星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

進撃の巨人の単行本コミックス最新刊の18巻発売日と収録ストーリー

投稿日

実写映像化などもされ、何かと話題になっている進撃の巨人。

突如、巨人が現れ、人間界を襲い、それに対して人間がどのように対抗していくのか、人間vs巨人の構図が見られる壮大なスケールとストーリーの漫画ですよね。

映画だけでなくアニメや小説にもメディア展開されていて、さらには、パロディ作品なども多く展開されることで、非常に多くのファンから支持を受け続けています。

そんな原作漫画『進撃の巨人』の単行本コミックス最新刊とあんる18巻の発売日や収録ストーリーに関しても予想されている方がいるとか…

現在までに発売されている『進撃の巨人』単行本コミックスは17巻までですが、次の最新刊となる18巻は、いつ発売され、どんなストーリーが収録されているのか、本記事でこれらを探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

映画にもなった大人気漫画『進撃の巨人』

進撃の巨人

8月には、前編の『ATTACK ON TITAN』が、9月には、後編となる『ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』と、それぞれ劇場映画公開され、何かと話題になっている『進撃の巨人』。

映画でその世界観を実写映像化するのは、かなり無理があると言われ、そして、実際に公開された後も何かと酷評の嵐となってしまい、かなり厳しい結果をつきつけられているだけに、『進撃の巨人』原作ファンにとっては、漫画原作に対する思い入れに強いものがあるのでしょう。

さて、そんな原作漫画『進撃の巨人』ですが、既に単行本コミックス17巻が発売され、第70話の『いつか見た夢』までのストーリーが描かれています。

そして、『進撃の巨人』単行本コミックスの最新刊となる18巻は、第71話『傍観者』から続きのストーリーがはじまっていくわけですが、早速ネット上では、18巻のストーリーなどに関する話題で盛り上がりを見せているようです。

実際に『進撃の巨人』漫画原作は読んでいないという人もいらっしゃるかもしれませんが、『進撃の巨人』はアニメとしても描かれていますし、小説・映画への展開はもちろんのこと、人気グミキャンディ『ぷっちょ』を始め、様々な商品とのコラボもされています。

おそらく、いまや『進撃の巨人』という言葉を、聞いたことがないという若者を探すほうが難しいのではないか、というほど有名なタイトルです。

『進撃の巨人』漫画原作の話題が時折ネットで出始めると、一気にその熱が再加速し、大きな盛り上がりを見せるのも十二分に理解できます。

『進撃の巨人』は、漫画家:諫山創先生による漫画作品として、講談社発行の『別冊少年マガジン』で、2009年10月号から連載がスタート。

現在も連載中の漫画作品ではありますが、月刊誌ということもあり、『進撃の巨人』のストーリーは、進みづらく、発売スピードもゆっくりです。

そんなこともあってか、『進撃の巨人』のストーリーの続きが早く知りたいと、単行本コミックスの最新刊となる18巻の話題がどんどん高まっていくのでしょうね。

 

『進撃の巨人』単行本18巻の収録ストーリーは?

いつのやるの?いまでしょの男性

『進撃の巨人』の人気ぶりは、ここで言うまでもなく、皆さんご存知の通り、凄まじい勢いを見せています。

だからこそ注目の映画となり、その出来に対しても、元々の期待とそのギャップから厳しく評価してしまうところがあるのだと筆者は思います。

さて、そんな『進撃の巨人』単行本コミックスの最新刊となる18巻収録ストーリーを。早速独自の見解で予想していきたいと思います。

現在分かっているのは、71話『傍観者』、第72話『奪還作戦の夜』第73話『はじまりの街』の3話が収録されることだけで、あと残り1話分のストーリーが収録されていくと思います。

はたしてそれが何処までストーリーが描かれていくのかが、予想の大きなポイントとなります。

まず分かっている『進撃の巨人』18巻で収録される3話のストーリーをざっくり見ていきましょう。

71話『傍観者』は、革命事変から2ヶ月後のストーリーとなっています。

エレン達は、行方不明になったエレンの父:グリシャ・イェーガーを捜索中、グリシャ・イェーガーの記憶の断片にいた見覚えのある傭兵と遭遇します。

それは、エレン達が訓練兵時代に104期を指導していたハゲ頭の鬼教官として、最も身近にいた人物キース=シャーディスだったのです。

それまで気がついていなかったことにも不思議に思われがちですが、それもそのはず、キース=シャーディスは、この20年間で風貌がかなり変わり果ててしまっていたのだから、それも無理はありません。

