星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

結婚式の前日にのドラマストーリーとキャスト!主題歌は安田レイ!

投稿日

結婚式100日前に迫ったヒロイン:芹沢ひとみ(役:香里奈)が脳腫瘍と診断され、このままでは命も危ないと言われてしまう中、お涙頂戴の感動ドラマではなく、ドタバタコメディ要素も含まれるドラマとして描かれるドラマ『結婚式の前日に』。

ドラマ『結婚式の前日に』のストーリーを聞く限り、これまでのヒューマンラブストーリーとは、また一風変わったドラマとして描かれていくそうですが、一体どんなストーリーが描かれていくのでしょうか。

お涙頂戴の部分と、ちょっと笑える部分とのギャップも気になりますし、ドラマ『結婚式の前日に』のキャストや、主題歌も興味津々で、ネット検索されているという方もいらっしゃいます。

そこで本記事では、ドラマ『結婚式の前日に』のおおまかなストーリーあらすじや、キャスト、主題歌などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『結婚式の前日に』の魅力とストーリー紹介

結婚式の前日に

映画『余命1ヶ月の花嫁』でモデルとなった花嫁のように、余命宣告や命の危険性を宣告されている上で結婚式を控えているというのは、どういう気持ちなのだろうか…

そんなことを考えさせられるお涙頂戴的な要素や、ただ悲しくなるだけのドラマではなく、前向きに力強く生きていこうとする、明るく前向きなドラマとして描かれていくとも言われている、2015年秋の新作ドラマ『結婚式の前日に』。

これまでの『世界の中心で、愛をさけぶ』や、『1リットルの涙』のような人の命の儚さと、病魔に苦しみながら、自身の無力さを突き付けられる女性たちの切なさ、その中で恋や青春を経験していく女性たちの一面を描いた作品とは、また一風変わった作品…

それも、28年間音信不通だった母親が急に帰ってきて、ドタバタ劇までも起こってしまうというのですから、なんとも言えないコメディ要素も詰まっていて、ただ物悲しい作品とは様相が異なっているように思います。

では、『結婚式の前日に』というドラマが、具体的にどんなストーリーになっていくのか、そのあらすじを簡単ながらご紹介していきましょう。


 

芹沢ひとみ(役:香里奈)は、不動産会社でバリバリ働くキャリアウーマン。

結婚式の前日に

性格は、築地で寿司屋を営む父・健介(役:遠藤憲一)に男手一つで育てられた割には、実に気遣いのできる親思いの良い娘で、既に婚約者の医師・園田悠一(役:鈴木亮平)と、100日後に結婚を控えていました。

しかし、ある診察で、ひとみが脳腫瘍に罹っていることが発覚し、命の危険までもたたきつけられてしまいます。

ひとみはその事を悠一に告白し、

『脳腫瘍になんか罹ってごめんなさい』

と泣いて謝罪します。

悠一は、衝撃の事実を告白され、婚約者であるひとみをどう支えていくべきか、優しさだけで支えられるのか、また自分の夢を諦めてまで彼女を支えていくことが出来るのか、揺れ動き戸惑いを隠せずにいます。

そんな中、28年間家族をほったらかしにして、自分の夢を追いかけるために家を出て行っていた母親が、ある日突然に帰ってきます。

母親として娘の結婚式に、こっそり参加しようと帰ってきたとのことですが、娘が脳腫瘍に罹っている事実を知ったことで、"ひとみに生きてもらう"と意気込み、ひとみに積極的に関わろうと、100日間の戦いが始まっていくのですが…


 

以上が、簡単なドラマ『結婚式の前日に』のストーリーのあらすじです。

突然、脳腫瘍で命も危険であるとつきつけられてしまったら、頭が真っ白になって動揺を隠せずにいるという人が大半だと思います。

それは、その周りの人達も同じで、結婚間近の婚約者が、そのような状況に陥ったときに、何処まで支えてあげることが出来るのかと考えると、いろんな意味で不安も募り、なかなかしっかり支えてあげることができない人だっているでしょう。

現在、乳がんと闘っておられる元プロレスラーのタレント・北斗晶さんも、夫である佐々木健介さんがそばに居てくれるだけで大きな支えとなっているとコメントされていたように、本来それすらも怖くて出来ない方が結構いらっしゃるのが現状のようです。

いろんなプレッシャーが掛かってしまい揺れ動いてしまう…

そんな感情の起伏もドラマ『結婚式の前日に』で描かれていくことでしょう。

また、ただ悲しいストーリーではなく、ある種、身勝手な母親がタイミング悪く帰ってきて、ひとみの命を落とさせないように、いろいろ振り回していきます。

そんなドタバタ劇もドラマを明るくする要素として描かれていきますので、このタイミングで親子喧嘩が勃発するのか?という一風変わった魅力も感じながら、ドラマ『結婚式の前日に』を観ていただければきっと楽しめると思いますよ。

放送は、10月13日、毎週火曜日22:00、TBS系列にて放送スタートします。

ドラマ『結婚式の前日に』は、これまでと異なるタイプのドラマとして描かれていくので、ドラマの顛末が気になる方は、ぜひ一度ご覧下さいね。

 

ドラマ『結婚式の前日に』のキャストは実力者!

