星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

サイレーンのドラマストーリーとキャスト!主題歌アーティストは?

投稿日

2015年の秋ドラマは、週刊モーニングに連載されていた(もしくは連載中)の漫画原作ドラマが、2本も放送されるらしく、何かと注目されていますよね。

一つは、綾野剛さんが主演を務める産婦人科医のドラマ『コウノドリ』、そして、もう一つが、松坂桃李さん・木村文乃さん主演のサイコパスサスペンスドラマ『サイレーン』。

『サイレーン』は、主演の二人が恋人であり、警察組織の同じ職場に勤めているという設定も面白そうですが、やはり気になるのは、ストーリーやキャスト、ドラマを盛り上げる主題歌だと思います。

そこで本記事で、このドラマ『サイレーン』の魅力が、少しでも伝わるように、簡単なストーリーやキャスト、主題歌をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『サイレーン』のストーリーあらすじ!

サイレーン

警視庁機動捜査隊で巻き起こる数々の猟奇的事件に遭遇し、一方では、その事件に絡む謎の女性に女性捜査員が狙われていくサイコパスサスペンスドラマ『サイレーン』。

なんとも複雑で、奥の深いドラマとして描かれていくみたいですが、『サイレーン』は一体どんなドラマとして描かれていくのでしょうか?

早速、そのストーリーのあらすじを軽くご紹介していきます。


 

警視庁機動捜査隊(通称:キソウ)に所属する里見偲(役:松坂桃李)と、先輩で偲とコンビを組んでいる猪熊夕貴(役:木村文乃)は、結婚を前提に交際していました。

しかし、その交際は周囲に絶対にバレてはいけない極秘の恋。

何よりも、同一の職場での恋愛はご法度とされていたために、このことがバレてしまうと、2人は即異動となってしまうのです。

そんな2人が、ある日、パトロール中に、本部から女性の亡くなった姿が発見されたという無線が入ります。

早速現場に向かうと、先に到着していた刑事課の速水翔(役:北山宏光)から、嫌味を言われイラッとする猪熊。

一方、里見は、出勤してきた従業員の中に、前日の晩、カラオケ店で見かけた美女・橘カラ(役:菜々緒)を見つけ、アリバイを聞くが、

『家にいた』

と嘘の証言をされます。

しかも、カラの視線を不気味に思った里見は、カラに対して一抹の不安を感じ始めるのです。

それ以来、次々と人が亡くなるような謎の猟奇的事件が発生し、その度に何かと登場するカラ。

しかも、何故かカラが猪熊に興味を示したのか、『名刺が欲しい』とせがんでみたり、里見のアパートを調べあげて、その行動を監視するために、すぐ向かいのマンションに住む渡公平(役:光石研)に取り行って、部屋に転がり込んでしまいます。

このようなカラの奇行に不気味さを覚え、強い不安を感じている里見は、連続で起こる猟奇的事件の真相を解きながら、恋人である猪熊夕貴を守るために、夕貴の周りをうろつく謎の女性・橘カラの正体を探る日々が続いていきますが…


 

以上が、ドラマ『サイレーン』の簡単なストーリーあらすじです。

猟奇的事件の裏側に、「橘カラ」という不気味な女性の影がちらつき、また、何故かこの女性が里見の恋人であり、相棒である猪熊夕貴の周りをうろつき始めるという奇怪な現象が起こるのです。

里見は、夕貴を守りながら、どのように事件を解決していくのでしょうか。

また、頭のキレる「橘カラ」という女性と、どのように対峙していくのか、複雑だけど実に奥の深いサイコパスミステリーだけに、『サイレーン』は観る人を選び、また観る側は、理解するために何度も見ながら、じっくりストーリーを追いかけていくだけの覚悟が求められると思います。

しかし、その価値が十分にあるドラマとなりうる作品ですので、少しでも分かりやすく、また奥の深さはそのままに、見応えある作品として『サイレーン』が描かれていくことを期待しています。

 

ドラマ『サイレーン』のキャストも本格仕様!

サイレーン

『サイレーン』というドラマは、一見すると松坂桃李さん・木村文乃さん主演のドラマということで、まだ若い2人が中心ですし、どこか希薄なキャストと言う印象も少なからずあるように見受けられます。

しかし、主演以外のキャストを見ていくと、このドラマ『サイレーン』の本気度が伝わってきます。

松坂桃李さん演じる「里見偲」と、木村文乃さん演じる「猪熊夕貴」のライバル的存在の刑事課・「速水翔」役に、ジャニーズのKis-My-Ft2(通称:キスマイ)の北山宏光さんがキャストに挙げられているのも同じ若手同士ということで、バランスが取ったキャスティングなのでしょう。

