星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

メタルギア小島秀夫がコナミ退社!新スタジオ設立でソニーと契約?

更新日

大人気ゲーム『メタルギア』シリーズの生みの親であるコナミの小島秀夫さん。

活動していた小島プロダクションの解体や、新作『メタルギアソリッド5』でのいざこざから、小島秀夫さんが

『年内にもコナミを退社するのではないか?』

と報じられていました。

小島秀夫さんのコナミ退社秒読みとも言われていた段階で、なんとアメリカの人気雑誌『ザ・ニューヨーカー』が、小島秀夫さんがコナミを退社したと報道しました。

この報道には、日本のみならず、世界中で話題となり、小島秀夫さんのコナミ退社の真相について、さまざまな意見が飛び交う事態となったことは記憶に新しい所です。

また意見と共に、小島秀夫さんについて様々な憶測も飛び交っていたはのですが…

そして、ついに先日、小島秀夫さんがコナミを退社、新スタジオを設立したとの報道もされましたよね。

渦中の小島秀夫さんは、今後どうするのか?

当記事で、小島秀夫さんコナミ退社についてまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

小島秀夫がコナミを退社し新スタジオ設立へ

小島秀夫

小島秀夫

先日、『メタルギア』シリーズの生みの親である小島秀夫さんが、ついにコナミを退社した、とアメリカ大手雑誌のザ・ニューヨーカーが報道しました。

その内容によれば、小島プロダクションと、小島秀夫さんは既にコナミにいない、というらしく、後は2015年12月の契約切れを待つのみだというらしいのです。

その根拠となるのが、どうやら、2015年10月9日に小島秀夫さんの送別会が行われ、その送別会に出席した匿名の人物から情報が提供されたということ。

100人ほどの方が、小島秀夫さんの送別会に出席し、ほかのスタジオからのゲストや、MGS関係者が揃ったものの、コナミ社長である早川英樹さんは、この送別会に出席しなかったそうです。

普通に考えれば、最新作である『メタルギアソリッド5』の打ち上げか何かではないか、と思うのが自然なのですが…。

ただ、小島秀夫さんの送別会があったと思われる翌日の小島秀夫さんのツイートに添付された画像では、棚の中身が空になっていたというユーザーの指摘がありました。

さらに、小島プロダクションの解散や、執行役員の座を降ろされる、人気ゲーム『サイレントヒルズ』の開発中止などの小島秀夫さん冷遇の流れが、コナミ社内にあったことからも、小島秀夫さんがコナミを退社したのではないか、と思われているようです。

2015年の春ごろには、海外で有名なゲームメディアであるGameSpotが、『メタルギアソリッド5』完成後に小島秀夫さんがコナミを退社予定であると報じたこともありましたね。

さきほどのザ・ニューヨーカーは、小島秀夫さんにもコンタクトを取ったようですが、12月まで残っているコナミとの契約の法的拘束力により、コメントはできないと、取材を断られたそうで、彼の退社の真偽のほどは不明でしたが…


 

ついに、12月15日付で、小島秀夫さんがコナミを退社したと報じられましたね!

12月の契約切れで退社するのではないかという、大方の予想が的中していたということになります。

そして、小島秀夫さんは新スタジオ『コジマプロダクション』を設立

『PlayStation®からの重要なお知らせ』という動画も公開され、新たにSCEと小島秀夫さんが契約を結び、今後はPS4向けの独占タイトルを制作していくことも明らかに。

その動画がこちらです。

PS4独占となるタイトル第1弾は、

「小さめの作品で、多くの人が関係せず、早いゲーム開発にフォーカスする」

とのこと。

今後については、、まずはタイトル第1弾に注力、その後IPが確立したら、アニメや映画、VRなどのデジタル作品への展開も構想しているとの発表もありました。

さらに、この『コジマプロダクション』には、旧『小島プロダクション』の新川洋司さん、今泉健一郎さんも参加することが決定しています。

新川洋司さんと今泉健一郎さんが参加、ということは、新川洋司さん、今泉健一郎さんもコナミを退社したということになるのでしょうか?

