星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

オトナ女子のドラマ視聴率が悪い理由原因は篠原涼子の演出か?

更新日:

篠原涼子さん主演のドラマとして、2015年の秋に放送されたドラマ『オトナ女子』。

このドラマは、

「アラフォー女子も女性であることを諦めたくない」

というコンセプトのもとに描かれた、恋と仕事に生きるアラフォー女子によるラブドラマ。

ドラマの主演には、平均視聴率15.17%と好調だったドラマ『ラストシンデレラ』で主演を務めた篠原涼子さんを起用。

それだけにドラマの前評判も良かったのです。

しかし終わってみれば、初回放送から低調で、かなり厳しい結果を突きつけられてしまいましたね。

それにしても、なぜ『オトナ女子』の評判(視聴率)は悪かったのでしょうか?

本記事ではその理由・原因、最終的な視聴率をお話していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

視聴率の悪いスタートとなったドラマ『オトナ女子』

オトナ女子

『下町ロケット』や『遺産争族』など、期待度が高い注目のドラマが、視聴率においては、

期待通りの滑り出しを見せていく2015年秋ドラマ

という様相を見せているように思います。

その2015秋ドラマの中で、同じように大きな期待を受けているにも関わらず、視聴率で結果を出せず苦しむドラマもありました。

そのドラマこそが、篠原涼子さん主演ドラマとして放送されたドラマ『オトナ女子』。

このドラマ『オトナ女子』は、男性ファンだけでなく、女性ファンからも大きな支持を受けている女優・篠原涼子さんが主演のドラマです。

アラフォー女子の恋愛や仕事に生きる、リアルな女性の姿を映したドラマとして、前評判も高いと言われていました。

事実、篠原涼子さんが出演していた『ラストシンデレラ』も、オヤジ的な性格の女性が、『恋愛に生きていく』設定のドラマとして描かれています。

そのドラマは、視聴率も15.17%を叩き出し、視聴率としても好評でしたね。

同様の路線にあたる『オトナ女子』に関しても、制作サイドは絶対の自信を覗かせていたことでしょう。

しかし、いざ『オトナ女子』の放送が開始し、蓋を開けてみると、

初回視聴率:9.9%

2週目:9.2%

と、元々の期待値のことを考えると、かなり低空飛行に苦しんでしまったのです。

同時期には『下町ロケット』が、初回放送16.1%、『遺産争族』も初回放送14.2%を叩き出しています。

これを見ると、『オトナ女子』が、その後に挽回できるかどうか、微妙な感じがしてなりませんよね。

ただ、ここで意外なところで好評価を受けているドラマもわかってきました。

元々あまり期待されていなかったドラマ『サイレーン』が、意外にも面白いと評価を受けていたのです。

そういった背景もあり、『下町ロケット』に続く、視聴率2番手をいくつかのドラマが争っている印象の2015秋ドラマでした。

追記

アラフォー女子に向けたドラマとして前評判は高く、注目されたドラマの一つだった『オトナ女子』。

いざ蓋を開けてみると、意外と不評(理由については後ほど語っていきます)で、結局初回の視聴率低空飛行を巻き返すことはできませんでした。

とくに『オトナ女子』第3話に関しては、全話中ワースト(7.2%)を叩き出してしまいました。

これで、もはや挽回は難しくなってしまったのが率直なところでしょう。

最終結果として、平均視聴率8.74%は、この時期放送されたドラマでは、下から5番目の結果。

この時期のフジテレビの月9『5-9』以外のドラマは、全てワーストから数えた方が早かったのです。

かなり厳しい結果を突きつけられ、フジテレビとしては非常に残念でしたね。

ちなみに初回放送の視聴率が良く、期待されていた『サイレーン』は2話の6.3%が響き、9.22%でフィニッシュ。

やはり、ここ数年フジテレビに対する信頼度も下がってきているようなのです。

そのことも含めて、いろいろ厳しかったのが正直なところだったのかもしれませんね。

筆者としては、多少好き嫌いは分かれるものの、アラフォー女子をターゲットにした着眼点そのものは悪くはないと思います。

それだけに少し残念だったのが本音ではあります。

まぁこれも一つの結果として受け止め、次のドラマに活かしてほしいですね。

 

オトナ女子のドラマ視聴率が悪い理由原因

オトナ女子

話題にしている『オトナ女子』ですが、実際に筆者もドラマ放送を見ていました。

しかし、正直そんなに否定するほど酷い出来には見えません。

視聴率15%以上は難しいとしても、決して2桁の視聴率を下回るような出来ではないと思うのです。

今回『オトナ女子』がスタートダッシュに失敗してしまったのは、どんな理由や原因があるのでしょうか?

