星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

山田花子の結婚相手(夫)はヒモ?年収や仕事の真相をチェック

更新日:

吉本新喜劇で体型に似合わないセクシーな口調のギャグを連発。

その不格好ぶりが面白くてファンも多いお笑いタレント・山田花子さん。

彼女は長らく

『結婚できないキャラクター』

という印象がありましたが、周囲の予想を覆し、2010年に結婚しました。

しかし、幸せそうだったのは表面上の話だそうで、過去に放送された『快傑えみちゃんねる』では、山田花子さんが夫の愚痴もこぼしていたそうです。

それで、ネット上でも、常に山田花子さんの離婚の話が囁かれているらしいのです。

夫の仕事(年収)のことや夫婦関係のことなど、かなり問題となっているようですが、一体その理由・原因は何だったのでしょうか。

その辺りのことについて、本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

山田花子の結婚相手(夫)の現在の仕事や年収は?

山田花子

元プロレスラーで、吉本新喜劇のマスコット的存在としても人気があり、多くのファンから愛されているお笑いタレントの山田花子さん。

彼女は、あからさまなセクシーさを演出し、男性を誘うさまが、どことなく汚れ系芸人という印象を魅せています。

また、お笑いタレントとしては、世間からの人気が高いものの、

「山田花子に結婚は無理」

と、周囲のファンも信じて疑わなかった時代もありました。

そんな中、2008年ごろから『放送作家と熱愛している』と噂が流れましたよね。

 

こんな話をすると、実に失礼な話なのですが、やはり山田花子さんの独特な個性が目立ち、結婚できないだろうと考えてしまいます。

それで、山田花子さんの熱愛そのものに驚いたファンは多くいたようです。

その後、山田花子さんは2012年にお相手の男性と結婚し、さらにファンを驚かせる結果となったようです。

振り返ってみると、山田花子さんが、トランペット教室で講師をしていた福島正紀氏に、一目惚れしてしまったとか。

そして、根気強く2年間もラブレターを送り続け、ようやく山田花子さんの恋が実る形で、二人は交際・結婚へと発展していきました。

恋い焦がれて、ようやく実った恋でしたから、それはもう山田花子さんにとっては、幸せそのものの結婚だったと思います。

 

しかし、結婚後、夫である福島正紀氏が豹変しました。

愛し合って結婚したはずだったのに、一方的に山田花子さんが夫を愛していくだけの夫婦生活となっていくのです。

それでも二人には子供も生まれ、家庭を築きながら何とか幸せを掴むかに見えたのですが、それは偽物の夫婦生活のように見えるのです。

それは、夫が自由に使えるお小遣いに困っているのか、それとも山田花子さんと話すことすら嫌なのか、なぜか

山田花子さんが夫と1時間話すのに5千円、山田花子さんが夫にキスをするのに1万円

という信じられないことを行っているのです。

さらに子育ても、山田花子さんに任せきり…。

その上で、『向上心がない』と友人に離婚を考えている話までしているのだそうです。

そこまで愛していないのであれば、なぜ彼は山田花子さんと結婚をしたのか?と言いたくなるところでしょう。

 

さて、そんな山田花子さんの夫・福島正紀氏の年収ですが、実質あるのかないのかといった感じのようで、話によると

山田花子さんのヒモ状態

である話もあるそうです。

具体的に年収として、どれくらい稼いでいるのかわかりませんが、山田花子さんの夫の仕事は、

  • スカイプを使ったオンラインのトランペット教室
  • トランペットのライブ

くらいです。

一応、山田花子さんの夫はトランペット奏者として働いているようです。

ただ、この夫のトランペット教室は、生徒が四人しかおらず、1時間5,000円程度しか売上(受講料)が入ってこないというのです。

ちなみに、ある月のスケジュールを見ると、レッスンを予約可能なのは、28日のみで次の月の予定は全く空いていない状況。

そして、100万円も掛けて、HPをリニューアルしたにもかかわらず、生徒が全く集まらず、開店休業状態という話もあるのです。

山田花子さんの夫のレッスンのスケジュールを考えると、最低でも週に1度しか開講していないと想像できます。

仮に、週1のレッスンと仮定して計算してみると、

だいたい週4で月収2万円となり、年間の講習料24万円と計算できる

のですが、そこから経費を差し引いて、手元に一体いくら残るのだろうか?といったところです。

そして、山田花子さんの夫が開催するライブに関しても、

わずか三人くらいしかお客が集まらず

逆にライブをやるだけ赤字となってしまっていると耳にします。

現在の生活費は、ほぼ山田花子さんが負担している状況らしいです。

家事も育児も手伝わず、その上、山田花子さんから金をせびっていく話が聞こえているのです。

しかも、夫妻間の年収の開きや、性格の悪化の話は、山田花子さん自身が、テレビ番組『快傑えみちゃんねる』の中で話しているというのです。

そんなわけで、具体的な年収は仮定の話としても、ほぼ真実と見ていいでしょう。

山田花子さんの夫は、何故スカイプまで使って、トランペット講習会を開いているのに、日々の予約を受け付けていないのか…。

何か別の用件で完全に埋まってしまっているのか、それとも本当に開講そのものがほとんどされていないのか…

後者だとすれば、それこそ最低な夫というのも、十分納得できそうな話です。

 

山田花子の不幸は結婚から始まっていた?

