星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー 時事

フジテレビ社員やアナウンサーの年収大幅カットの原因は視聴率?

更新日

ここ数年、何かと視聴率で苦境に立たされているフジテレビが、何故かアナウンサー・社員の年収が他と比べて高く、周囲から批判されていると、ネットニュースで話題とされているようです。

確かにテレビ局に勤めていて、番組出演もされていたりする花形のアナウンサーであれば、ごく普通のサラリーマンと比較したら高収入なのだと思いますが、スポンサーから批判される程に、フジテレビのアナウンサーは、収入を得ているのでしょうか?

また、スポンサーなどからの批判に屈して、大鉈を振るうという話も聞かれていますが、その姿からもフジテレビの迷走ぶりが伺えます。

本記事では、視聴率に苦しむフジテレビのアナウンサーや、社員の年収に焦点を当てて、その裏事情を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

フジテレビのアナウンサー・社員の年収

テレビ局の裏事情は、当然私達一般人の想像を超えたところにあり、年収なんて、一般の20代・30代のサラリーマンでも、平社員ならせいぜい500万円前後くらいが妥当な額で、数千万ともなると、正直あまり想像出来ない方がお多いと思います。

ただ、そこは華やかなテレビ業界ということで、実際に1千万以上という年収をもらっているそうです。

もちろん事務や営業など、私達一般人と変わらないような職種だと、役職などが付いていないと、そこまでの年収はもらえないと思います、

しかしそれでも、制作関係などの職種に努めている方は、結構な額の年収を貰っているようです。

特にフジテレビの場合は、制作現場に配属されると、青天井に残業代が付くらしく、30歳で年収2,000万以上という方が多いという話もあり、他の局よりもかなり年収の面では、優遇されているようです。

長谷川豊

長谷川豊

またアナウンサーでも、階級が上がっているアナウンサーであれば、それなりの年収をもらっているらしく、元フジのアナウンサーだった長谷川豊氏は、2,400万もらっていたという話ですから、それなりの地位・階級にいれば、結構な額を貰えたのは間違いなさそうです。

加藤綾子

加藤綾子

ただし、階級=人気度というわけではなく、あれだけ様々な番組に出演し、馬車馬のごとく活躍されている加藤綾子アナは、まだフジテレビ勤続7年目とあって、1,000万くらいの額しか、もらえていないらしく、そこは年功序列や、階級による序列があるみたいですね。

まぁ少ないと言っても、年収1,000万円前後ということなのですから、一般的には結構もらっていると言えそうですが、それだけ仕事も大変なのでしょう。

以上は、フジテレビのケースで、他の放送局は、もう少し額が少ないと言われていて、遂にスポンサーからも、フジテレビのアナウンサーや、社員は給与をもらいすぎていると指摘が入り、抗いきれないところまで追い詰められているそうです。

実際に情報番組・バラエティ番組を中心に、視聴率が獲れていませんし、ドラマですら先日放送された月9ドラマ『恋仲』が月9史上初の一桁視聴率を叩きだしてしまう醜態を晒してしまったわけですから、フジテレビがかなり迷走しているのは明らかです。

それだけ視聴率で迷走していても、何千万という年収をもらっているわけですから、なんとも言えない羨ましい話に聞こえますね。

 

フジテレビ社員の年収に大鉈敢行

お金が流れる様子

はじめは、お昼の情報番組と、一部のドラマのみ視聴率が低下し、苦境に立たされていたフジテレビでしたが、『笑っていいとも!!』が放送終了してバイキングが放送開始した辺りから、かなりの迷走ぶりがはっきり見えてくるようになりました。

それも鉄板であった月9にまで迷走ぶりが伝染し、一時期は月9ドラマが打ち切りになるのでは?という大変な状況も発生してしまいました。

そして、フジテレビの迷走ぶりは、視聴率の話で終わらず、そこに勤める社員たちの給与体系にも見られるようになってしまいました。

確かにこれまでフジテレビは他の放送局と比較して、給料をもらい過ぎと言われ批判されていました。

しかし普通なら、これに見直しをするとしても、先に番組制作費を削るなど、企業努力をしながら極力社員の給与を下げずにするような努力をするはずなのですが、青天井に残業代をもらってきた変な風習が影響しているのか、今回は、いきなり大鉈をふるって社員の給与をカットしてしまうというのです。

