星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

中日ドラゴンズのドラフト会議2015の補強結果!1位指名は小笠原!

更新日:

先日行われた2015年のドラフト会議。

2015年は、高橋純平投手、オコエ瑠偉選手、小笠原慎之介投手、平沢大河選手などの上位指名必至といわれる高校生、即戦力となる大学生もたくさんいるため、例年と比べても、かなり1位指名が予想しづらい状況だったと思います。

そんな中、中日ドラゴンズは、早々と地元のスター候補、県岐阜商の高橋純平投手を指名すると宣言していました。

半世紀近くなかった3年連続Bクラスという不本意な成績に終わった中日ドラゴンズの2015年のドラフト会議、はたして補強結果はどうなったのでしょうか?

当記事では、中日ドラゴンズのドラフト指名選手を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2015年の中日ドラフトの補強ポイントは?

中日ドラゴンズドラフト2015

まず、2015年のドラフトで、中日ドラゴンズとしては、どこを補強したかったのでしょうか?

正直なところを言えば、今の中日は外野手以外の全ての駒が不足している状態で、外野手以外ならば、どこを獲っても正解と言えると思います。

全体的にチームとしての戦力が足りていないのですが、ここで強いて言うならば投手、捕手が補強のポイントでしょうか。

特に先発投手は圧倒的に不足しています。

2015シーズンの規定投球回を超えた投手が、大野雄大投手しかいないという悲惨な結果を見れば明らかでしょう。

その大野雄大投手も10勝到達目前で何度も足踏みしたり、10勝達成後も敗戦が多くなるなどして、終わってみれば11勝10敗の貯金が1。

また、投手を引っ張っていく存在である正捕手もいません。

桂、杉山といった若手捕手が台頭してきたものの、パスボールが多いなど、まだまだ不安要素のほうを多く抱えています。

2016シーズンに向けて、中日ドラゴンズは、こうした補強要素を補うことができるのか?

以上が、2015年の中日ドラフト補強ポイントだったように思います。

はたして、2015年のドラフトで中日の補強ポイントを埋めることはできたのか?

ファンの誰もが気になる中日の2015年のドラフト結果を見ていきましょう。

 

中日の2015ドラフト指名選手を紹介!

中日ドラフト1位 小笠原 慎之介(東海大相模)

小笠原慎之介

小笠原慎之介

中日ドラゴンズが1位指名をしていた高橋純平投手は3球団競合の末、抽選で外してしまいました。

その結果、甲子園優勝投手の小笠原慎之介投手をドラフト1位指名することになりました。

小笠原慎之介投手も日本ハムとの競合になりましたが、こちらは抽選の結果、見事指名に成功。

小笠原慎之介投手は、はやくも高校2年生の頃から注目されていましたが、3年生の頃には、さらに成長をみせています。

ストレートは最速152キロという、高卒ながら150キロの大台を超え、空振りの取れるチェンジアップ、スライダーと、将来性抜群の本格派左腕です。

中日・谷繁監督は、小笠原慎之介投手について、

「外れ1位だとは思っていない。ドラゴンズを背負っていける存在だと思っている」

と高評価し、将来のエース候補として期待を寄せていました。

筆者的にも、即戦力としてプロでも通用しますし、これからの伸びしろも十分にあるため、育成していく方針だとしても、十分に期待できる逸材だと思っています。

小笠原慎之介投手はプロ入り後の目標について、

「新人王を取りたい」

と宣言。

これまで、小笠原慎之介投手は、中日とはあまり縁がなかったものの、彼が小・中学校の先輩で小学校時代に一緒にプレーしたという高橋周平選手や、東海大相模出身の森野将彦選手がいます。

心強い先輩達と、小笠原孝2軍投手コーチ、そして2015シーズンオフから2軍監督に就任した小笠原道大2軍監督のトリプル小笠原の一角としてチームを盛り上げてほしいです。

外れ1位まで、ドラフト指名が残っていたのが不思議なくらいでしたから、中日は小笠原慎之介投手を指名できて本当に良かったと思います。

中日ドラフト2位 佐藤 優(東北福祉大)

佐藤優

佐藤優

中日ドラゴンズが、ドラフト2位指名したのは、東北福祉大の佐藤優投手。

佐藤優投手の地元・東北では、名の知れた身長187センチの大型右腕で、元々楽天の星野仙一副会長がかなり注目していた投手です。

最大の特徴は187センチの長身からスリークォーターで投じられる最速152キロのストレート。そして、しならせるような柔らかい肘の使い方です。

変化球のカーブ、チェンジアップ、スライダーを駆使し、2015年は東北福祉大のリーグ優勝に貢献。

佐藤優投手なら即戦力としてもよし、将来性もあるので、育成も楽しみな投手ですね。

中日にドラフト2位指名されたことに佐藤優投手は

「高い評価で指名してくださったことがうれしいし、ビックリしています。今日が始まりだと思う。プロの世界でひとつずつしっかり成長して、活躍できる選手になりたい」

と意気込んでいます。

近年、先発投手不足に苦しんだ中日の救世主となれるか注目です。

中日ドラフト3位 木下 拓哉(トヨタ自動車)

木下拓哉

木下拓哉

3位で指名したのは木下拓哉選手。

筆者は正直なところ、まさか木下拓哉選手ほどの逸材が、ドラフト3位まで残っているとは思わなかったので、中日が木下拓哉選手を指名できたことは、中日の2015年ドラフトにおいて、大きな収穫だったと思っています。

