星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

MOZUの映画ストーリーあらすじと出演キャストにビートたけし!

更新日

ある事件で妻が犠牲になり、失ってしまった警視庁公安部の人間と、単独行動を繰り返しながら、爆破テ●を捜査している刑事部の人間が、主人公というスタイルで描かれた刑事ドラマ『MOZU』。

元々は、TBSとWOWOWの共同制作で制作された『ダブルフェイス』が、この『MOZU』のドラマ制作のきっかけで、よりハードボイルド色を強めて制作され、何かと話題になったドラマでした。

そんな『MOZU』が劇場版としてスクリーンに帰ってきて、キャストの中には、あの"ビートたけし"さんまで起用されているという話も…

それでは、映画『MOZI』は、はたしてどんなストーリーで、キャストとしては、いったい誰が起用されているのでしょうか?

その辺りのことについて、本記事にてご紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマでもシリーズ化されたMOZU

MOZU

昨年、西島秀俊さん・香川照之さん主演で放送されたドラマ『MOZU』を皆さんご存知でしょうか?

『エリート刑事になりすましたヤ●ザのスパイ』

『ヤ●ザの幹部になりすました潜入捜査官』

という両面の顔を持つ人物が、主人公となって、対峙しながらその攻防を描くドラマ『ダブルフェイス』を元に作り上げたTBS・WOWOW共同制作のドラマ。

そんな触れ込みで、何かと話題になっていった西島秀俊さん・香川照之さん主演ドラマとして放送されたのが、『MOZU』シリーズで、多少設定・ストーリーが異なりつつも二人が対峙しながらも、一つの事件の真相に向かっていくところは、『ダブルフェイス』に似ています。

刑事ものドラマとして、またハードボイルド系のドラマとして、視聴者からの評判も高まると思われていたものの、いざ蓋を開けてみると、『MOZU』シーズン1こそ視聴率(平均11.01%)は、まずまずの結果でしたが、『MOZU』シーズン2は、たった5話しか放送されず、視聴率も6.38%しか取れませんでした。

トータルとして、この『MOZU』に対する評価としては、かなり辛辣な評価をされていたこともあり、今回の『MOZU』劇場版公開が発表されたものの、

『大丈夫?』

という声も非常に多く聞かれました。

しかし、そこは、『MOZU』制作サイドも分かっていて、この映画で大きな巻き返しを図ろうとしているのか、キャストにあのビートたけしさんを起用し、ビッグサプライズを用意しながら、『MOZU』ドラマシリーズでの巻き返しを図ろうと計画されているそうです。

ビートたけしさんといえば、"お笑いBIG3"の一人という印象が強いですが、一方では、本名・北野武名義で、名だたる映画作品を手がけた世界に冠する大物監督としても有名であり、また、『アウトレイジ』など、極道系の映画を多数手掛けていることから、話題性としては抜群。

もちろん話題性だけでなく、ハードボイルド色の強い『MOZU』の世界観を演出するには、ビートたけしさんは大きな支えとなること間違いなしの力を持っている方なので、きっと映画『MOZU』の大きな見どころとなってくれることでしょう。

流石に、ビートたけしさんが、『MOZU』の監督が構想する世界観を壊すことは無いと思いますが、良い意味で意見を戦わせながら、爆発的ヒットを目指して制作していくこととなりそうです。

まさに『ダブルフェイス』や『MOZU』を手がけてきた世界観そのものが、この映画『MOZU』で再び展開されていきそうですね。

果たして、『MOZU』と、ビートたけしさんがどのようにコラボしていくのでしょうか。

いろんな意味で楽しみな映画となりそうです。

 

映画『MOZU』のストーリーあらすじ紹介!!

MOZU

MOZU

あのビートたけしさんが、新たなキャストとして加わるビッグサプライズが公表された映画『MOZU』。

『MOZU』の映画公開日が、2015年11月7日と迫ってきたことで、先にテレビではこの作品のモデルともなっているSPドラマ『ダブルフェイス』が放送されますよね。

何かと話題性も強く、ストーリーやキャストが気になる方も増え始めてきた映画『MOZU』のストーリーあらすじを、ここでご紹介していきます。


 

妻・千尋(役:石田ゆり子)が、巻き込まれ亡くなってしまった、爆破テ●事件の真相にたどり着いた警視庁公安部特務第一課捜査官の警部・倉木尚武(役:西島秀俊)は、事件の真相が解明されたことで、何処か気力を失った日々を過ごしていました。

