星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

七つの大罪のアニメ2期の放送日とストーリー予想!原作は足りる?

更新日

週刊少年マガジンで、連載されている鈴木央先生の漫画『七つの大罪』。

2014年4月にはアニメ化もされ、2クールに渡り放送されましたね。

そんな『七つの大罪』が、なんと新作アニメの放送が決定したとのこと。

しかし、それと同時に、アニメ2期の夢は崩れ落ちてしまったこととなります。

そこで、当記事では、アニメ『七つの大罪』の新作『七つの大罪 聖戦の予兆』と、『七つの大罪』アニメ2期の放送日やストーリーなどの予想をしていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

アニメ『七つの大罪』最新作が4週に渡って放送!

7つの大罪

鈴木央先生の漫画作品『七つの大罪』。

2015年上半期の売上が、なんとあの『ONE PIECE』を超えるなど、現在絶大なる人気を誇っています。

そして、昨年はテレビアニメも放送されましたね。

アニメ『七つの大罪』が放送されたのは、アニメや特撮がよく放送されていた土6枠が移った日5枠でした。

この『日5枠』というのは、TBS系列局さえあれば見られるということで、放送が関東より遅れたり、そもそも視聴環境がなかったりという、アニメ視聴において何かと苦労しやすい地方民にとって、救世主のような存在。

筆者も、この『日5枠』は、アニメが地上波最速で見られる時間帯として、ありがたみを感じている地方民の1人です。

話が少し逸れてしまいましたね。

アニメ『七つの大罪』ですが、アニメ放送終了後も、ファンからは『七つの大罪』2期を期待する声が多くあり、アニメ放送終了から約1年が経過して、ようやくの発表となりました。

それが、『七つの大罪 聖戦の予兆』です。

しかし、これは『七つの大罪』のアニメ2期ではありません

「新作テレビアニメ放送決定!」

と言っていただけで、「シリーズ」「2期」という言葉を使われていなかったので、このような形でくることも、考慮しておくべきでしたね。

この『七つの大罪 聖戦の予兆』は、2016年8月28日午後5時から、4週連続で放送されます。

つまり、テレビシリーズ2期というわけではなく、いわばスペシャルアニメという形。

アニメの内容も、テレビシリーズの後日談になっているらしく、『七つの大罪』1期最終回の直後の話が描かれていくそうで、鈴木央先生書き下ろしのストーリーとなっています。

『七つの大罪』アニメ2期ではなかったのは、とても残念ですが、それでも、新作には変わりないので、それはそれで放送が楽しみですね!

 

『七つの大罪』2期のストーリーは原作13巻から?

七つの大罪

『七つの大罪』のアニメ2期が決定したのは良いのですが、原作ファンの方の中には、

「もうストーリーのストックがないのにアニメなんて放送できるのだろうか…」

と感じている方が結構いるようです。

というのも、アニメ1期『七つの大罪』では、13巻の途中までのストーリーが、2クールで消化されました。

まぁ、その大方の予想通りというべきか、アニメ『七つの大罪』2期の制作というわけではなく、2016年は、いわばテレビ版特別編という内容のスペシャルアニメの放送が決定した形になりました。

やはり、単行本コミックスは、2ヶ月ペースで順当に刊行されているとはいえ、アニメ化するためのストックは足りなかったゆえに、こういったアニメオリジナルのストーリーが放送されることになったのでしょう。

さて、仮にいつか、『七つの大罪』アニメ2期が放送されることとなったら、内容は、原作13巻の途中からスタートすることになりますね。

ちなみに、『七つの大罪』13巻の途中から始まる新章のストーリーですが、新たに『十戒』と呼ばれる魔神王直属の精鋭部隊が登場したり、闘級と呼ばれる能力の数値化が行われたりなど、ドラゴンボールのようなストーリー展開と言われているようです。

『十戒』の強さも、七つの大罪が束になっても苦戦するほどで、確かにドラゴンボール並みのパワーインフレが起きそうな予感もしますね。

いや、厳密には、既にドラゴンボール並みのインフレが起き始めてしまっているのですが…。

また話が本題から脱線しそうになりましたが、要するに、アニメ『七つの大罪』2期は、原作13巻の途中から始まっている新章のストーリーからスタートしていくと思われるので、2期が気になって先取りをしたい方は、13巻から購入してみてはいかがでしょうか?

