星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ゲド戦記のストーリーネタバレと宮崎駿監督の映画批判の理由とは

更新日

スタジオジブリのアニメ映画作品で、宮崎駿監督の息子である"宮崎吾朗"監督デビュー作品として注目されたアニメ映画『ゲド戦記』。

このアニメ映画は、主人公・アレンの声優をジャニーズのアイドルグループ『V6』の岡田准一(おかだじゅんいち)さんが担当し、ヒロイン:テルーの声を、当時まだブレイク前だった手嶌葵(てしまあおい)さんが担当し、注目を集めた作品として、おなじみですよね。

さて、そんなアニメ映画『ゲド戦記』ですが、実は、賛否がすごく分かれていて、父である宮崎駿監督も、かなり痛烈に批判されているという話もあるそうです。

また、『ゲド戦記』の映画では、原作の一部しか描かれていないという話もあります。

そこで本記事でジブリのアニメ映画『ゲド戦記』のストーリーネタバレや、原作、宮崎駿監督の批判の理由などについて探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ゲド戦記のストーリーネタバレ

ゲド戦記

ゲド戦記

みなさんはスタジオジブリのアニメ映画作品『ゲド戦記』をご存知でしょうか?

スタジオジブリの作品の中でも、宮崎駿監督ではなく、息子の吾朗氏が監督を務めたということもあり、高畑勲監督が務めた『かぐや姫の物語』や『火垂るの墓』などのような、特殊な雰囲気を持った作品として描かれているので、『ゲド戦記』を記憶している人も多いと思います。

しかし、その『ゲド戦記』の特異さが、一般的には"意味不明"と受け取られ、ストーリーや設定がややこしいという意見を持つ方もいらっしゃるそうです。

では、軽く振り返る意味も含めて、早速、『ゲド戦記』のストーリー(ネタバレ)を軽くおさらいしていきましょう。


 

竜が人間界に現れ、共食いを始めたことで均衡を失った国の王子アレン(役:岡田准一)は、衝動的に父(役:小林薫)の命を奪い、国を捨てて逃亡。

実態のない影に追われながら、心身崩壊しそうになっていたところを賢者ハイタカ(役:菅原文太)に救われ、共にホート・タウンと言う街に足を運びました。

このホート・タウンという街は、かつては美しい街でしたが、現在は、人を狂わせる薬や、人買いが横行する荒んだ街に成り果ててしまっています。

そんな街でアレンは、人狩りのウサギ(役:香川照之)に襲われそうになっていた少女・テルー(役:手嶌葵)を見かけ、彼女を救おうとしますが、逆に自分が捕まってしまい、奴隷として売り払われそうになってしまいます。

アレンが窮地に陥っていることに気がついたハイタカは、再びアレンを救い出し、離の街で暮らしている昔なじみのテナー(役:風吹ジュン)のところを訪れます。

アレンが救おうとしたテルーは、親に捨てられ、テナーの元で暮らしていたことが発覚、ハイタカは、アレンを匿ってもらう代わりに、ここで生活し、アレンたちを守ろうと決意します。

ある日、たまたま用事で出かけていた隙に、近くの魔法使い・クモの部下がやってきてテナーを誘拐し、その際、テルーに対して、ハイタカに城へ来るようにことづけます。

一方、アレンもクモ(役:田中裕子)にさらわれ、正気を失ってしまう有様。

遅れて帰ってきたハイタカに、事の顛末をテルーが告げると、慌てて城に乗り込みますが、ハイタカまでも魔力を奪われ、城に幽閉されてしまうのです。

頼みの綱であったハイタカまでも捕まってしまい、万事休す。

ハイタカからアレンの剣を受け取っていたテルーは、単身城に乗り込むと、正気を失ったアレンを必死で説得し、闇から救い出し、魔法の剣を渡します。

正気に戻ったアレンは、見違えるように強くなっていましたが、クモは強力な魔法を駆使して、城ごとアレンたちを破壊しようとうって出ます。

これには、強くなったとはいえ、流石にアレンも太刀打ち出来きない様子。

再び窮地に陥ったアレンを救ったのは、他でもないテルーであり、テルーは何とドラゴンへと変身し、クモを倒すのです。

かつて、クモが永遠の命の欲しさに、禁忌とされていた『生』の世界と、『生』とは真逆の世界を分かつ扉を開けたことで、世界の均衡が崩れてしまったのです。

そして、この世界の崩れた均衡は、クモが倒れたことで再び取り戻し、ようやく世界に平和が訪れます。

そして、アレンはテルー、テナーと再会を誓いながらも、父の命を奪った罪を償うために国に帰っていくのでした…


 

以上が、ジブリのアニメ映画『ゲド戦記』の大まかなストーリーあらすじです。

身勝手で私利私欲な行動が、世界の均衡をも破壊し、混沌とする世を作り上げてしまう…

だからこそ、他人に迷惑をかける身勝手な行動など、誰ひとりとして、許されないのだ、ということを教えてくれた作品だと筆者は考えています。

単純なアニメ作品と言えば、まぁそれまでなんですが、その中にもメッセージ性が詰まっていて、何かを考えさせてくれるアニメ映画だと思いますので、気になる方は、DVDをレンタルなどして、一度ご覧になってみてくださいね。

 

ゲド戦記の原作は長編ストーリー!