一方、警視庁刑事部捜査一課捜査官だった大杉良太(役:香川照之)は、警察への不信感が拭えず、警察の仕事を辞めて、探偵事務所を開くことに…

そんな中、あるテ●集団が、高層ビル大規模強奪及び、脅迫事件、そして、ベナム大使館襲撃事件という、大きな事件が同時に発生してしまいます。

ただの偶然なのか、テ●集団が巧みに企てた計画的犯行なのか…

事件発生と共に、倉木・大杉の二名、そして、警視庁公安部公安第二課捜査官の巡査部長・明星美希(役:真木よう子)は、この大きな事件に巻き込まれながら、事件真相を探っていくことになります。

そして、捜査をしていくと、この大きな事件の根幹に、『ダルマ』が深く関わっていることが分かり、『ダルマ』の正体を突き止めるべく、ベナム国にまで捜査を拡大していくことになるのですが…


 

以上が、簡単な映画『MOZU』のストーリーあらすじです。

今までは、国内での爆破テ●事件を中心に、その真相を追いかけ続けた二人の男のストーリーとして描かれましたが、今度は舞台がベナム国に移り、更にスケールアップしたストーリーとして、展開されていきます。

果たして、高層ビルの大規模強盗・脅迫事件と、ベナム大使館襲撃事件を起こした犯人の狙いとは何なのか?

また、『ダルマ』の正体とは一体何者なのか?

その真相は、ぜひ、劇場に足を運んで、映画『MOZU』をご覧になってくださいね。

 

映画『MOZU』のキャストは話題に役者が総出演

映画『MOZU』では、ビートたけしさんのサプライズ出演を含め、非常に多くのBIGキャストが起用されています。

(左から)香川照之・真木よう子

(左から)香川照之・真木よう子

主演の西島秀俊さん(倉木尚武役)、香川照之さん(大杉良太役)はもちろんのこと、真木よう子さん(明星美希役)も出演されます。

また、ドラマ『無痛』で西島秀俊さんと共演されている伊藤淳史さん(鳴宮啓介役)、長谷川博己さん(東和夫役)、伊勢谷友介さん(高柳役)など、話題の役者が非常に多いです。

また、一方では、ビートたけしさん(ダルマ役)、小日向文世さん(津城俊輔役)という、任侠モノ・極道ものを始めとするハードボイルドな抗争劇では欠かせない大物・うってつけの俳優がキャスティングされ、映画『MOZU』に懸ける気持ちの高さが如実に伺えます。

MOZU

(左から)松坂桃李・伊勢谷友介

その他のキャストも、ドラマ『サイレーン』に出演中の松坂桃李さん(権藤役)、数々のテレビCMなどにも出演し注目されている女優:杉咲花さん(大杉めぐみ役)、池松壮亮さん(新谷和彦役)、阿部力さん(村西悟役)と、実に豪華な顔ぶれが集まりました。

まさに映画『MOZU』は、近年のドラマ・映画界のオールキャストと言った印象で、『無痛』で共演している西島秀俊さん・伊藤淳史さん、NHK大河『花燃ゆ』でも注目された伊勢谷友介さんなど、ドラマ・映画で単独で主演を張れるような話題の役者達が、ビートたけしさんのような大物キャストと、どんなコラボをしていくのか…

また、大物キャスト達の激しい演技のぶつかり合いの中に、今旬女優の杉咲花さんが、どれだけしのぎを削りあえるのか、という点も『MOZU』で注目していきたいところです。

まさに、いろんな側面で楽しむことが出来るような、豪華キャストの夢の共演となっているだけに、映画『MOZU』が、どんな作品として彼ら・彼女らが仕上げてくれるのか、ストーリーだけでなくキャストたちの熱い演技にも注目していきたいものですね。

映画『MOZU』の公開日は、先程もお話したように、2015年11月7日となっています。

元々、実写映像化にするのは難しいと言われ続けてきた『MOZU』シリーズの最終形として、今回の映画が描かれているそうなので、豪華キャスト達の夢の共演の全貌が気になる方は、ぜひ劇場に足を運んで、その全貌を体感してみてくださいね。

 

まとめ

11月7日に公開される映画『MOZU』は、これまでのドラマシリーズ以上の激しさと、スケールの大きさを感じさせてくれる壮大な世界観が展開される映画となっています。

それは、ベナム大使館襲撃事件と、高層ビル襲撃事件が同時発生する、というところでも頷けるでしょう。

もちろん映画『MOZU』がストーリー設定だけが壮大ということではなく、キャストにおいても、お笑いBIG3の一人として、また、映画界の巨匠とも言われているビートたけしさんがサプライズ起用され、その他にも主演クラスの大物俳優や、今旬の役者が揃っています。

夢の共演として、手掛けられる映画『MOZU』が、何処までその世界観を広げていくのか、今から非常に楽しみですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画