星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

北海道新幹線の停車駅・ルートと料金をチェック!札幌開通はいつ?

更新日

2015年3月に北陸新幹線が金沢まで開通。

そして、NHK朝ドラ『まれ』の舞台の一つが、石川(能登)でした。

そのこともあり、当時、全く新幹線に興味がなかった人でさえ、一度は

「北陸新幹線に乗ってみたい」

と、北陸新幹線に乗車する人が急増したそうです。

そして、2016年3月には、北海道新幹線も開業。

ますます新幹線ブームが賑わいを見せ、街の活性化として大いに期待される存在です。

それだけに新幹線の停車駅(今後増える予定の駅も含め)や、料金についても気になります。

本記事では、改めて北海道新幹線の停車駅や料金、札幌開通日などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

北海道新幹線開業でさらなる新幹線ブーム!

北海道新幹線

東北新幹線は、開通していたものの、北海道と繋がる新幹線がこれまではありませんでした。

北海道までは、各交通機関の乗り継ぎなどを利用して、特急・フェリー・飛行機などでしか行くことができなかったのです。

しかし、北海道新幹線が開業することになり、いよいよ新幹線で東北から北海道へ渡ることが、実現したのです。

確実に多くの人たちを北海道に運ぶことが可能となりました。

空路・海路以外に、陸路として比較的利便性が高い北海道新幹線。

東京や大阪から大型連休を使って、北海道の実家に帰省するなどの際に、新幹線を使うことも可能となります。

実家が北海道にある人たちには、とくに嬉しい話となったかもしれませんね。

また北海道には、札幌時計台や、ペンギンの群れや白くまなども見られる旭山動物園など、観光名所もあります。

その他にも、プロスポーツチームの日本ハムファイターズ(野球)、コンサドーレ札幌(サッカー)の本拠地などもあります。

北海道の観光名所巡りや、スポーツ観戦等、あらゆるレジャーにも、この北海道新幹線を経由して行くことができるようになったのです。

これは北海道への観光産業に、大きく好影響をもたらしてくれたことでしょうね。

とはいえ、札幌まで新幹線が開通していくことを考えると、それはまだまだ先の話。

そのため北海道新幹線の開通と言っても、現状は、まだ足がかりに過ぎないと言えるでしょう。

追記

北海道新幹線開通から約1年、ニュースなどでは、

『乗客が少なく大丈夫なのか?』

という不安視する声が多いようです。

ただ実際のところ、北海道新幹線の乗客数は上向き傾向にあるらしく、まずまず順調に運行しているようです。

また、観光産業においても、北海道新幹線が開通したことで、行きやすくなった観光地として、ツアーがいくつか組まれているみたいですね。

後ほど停車駅についてもお話していきますが、この北海道新幹線は新函館北斗駅まで開通しています。

なので、函館ならではの観光地として、函館朝市や、五稜郭などの観光スポットが、サイトを通じて大きく紹介されています。

また、白い恋人やサブレなどのお菓子とコラボしてみたり、北海道新幹線の形をしたケースに入っている駅弁が発売されたりもしています。

まだまだ、北海道新幹線の歴史は始まったばかりで、これからが本当のスタートになるのかもしれませんね。

 

北海道新幹線の停車駅やルート紹介

北海道と言っても、北は稚内、東は根室、西は函館・札幌、南は日高など、かなり広範囲の土地があります。

どこまで北海道新幹線のルートが開通するのか、気になるところです。

そこでいろいろ調べてみたところ、北海道に新幹線が開通するものの、現状は

新青森駅~新函館北斗までを結ぶだけ

札幌までのルートは、

2030年

まで待たなければならないみたいです。

 