2015年秋の新作ドラマとして放送スタートする『結婚式の前日に』のキャストは、演技派・実力派の役者がかなりそろっています。

それは、主役である香里奈さんが"ピンぼけ"してしまう可能性すら感じてしまうほど、かなり演技力の高い役者が、キャストとしてこのドラマを盛り上げてくれるようなのです。

では、早速、『結婚式の前日に』の気になるキャストを見ていきましょう。

香里奈

香里奈

まず主役・ヒロイン:「芹沢ひとみ」役は、先程からも触れているように、香里奈さんが演じられます。

そして、そのお相手となる「園田悠一」役には、俳優の鈴木亮平さんが起用されました。

鈴木亮平

鈴木亮平

一方、「芹沢ひとみの父」役に、映画予告のナレーションでもおなじみの遠藤憲一さんが演じられ、叔母である「芹沢早紀」役に美保純さん、母:「柏田可奈子」を原田美枝子さんが演じます。

(左から)遠藤憲一・美保純・原田美枝子

(左から)遠藤憲一・美保純・原田美枝子

その他、ひとみの幼馴染である「前原翔太」役に山本裕典さん、翔太の父:「前原源太」役に螢雪次朗さん、悠一の先輩である「寺本真理子」役に戸田菜穂さん、母親:「園田響子」役に江波杏子さん、妹のように捉えている人物:「広瀬真菜」役に真野恵里菜さんが起用されました。

真野恵里菜

真野恵里菜

まだまだ他にも藤田弓子さんや、中野雄太さんなど、個性派の役者さんも出演されていて、『結婚式の前日に』では、基本的に演技力の高い役者がかなり揃っているだけに、ドラマとしての完成度もかなり期待されます。

果たして、香里奈さんをはじめとする彼女らが、『結婚式の前日に』をどのようなドラマとして、その高い演技力を持って手掛けてくれるのか、楽しみにしたいところですね。

 

ドラマ『結婚式の前日に』の主題歌は心温まる楽曲

安田レイ

安田レイ

これまでのただ悲しいストーリーとは違い、『結婚式の前日に』は、ドタバタ劇も見受けられる斬新なドラマとなっていますが、そんなドラマの主題歌を安田レイさんが歌う『あしたいろ』となることが決まっています。

安田レイさんは、これといったジャンルに特化したアーティストというよりも、起用にラブバラードや、アッパーチューン、ポップスなど、あらゆるジャンルを歌い分ける事のできるオールラウンダータイプのアーティスト。

『結婚式の前日に』というドラマ自体、ただ物悲しいだけではなくドタバタしたコメディ要素も見え隠れし、まさにヒューマンラブストーリーといったタイプのドラマです。

その事を考えても、いろんな魅力を醸し出せる安田レイさんは、今回のドラマ主題歌を歌うには、最適のアーティストと言えるでしょう。

どんなに完璧で笑顔を絶やさない人であっても、その裏では大きな不安を抱え込んでいることもあり、時には自分を見失うこともあるかもしれませんよね。

安田レイさんはそんな情景を思い描きながら、

『頑張れよ!!』

と力強く背中を押すのではなく、

『無理はしなくても大丈夫』

と、そっと背中を押し、苦しみを共有してくれるような、優しく心温まるバラードとして、『結婚式の前日に』の主題歌『あしたいろ』を手がけられたたそうです。

そんな安田レイさんの想いが、ひとりでも多くの人に伝わり、またドラマ『結婚式の前日に』を盛り上げてくれること期待したいものですね。

 

まとめ

女優:香里奈さんが主演を務める2015年の秋新作ドラマ『結婚式の前日に』が、いよいよ放送スタートとなりますが、このドラマは、ヒロインが結婚式を100日前に控えている時に、脳腫瘍に罹ってしまうという悲しい設定のドラマストーリー…

そこに28年間家族を放置した母親が急に帰ってきて

『娘を命を落とさせない!』

と、ドタバタ劇を展開するストーリーの一面も見せてくれるので、独特な魅力あふれるドラマとなりそうな予感もします。

『結婚式の前日に』の主題歌には、あらゆるジャンルを巧みに歌い分ける安田レイさんが担当し、あらゆる不安に襲われているヒロインたちの背中をそっと押してくれるような、優しいバラードとなっているので、総合力でどれだけ素晴らしいドラマになっていくのか楽しみですね!

2015秋ドラマはコチラ!

2015秋ドラマのおすすめ期待値一覧!ストーリーあらすじ紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