星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

フォルクスワーゲンのディーゼル排ガス規制不正問題の内容を解説!

投稿日

ドイツの自動車メーカーとして有名なフォルクスワーゲンが、アメリカで環境に良いとしたディーゼルエンジンの車を売り出していましたが、そのディーゼルエンジン車が、排ガス規制を逃れるために不正をされていたと、報道され世界中で衝撃が走りました。

しかも、不正対象車数が1100万台にも膨れ上がり、欧州やアメリカで大問題になるだけでなく、今後は訴訟問題に発展するだろうと言う話まで飛び出しているそうです。

報道では、フォルクスワーゲンのCEOが退任するという事態に発展しているそうですが、一体フォルクスワーゲンに何が起こっているというのでしょうか?

そこで、本記事にて、フォルクスワーゲンが行った排ガス不正の内容・背景と、今後フォルクスワーゲンの対応について探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

フォルクスワーゲンのアメリカ排ガス不正問題

フォルクスワーゲン

TVアニメ『ルパン三世(第2シリーズ)』でも、ルパンたちの愛車として描かれていたフォルクスワーゲン。

アニメでも何かとフォルクスワーゲンの車が描かれているだけに、その名は自動車メーカーに詳しくない人でも、一度くらいは聞いたことがあると言われ、フォルクスワーゲンは、日本国内でも根強いファンがいるドイツの自動車メーカーとして知られています。

そんなフォルクスワーゲンですが、何やらここ最近、エコ志向を提唱し、"環境に良い"として打ち出した新型ディーゼルエンジン車を打ち出しているものの、実際には環境に良いことは無く、排ガス規制の中において、不正をしていたことが発覚し、現在問題になっているというのです。

環境に良い車と思って購入したフォルクスワーゲンユーザー達にとっては、まさに詐欺行為とも言える今回の不正問題。

フォルクスワーゲンの根幹を害するような深刻な問題と化し、現在報道でもいろいろ話題になっているだけに、非常に心配な状況です。

ディーゼルエンジンは、日本の国産車がメインとしているガソリンエンジンと異なり、燃費が良く、戦車などもコストダウンのためにディーゼルエンジンを搭載しているという話があるほど、ある意味で、エコにも繋がるエンジンであり、海外の車などでは、よく搭載されています。

海外などでは、車の排気ガス規制が用いられており、それをクリアにしたエコを意識した『クリーンディーゼル』搭載のエコカーなどが発売されているそうです。

今問題になっているフォルクスワーゲンの車もその一つで、フォルクスワーゲン・ゴルフを始め5車種の最新モデルなどで、クリーンディーゼルエンジン搭載のエコカーとして、アメリカや欧州で広く発売されています。

しかし、蓋を開けてみれば、本来の排ガス規制基準値の40倍も排気ガスの値がオーバーしていたにも関わらず、その違反をごまかすために、排ガス規制検査の時だけ排気ガスを抑えるように稼働するソフトウェアを車内に搭載して、あたかも基準値をクリアしているように見せていたのです。

当然、このような悪意のある違反をしていたら、どこかで誰かが異変に気づき不正が発覚します。

それも2011年には、既に『違法のおそれがある』とドイツにあるフォルクスワーゲン本社内で指摘があったにも関わらず、それらを無視して、堂々と不正を続け、アメリカにも大々的に発売していくのです。

当然フォルクスワーゲンユーザー達は、激怒し、集団訴訟も辞さない構え…

結局、この一件によってフォルクスワーゲンの株価は23%下落しているらしく、会社にとってもかなり深刻な状況にまで急落しているというのが現状です。

世界的にも有名で、日本では外国車として人気の高いドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが、まさかこんなことになってしまっているとは驚きを隠せません。

まだ、日本には直接影響が無いとはいえ、いずれどんな形で飛び火が起こるかわからないだけに非常に心配ですね。

 

フォルクスワーゲン排ガス不正の背景と理由

あの知名度も高く、信頼しているファンも多いと言われるフォルクスワーゲンが、排気ガス基準における不正が見られ、今後訴訟問題にまで発展するような、とんでもない事件と化しているようですが、それにしても何故、フォルクスワーゲンはこのような排気ガス規制不正問題を起こしてしまったのでしょうか?