ゲド戦記

『ゲド戦記』と言いながら、『アレン』という名前の主人公であり、映画だけを視聴した方からすると、なんとも意味不明なタイトルだと、誰もが感じたことと思います。

実は、このアニメ映画『ゲド戦記』は、原作の一部を切り抜いて作られたアニメ作品だったのです。

実際は、あまり知られていないみたいですが、『ゲド戦記』の原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』と並んで、世界三大ファンタジー作品として手掛けられた、アメリカの女流SF作家のアーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説が原作となっています。

それも、この原作『ゲド戦記』の小説は、全6巻にも渡る長編小説となっていて、アニメ映画『ゲド戦記』の内容は、その中の"3巻"で描かれていたストーリーを元に手掛けられているとのこと。

そのため、本来ならば、ハイタカが、何故"ゲド"と呼ばれているのか、そしてこの作品の本来の主人公が、ゲド(ハイタカ)にあることの説明が、ごっそり抜けていてしまっているために、どこか違和感も残る作品となってしまっているのでしょうね。

筆者自身、この作品を全て読んでいるわけではないので、なんとも言えないのですが、全てを読めば愛のあふれる素晴らしいSF作品であることがわかると言われているそうなので、『ゲド戦記』の原作にも興味がある方は、一度じっくり読んでみてください。

 

宮﨑駿監督がゲド戦記を痛烈に批判した理由とは

宮﨑駿

宮﨑駿

父が、アニメ映画界の巨匠と呼ばれる宮﨑駿監督であるという、宮崎吾朗監督が手がけた『ゲド戦記』ですが、巨匠で父の宮﨑駿監督は、この『ゲド戦記』を見るやいなや、痛烈に批判されたらしく、劇場公開された時だけでなく、今もなお何かと宮﨑駿監督の批判が話題になっているようです。

ちなみに、どのように批判されていたかというと、

『自分の子供を観ていたような気分にさせられ、大人になりきれていないなぁと思った』

『1本作れたからいいじゃんね。もう辞めたほうが良い』

というような、息子である吾朗氏への最後通告とも取れる痛烈な批判…

客観的に見て、親が子供に対する評価と、とても思えないような厳しさを宮﨑駿監督はされていたというのです。

それにしても、仮にも自分の子供が初めて映画監督として、ジブリ作品を手がけたというのに、何故に宮﨑駿監督は、『ゲド戦記』の監督である宮崎吾朗監督を痛烈に批判されたのでしょうか?

その真相までは語られていませんが、ネットユーザーたちは、この宮﨑駿監督の『ゲド戦記』批判の理由を色々考え、憶測ながらその理由を語り合っているようです。

例えば、息子の吾朗氏を見ることで、宮﨑駿監督自身の劣化を見ているかのような気分にさせられがっかりした、という人もいれば、そもそも『ゲド戦記』が面白い作品ではないのだから、正直に『ゲド戦記』を評価しただけで、宮﨑駿監督には擁護のしようもなかった、という意見を言われている方もいらっしゃいました。

確かに、先ほどもお話したとおり、長編大作である『ゲド戦記』の一部を繰り抜いてアニメ化しているために、ストーリーとして分かりづらい部分も沢山あります。

筆者自身もストーリーを理解し難い部分もありましたし、かなり考えさせられたアニメ作品ではありました。

しかし、それでもかなりのメッセージが詰まっていて、それは作品としての奥深さを感じさせてくれるものだと考えていたのですが、父である宮﨑駿監督までもが一刀両断してしまうところを見ると、『ゲド戦記』が作品としてはどうなのか、と首を傾げてしまいたくもなりますね。

まぁ、父が同じ業界で、第一線を走り続けてきた宮﨑駿監督ですから、吾朗さんもかなりやりづらかったのではないでしょうか。

ただ、その後『コクリコ坂から』を監督として手掛け、それなりに評価をされていたところを見ると、『ゲド戦記』で一度大きく転びながらも立ち上がり、成長している姿が映しだされ、父としても少しはホッと胸をなでおろしているのではないかと思います。

『ゲド戦記』は、世間でもなかなかに評価が割れます。

ただ、ジブリ作品としては、かなり特殊でメッセージ性も高い異色作品です。

これを踏まえてもまだ気になる方は、ぜひDVDを一度ご覧になってみてくださいね!

 

まとめ

『指輪物語』『ナルニア国物語』と並んで、世界三大ファンタジー作品として手掛けられた、アメリカの女流SF作家のアーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説『ゲド戦記』。

原作『ゲド戦記』をスタジオジブリの宮崎吾朗監督が手がけたアニメ作品『ゲド戦記』。

観る人によっては、メッセージ性の高い奥の深い作品として映りますが、吾朗氏の父である宮﨑駿監督からは、

『一度監督をすればもう気が済んだだろう。』

と、最後通告するような痛烈な批判をされているようです。

賛否が分かれる特殊なアニメ映画ではありますが、それでも『ゲド戦記』は、一度は観る価値はあると思いますし、気になる方はぜひ一度DVDでご覧になることをおすすめします!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画