 

『オトナ女子』の視聴率が悪い理由・原因がわからず、いろいろ調べてみると、実に興味をそそる話がわかりました。

なにやら、この『オトナ女子』の主人公・アラフォー女子の中原亜紀を演じる

『篠原涼子さんが、あまりにも美しすぎて、『オトナ女子』というドラマに合っていない』

という理由から、視聴率が思った以上に伸びていないというのです。

そもそも、このドラマ『オトナ女子』の魅力は、ある意味、『痛い』と言われるような40代の女性が、

20代女性のように素敵な男性と恋愛し、恋に落ちる夢を諦めたくない

という姿を映し出すところにあります。

それが、篠原涼子さんのような美しすぎる40代女性だと、男性が放置することなどなく、常にモテモテ状態にあり、

「独身であるはずがないだろう」

と視聴者からは思われるらしいですね。

『オトナ女子』のドラマとして映し出したかったアラフォー女性を上手く演出できないのでは?と感じられてしまうようなのです。

もちろん、恋愛など興味なく仕事に生きる女性だっていますし、いくら美形だから痛くないとは限りません。

痛い痛くないかという部分は、人の価値観によって大きく異なる要素です。

しかし、篠原涼子さんは仕事だけでなく、女性としても完璧な要素を持っている印象が強いのです。

そのためドラマのリアリティ、信ぴょう性に欠けてしまっています。

『オトナ女子』を見ていてもイマイチ共感ができずに、面白みに欠けてしまうと思われてしまっているそうです。

キャストが実際にスキャンダルなどを引き起こし、イメージを悪くしてしまうケースがあります。

その場合でも、視聴者が許してくれず、主演がその対象者なら見たくないと言われてしまうこともあります。

一方、篠原涼子さんのように、逆にイメージが良すぎるケースもあるようです。

出演しているドラマによってはイメージが合わずに、視聴者から良い評価を受けられないというのは、なんとも複雑ですね。

何事にもちょうど良いバランスが存在するわけです。

その基準にあっていないと、ドラマの場合はシビアに視聴率として、結果が出てしまうということなのでしょう。

 

篠原涼子に頼り過ぎ?が視聴率が悪い理由

オトナ女子

これは、筆者個人の感想でしかありません。

『オトナ女子』が意外にも視聴率が悪い理由としては、

『篠原涼子さんが美人すぎる』

という点以外に、ドラマ制作サイドが、

篠原涼子さんに頼りきっている

ところにあるのではないかと思います。

そもそも『オトナ女子』に近いドラマとして、『ラストシンデレラ』が2013年の4月期に放送されています。

このドラマも主演が篠原涼子さんで、彼女は仕事が楽しく、中年男性のような生活をしてきた女性を演じていました。

こちらは、ある種、恋愛に疎くて女子力がない女性の姿を描いているドラマという印象もありました。

当時は、それに新鮮さもあり、ウケも良かったような気がします。

しかし、『オトナ女子』は、恋愛・仕事に生きる女子を諦めたくないアラフォー女子のドラマとして描かれています。

『ラストシンデレラ』の時と近いニュアンスで描かれているところがあるため、新鮮さが何一つ感じられません。

既に二番煎じとして、飽きられてしまっているのかもしれません。

『オトナ女子』制作サイドの考えは、篠原涼子さん主演の『ラストシンデレラ』で、15%以上の視聴率の獲得に成功したわけです。

ならば、次も篠原涼子さん主演ドラマを打ち出して、しっかり視聴率を稼ぎたいと考えていたのでしょう。

しかし、いくらなんでも篠原涼子さんの力だけで、全てがどうにでもなるわけでもありません。

そして、このドラマはある種、大人の女性たちが、リアルに恋に右往左往しながら、生きていくタイプのドラマです。

これは、結果的に『ラストシンデレラ』と同じようなニュアンスを持ち、

篠原涼子さんを起用すれば、高視聴率を狙えるという制作サイドの意図

が丸わかり…。

そして、その事を感じ始めたドラマ視聴者が、続々と『オトナ女子』の評価を低く見たわけです。

そのため、『オトナ女子』が意外と視聴率が悪く、伸び悩むドラマとなっているのだと思います。

もちろん筆者の憶測の部分が大きい話です。

『オトナ女子』が、必ずしも篠原涼子さんに任せっきりにしていたかどうかはわかりません。

ただ、いずれにしても、『オトナ女子』が誤解を招きかねないタイプのドラマとして、描かれていることは事実です。

そのことが視聴率の悪い大きな理由・原因として、のしかかってしまっているのだろうと思うのです。

 

まとめ

篠原涼子さん主演で放送されている2015年秋ドラマ『オトナ女子』。

主演の篠原涼子さん頼みとなってしまった様子が伺えます。

そのためか、視聴率が悪く、平均視聴率を二桁へ伸ばすこともできず、低調な視聴率のままで終わってしまっています。

その理由・原因も、篠原涼子さんの責任とネットで話題になっているようです。

ただ、問題は『篠原涼子さん頼みにしていた』と思われたことが原因でしょう。

『オトナ女子』のキャストの選定もひっくるめて、脚本・演出をしっかり練っていなかったことは、一つの問題だったのかもしれませんね。

もちろん、キャストも重要ですが、ドラマの脚本・演出も重要であるということを、改めて思い知らされた気がした次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.