木下拓哉選手は強肩と長打が魅力の社会人ナンバーワン捕手。

大学の頃は、ドラフト指名漏れとなり、悔しい思いをした木下拓哉選手ですが、社会人となるべくトヨタ自動車入社後は、打撃力を磨き、メキメキ頭角を現すように成長。

2015年9月には、侍ジャパンの社会人代表に選ばれるほどにまで急成長しました。

現在、正捕手がおらず、『ポスト谷繁』候補に苦しむ中日にとって、またとない期待の新人選手。

木下拓哉選手の入団は、他の捕手にもいい刺激を与えてくれるでしょうし、正捕手争いがより一層楽しみになりますね。

中日ドラフト4位 福 敬登(JR九州)

福敬登

福敬登

中日にドラフト4位指名されたのは、JR九州の福敬登投手です。

がっしりした体格から投じられる最速150キロのストレートは威力十分。

ストレートで力押しできる本格派左腕として、即戦力としても期待できます。

福敬登投手はプロ入り後の目標に

「思い切り腕を振り、強気の投球をしたい」

と意気込んでいました。

筆者が考えるに、福敬登投手は、リリーフでの活躍も見込めそうだと思っています。

2015年の中日リリーフ陣は、左腕が圧倒的に不足しており、岡田俊哉投手と髙橋聡文投手しかいません。

名前どおり、中日に『福』をもたらす存在として、ぜひ活躍してほしいと思っています。

中日ドラフト5位 阿部 寿樹(Honda)

阿部寿樹

阿部寿樹

中日ドラゴンズが、ドラフト5位に指名したのは、阿部寿樹選手です。

阿部寿樹選手は、去年指名された遠藤一星選手と、最後まで天秤にかけられていた守備力が魅力の185センチの大型ショート。

堅実な守備はもちろん、年々打撃も良くなってきており、固定されていないショートの定位置を狙える選手の1人です。

「年齢もあって今年が最後だと思っていた」

と、念願のプロ入りに、オールドルーキーは喜びを爆発させていました。

「遠藤が入っていた頃は、内野が落ち着いていた」

と、シーズンを総括した際、谷繁監督が言っていたように、ショートの固定は大きな課題の1つ。

筆者としても、守備の下手なエルナンデスをショートに置いておくのは、やめてほしいと思っているので、ここはぜひ阿部・遠藤の両選手で、切磋琢磨するようなショート争いをしてほしいと考えています。

中日には、伝説の二遊間と言ってもいい、アライバという存在がいたため、その後継を担うと言うと、若干ハードルが高いかもしれません。

それでも、ぜひ中日の堅守を担うショートとしての活躍を期待しています!

中日ドラフト6位 石岡 諒太(JR東日本)

中日ドラゴンズが、ドラフト6位指名したのは、JR東日本の石岡諒太選手です。

石岡諒太選手は、走攻守の三拍子揃ったマルチプレーヤー。

持ち味はフルスイングとのことで、

「2軍監督の小笠原さんに教えてもらえたら」

と、かつてフルスイングが代名詞だった小笠原道大2軍監督のもとでの指導を熱望。

また、同じくフルスイングが魅力で、2015シーズンにトリプルスリーを達成したソフトバンクの柳田悠岐選手のようになれる逸材とも言われています。

バランスの取れたプレーで、中日の将来を担う選手となってほしいところですね!

 

中日ドラゴンズの育成指名は史上最多の6人!

中日ドラゴンズ

さて、続いては、中日ドラゴンズの育成指名選手を紹介したいと思います。

2015年ドラフトでは、なんと球団史上最多の6人もの育成選手を指名しています。

まぁ中日としては、選手側から拒否された場合のことも考えて…ということだと思っていますが、それにしても多いですよね。

育成選手については、ここで一気に紹介します。

・育成1位 中川 誠也 (愛知大)

・育成2位 吉田 嵩(徳島インディゴソックス)

・育成3位 三ツ間 卓也(武蔵ヒートベアーズ)

・育成4位 西濱 幹紘(星城大)

・育成5位 呉屋 開斗(八戸学院光星高)

・育成6位 渡邉 勝(東海大)

「球の速い選手を優先的に指名した」

と中田スカウト部長が説明したように、育成6位の渡邉勝選手以外は全員投手。

中日ドラゴンズは、育成中心で、数年後の投手王国再建を目指そうという思惑でしょうか?

この中から、大化けして球界を代表するような投手が出てくるかもしれない…と思うと、期待してワクワクしますね!

 

まとめ

2015年のドラフト会議で中日は6人の選手を指名し、育成でも6人を指名したので、合計12人という大量指名で終わりました。

元々のドラフト1位狙いだった高橋純平投手の獲得こそ叶いませんでしたが、高校ナンバーワン左腕の小笠原慎之介投手の指名に成功。

中日の将来を担うエースとして、ぜひ大きく成長してほしいと思っています。

また、ドラフト3位で社会人ナンバーワン捕手の木下拓哉選手を指名できたことは、本当に大きいでしょうね。

他球団が1位か2位での指名があっても、全くおかしくないほどの選手でしたから、本当によく残っていたなと思いました。

中日・谷繁監督は今回のドラフトを振り返り、

「かなりいいドラフトだった。うちはすぐにでも戦える選手が欲しいので、全てが即戦力です。3位で木下が残っていたのが嬉しかった。小笠原も佐藤もすぐに使いたいけど焦りません」

と、納得のドラフトだったと語っています。

下手をすれば、これから暗黒期に入ろうとしている中日。

小笠原慎之介投手を筆頭に、未来を担うルーキー達が『強竜再燃』を叶えてくれるのでしょうか?

これからの成長が非常に楽しみです!

他球団のドラフト結果はコチラ!

阪神タイガースのドラフト会議2015補強結果!金本新監督の考えとは

中日の記事はコチラもよく読まれています!

中日の山本昌にとってプロ野球は趣味?ラジコン全国4位の実力とは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.