星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

睡眠不足解消と疲労回復効果のコーヒーナップとは?最新仮眠方法!

更新日

仕事中や勉強中に何かと睡魔に襲われることは、誰でも経験してきたことではないでしょうか。

筆者も、よく原稿を書いている時に睡魔に襲われ、結構しんどい思いをしていることが度々あります。

みなさんも、きっと仕事でも勉強でも、一気に集中して効率的にやっていきたいと思われているものだと思いますが、そういう時に限って、睡魔に襲われたりして、本当の困りものです。

そんな中ネット上で、眠気や疲労を回復する方法として、『コーヒーナップ』という手法が紹介され、何かと注目されているそうです。

果たして、そのコーヒーナップとは、一体どんな方法で、どれだけの眠気対策、疲労回復効果が期待できるのでしょうか?

本記事で、コーヒーナップの全貌に迫っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

眠気・疲労が取れにくい現代社会の悩み

眠い女性

仕事や勉強など何かと多忙を極める現代社会に置いて、日々の疲れが蓄積し、眠気に襲われ、苦しむ人は結構いらっしゃることと思います。

現に筆者も、よく原稿を書いている最中に眠気に襲われ、辛くなったりすることもしばしばありますし、筆者の場合なら、まだ休憩しながらでも良いのかもしれませんが、時間を拘束されているサラリーマンや、受験勉強に忙しい学生は、そうはいきませんよね。

中には、あまりに多忙で、残業ばかりしているがあまりに、過労で倒れてしまうなんて方もいらっしゃるらしく、一時期は『過労で命を落とす』かもしれないという深刻な状況に陥っている方が続出しているのも、紛れもない事実です。

だからこそ、仕事中や勉強中に、眠気に襲われ苦しまないように、日々の疲れを何とか回復する方法がないかと、多くの方たちが模索していらっしゃるのでしょう。

一番疲れを取る方法として推奨されているのは、温かいお風呂に入って、ぐっすり眠ることだと言われています。

しかし、なかなかゆっくりお風呂に入っている時間や、眠る時間が確保できないことも多々あるでしょう。

仕事や勉強など、日々追われている状況が続くと、どうしても一日の疲れを一日の終わりに取ることが出来ず、そして翌日は眠気・睡魔に襲われ続ける日々が続いてしまう、それが繰り返されるわけです。

そして、そういう時こそ、何かしらのアクシデントに見まわれ、大変な状況に襲われ、仕事や勉強どころではなくなってしまう方も出てきたりします。

たかだか眠気くらいで、という方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠時間を削ってばかりだと、自律神経までも狂い始め、本当に疲れを取ることすら出来ず、不慮の事故を招いたり、病気にかかってしまい、苦しむことも十分考えられます。

それだけに現代の深刻な悩みとして、一人一人に大きくのしかかっている問題である現状なのです。

 

眠気・疲労回復に良いと推奨されるコーヒーナップ

眠い女性

眠気や、疲労が取れない悩みは、現代の深刻な悩みの一つと言っても過言ではないほど、多くの方が悩んでいらっしゃいますよね。

夜中まで残業続きのサラリーマン・OLさんたちや、受験勉強で寝ずに必死に勉強されている方など、毎日なかなかぐっすり眠ることが出来ずに、また、そのことで自律神経が上手くコントロール出来ないために、疲労も回復されず、一番肝心なところで眠気に襲われる…

結構辛い思いされている方もいらっしゃるでしょうし、なんとかして少しでも眠気や疲労回復に日々努めたいものです。

しかし、実際のところ、日々多忙を極めてしまっているものだから、いざ眠ろうとしても、なかなかぐっすり眠れずに、浅い眠りを繰り返し、疲労回復できないなんてケースも珍しくないでしょう。

そこで、巷では何かと睡眠グッズや、眠るための方法が、テレビやネット上で提唱され、その一つの方法として、最近推奨されているのが、コーヒーナップという方法なのです。

コーヒーナップと言うと、何かおしゃれな手法の様に聞こえますが、単純に仮眠をとる20分前に、淹れたての香り豊かで美味しいコーヒーを飲んで、リフレッシュし仮眠を取るだけのシンプルな方法です。

元々コーヒーに含まれているカフェインは、眠気を取る効果を持っていて、睡魔に襲われている状況下で飲むと、眠気を払ってくれる効果を得られるようにも思いますが、カフェインの摂り過ぎによって、自律神経が乱れ、余計に睡眠不足に陥りそうな印象もまたありますよね。