一方、猪熊夕貴の父で、警察官の「文一」役には、ベテラン俳優でいぶし銀の大杉漣さん、速水の上司で刑事課課長の「安藤実」役には、2時間ドラマの帝王でもある船越英一郎さんが起用されました。

さらには、謎の美女(悪女?)で、猟奇的事件が発生する度に必ず現れる「橘カラ」役のキャストには、これまた悪女の代名詞と言っても過言ではない女優となった菜々緒さんがキャスティング。

どの役を見ても、右に出るものがいないと言っていいくらい素晴らしい個性を持つぴったりな役者を次々にキャスティングしているのが、このドラマ『サイレーン』の魅力でもあります。

橘カラ

ちなみに、その他のキャストとして、ドラマ『Nのために』で何処か身勝手で気の狂った人物・「杉下晋」役を演じた光石研さんが、「橘カラ」に好意を寄せる「渡公平」役を、さらに、いろんなドラマで重要な役を演じることの多い要潤さんが、「月本圭」役を演じます。

彼らがどのようにドラマ『サイレーン』に絡んでいくのかも注目していきたいところですね。

 

ドラマ『サイレーン』の主題歌に大胆な起用!

ドラマ『サイレーン』の主題歌ともなると、ジャンルがサイコパスサスペンスだけに、本格志向の大物アーティストに主題歌を手がけてもらうのかと、筆者はずっと考えていました。

例えば、L’Arc~en~Cielとか、UVERworldなど、大物ロックグループや、スガシカオさん、ミスチル桜井和寿さん、秦基博さんなどのアーティストが起用されるとばかり思っていました。

それも曲調としては、かなりダークな世界観を奏でる楽曲になるとばかり思っていたのですが…

そんな筆者の想いとは裏腹に、『サイレーン』は、なんと全くの無名のアーティストが、ドラマ主題歌として起用されているというのです。

『サイレーン』の主題歌を歌う、そのアーティストとは、沖縄の離島・伊江島出身の18歳の女性シンガーソングライター『Anly(アンリィ)』。

サイレーン

Anly(アンリィ)

筆者からすると、まさに青天の霹靂でした。

正直、

『フジテレビドラマ制作サイドは、一体何を考えているのか?』

と、この話を知って、本当に驚かされました。

しかも、このAnly(アンリィ)は、これまでにたった数回のライブしか行っておらず、いきなりドラマ『サイレーン』の主題歌に起用され、それが彼女にとってのデビューシングルになるというのですから、凄い思い切った抜擢ですよね。

もちろん、全く無名で実力もないアーティストを『サイレーン』のドラマ主題歌に起用するほど、フジテレビも大胆なことはやりません。

無名であっても、『サイレーン』ドラマ制作サイドを唸らせるだけの実力があるからこそ起用されているのです。

Anly(アンリィ)さんの出身である沖縄・伊江島には高校が無く、ほとんどの同級生は島を離れ、それぞれの道を歩き始めているのですが、彼女は、人口よりも牛の数が多く、周りに何もないど田舎で父が買ってきたロックやブルースのCDを聴きながら、耳コピーでギターを弾きまくっていたそうです。

の幼いころからのギター遊びで培ってきた桁外れのギターテクが、音楽プロデューサー根岸孝旨氏の目に止まり、今回『サイレーン』のドラマ主題歌『太陽に笑え』が手掛けられ、2015年11月25日にメジャーデビューするそうです。

果たして、Anly(アンリィ)さんは、どんな楽曲を奏でられていくのか、『サイレーン』ドラマ主題歌としての期待値を超えるだけのものを奏でてくれるのか。

いろんな意味でこの大胆な起用と、『サイレーン』の主題歌音楽に注目したいものですね。

 

まとめ

ドラマ『サイレーン』は、漫画原作のドラマとして、話の筋もしっかりしているそうですが、先日まで放送されていたドラマ『探偵の探偵』以上にサイコパスで、かなり複雑なサスペンスなストーリーとなっているそうです。

当然、『サイレーン』は、ドラマとしても多少視覚的に分かりやすくなっているとは思いますが、元々がかなり複雑で奥が深いために、面白い反面、難しすぎてストーリーについていけない視聴者も続出するかもしれないと言われています。

謎の美女や、猟奇的な難事件を中心に描かれていく『サイレーン』のドラマキャストは、本格仕様となっています。

ただ、『サイレーン』の主題歌は、全くの無名な新人のデビューシングルを起用するという、大胆さも見せているだけに、本放送をいろんな意味で注目していきたいものですね!

2015秋のドラマの記事はコチラもよく読まれています!

2015秋ドラマのおすすめ期待値一覧!ストーリーあらすじ紹介!

サイレーンのドラマストーリーと原作漫画の生まれた背景をネタバレ

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