星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

阪神タイガースのドラフト会議2015補強結果!金本新監督の考えとは

更新日:

2015年のプロ野球ドラフト会議が終了し、各チームのファンは、応援チームのドラフト結果に一喜一憂していることかと思います。

そんな中、とくに評価が賛否両論で真っ二つに分かれているのが、阪神タイガースです。

阪神タイガースの指名は、事前に予想されていたものとは大きく異なり、直前で金本新監督による新体制になったことが影響したのだろうと感じました。

2015シーズンは、3位という成績に終わり、クライマックスシリーズ進出は果たしたものの、不本意な結果に終わった阪神タイガース。

そんな阪神タイガースの未来を担う2016年のルーキー達は、一体どのような選手なのか?

当記事では、阪神のドラフト指名選手について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

阪神のドラフト指名でハプニング発生!

ドラフト

金本新監督が就任し、新体制で臨んだ阪神タイガースの2015年のドラフト会議は、いきなりハプニングが発生しました。

それが起きたのは、ドラフト1位の高山俊選手との交渉権の抽選をしていた時です。

この抽選の結果、ヤクルト・真中監督がガッツポーズをしたことで、高山俊選手はヤクルトが交渉権を獲得。

阪神タイガースは、相変わらずドラフト1位競合での弱さを見せつけてしまった…

と思われ、阪神ファンからも落胆の溜息が。

と、思われたのですが、実は、真中監督がハズレのくじをアタリと勘違いしていたということだったようで、阪神が高山俊選手の交渉権獲得となったのです。

ドラフト

このくじ、中身は画像のようになっており、どちらにもドラフト会議のマークが印刷されていますね。

ヤクルト・真中監督は、このマークがあったことでアタリだと思った…というのが事の顛末です。

「交渉権確定と書いてあるのだから、そんなの間違えないだろう」

と思う方も多いかもしれませんが、実はそうでもありません。

なんと、過去にもハズレのくじを、アタリのくじだと勘違いし、交渉権獲得が覆ったというケースがあったのです。

その勘違いが起きたのは2005年

この時は、当たりと勘違いするという珍事が2回も起きています。

まずは巨人とオリックスが、元巨人で当時大阪桐蔭高の辻内崇伸さんの抽選になった時のこと。

当時オリックスのGMであった故・中村勝広さんが、印刷されていたコミッショナー事務局の印を見てアタリだと勘違い。

後から結果が訂正されるという史上初のトラブルとなりました。

その直後、今度は現日本ハムで福岡第一高の陽仲寿(現在の陽岱鋼)選手の抽選で、ソフトバンクの王監督(当時)が先ほどと同じくコミッショナー事務局の印を見て勘違い。

まさかの珍事が2回続けて起きてしまうというドラフト会議となったのです。

ドラフト1位指名を受けた高山俊選手が言っていたように、まさに

「ドラフトは何が起こるかわからない」

ということなのでしょうね…。

 

阪神タイガースのドラフト指名選手を紹介!

それでは早速、阪神タイガースの2015年ドラフト指名選手を紹介していきます。

阪神タイガースドラフト1位 高山 俊(明治大)

高山俊

高山俊

先ほども話題になった高山俊選手が1位で指名されました。

先日、連盟新記録となる大学通算131安打を達成したことでも話題になったように、打撃力には定評がある左の中距離バッターです。

また、50m5秒8の俊足、そして遠投110mの強肩でもあり、三拍子揃った大学ナンバーワン外野手として、多くのチームから注目されていました。

しかし、ドラフト直前になって、骨折していたことが発覚し、今後手術を受けるのだとか。

「まずは早く治したい」

と語っており、一刻も早い治癒が待たれます。

金本新監督は

「将来のクリーンアップを任せたい」

と言っていましたが、正直なところ、筆者としてはリードオフマンを任せるべき選手なのでは?と思ってしまいました。

阪神タイガースとして、高山俊選手を獲得できたことは、とても大きいと思うのですが、育成方針を見誤らないよう、しっかり長所を伸ばしていってほしいところですね…。

阪神タイガースドラフト2位 坂本 誠志郎(明治大)

坂本誠志郎

坂本誠志郎

正直、なぜドラフト2位指名なのか?と驚きましたし、他のファンからも同じように驚きの声が上がっていたドラフト2位の坂本誠志郎選手。

明治大では、1年生の頃から正捕手として活躍し、侍ジャパン大学代表では主将を経験。

坂本誠志郎選手の持ち味は、投手の長所を引き出す巧みなリードで、研究熱心なところも魅力的です。

ただ、打撃ではまだ課題を残しているため、打撃力の向上が、プロでも正捕手となる鍵になりそうです。

阪神タイガースには、梅野選手という打撃型の捕手がいるので、互いに切磋琢磨し合っての成長に期待です。

阪神タイガースドラフト3位 竹安 大知(熊本ゴールデンラークス)

竹安大知

竹安大知

阪神タイガースにドラフト3位指名された竹安大知投手は、しなやかな腕の振りが特徴の右腕です。

MAX145キロのストレートと、多彩な変化球が持ち味で、まだまだ伸びしろがあるため、じっくり育てれば大成すると思われます。

オリックスのスカウトの話では、上手くいけば150キロを超えるストレートを投げられるようになるとのことなので、はたして阪神タイガースが竹安大知選手を大化けさせるような育成ができるか注目したいですね。

