星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

相棒14のストーリーあらすじとキャスト!13の最終回の結末は?

更新日

寺脇康文さん、及川光博さん、成宮寛貴さんとこれまで、3名の相棒と共に、長年ドラマ放送されてきた水谷豊さん主演の名作刑事ドラマ『相棒』シリーズ。

その相棒シリーズ14作目が、新たな相棒・冠城亘(役:反町隆史)を迎えて、2015年の秋にいよいよ放送開始されるわけですが、今回、新たな相棒に変わることや、13シリーズからの流れなど、いろんな部分で興味を持たれているところがあり、早くもネットを中心に話題になっているようです。

確かに前作ストーリーでは相棒であった甲斐享が捕まってしまい、上司である杉下右京も責任を問われ無期限の停職中となっています。

はたして、どのようにして相棒14に突入するのか気になりますよね。

そこで本記事では、相棒13の最終回のストーリーから、相棒14のストーリーあらすじとキャストなどを軽くご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『相棒13』の最終回ストーリーの結末は?

相棒13

相棒13

みなさんは、昨年、凄い終わり方をした『相棒13』最終回ストーリーのことを記憶しているでしょうか?

当時、特捜係:「杉下右京」の相棒を務めていたのは、成宮寛貴さん演じる「甲斐享」という人物でした。

甲斐享の父親は、警察庁次長(役:石坂浩二)という設定で、父親と対立する若手刑事という設定で、キャスティングされていましたよね。

何やら、息子である享を疎ましく思っていたのか、特捜係に配属させることで、潰してしまうと目論んでいた(窓際族に追い込んでしまおうという魂胆)わけですが、幾つかのシーズンを経ながら、最悪の結末を迎えてしまいました。

それは、父である警察庁次長が想定すらしていない事実でした。

実は甲斐享は、政界や暴力団などから出てきた犯罪者たちに折檻する『ダークナイト』として最終回に登場し、その正体を杉下右京に暴かれ、捕まってしまうのです。

いくら相手が犯罪者であっても、それで暴力を奮って良いというわけではありません。

ましてや、警察内部の人間ならなおのことです。

甲斐享は、友人の妹が残虐な方法で、命を落とされたことに対して、強い復讐心に燃えていました。

その友人に変わり、『ダークナイト』と名乗り、折檻する形で復讐し、さらに他の犯罪者たちまでも折檻していく…

たとえそれが、凶悪な罪でなかったとしても、またネット上で支持されていたとしても、結果的に『ダークナイト』模倣犯として、罪を犯す人間まで現れてしまった…

その罪は極めて重く、たとえ相手が誰であっても事実を解き明かしていく杉下右京の前で屈してしまい、甲斐享は『ダークナイト』であることを突き止められ、捕まっていくという、ドラマ『相棒』シリーズ史上でも前代未聞の幕引きとなってしまいました。

ただ、このストーリーになった背景としては、そもそも成宮さんが、『相棒』のシーズン13に出演する予定が無く、『相棒』シーズン12で卒業予定だったところを、主演の水谷豊さんと、制作スタッフが無理を言って卒業を延長してもらった、という裏事情が関係していると筆者は考えています。

成宮寛貴さんが水谷さんに気に入られていたということもあったのかもしれませんが、それ以上に、次の相棒選びが難航していたところもあり、本命とされていた仲間由紀恵さんからは、『放浪記』出演のために断られてしまいますし、少しでも成宮さんを引っ張りたかった…

そんな裏事情があったのでしょう。

しかし、2年間も延長となると流石に成宮さんにも悪いと思い、こういう形で幕引きになったのかもしれません。

もう少しスマートなやりようはあったと思うのですが、もしかしたらどこかで相棒シリーズそのものの幕引きも考えていたのかもしれませんね。

そして、いよいよ放送開始となる相棒14では、反町隆史さんが次の相棒に決まりました。

しかし、肝心の杉下右京は、甲斐享が捕まった責任を取る形で、無期限の停職中であり、特命係は『もぬけの殻』状態です。

果たして、相棒14で特捜係は復活するのでしょうか?

そして、杉下右京と反町隆史さん演じる「冠城亘」は、どのように出会い、相棒・パートナーとなっていくのでしょうか?

その辺りの気になる部分にも、注目しながらドラマ『相棒14』を観て行きたいものですね。

 

注目の『相棒14』のストーリーあらすじ紹介!