それも、600万円以上もらっていたフジテレビの30代の平均ボーナス支給額が、一気に120万円以上となってしまったというのです。

もちろん多少の個人差はあると思いますが、600万円もらっていた方が、急に120万円しかもらえなくなるというのですから、これはかなりの大鉈ですよね。

しかも、フジテレビ側としては、かなり強気でこの大鉈を振るい、これが嫌なら『フジテレビを辞めても構わない』と強気の姿勢を取っているというのです。

普通こんなことをしたら、ストライキが起こるか、退社する社員が続出して、フジテレビの存続すら危ぶまれてしまいます。

会社として、ここまで強気でいられるというのは、もうフジテレビそのもの神経が、相当麻痺しているとしか言いようがありません。

悪い言い方をすれば、自ら棺桶に片足を突っ込むような行為を行っているのに、その事に何一つ気づいていないというのですから、一体何処まで迷走すれば気が済むのでしょうか…

常識的に考えても、いくらスポンサーから批判が巻き起こったからと言って、いきなり大幅ボーナスを削減するなんてあり得ませんし、引き下げる場合も、必ず、社員と話し合いながら、査定を見直すはずです。

ところが社員が辞めても構わないから、大鉈をふるうというのは、ワンマン経営の会社がやることで、大抵が将来潰れています。

具体的な社名は言いませんが、その中の一部は、やり過ぎて法を犯してしまい、逮捕されてしまった方もいらっしゃいます。

それだけ、社員の同意も得られない中で強引にボーナスを引き下げる行為は愚行といえるでしょう。

しかしその事に気が付かずに大幅にボーナスを引き下げてしまうんですから、異常ですよね。

フジテレビはどうしてしまったのでしょうか…

本当にいろんな意味で悲しい話ですね。

 

フジテレビの今後はどうなるの?

考える女性

今回、社員たちの年収にまでメスを入れて、大鉈を振りかざすこととなったフジテレビですが、正直このまま迷走が続いていけば、いずれフジテレビが民放局から消える日も遠くないかもしれません。

番組のテコ入れなどが、頻繁に行われるというのは、まだ多少理解できる部分がありますが、社員の年収にまで極端な形でメスを入れてしまい、一方で、変なところでは無駄遣いが続いていくのですから、もはや、尋常ではない状態と言えるでしょう。

とても社員のことを考えているとは思えず、その場しのぎの振る舞いしか出来ていないように感じます。

他ならぬ目先の利益ばかりを追いかけていく姿が如実に現れ、もう見てられないといったところです。

ネットユーザーのコメントなど見ても、半ばあきれた様子で、これではフジテレビ社員たちも辞めていくだろうと言われているそうです。

変なバラエティのロケに多大なお金を掛けずに、地道に番組企画の素晴らしさでしっかり勝負しほしい。

また、ニュースでも、顔だけでキャスターを選ぶのでなくて、しっかり事実と自分の意見を言えるコメンテーター・キャスター選びをしながら、番組を作り上げて欲しいものです。

そういった一つ一つの行為が、フジテレビの信頼回復に繋がっていくと思いますので、まずは足元を見て、地道な一歩をフジテレビに期待したいものですね。

 

まとめ

フジテレビの社員や、アナウンサーに対する年収をみると、他の放送局と比較して高いらしく、中堅どころの社員で、多くてだいたい2,000万円くらいの年収をもらっていて、アナウンサーだとピンきりですが、だいたい1,000万円(若手)~数千万円(役職がある場合)もの年収をもらっているそうです。

このフジテレビ社員の年収額について、スポンサーから『もらい過ぎ』とクレームが入ると、フジテレビは反論もせずに、すぐさま社員のボーナスを大幅カットする強攻策に踏み切ります。

これにはフジテレビ社員も当然反発するでしょうし、会社としての迷走ぶりが伺えるところです。

最悪、フジテレビの視聴率云々どころではなく、会社の存在そのものもが危険となるこの緊急事態に、果たしてフジテレビはどう対処していくのか。

いろんな意味でフジテレビの今後の動向に注目ですね!

フジテレビの記事はコチラもよく読まれています!

フジテレビ榎並大二郎アナがタイで超人気の理由と肉体改造で頭が…

ヨルタモリ終了理由は視聴率でなくフジテレビへの逆打ち切り?

視聴率最悪のバイキングをフジテレビが打ち切りにしない理由とは?

フジテレビ三上真奈アナが歌音痴!西野カナも激怒?の評判とは!

明石家さんまがフジテレビに激怒の理由と原因!内容と今後を考察

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アナウンサー, 時事