詳しいことはまだはっきりしていませんが、どうやら『ドイツ自動車業界の帝王』と呼ばれる人物が権力闘争劇を巻き起こし、繰り広げられ、その結果、悪だくみしている連中が、フォルクスワーゲンの利権を奪い、その上で、排気ガス規制の不正を行ったというのです。

フォルクスワーゲン

そして、その不正方法として用いたのが、法律の抜け目をくぐり抜けて、排気ガスを検査の時だけ一時的に基準値を強引に抑えるソフトウェアを車内に搭載するという方法だったのです。

2011年にも否定されてきたこの手口は、後に欧州だけでなく、アメリカまでも震撼させる大きな出来事となり、大多数のフォルクスワーゲンユーザーを怒らせ大問題へと発展させてしまったのです

常に排気ガスを抑えるようなソフトウェアなら、とても評価されるべきものだといえますが、それはあくまで検査の目をくぐり抜けるためだけのものだったわけですから、非常に腹立たしい話ですよね。

しかも法の目を盗むだけでなく、違法となる偽クリーンディーゼルカーを大々的に発売し、大きな利益を得ていたというのですから、本当にとんでもない話です。

おそらく自動車メーカーに務める末端の社員たちは、純粋により良い車を作り、それを世の中に発売していきたいと考えています。

しかし、一部の権力者達は、とにかく儲けることばかり考え、その上で不良車を平気で売りつけようとしています。

権力者たちは、より良い製品を売ろうという気など一切なく、ただ自己利益だけを求めているため、内部派閥によって権力闘争が生まれ、時におかしな方向に、その力が向かってしまう事が起こるのです。

本当にフォルクスワーゲンに務める大多数の方たちや、日頃フォルクスワーゲンの車を利用されているユーザーにとっては大迷惑な話ですよね。

こんなくだらない権力争いで、多くの人に迷惑をかけることは絶対に止めてほしいものです。

 

不正を行ったフォルクスワーゲンからの影響

何かと問題になっているフォルクスワーゲンの排気ガス規制不正問題。

この問題は、先程もお話したように2011年から問題がフォルクスワーゲン社内で持ち上がるものの、そのままスルーされ、挙げ句の果てには、欧州・アメリカで現在大きな問題として取り上げられていますよね。

これだけの排ガス規制不正問題が巻き起こってしまっている以上、早急に真相を明らかにして、対応しなければ、一気にフォルクスワーゲンが衰退しかねない大問題になっていくことでしょう。

実際にアメリカでは、フォルクスワーゲン以外の車種に対しても、排ガス規制の不正がないか調査が入ることになったそうです。

さら、特に影響が無いと言われていた日本国内の自動車メーカーの一部では、今回の影響を受けていくかもしれない自動車メーカーがあるという話もあるそうです。

その影響があると言われている自動車メーカーが、ディーゼルエンジンを搭載した車の販売を計画されている『マツダ』。

マツダ

デミオを中心に燃費の良いディーゼルエンジンを搭載し、そのことがなにかとユーザーの間で支持されていたのに、今回のフォルクスワーゲンの排ガス規制不正事件によって、ディーゼルエンジンを使っているということだけで、顧客から敬遠されかねません。

また、直前までフォルクスワーゲンと業務提携していたと言われているスズキもそうです。

ただ、今回の事件の直前でフォルクスワーゲンとの業務提携を解消されたらしいので、なんとか事なきを得たようですが、一つタイミングを間違えば、何の罪もないのに共倒れしてしまいかねませんでした。

『マツダ・スズキ』のように、日本国内でもフォルクスワーゲンの不正の影響が出たかもしれない自動車メーカーもあるらしく、色んな所で今後不正余波を受ける自動車メーカーがまだ登場するかもしれないとも言われているのです。

そしてフォルクスワーゲンに至っては、社長などの権力者達が、引責辞任される方が続出しています。

もう一度原点に立ち戻り、今後の対応をしていくみたいですので、何処までしっかり対応されるのか、フォルクスワーゲンに注目していきたいものですね。

 

まとめ

フォルクスワーゲンの排気ガス規制不正問題の主な原因・真相は、まだはっきりしていない部分がありますが、どうやらドイツ自動車業界の帝王が巻き起こした権力争いの結果、極度に利益追求をした権力者が、この権力争いの中で、排気ガス規制不正をしていったそうです。

もちろん、多方面でかなりの影響を及ぼし、海外の全ての自動車メーカーで、フォルクスワーゲンの行ったことは由々しき問題として浮上しています。

ディーゼル車の排気ガスが基準値をオーバーし、それをごまかすために仕組まれたソフトウェアを車に搭載し、これまでにごまかしまくったのです。

最悪、フォルクスワーゲンに対して集団訴訟もありえるらしいので、一刻も早く誠意を持って対応してもらいたいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事