北海道新幹線開業に伴い、停車駅は、

  • 新青森駅
  • 奥津軽いまべつ駅
  • 木古内駅
  • 新函館北斗

の4駅しかありません。

あくまで新幹線によって函館まで移動するのと、北海道からそれぞれの場所に移動する目的で開業します。

北海道新幹線

北海道新幹線のルート

あくまで今回の北海道新幹線は、

本州と北海道の橋渡し的存在

でしかないのです。

しかし、これまで本州と北海道をつなぐ新幹線がなかったわけです。

きっと多くの人達を北海道に誘致する、大きなきっかけづくりにはなると思いますよ。

この北海道新幹線の開業は、ここで終わりというわけではなく、現在予定されているのは、2030年までに新函館北斗駅から、

  • 新八雲駅
  • 長万部駅
  • 倶知安駅
  • 新小樽駅
  • 札幌駅

まで開通する予定となっています。

北海道新幹線

北海道新幹線のルート

もちろん、まだ計画中の話で、このルートで北海道新幹線が開通していくと、決まっているわけではありません。

ただ、この北海道新幹線は、間違いなく北海道の新たな起爆剤となると思います。

2019年のラグビーワールドカップには、北海道の会場もあるという噂を耳にしていますので、きっと北海道はより盛り上がっていくものと思いますね。

 

北海道新幹線の料金(運賃)

さて、気になる北海道新幹線の料金(運賃)に関してですが、

  • 函館~東京 22,690円
  • 函館~仙台 17,310円
  • 函館~新青森 7,260円

となっています。

この北海道新幹線の料金(運賃)設定だけを見ると、たしかに割高にも見えます。

ただ、場所にもよりますが、ハイシーズンに飛行機を使うと、この北海道新幹線以上の料金がかかる場合もあるのです。

またフェリーも同様に結構な料金がかかります。

その為、一部ハイシーズンでは北海道新幹線の方が料金(運賃)が割安になることから、新幹線を利用する人も増えるだろうと言われています。

まぁいくら料金(運賃)が安いからといっても、状況によっては、飛行機やフェリーを使って北海道に移動したい話も出てくるでしょう。

ぜひ状況に照らし合わせながら、一つの選択肢として、北海道新幹線の利用も検討してみてくださいね。

 

それにしても、かつては一部で、

「2015年内には北海道新幹線を開業できるのでは?」

と言われていたのですが、なぜ北海道新幹線の開業を遅らせたのでしょうか?

それには、ある理由があるようです。

北海道は、冬場は降雪が多い地帯です。

せっかく北海道新幹線が開業したとしても、冬場の開業では、天候不良で走行できない可能性が多いらしいのです。

門出の開業日に走行できないというのは、北海道新幹線にとって、非常に幸先が悪い問題となってしまいます。

そのために、十分に雪解けしたとみられる、2016年3月26日を開業日としたみたいですね。

確かに、北海道新幹線の開業日に新幹線に乗れなかったら、これだけ盛り上がっているのに、楽しさも半減となってしまうでしょう。

北海道新幹線は、地域のPR活動にも力を入れているというのに、走行中止で水をさされるのは非常にもったいない話です。

確実に北海道新幹線を開業するためには、3月開業は妥当なところだったのでしょう。

どこでもユキちゃん

ちなみに当時、北海道では、PRキャラクターとして制作された

『どこでもユキちゃん』のぬいぐるみ・マスコット

を発売スタートさせています。

追記

既に北海道新幹線は開業し、しばらく経過し賑わいも落ち着きを見せています。

やはり北海道新幹線の開業前に開催された、100日前カウントダウンイベントは大盛況でした。

新たな路線が開通すると、期待に胸をふくらませる人たちで会場が溢れかえったのです。

もちろん、新幹線ファンにとって嬉しいイベントだったことでしょうね。

何よりも、この会場(金森ホール)では、東北ならではのグルメや郷土芸能がふんだんに披露されたそうです。

壮大なる町おこしイベントとしても、大盛況だったようですよ。

 

まとめ

これまで、北海道では新幹線は開通しておらず、陸路では、特急などを利用するしか、交通手段がありませんでした。

飛行機・フェリーを活用したとしても、住まいの地域によっては、時間やコストも高くついてしまいます。

北海道は、なかなか遊びに行くのが難しい課題を抱えていました。

しかし、2016年3月26日に北海道新幹線が開通。

新青森駅と新函館北斗駅を結ぶ新たな陸路ができました。

北海道がより身近になり、東北だけでなく、東京の人たちも気軽に北海道に行けるようになったわけです。

今後ますます、東北・北海道が活性化していくことと思います。

これからもその大きな貢献を、北海道新幹線には期待したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事