コナミと契約しているままであったら、確執のあった小島秀夫さんの新スタジオに参加を認めるということは、なさそうにも思えますからね。

ちなみに、新生『コジマプロダクション』のロゴは、新川洋司さんが早速手がけたもののようです。

コジマプロダクション

小島秀夫さんは、新ロゴについて、

「これが新スタジオのロゴマークです。中世の騎士にも見えますが、宇宙服にも見えます」

「『最新のテクノロジーと開拓者精神で、新たなる世界を目指す』というビジョンを表しています」

と解説。

まずは、小島秀夫さんがコナミを無事に退社し、SCEと契約を締結したことに、「おめでとうございます!」と言いたいです。

そして、今後の活躍を期待しています!

 

コナミが小島秀夫の退社を認める!

小島秀夫

先日、ついに小島秀夫さんの退社が報じられました。

コナミデジタルエンタテインメントの広報担当者は、メディアからの問い合わせに対し、

「契約期間満了によるもの」

と回答し、ついに小島秀夫さんの退社を認めた形となります。

ちなみに、小島秀夫さん退社について、公式リリースを行うなどの予定は一切ないようです。

小島秀夫さんは、コナミを支えた功労者の1人でもあるのに、何の発表もしないとは…

本格的に、コナミはゲーム事業から撤退したいようですね。

コナミ自身は否定していますが、ゲーム嫌いの創業者:上月社長、さらに名だたるゲームクリエイターがここ数年で一気に退社していることを考えれば、コナミが本格的にゲーム事業から撤退するのも時間の問題なのではないでしょうか?

現在、新たな『メタルギア』シリーズ製作スタッフを募集しているようですが、小島秀夫さんいてこその『メタルギア』シリーズ。

新スタッフになってしまえば、購入者が減少することは避けられないでしょう。

ゲームユーザー、さらにはゲーム業界からも批判が殺到したコナミに、今後ゲーム事業で名誉挽回することは、天地がひっくり返っても、もう不可能だと思いますね。

 

小島秀夫のコナミ退社は本当?中村如哉の発言!

小島秀夫

小島秀夫

これまで『小島秀夫さんはコナミを退社していない』と、ずっとコナミ自身がアナウンスしていましたから、それが事実なのだろうと思うのが、まぁ自然な流れ。

ただ、コアなファンであるネットユーザーには、快く文面通りに受け取ってもらえていない状態が続いていました。

小島秀夫さん退社の記事を執筆したSimon Parkinさんは、コナミが『どのようなものかわからない』と言った送別会について、自身のツイッターで

「コナミがどんなものか知らないと言っているけど、これが送別会の写真だよ」

と、写真つきのツイートを公開。

確かに、多くの人が集まり、何やら送別会らしきことを行っているようにも見えます。

しかし、いくら冷遇しているとはいえ、社長も専務も現れず、ただ紙コップで送別会をするとも考えにくく、先述しました、ただの『メタルギアソリッド5』の打ち上げである可能性も否定できません。