阪神タイガースドラフト4位 望月 惇志(横浜創学館)

望月惇志

望月惇志

阪神タイガースドラフト4位指名の望月惇志投手の特徴は、なんと言っても188センチという長身でしょう。

188センチから振り下ろされるMAX148キロのストレートは角度があり、さらにはスライダー、スプリットも持っています。

ただ、下半身の使い方などの投球フォームに課題があり、そのためコントロールもバラつきがち。

しかし、逆に言えば投球フォームが安定していない状態にも関わらず、148キロものスピードを出したので、これから育てれば長身の本格派右腕として、阪神タイガースを担うエースとなれる素質があると言っても過言ではありません。

伸びしろがあるという点では、横浜や巨人も評価していましたし、今後の成長が非常に楽しみです。

高卒なので、まずは身体作りからはじめて、じっくりと育ててほしいと思います。

阪神タイガースドラフト5位 青柳 晃洋(帝京大)

青柳晃洋

青柳晃洋

阪神タイガースにドラフト5位指名された青柳晃洋投手は、昨年、遊離軟骨除去手術から復活した本格派サイドハンドです。

サイドスローとは言ったものの、サイドスローとアンダースローの中間あたりから投げ込むフォームで、最速143キロのストレートとスライダー、カーブ、2種類のシンカーを持ち合わせています。

コントロールは、イマイチといった感じなので、コントロールをつけていくことが、プロで大成するための課題かと思われます。

変則的なフォームと、多彩な球種があるので、ワンポイントなど、リリーフとしての活躍が見込めそうです。

特に、現在の阪神のリリーフ陣はベテラン頼みの状態ですから、若いリリーフの台頭が大きな課題の1つでもあります。

青柳晃洋投手には、リリーフの一角を担えるような存在になってほしいところですね。

阪神タイガースドラフト6位 板山 祐太郎(亜細亜大)

板山祐太郎

板山祐太郎

阪神タイガースにドラフト6位で指名されたのは亜細亜大の板山祐太郎選手。

板山祐太郎選手については、データが全くなく、当初は指名漏れ選手だと思われていたのですが、金本新監督の考えで獲得が決定したとのこと。

身体能力の高さと、長打も打てる打撃力、そして堅実な守備と、バランスがとれており、将来は阪神タイガースの外野の一角を担う存在になれる素質を持っています。

阪神タイガースは、若手の外野が総じて伸び悩んでいることもあったことから、それで白羽の矢が立ったのでしょうね。

板山祐太郎選手の入団は、阪神タイガースの外野のレギュラー争いを活発化させ、いい刺激になってくれるかもしれません。

 

2015年の阪神のドラフト指名の評価は?

考えるサラリーマン

2015年の阪神タイガースのドラフト会議の結果は、ファンにはどう映ったのでしょうか?

どうやら、評価は二分しているようで

「高山や坂本を獲れたのは大きい」

と評価する一方で、

「必要な補強ポイントの投手や内野はどうしたんだ」

と、世代交代が必要な部分を補強できていないと批判する声もありました。

『ポスト鳥谷』として、平沢大河選手を指名するべきだ、という声なども多くありましたし、藤浪投手を除けば、全員がベテランとなる、先発4本柱や、勝利の方程式が、ベテランの安藤・福原の両投手であることから、早く投手の補強をすべきとも言われていました。

そういった意味では、舵取りを誤ってしまったのかな?とも思いますが、筆者的には今回の阪神タイガースのドラフトは、狙いとしてはまずまず良かったのではないか?と思います。

マートン選手の退団が濃厚で、福留選手は年齢により、残り1、2年ぐらいの活躍が見込めるところです。

その後継者として、高山俊選手をドラフト指名したのでしょうし、2位の坂本誠志郎選手も、これまでとタイプの違う捕手として獲得したことで、現状ではライバルのいない、梅野選手の競争相手になり、互いに切磋琢磨し合い、成長していくという相乗効果も期待できます。

そういった意味では、2015年の阪神タイガースは、成功したドラフトであったとも言えると思うのです。

ただ、チームの勝利として、最優先事項を埋められなかったのも事実。

そのため、評価が二分してしまった…ということなのでしょうね。

 

まとめ

阪神の2015年のドラフト会議は、例年とは違った雰囲気があったように感じました。

和田監督が退任し、さらには中村勝広GMが亡くなられ、ドラフト戦略が一旦、白紙に戻ってしまったことも大きく影響しているのでしょう。

筆者的には、それよりも、金本新監督の考えが大きく汲まれたものだったから、いつもと違った雰囲気だったのでは?と強く感じました。

阪神のフロント側は、金本新監督を『全面サポートする』と明言していましたし、チーム作りに対して、口出しをしないとも言っていました。

このことから、現場の意向を全面に押し出した阪神タイガースのドラフトになったのではないかと推察します。

阪神タイガースは、金本新監督率いる新体制による建て直しを本気で行おうとしているようですし、はじめの一度くらいは金本新監督のやりたいようにやらせてみるのは面白いかもしれませんね。

金本新監督の最初の大仕事は、ファンにとっては賛否両論となりましたが、今回のドラフト結果がどう将来へ生きてくるのか…

その行く末を見守りたいところです!

他球団の2015ドラフト結果はコチラです!

中日ドラゴンズのドラフト会議2015の補強結果!1位指名は小笠原!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.