『七つの大罪』アニメ2期の放送日はいつ?

七つの大罪

もうひとつ気になるのは、アニメ『七つの大罪』2期が、一体いつ放送されるかですよね。

今回放送されるのは、あくまでも特別編という形であって、アニメ2期ではありませんから、また別のものとして、アニメ2期の放送時期を予想しなければなりません。

今後の予定としては、『日5枠』は、7月から8月にかけて、『アルスラーン戦記』のアニメ2期が8話、そしてその後に、『七つの大罪 聖戦の予兆』が4話続く形になります。

そして、2016年10月からの秋アニメでは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のセカンドシーズンがあり、おそらくこちらは2クールだと思われるので、2017年3月まで放送されるでしょう。

すると、2017年4月の、いわゆる春アニメからかとなりそうですが、筆者的には、そうはならないかなと思っています。

というのも、『七つの大罪』の構成に関する興味深い発言を、鈴木央先生がしているからです。

それは、月刊アニメディアでの質問で、

「アニメで描かれたのは、構想全体のどのくらいなのですか?」

という質問への返答でした。

ここで鈴木央先生は、

「巻数でいくと、アニメ24話でコミックスの13巻分ぐらいですよね。それだと、3分の1くらいですかね」

と答えています。

他の雑誌でのインタビューでも、

「『七つの大罪』は3部構成にしたいと考えている」

という、物語が3部構成になる旨の発言をしていました。

つまり、アニメにするならば、『七つの大罪』は2クールが3期まであるということになります。

そして、2クール13巻のペースになるならば、次に『七つの大罪』アニメ2期が放送されるとなった場合、原作は26巻くらいまで進んでなければなりません。

2016年4月時点で20巻まで刊行されていて、約2か月単位で単行本が刊行されているので、26巻に到達するのが、2017年になってから

となると、アニメ製作期間的に、最低でも2017年7月以降になりますよね。

そのため、筆者が『七つの大罪』アニメ2期の放送時期を予想するならば…

2017年10月(秋アニメ)からの放送としておきます。

2017年7月は、製作期間的にちょっと早すぎるのではないかと思いますし、そう考えると、2017年10月の、秋クールなのではないでしょうか?

それでも、最終的に2クール終わるころには原作『七つの大罪』に追いついてしまうため、早すぎるだろうと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、アニメ1期は、最後は原作に追いついてしまいそうな勢いで放送していました。

つまり、それを考えると、2017年10月あたりの『七つの大罪』2期放送が濃厚になると思うのです。

そして、2期放送から数年後、『七つの大罪』の原作が完結した後に、アニメ3期で、アニメも完結になるのではないでしょうか?

ということで、筆者の『七つの大罪』アニメ2期の予想は、以上となります。


七つの大罪

まとめ

アニメ『七つの大罪』の完全新作『七つの大罪 聖戦の予兆』の放送が、2016年8月28日に決定しました。

以前、新作制作決定とアナウンスされていたのは、この『七つの大罪 聖戦の予兆』だったようですね。

つまり、『七つの大罪』アニメ2期に関する情報は、まだゼロ、ないに等しいわけです。

『七つの大罪』2期アニメの放送は、アナウンスすらされていない状態になってしまったため、おそらくは、かなり長い期間があります。

これを機に原作『七つの大罪』を読み返したり、持っていない方は原作単行本コミックスを少しずつ買っていくのも、良いでしょう。

いつになるかはわかりませんが、『七つの大罪』アニメ2期の続報を気長に待つことにしましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アニメ