星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

土田晃之と嫁の武勇伝は酷いがおすすめの穴場ラーメン店は高評価!

更新日

国生さゆりさん、生稲晃子さんなど、数々のアイドルを輩出した、元祖アイドルグループおニャン子クラブの親衛隊を務めていたり、ガンダムやサッカーファンとして、テレビなどでコメントされているマルチな趣味を持つ芸人・土田晃之さん。

土田晃之さんは、既婚者であり、子供もいるそうですが、とにかく土田晃之さんと嫁の武勇伝が凄まじく、とてもまともな人間のすることとは思えない話として、ネットでその話が拡散されているそうです。

その武勇伝とは一体何か?

また、土田晃之さんが、行列無しで食べられるラーメン店を推奨して話題にもなっているそうですが、そのラーメンとは一体何処なのか…

土田晃之さんには、いろいろ気になる情報がありますので、本記事でその裏情報を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

土田晃之と嫁の武勇伝はあるまじき行為の連続!

土田晃之

土田晃之

近年は、ひな壇芸人としてテレビ業界で活躍されている芸人・土田晃之さんが、元不良(ヤンキー)だったという話は、本人が何かとテレビで語っている話であり、もう有名ですよね。

何やら、不良ばかりが集まる学校で、度々停学させられたこともあり、切れたら怖いという話もちらほら出てきて、そのことがまるで武勇伝として語られていることもあり、筆者としては、この光景に異様な気持ち悪さを感じます。

まぁ価値観の違いといえば、それまでですが、不良であったというのは、本人にとっては黒歴史であり、あまり表に出して自慢するようなことではないと思うのですが、何故に堂々とそれを公表できるのか…

本当に不思議な話です。

さて、学生時代は不良だったという話も聞かれる土田晃之さんですが、その気質は大人になってから、さらに激しくなっているらしく、それも夫婦共に武勇伝を今なお築き上げているというのです。

例えば、ある日楽屋に入ってきた土田晃之さんが、機嫌悪くかばんをテーブルに叩きつけたことがあったらしく、その異様な光景に『アンジャッシュ』の渡部建さんが、

『何かあったの?』

と尋ねると、

『前を歩く奴が遅かったから蹴りあげてやった』

と息巻いていたとか…

おそらく、明らかに勝てる相手だから、ムカついて蹴り飛ばしたのでしょうが、これが蹴った瞬間に首でもハネられるような暴●団連中だったら、同じことをやるでしょうか?

もしくは、皇族や総理大臣などのステータスを持った相手に同じことが出来るでしょうか?

前者は、身の危険が明らかにあるでしょうし、後者は明らかに国家犯罪者として全国指名手配にされ、芸人としてだけでなく人間として、まともに生きていくことすらできなくなる危険があります。

この様に、明らかに手を出したら分が悪くなる権力者・強者には手を出さず、弱いものに手を出していたという話であれば、これほど卑怯な話はありません。

この噂の武勇伝が真実だとすれば、聞いて呆れるただの身勝手な自己中大人だということです。

そして、さらに呆れたのが、土田晃之さんが嫁と共に引き起こしたと言われる武勇伝。

たまたまその日は、土田晃之さんは家族で食事にでかけていたらしく、一般人が土田晃之さんを目撃したのか、マナー違反的な絡み方をしてきたようです。

その事に、はじめは大人の対応を見せていたそうですが、そんな中、土田晃之さんの嫁が

『締めちゃわないの?』

と、土田晃之さんに訪ね、その事に笑みを浮かべた土田晃之さんは、そのマナー違反な一般客達をボコボコに締めあげたそうです。

確かに、無闇矢鱈に絡んでくる一般人たちに否があるのは明らかですが、だからといってボコボコに締めて良いという発想は、真珠湾を攻撃した日本に、『鉄槌として核を落とせば良いよね』と、広島・長崎に核を投下したアメリカ人たちの発想に近い行為ですよね。

まぁ規模は全く違うとしても、マナー違反に暴力でねじ伏せるという考えと、それが武勇伝としてまかり通って行くのは、まさに信じられない話です。

こんなことが本当に許されていいのだろうか?と、ただただ気持ち悪くて仕方ありません。

おそらく、これらの話は武勇伝と言いながらも、高校時代にいじめに遭わないように、不良の格好をして威圧していたのと同じような、土田晃之さん流の誇張した話だと思っています。

これが万が一に事実だとしたら、これは人間として許される話ではないということだけは言っておきます。

それにしても、本当にくだらない武勇伝です。

どうせだったら、地雷が埋め込まれ、内戦で苦しむ国民がいる海外に単独で乗り込んで、イスラム国の連中などに交渉を仕掛けて、戦争をやめさせるくらいの武勇伝が起こせないのでしょうか?

これは極端な話ですが、不良不良と息巻いているのであれば、武勇伝なんて安易に使うべきではないと思います。

少なくとも筆者は、ドラマ『エイジハラスメント』で、武井咲さんが演じたキャラクターが『五寸釘ぶち込むぞ』と怒りをぶつけながら、パワハラやモラハラなどを起こす上司・幹部達に抗議していったような行動を起こし、会社を変えようと必死に戦ったことがあります。

上司にも関わらず、堂々と仕事をサボり、そのしわ寄せや責任を部下に押し付ける無能な人間や、事務職の仕事を休暇中であった全く部署も関係ない社員に手伝わせ、その上、手柄だけを自分の手柄とする無能社員など、本当に多かったので、次々に問題定義して、社長にまで訴えました。

社長は、とにかく『人に感謝することを忘れてはいけない』という方でしたから、『あなたのやっていることは、人に感謝することですか?』『人として間違ってはいませんか?』と。