エレン達は、キースに父のことを聞くために、キースのいる訓練所を訪れ、そしてグリシャ・イェーガーの20年前のことを聞き出します。

さらに、母カルラをめぐる三角関係の話を聞かされるエレン達…

そして、エレンが身に付けることになる姿勢補助用のベルトに細工をすることで、エレンを兵隊試験に失格させ、巨人と戦わせないように仕向けていたことを告白するのです。

キースのそんな想いは届かずエレンは、その小細工を気合でくぐり抜け、無事に訓練兵になるわけですが、もしここで失格していたらどうなっていたのか…

また違った『進撃の巨人』の世界が描かれていったでしょうね。

ここまでが『進撃の巨人』71話『傍観者』のざっくりとしたストーリーです。

ここで言うところの傍観者とは、おそらくキースのことを指していたのではないでしょうか。

キースは、ある意味エレンの父代わりみたいなところもあったわけですから、エレンが戦いで傷ついて、最悪でも命を落とさないように傍観していた…

そんなところだと思います。

さて、この話に続く『進撃の巨人』第72話『奪還作戦の夜』、第73話『はじまりの街』の2話をかけて、シガンシナ区奪還作戦が始まろうとするストーリー展開を見せていきます。

クーデターによって、政権を奪還しヒストリアを即位させることは出来ましたが、それだけでは核心的な情報は見つけられず、今度はシガンシナ奪還作戦へとエレン達は行動を移そうとしていくのです。

そこに向けて行われた前夜祭や、出発の朝などが描かれていくストーリーが中心で、ようやくシガンシナへ乗り込んでいくところまでが、『進撃の巨人』73話で描かれていくのですが、現在の連載ではそこまでしか話が描かれておりません。

おそらく残り1話で、巨人の気配も無く不気味なシガンシナ区の壁をエレンの特殊能力で破壊し、シガンシナへと本格的に乗り込み奪還する模様が描かれていくのだと思います。

ただ、ここまで引っ張ってきているわけですから、簡単に奪還して終わりとはならず、数話に渡って悪戦苦闘するようなストーリー展開がされるはずです。

これは、おそらく『進撃の巨人』単行本コミックス18巻の最後の方で少し描かれる程度という事になるでしょう。

あくまで予想の範疇が大きいので、実際は異なるところがあるかもしれません。

何度も言いますが、ストーリーとしてはざっくりした解説になりますので、気になる方は、ぜひ『進撃の巨人』単行本コミックスの最新刊となる18巻を購入してその中身を確認してみてくださいね。

 

『進撃の巨人』単行本最新刊の18巻発売日は?

男性

何かと話題になっている『進撃の巨人』単行本コミックスの最新刊となる18巻の発売日ですが、既に公表されていて、2015年12月9日発売予定とのことでした。

まぁ『進撃の巨人』が連載されている雑誌が月刊誌ですから、先ほどもお話したように、ストーリーそのものは、それほど速く進みません。

そのため、週刊誌系(週刊少年ジャンプ・マガジン・サンデーなど)のコミックと比較して、単行本コミックスの発売日も遅くなり、大体4~5ヶ月くらいのスパンでリリースされていくようです。

そのため、『進撃の巨人』単行本コミックス17巻発売が、8月7日なので、約4ヶ月後の12月9日が、18巻のリリース日となってしまうのでしょうね。

『進撃の巨人』単行本コミックス18巻は、ある種、大きくストーリー展開が進んでいく重要な巻とも言えると思います。

ストーリーが気になる方は、ぜひお近くの書店で、『進撃の巨人』18巻を発売日に購入し、実際に手にとって読んでみてくださいね。

 

まとめ

映画・アニメ・小説などの作品へと展開され、あらゆるメディアでその名が知れ渡っていると言っても良い漫画作品『進撃の巨人』。

その『進撃の巨人』単行本コミックスの最新刊となる18巻が、2015年12月9日に発売されると発表されています。

具体的な内容は、104期生たちを訓練兵として指導した鬼教官・キース=シャーディスから、父:グリシャ・イェーガーのことをエレンたちが聞き出し、20年前の出来事やエレンのベルトに細工をして訓練兵となるための試験を落とさせようとした事実も告白されます。

そして、新たな情報を求めて、エレンたちはシガンシナ奪還作戦へとストーリーが移行していくものと思われます。

ぜひ、その辺りの詳細な部分は、みなさんの目で確認してみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画