相棒14

さて、いよいよ相棒シリーズ最新作『相棒14』のドラマ放送がスタートします。

注目どころは、前作ストーリーで特命係が、事実上の操業停止中となっている中、どのように復活していくのか。

そして、反町隆史さん演じる「冠城亘」と、どのように杉下右京が相棒・パートナーを組んでいくのか、という部分だと思います。

ちなみに、冠城亘は刑事ではなく、法務省のキャリア官僚であり、警察組織内の人物ではありません。

そんな異色のコンビが形成されていく、ドラマ『相棒14』だけに、いろんな意味で注目ですね。

では、早速『相棒14』のストーリーあらすじを簡単にご紹介していきます。


 

法務省が管轄する刑務所内で前代未聞の●人事件が発生。

受刑者の美倉(役:小柳心)が、刑務官の田代(役:栩原楽人)の命を奪ってしまい、現行犯で捕まるも、取り調べでは何一つ話さず捜査が前に進みません。

そこで、法務事務次官の日下部彌彦(役:榎木孝明)は、元部下の冠城亘(役:反町隆史)に、捜査に加わるように指示します。

亘は、人事交流の名目で法務省から警視庁に出向しているキャリア官僚で、現在は特捜係がいた、"あの部屋"をあてがわれていて、警視庁からもお客様扱いされること無く、まるで雑用係のような扱いを受けているとか…

そんな亘が日下部の指示で捜査に加わり、警視庁の伊丹(役:川原和久)と共に取り調べに当たると、美倉が意外なことを話し出します。

なんと、3ヶ月前に病死扱いされていたはずの受刑者の梅津(役:井之上隆志)が、田代刑務官に命を奪われていて、その話を既に他界している梅津本人から聞いたため、その復讐心から田代の命を奪ったというのです。

もしそれが本当だとしたら、梅津の幽霊が、美倉と接触したという、心霊現象が起こったことになるわけですが、一体どういうことなのか…

その事に亘は、なにか引っかかり違和感を覚え捜査を続行していきます。

一方、無期限停職処分中のはずの杉下右京(役:水谷豊)は、独断である国に渡り、意外な捜査をしていたのですが…


 

以上が、『相棒14』の簡単なストーリーあらすじです。

とはいえ、これはまだ序盤1話のストーリーのあらすじであり、まだまだ、本当のスタートはこの後に待っているでしょう。

このドラマ『相棒14』自体、1話完結の事件の連続で形成されているドラマなので、今は全ては分かっておりません。

この続きが気になる方は、ぜひ、本放送をご覧下さいね。

 

相棒14のドラマキャストはほぼ変動なし!

相棒14

相棒14

ドラマ『相棒14』が、これまでのシリーズの中で、今回大きく変わったキャストとしては、『甲斐享』役を演じた成宮寛貴さんから、「冠城亘」役を演じる反町隆史に変わったくらいで、今までのキャストがほぼ継続して、ドラマ『相棒14』に出演されているようです。

では、これまでのおさらいも兼ねて、ざっくり『相棒14』のキャストをご紹介します。

まず特命係の警部・「杉下右京」役は水谷豊さん、そしてその新たな相棒としてキャスティングされたのが、「冠城亘」役である反町隆史さんが演じます。

次に、捜査一課の刑事役として、「伊丹憲一」役に川原和久さん、「芹沢慶二」役に山中崇史さんが、組織犯罪対策五課 課長・警視の「角田六郎」役に山西惇さん、鑑識課巡査部長・「米沢守」役に六角精児さんが起用されています。

その他、警視庁の刑事部長・「内村完爾」役に片桐竜次さん、刑事部参事官警視正・「中園照生」役に小野了のお馴染みのコンビ、警務部首席監察官警視正・「大河内春樹」役に神保悟志さん、甲斐享の父で、昨シーズンまで警察庁次長警視監・「甲斐峯秋」役に石坂浩二さんを起用。

以上が、『相棒14』での警視庁内部、及び特命係のキャストで、さらに杉下右京たちが行きつけの小料理屋『花の里』の二代目女将・「月本幸子」役を鈴木杏樹さんが演じます。

おなじみの相棒シリーズのキャストで、ここに毎回ゲスト出演されるキャストが、加わっていきます。

『相棒14』の第1話では、田代刑務官の命を奪った「美倉」役を小柳心さんが、刑務官の「田代」役を栩原楽人さん、法務事務次官の「日下部彌彦」役を榎木孝明さん、そして、3ヶ月前に病で他界した受刑者の「梅津」役を:井之上隆志さんが演じられます。

彼らゲストキャラが、おなじみの相棒出演者と、どのようにコラボしていくのか非常に楽しみになるところですね。

 

まとめ

いよいよ、2015年秋からのドラマとして放送が開始されるドラマ『相棒14』。

前作で、水谷豊さん演じる特命係の杉下右京が、無期限の停職中の中、どのように特命係に復帰していくのか。

また、新相棒となる反町隆史さん演じる冠城亘がどうやって、相棒・パートナーを組んでいくのか気になります。

『相棒14』第1話では、幽霊になった受刑者が自身が命を奪われたと告白し、そこから復讐劇による事件が勃発するわけですが、本当に幽霊が現れたというのでしょうか?

この事件の真相も非常に気になりますね。

『相棒14』というドラマは1話完結のオムニバスとして描かれていくので、どのようにコンビを組んで事件を解決していくのか、その全貌が気になる方は、ぜひ1話ずつドラマをご覧下さいね。

相棒14の記事はコチラもよく読まれています!

ドラマ相棒の成宮寛貴の降板と4代目に反町隆史を起用の理由とは?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