コーヒーを摂取しすぎてしまい、胃が壊れたり、お腹がおかしくなったりなど、悪影響を及ぼすという話もよく聞いているために、筆者も極力コーヒーに頼らないようにしていました。

しかし実は、適度にコーヒーを飲む分には、それほど問題も起こらず、逆に睡眠効果も上がるのだそうです。

まさに目から鱗な話ですよね。

カフェインは眠気を払う効果が得られる成分と言われていますが、このカフェインの使い方によっては、目覚めをすっきりしてくれる魔法のアイテムにもなるのです。

そして、このコーヒーナップという疲労回復法を実践するためには、とにかく仮眠を取る20分前(アイスコーヒーの場合は1時間ほど前)に、淹れたての良いコーヒーの香りを楽しみながら、あまり難しいことをあれこれ考えず、リラックスして飲みます。

この時の大きなポイントとしては、とにかく「無」になり、リラックスすることが重要で、コーヒーの香りを楽しむも良いですし、何も考えずにボーっとしてみるのもいいでしょう。

とにかく何も考えること無く、リラックスして仮眠をとる準備を整えましょう。

このコーヒーナップという方法を用いることで、仮眠をとった後に、眠気をすっきり払い、目覚めもバッチリで、疲労回復効果まで得られるというのですから、一度は試してみる価値は十分ありそうですね。

コーヒーナップの具体的な効果は?

考える女性

コーヒーナップを用いると、眠気を払拭し、疲労回復効果が期待されると言われ、ネットなどでも推奨されています。

ここでさらに具体的にコーヒーナップには、一体どんな効果が得られる為、眠気払拭・疲労回復に繋がっていくというのでしょうか?

これは実は、脳の中で働く睡眠物質の一つである『アデノシン』という物質があるのですが、コーヒーやお茶などに含まれているカフェインは、このアデノシンの働きを邪魔して、眠気を取り除く効果を持っています。

そもそもアデノシンは、脳の司令塔に働きかけをして、脳そのものの活動を抑え、眠気を誘う働きを持っています。

カフェインは、そのアデノシンを取り除き、眠気を払う効果があるのですが、単純に摂取して起き続けていくと、それは自律神経を狂わせ、疲労が余計に溜まっていくことになるので、それはかえって逆効果になります。

ここで注目するべきは、カフェインの効果が発揮される20分後です。

そこで、仮眠をとる前にカフェインが含まれるコーヒーを飲んで、リラックスをしながら眠りにつくと、ちょうど20分後には、寝覚めよく起きることが出来、ちょうど疲労も回復されるというのです。

冒頭でもお話したように、長くダラダラ眠っているよりも、短時間でも、ぐっすり眠ることが、脳にとっての疲労回復に繋がると言われていますので、このコーヒーナップと呼ばれる仮眠の取り方は、眠気や疲労を回復させるには、バッチリな効果を得られるというわけ。

ただし、無闇やたらと、コーヒーを飲んで自律神経を狂わせてしまうと、いざコーヒーナップで疲労回復する前に、浅い眠りが続いてしまい、疲労回復も得られなくなってしまう恐れがあります。

また、いくらコーヒーナップが、眠気を妨げ、疲労回復効果を持っていると言っても、その効果には個人差がありますので、必ずバッチリ眠気が取れて疲労回復できるとは限りません。

あくまで、一般的に効果があるという話なので、とりあえず実践してみる価値はありますが、もし合わないようであれば、この方法を実践するのは控えたほうが良いかもしれませんね。

まぁ一つの眠気払い、疲労回復の方法として、軽く捉えて試してみるくらいの心持ちで実践するのが良いかと思いますよ。

まとめ

現代社会で、多くの人達を悩ませる眠気防止や、疲労回復効果を得る一つの方法として、仮眠をとる前にコーヒーを飲むコーヒーナップという方法が推奨されています。

コーヒーに含まれているカフェインには眠気を取り除く効果があるのですが、効果を発揮させるまで、20分くらい(アイスコーヒーなら1時間くらい)時間が掛かるために、その時間を利用して、コーヒーを飲んでから、ぐっすり20分の仮眠を取ります。

そして、カフェインによって、20分後の目覚めがバッチリで、疲労も回復するというのが、このコーヒーナップという方法の最大の疲労回復効果となります。

ただし眠気払い、疲労回復効果には、個人差も有りますので、くれぐれもやり過ぎに注意して、コーヒーナップは、一つの方法として気軽に試してみてくださいね!

疲労に関する記事はコチラもよく読まれています!

栄養ドリンクに疲労回復効果なし!その中身は体に悪い化学物質?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学