星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

ジョジョアニメ第4部のストーリーあらすじとネタバレ!放送日は?

更新日

週刊少年ジャンプで、かつて連載され、現在もウルトラジャンプに連載されているロングヒット漫画作品で、アニメ版も第3部まで放送された『ジョジョの奇妙な冒険(通称:ジョジョ)』。

そのジョジョのアニメ化第4部(ダイヤモンドは砕けない)が、この度、放送決定されたと発表されました。

1987年の連載初期の頃からのファンをはじめ、最近ジョジョファンになっている若い世代のファンまで、幅広く支持され続けた作品だからこそ、アニメシリーズも第4部まで放送されることとなったのでしょう。

それだけに、このジョジョ第4部のストーリーが、どのように描かれていくのか気になると思います。

そこで本記事では、ジョジョ4部のストーリーあらすじのネタバレをしていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

幅広い世代から愛される『ジョジョの奇妙な冒険』

ジョジョ

1986年に週刊少年ジャンプで連載され、現在はウルトラジャンプに雑誌媒体を移して連載されており、長年子供から大人まで、幅広い世代に支持され続けている、漫画家:荒木飛呂彦先生の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険(通称:ジョジョ)』。

このジョジョは、一見、奇抜なキャラクターが登場するホラー・サスペンス系の見た目の絵と、それ故に敬遠してしまっている漫画ファンも多い作品ですよね。

筆者もジョジョに関しては、キャラクターが奇抜なところから、ホラー要素が多いイメージを持っていたため、どちらかと言うと敬遠していた作品の一つでもありました。

しかし、実際のところは、ホラー・サスペンスと言うよりは、人間賛歌をテーマにしながら、仲間たちとの絆や、強敵との死闘を繰り広げていく、ジャンプ王道のバトル漫画なのです。

多くのジョジョファンは、そのストーリーや、バトルなどの内容に惹かれ、それを高く支持し、2006年には、『日本のメディア芸術100選』のマンガ部門2位に選ばれる快挙を達成しているのです。

少し大げさな表現かもしれませんが、おおまかに言ってしまえば、現在、ジャンプの大人気漫画として、多くのファンから支持されている、純粋な王道バトル漫画作品の一つである『ONE PIECE』を、かなりダークで不気味な雰囲気に描いているのが、『ジョジョの奇妙な冒険』と言えるでしょう。

もちろん、『ジョジョ』と『ONE PIECE』とでは、キャラクター設定や、細かいストーリーなどは全く違います。

また、『ジョジョ』は、『ONE PIECE』とは違い、かなりの奇抜性や、難解なストーリー性も持っているため、どちらかと言うと子供向けではなく、作者である荒木飛呂彦先生自身がお話しているように、大人向けの漫画として描かれています。

善と悪が対峙しながらも、人間の成長を通じ、人って素晴らしいと体感していくことを人間讃歌と捉え、それでいて、かなりダークな作品でありながらも、その素晴らしきメッセージを伝えていくのが『ジョジョの奇妙な冒険』の魅力だと言われています。

これはあくまで筆者の考えでしかありませんが、現実世界で起こっている戦争などにも、それぞれの善と悪が存在し、それぞれの立場によって、その善悪が入れ替わり、時には激しく衝突することもあると考えています。

戦争が良いか悪いかは別にして、それぞれの人が正義と思い考え、結果、争うことは、どんな状況であったとしても、起こりうることなのだと思います。

だからこそ、対峙はあったとしても、それが武力による戦いであるのは、漫画・小説、ドラマだけの世界に留めなければならないと考えます。

『ONE PIECE』にせよ、『ジョジョの奇妙な冒険』にせよ、漫画を通じて、一方で楽しませながら、裏メッセージとして、善と悪とは何か、そして武力で争うと、結果、どうなってしまうのか、ということを伝えているのではないかと思います。

とくに『ジョジョの奇妙な冒険』は、かなり奥深いストーリーが描かれているので、その全貌が気になる方は、是非、この機会に、コミックなりアニメなりをご覧になってみてくださいね。

 

ジョジョ第4部のストーリーあらすじネタバレ

ジョジョ

長年多くのファンから愛され続けた漫画作品でもあり、現在も連載中で、漫画だけでなく、アニメやゲームなど、幅広いメディアに取り上げられている『ジョジョの奇妙な冒険(通称:ジョジョ)』の第4部が、遂にアニメ化が決定した、と発表がありましたね。

これまでの『ジョジョ』のアニメシリーズで、数多くのファンから支持され続け、その結果、『ジョジョ』第4部のアニメ放送が決まったのだと思います。

では、早速、現在分かっている範囲での、『ジョジョ』第4部(ダイヤモンドは砕けない)のストーリーあらすじと、簡単ながらネタバレをご紹介していきます。


 

舞台は、『ジョジョ』第3部のエジプトDIO戦から、10年以上あとの1999年、日本のM県S市杜王町(もりおうちょう)

