星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

シンデレラガールズ最終回と特別編(26話)のストーリー結末ネタバレ

更新日:


アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』は、賛否両論あるものの、大きく話題となったアニメであることには変わりありません。

そんなアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』ですが、一体どんなストーリーの結末を迎えたのでしょうか?

また、特別編であるアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』26話の内容も気になりますよね。

当記事では、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』最終回、そして特別編である第26話のストーリー結末のネタバレをしていきます!

スポンサーリンク

『シンデレラガールズ』最終回(2期12話)ネタバレ1

シンデレラガールズ

『CINDERELLA PROJECT』存続をかけた『シンデレラの舞踏会』がいよいよ始まります。

「魔法とは何だろう?」

と、いう『new generations』による回想から始まります。

そして、ついに『シンデレラの舞踏会』がスタート!

どうやら『シンデレラの舞踏会』はライブだけではなく、メインステージやライトステージ、レフトステージで様々な催しが行われるようです。

バラエティに特化したステージなどもあり、実に多くのアイドルたちが登場していました。

一方、ステージ裏では、

「現場を見たらどうだ」

と今西部長に勧められ、視察にきた美城常務がプロデューサーと顔を合わせます。

この場でも、もはや恒例となってしまったプロデューサーと美城常務のポエムバトルが始まることに。

ここで美城常務は

「『Power of Smile』はおとぎ話だと言ったが撤回しよう。おとぎ話ですらない」

「物語には光り輝く目標が必要であり、城は気高く美しくなければならない」

と、プロデューサーのやり方を批判しました。

美城常務の理想は、


次のページへ >

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.