こちらとしては、もし改善が見込めないのであれば、弁護士に相談して、法律で訴えるとまで言い切りました。

ドラマなら、これで職場状況が改善されたりしますが、現実は厳しいもので、どんなに正しいことのために行動を起こしていても、頭の痛いやつと難癖つけてパワハラを受け、自●未遂まで追い込むほどの精神障害を与え、自主退職に追い込んでいくのです。

筆者は、まさにその被害者でもありましたが、少なくともこれくらいのことをして武勇伝と言ってほしいものです。

誤解のないように言っておきますが、筆者はこの会社員時代のことを、自慢ぶって話しているわけではなく、本来は黒歴史だと強く思っていますし、思い出したくもない話であり、だからこそドラマ『エイジハラスメント』は、自分自身を重ねてしまうことから、ほとんど具体的には観ることすら出来ませんでした。

しかし、あまりにも弱い者いじめを武勇伝と語る愚か者が多すぎて、これは非常に深刻な問題であると心を痛めているのも事実。

だからこそ、あえて身を切るような想いで、今回、体験談を語っただけです。

武勇伝とは、どう頑張っても抗うことの出来ないものが、正しいことのために拳を振り上げたことをいうのであって、私利私欲のために、明らかに弱いものに暴力を振りかざすことではないと、理解して欲しいと切に願っています。

 

土田晃之の嫁も元ヤンキー?

土田晃之さんの嫁の話は、バラエティ番組でそれとなく話題に出ていますが、あくまで一般人なので、詳しいプロフィールは分かっていません。

ただ、何かと逸話などは流れているらしく、性格的には肝っ玉の座った母ちゃんタイプで、外見は、磯山さやか似で内面は北斗晶さん似の女性と言われているそうです。

磯山さやかと北斗晶

磯山さやかと北斗晶

確かに元ヤンキーという話も聞きますし、何かと肝は座っている女性なのでしょう。

話によると、もし土田晃之さんに仕事がなくなったら、自分が働いて食わせていく覚悟は持っているから気にするな、と彼に言っているなんて話も聞かれます。

さらに、先輩などにお酌するのが辛いと愚痴を漏らすと、

『そんなことするな、アンタの良さが消えてしまう!!そんなことを拒否したくらいで仕事がなくなるのならその程度の世界』

と言い切っていたという話も聞かれ、度胸だけはピカイチだと分かります。

まぁ今の土田晃之さんがあるのは、なんとも頼もしい頼りがいのある嫁がいてくれているおかげなのでしょうね。

 

土田晃之のおすすめラーメン店とは?

家電芸人、ガンダム好き芸人、サッカー通芸人と、何かと異名を持ち、マニアックな知識も持ち合わせているひな壇芸人の土田晃之さんが、フジテレビのバラエティ番組『バイキング』の中で、行列無しで食べられる穴場のラーメン店を紹介されたそうです。

例えば、江戸川区船堀の『大島』は、ラーメン通でなくても、一度はその名を聴いたことがあるとも言える北海道の有名店『すみれ』で、修行された店主が東京にオープンさせたラーメン店らしく、ここの味噌ラーメンは本格派として絶品なんだそうです。

土田晃之さんは、一つのことにこだわりだしたら、とことんこだわっていく方らしいので、彼がそこまでホレ込むというのであれば、相当に美味しい味噌ラーメンなのでしょう。

なにやら、コクが強い味噌スープが縮れ麺とよく絡み、味噌ラーメンを食べている感覚をこれでもかというほど味あわせてくれる味噌ラーメンのようで、土田晃之さんの話を聞いているだけで思わず食べたくなる一杯ですね。

ちなみにこの『大島』の味噌ラーメン1杯の値段は、780円とお手頃価格で、一度は食べて観る価値がありそうですね。

ただ、これほどまで美味しいラーメンを提供できているのに、店に行列ができないのにも理由があるらしく、最寄りの駅から徒歩10分程離れていて、看板も小さくあまり目立った店舗ではなく、こじんまりとしているために、行列が出来ず穴場となっているそうです。

確かに、店に人が溢れ、行列ができると、ラーメン一杯に魂を込めるというより、テンポアップしてラーメン一杯を作らなければならないという方向の思考にならざるを得なくなります。

きっと店主はそのことが嫌で、行列なんて出来なくてもいいから、本当に好きな人に、渾身の一杯を食べてもらいたいという理由で、看板も大きくしていないのだと思いますよ。

こういうラーメンに愛情を注げるお店なら、きっと最高の一杯に出会えるのではないかと筆者も思います。

この様に、バラエティ番組『バイキング』で、穴場かつ美味しいラーメン店を、土田晃之さんは次々とご紹介されていたそうで、そのことでも最近は何かと注目されているようです。

 

まとめ

土田晃之さんが、元不良で数々の武勇伝を起こしているという話が、バラエティ番組などで語られているそうですが、正直そんなものは武勇伝でもなんでも無く、ゆっくりと前を歩く人を蹴り飛ばす話をはじめ、全てがただの身勝手な振る舞いにしか聞こえてきませんでした。

まぁ磯山さやかさん似の嫁ともども、意味不明な武勇伝を巻き起こし、暴力を奮う姿勢は、とても人として認めることが出来ませんが、土田晃之さん自身のモノに対するこだわりは支持できるものがあるといえるでしょう。

北海道味噌ラーメンの美味しい店を紹介したりするなど、一般人にはないマニアックな一面をのぞかせているのは、タメにもなりますし面白いですから、土田晃之の今後は、そちらをメインで活躍して欲しいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人