老いて残りの命を実感するようになった『ジョジョ』第2部の主人公・ジョセフ・ジョースターが、生前に予め遺産分配をすることになりました。

身辺調査の結果、ジョセフになんと隠し子がいたことがわかり、その子供である『ジョジョ』第4部の主人公・東方仗助(ジョジョ)が、日本に住んでいることを知ります。

そして、海洋冒険家となった『ジョジョ』第3部の主人公・空条承太郎が、東方仗助に会うために杜王町を訪れました。

承太郎は、杜王町に住む高校生・広瀬康一に出会い、東方家の場所を尋ねると、たまたま不良学生に絡まれていた仗助に遭遇。

当初は逃げ腰になっていたものの、仗助は自身の髪型を侮辱されたことの怒りで、スタンドを発現し、不良学生を撃退。

その一部始終を見ていた承太郎は、仗助に驚くのです。

そんな承太郎は、仗助にジョースター家の現状と、ジョセフの念写能力によって、凶悪犯罪者『アンジェロ』が、スタンド能力を有しながら、街に潜伏していると、警告を促していったのです。

しかし、すでに時遅し、東方家にアンジェロのスタンドが忍び込まれ、仗助の祖父は命を奪われてしまいました。

祖父の命を奪われてしまったものの、承太郎の助けを得ながら、仗助は、アンジェロを撃破。

そんな中、アンジェロが、ある男の用いた『弓と矢』によって、スタンド能力を身につけ、そして、この弓と矢が、次々と街の人達にスタンド能力を持たせることとなってしまいます。

実は、この一連の事件は、DIOの呪縛によって、不憫な永遠の命を手に入れてしまった父の命を奪うスタンド使いを探す虹村形兆・億泰の兄弟によるものであり、その事を知った仗助は、虹村兄弟に接触していきます。

後に、この虹村形兆が、命を奪われた事件によって、さらに大きな事件に巻き込まれていくのですが…


 

以上が、『ジョジョ』第4部(ダイヤモンドは砕けない)のストーリーあらすじと、簡単なネタバレです。

まだまだ、ここでご紹介したストーリーは、『ジョジョ』第4部のごく一部で、さらにもっと奥深いストーリーが仗助たちを待ち受けています。

ただ、もう少しネタバレをするとするならば、『ジョジョ』のこれまでのストーリーとは異なり、メインの舞台が日本であるということです。

これまで『ジョジョ』が奇妙に見えたのは、世界を転々としながら、奇抜なキャラクターや設定が登場しまくっていたからであり、我々日本人にとって、日本という馴染みの深い舞台を用意したことで、奇抜性が若干和らぎ、今まで敬遠していた漫画ファンも、多少馴染みやすくなっているようです。

もちろん『ジョジョ』のストーリーや、キャラクター設定が大幅に変わっているわけではありませんので、人によっては、それでもとっつきにくいと思うかもしれません。

独特の世界観ながら、またひと味違った『ジョジョ』が見られると思いますので、アニメ第4部も楽しみに放送を待ちたいものですね。

 

ジョジョ第4部のアニメ放送日はいつ?

いつから?の女性

まだ『ジョジョ』第4部のアニメ化が決定しただけで、キャストはもちろんのこと、具体的なアニメ放送日などは何も公表されていません。

ただ、情報サイト・ファンサイトなどでは、早速『ジョジョ』第4部が、いつ頃アニメ放送が開始されるのだろうかと予想されているようです。

それらの情報を元に考えると、『ジョジョ』第4部のアニメ放送は、おそらく2016年の冬頃に放送されるのではないかと思われます。

その根拠として上げられるのは、前シリーズ『ジョジョ』第3部の制作発表から、アニメ放送開始時期までの時間で、第3部は2013年3月にアニメ化制作決定の発表があり、翌年の9月に放送が開始されました。

このことを考えると、『ジョジョ』第4部は、2015年10月にアニメ制作が発表されているのですから、2017年の3月と考えるのが、まぁ妥当だと思われます。

ただし、いくら『ジョジョ』に根強いファンが居るからといって、第3部同様のスパンでアニメ化された場合、ジョジョファンが待ちきれずに、放送する頃には、忘れてしまうか、そっぽを向いてしまうかもしれません。

そこで、考えられることとして、1クール前倒しの2016年冬頃、ただし、厳密に言えば、2016年の12月などは、テレビ番組の改編上、中途半端な時期での放送となってしまうため、『ジョジョ』第4部は、2017年1月放送スタートと見るのが、率直なところではないかと思います。

2016年冬と言うのは、あくまで2016年度の冬の時期(12月~2月)のことを指し、番組改編上、冬スタート=1月放送ということで、情報サイトでは予想されているようですよ。

もちろんこれは、ただの予想なので、本当に『ジョジョ』第4部が放送されるかどうかは、まだわかりません。

ただ、こういった予想をしながら、『ジョジョ』第4部のアニメ放送を待つことで、いろんな想像・妄想をして、それはそれで楽しめると思いますよ。

 

まとめ

まだ全貌ははっきりとされていませんが、これまで未定とされていた『ジョジョの奇妙な冒険』第4部(ダイヤモンドは砕けない)のアニメ制作決定が公式サイトで発表されました。

漫画『ジョジョ』では、とっくに連載スタートされ、既に終了しているストーリーですので、それを踏襲する形であれば、今度は日本を舞台に、ジョジョの世界観が大きく展開されていきます。

これまで世界を転々としていたストーリーから、日本という馴染み深い地域でのストーリーに変更されているため、また一風変わったジョジョワールドを満喫できると思います。

『ジョジョ』第4部のアニメ放送予定日は発表されておらず、あくまで予想では2017年1月頃に放送されるのではないかと言われています。

アニメをこの目で見るまでには、もうしばらく掛かりそうですが、是非、『ジョジョ』第4部の放送を楽しみに待ちたいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アニメ