その一方で、

「送別会はそこまで派手にやらない」

という意見もあるため、この時に、小島秀夫さんが事実上コナミ退社したとも言えますし、また、「してない」と、どちらでも言えてしまいます。

この小島秀夫さんの送別会の件ついては、未だ情報が錯綜し、ネット上で議論が続く状態。

しかし、そんな状況を一変させるような発言が、小島プロダクションディレクターの中村如哉さんのツイッターに投稿されます。

中村如哉さんのツイートによれば、

「22年来の同期と20年来の上司が現場を去り一つの時代が終わった。今日の日はさようなら、また逢う日まで」

と、まるで小島秀夫さんのコナミ退社を認めたようなツイートをしています。

それから、ついに2015年12月15日に小島秀夫さんが退社したことが公になります…

結局、この中村如哉さんの発言は、小島秀夫さんに対するコメントで間違いがなかった、ということになりますね。

どうやらあの簡素な送別会が、本当に小島秀夫さんの送別会であり、コナミの上層部は揃って、とくに見送りをしなかった…

いくらコナミでも、別れの挨拶すらしないほど、薄情ではないだろうと思っていたのですが、先ほどの、退社についての公式リリースをしないという発表も含め、コナミというのは、会社としても、そして上層部の人間性という意味でも、落ちぶれてしまったように見えます。

 

小島秀夫のコナミ退社に対するネット上の反応は?

スマホで遊ぶ男性

ついに小島秀夫さんがコナミから退社した…

この報道に、ネット上ではどのような反応が起こっているのでしょうか?

特に、海外からは多くの反響があり、

「これで小島は自由だ!おめでとう!」

「どうか安らかに眠ってくれコナミ!」

と、小島秀夫さんを祝福する声と同時に、コナミに対するバッシングが大々的に行われるという、まさにお祭り騒ぎな状態でした。

業界やメディアからの反応としては、SCEの米国法人であるSCEAのアダム・ボイズさんが

「ソニーチームの一員として小島監督をPlayStationファミリーに迎え入れられたこと、本当に嬉しく思うよ」

とコメントしています。

さらにはイギリス紙のメトロが、

「PlayStationを主要プラットフォームとしてMGSシリーズを出してきた監督だからこそ、ソニーとのパートナーシップはとても自然なものに思われる」

アメリカのフォーブス誌が

「野心的作品を絶えず生み出し続ける監督にとって、ソニーをパブリッシャーに選んだのは賢明だったと言えよう。申し分ない判断だ」

と、小島秀夫さんがSCEと契約を締結したことを評価する内容を報じています。

こうした喜びの声に湧く一方で、

「かなりやつれているように見えたけど、大丈夫かな?」

「一瞬誰かと思った」

と、動画に登場した小島秀夫さんが相当やつれているという心配の声も上がっていました。

小島秀夫さんのやつれ具合は、以前当ブログでも紹介した、コナミの劣悪な労働環境が事実なのではないか…

そう思えるようなほど状態でした。

しかし、動画内の小島秀夫さんは(やつれながらも)終始笑顔で、とても嬉しそうにしていたので、今は小島秀夫さんが自由になれたことを、素直に喜びたいと思います。

 

まとめ

前々から、コナミと小島秀夫さんの確執について、何度も報じられており、

「『メタルギアソリッド5』が発売されたら退社」

「契約の切れる12月に退社するだろう」

など、さまざまな予想がなされていました。

このうち、どの話にも共通していたのは、小島秀夫さんはコナミを退社する、ということでした。

そして、ついにその予想は現実のものとなり、2015年12月15日付で小島秀夫さんはコナミを退社。

新スタジオ『コジマプロダクション』を設立し、SCEと契約を締結したことで、新たなスタートを切ったのです。

これを機に小島秀夫さんには、のびのびと新たなゲーム開発に取り組んで欲しいですね。

とはいえ、あまりにも長い製作期間を要求し、開発費が嵩張ってしまうということになれば、結局はコナミにいた頃と同じような結果になってしまいかねません。

早いゲーム開発にフォーカスする、と発表していましたし、せめて、3~4年以内には、『コジマプロダクション』が開発した新たなゲームを手に取りたいところです。

今後の小島秀夫さん、そして、『コジマプロダクション』の活躍を、楽しみにしています!

コナミの記事はコチラもよく読まれています!

桃太郎電鉄終了の理由はコナミ石川とさくまあきらの確執が原因?

MGS5TPPのカットストーリーネタバレ!未完成で評価急落の理由とは

サイレントヒルズ開発中止!その理由と今後は?小島秀夫が退社?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム