自分を好きになってくれる男性の愛の告白を受けて交際していくのか、自分が好きな男性を想い続けながら苦しく切ない恋を追いかけていくのか、特に結婚前の女性達が悩みそうな三角関係をちょっと前に体感できるような映画として描かれていいます。

きっとどちらを選択しても切なくなってしまうと思いますが、果たしてはとりはどのような選択をとるのか、みなさんも楽しみながら、劇場で『ヒロイン失格』の全貌をご覧下さいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画