星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

GODEATER(ゴッドイーター)のアニメが打ち切り未完結の理由とは?

更新日

バンダイナムコゲームスから発売されているゲーム『GOD EATER(ゴッドイーター)』。

『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、その人気からアニメ化され、第1話をいきなり特別編として放送するなど、ネット上では放送開始から早くも

「これはダメな予感…」

と、不安を抱く原作ファンが多かった印象を受けます。

そして、その不安は現実のものとなり、なんとアニメは9話で未完結のまま最終回を迎え、実質上の打ち切りに。

一体なぜ、『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、このような事態となってしまったのでしょうか?

元々は、13話まで放送予定だったアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』ですが、残りの4話はどうなるのか?

その事の顛末を当記事で、ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

アニメ『GOD EATER』が9話で打ち切り?

ゴッドイーター

放送前、アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、2015年夏アニメとして放送が予定されており、ファンからは期待の声が高まっていました。

そう、"高まっていた"はずだったのですが…。

アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、放送開始から、いきなりつまずくことになってしまいます。

第1話時点で、既にアニメ制作が間に合っておらず、クオリティ維持のためという建前で、特別編を放送するという前代未聞のあまりにも不安を感じさせるスタートに。

さらに、アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』の特別編は、その後もたびたび放送を繰り返し、これまでになんと合計で4回もの特別編が放送されました。

そして、先日のアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』第9話で最終回…実質上の打ち切りという何とも言いがたい結末に。

あまりにも多すぎる特別編に、さすがに『GOD EATER(ゴッドイーター)』ファンも納得できなかったようで、SNSなどの反応を見ても

「これでは販促にならないのでは?」

「別の意味で伝説のアニメになってしまった…」

と、呆然としているファンが多かったように思います。

2015年10月29日に新作である『GOD EATER RESURRECTION』が発売されますし、その販促の意味もあって、2015夏アニメとして放送したはず…。

アニメ未放送話も、いずれ放送される見込みのようですが、既にそれは『GOD EATER RESURRECTION』発売後ですし、本末転倒のような気がします。

これでは新規層の獲得どころか、下手をすれば従来のファンでも新作『GOD EATER RESURRECTION』を買うことを控えてしまう人が現れても、仕方がないのではないでしょうか?

さて、ここで問題となるのは、そもそも、「なぜアニメの制作が追いつかなかったのか?」ということですよね。

『GOD EATER(ゴッドイーター)』のアニメを制作しているのは『ufotable』という製作会社です。

この会社は、クオリティの高いアニメを制作することで、アニメファンからは有名なのですが、あまり規模が大きくなく、会社として人員が少ないのです。

さらには、4月から6月まで『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』を制作しており、『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、その直後だったため、今回のような散々な結果に繋がってしまったのでしょう。

『ufotable』は、今回の『GOD EATER(ゴッドイーター)』の失敗によって、一気に株を下げてしまった印象があります。

そもそも、納期を守れないというのは、制作会社として大問題ですし、噂によれば『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の制作も、最後は納期ギリギリだったと聞きます。

つまり、はじめからアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』の制作が間に合わないという結果は見えていたはず。

それにもかかわらず、なぜ『ufotable』は、アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』の制作を引き受けたのでしょうか?

納期が守れないうえに、その理由としているクオリティを追求した作画も、

「スローモーションが枚数稼ぎに思えるし、全く効果的ではない」

と、あまり視聴者からは、良い評価を得られていません。

そして、仕舞いには4回もの特別編の放送。

ここでは厳しく言ってしまいますが、スケジュールの管理能力が疑われますし、今後もアニメの制作を依頼してもいいのか?と思われるようになっても仕方のないことだと思います。

今回のアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』の反省は、しっかりと今後へ活かしてほしいところですね。

さて、話は変わりますが、今回の『GOD EATER(ゴッドイーター)』での失態に、実は他作品のファンも不安を覚えているというのですが、ご存知でしょうか?

そのファンというのがテイルズシリーズのファン。

なぜテイルズシリーズのファンが不安を抱いているのかというと、2016年には『ufotable』制作でテイルズシリーズの新作テレビアニメが放送予定とのこと。

「ちゃんと納期を守れるのか?」

と、テイルズファンの間では、テイルズシリーズの新作テレビアニメが『GOD EATER(ゴッドイーター)』と同じような事態になりかねないと感じる方が結構いらっしゃいます。

確かに、『GOD EATER(ゴッドイーター)』で納期が間に合わなかったうえに、4度も特別編を放送することとなった会社が制作すると聞いて期待をしろというほうが難しいでしょうからね…。

『ufotable』には『GOD EATER(ゴッドイーター)』の二の舞を演じないよう、気をつけてほしいと思います。

 

『GOD EATER』アニメ10~13話の放送は?

ゴッドイーター

13話まで放送されるはずだったアニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』。

打ち切りにより、未放送となってしまったアニメ10話~13話までの4話は、一体いつ放送されるのでしょうか?

調べてみると、どうやら2015冬には放送するとのこと。

現段階で、今冬としか情報が出ていないということは、どうやら本当にまだ未完成なようですね。

一般的な感覚であれば、今後の放送予定を演出付きで紹介するよりも、先に視聴者に対して、謝罪するべきものだと思うのですが…。

まだ完成していないとなれば、放送時期決定の続報に関しても当分先になりそうですし、もう少しズレこんで、2016年の2月~3月あたりに放送される…という冬アニメの終了時期ギリギリになることも覚悟しておかなければならないでしょう。

そもそも、テレビ局のスケジュール的には、枠が既に埋まってしまっていてもおかしくありませんし、放送はニコニコ生放送のみという可能性も十分に考えられるでしょう。

アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』未放送話の放送時期のみならず、一体どのような形で今後放送されるのかにも注目です。

 

おわりに

アニメ『GOD EATER(ゴッドイーター)』は、制作が追いつかず、4回の特別編を放送し、前代未聞の分割1クールアニメとなり、違った意味で歴史に残るアニメとなってしまいました。

これは、『涼宮ハルヒの憂鬱』2期で、『エンドレスエイト』を微妙な違いはあれど、ほぼ同じ内容を8回続けて放送した衝撃の歴史に並ぶ、アニメ界の黒歴史になってしまうのではないでしょうか?

制作が追いつかなかったことに関して、事実だけを見れば、制作会社の『ufotable』が悪いのは明らかです。

何か社内事情などがあったのだとすれば、それを説明するべきなのではないでしょうか?

説明なしで開き直っている(そう見える)と、

「もうこの制作会社のアニメの円盤は買わない!」

というような、ヘビーユーザーが現れてしまっても不思議ではありません。

『ufotable』は、制作が遅れてスケジュール通り放送できなかったのですから、せめて謝罪の一言くらいはあってほしいと思っています。

今後、何らかの釈明があるのかに関しては一切不明ですが、しばらくは『ufotable』の動向に注目していきたいところです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アニメ