山田花子

夫・福島正紀と山田花子

先程もお話したように、かつて山田花子さんが、恋い焦がれ、結婚した福島正紀氏は、結婚後に豹変してしまいました。

何かにつけて山田花子さんのお金をせびるような、ヒモ状態にあるだけでなく、育児も家事も手伝わない身勝手三昧…。

その上、収入もほとんどなく、夫が生活を支えているとは、とても思えません。

山田花子さん自身が

「収入に差がありすぎて、心も荒んでいる」

という話をテレビ番組で話してしまっているのですから、話半分としてみても、事実に近い話ではないでしょうか?

唯一、二人に子供が生まれたことは、幸せなことだったかもしれません。

しかし、愛してくれていない夫の子供となると、徐々に可愛さも消え失せてしまい、山田花子さんが子供を疎ましく思うようになれば、最悪な話です。

この結婚が負のスパイラルなってしまい、

山田花子さんをどんどん不幸にしてしまっている

と、ネットでも囁かれています。

すでに、夫・福島正紀氏は、山田花子さんとの離婚を考えている話もありました。

一方の夫からの愛がなくなったと感じている山田花子さんは、それでも離婚は考えていないという状況。

これが山田花子さんの意地なのか、それでもまだ心のどこかで、夫を愛しているのかは定かではありません。

少なくとも結婚前と比較すると、確実に不幸になっているように見受けられます。

追記

山田花子さんは、2016年5月7日に第2子が誕生。

本来ならば、二児の母親として育児に追われる日々を過ごしているはずなのです。

しかし、その3ヶ月後には、拠点を大阪に移し、なんばグランド花月の吉本新喜劇の座員として、舞台に立っているそうです。

なお山田花子さんは、大阪に拠点を移した理由として、

「慣れ親しんだ場所でお笑いを続け、子供たちも(大阪なら笑いがわかる文化が定着しているし)、馬鹿にされることはないだろう」

と語っていました。

 

ただ正直、この話は、筆者にとって実に不可解な話に聴こえました。

確かに、山田花子さん自身は、お笑いが好きです。

結婚後も芸能界での仕事をしたいと考えているのであれば、大阪に拠点を移して本格的に活動したい話もわからなくはありません。

ただ、それは子育てもある程度落ち着き、夫の理解も得た上での話です。

今回の拠点の移動は、単身で移動しているわけでなく、子供はもちろんの事、夫まで大阪に移住しているそうです。

夫の仕事にも支障が出てくる可能性を考えた時に、そこまでできるものなのかと思えてきます。

そもそも、山田花子さんは東京ルミネで新喜劇に出演していました。

育児と両立できるように、無理のない範囲でお笑い芸人として活動もちゃんとしていたわけです。

夫の協力なども得られていれば、決して無理する必要はないでしょう。

 

ただ、先程お話したとおり、夫がヒモ状態となっていて、さらに子育てにも非協力的というのであれば、話は全く異なります。

山田花子さん自身が本格的に仕事をしていかなければ、家族を養うことができません。

仕事中にも実家のご両親に子供の面倒を見てもらわないと、育児もままならなくなってしまうと考えれば、辻褄が合致してしまいます。

ネット上でも誰もが、

「こんな男とは絶対別れるべき!」

とコメントが殺到していました。

 

それでも山田花子さんは、今の幸せが壊れるのが嫌だと、夫との離婚は考えていないらしく、どうしても夫を捨てて離婚に踏み切る勇気がないみたい…。

やはり、山田花子さんが初めて真剣に惚れて結婚した男性ですから、その想いを断ち切ることができないのでしょう。

周囲の芸人仲間たちも、

「お前それでええのか?」

と声を揃えて警告しているようです。

それでも、「幸せだから…」と言われたら、それ以上何も言うことはできません。

山田花子さん自身が決めて動いていることなら、他人がとやかく言うのは野暮というやつですよね。

まぁ大阪に拠点を移して、大黒柱となりながらも充実した生活を送っているみたいなのです。

心配する気持ちはありますが、山田花子さんの動向を暖かく見守ってあげたいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットの福島正紀氏に対する評判は最悪?

先程も軽く触れましたが、ネットでの山田花子さんの夫・福島正紀氏に対する評判は、とにかく悪いものが多く聞かれます。

そもそも、結婚しているにも関わらず、山田花子さんと会話するのに1時間5千円、キスするのに1万円も必要とするのです。

「これが本当に事実なのか?」

と思えるような、はっきり言って異常事態としか言いようがありません。

それに加えて、夫は育児も家事も手伝わず、山田花子さんが子育てに悩み苦しんでいてもお構いなしという話。

そして収入も育児休業をしていた山田花子さんの方が上だと言うのですから、いろんな意味で驚きです。

おそらく

夫は自分一人では、生活すらまともにできないのではないか?

と思ってしまいます。

もうとにかく悪い話しか出てこないのですから、本当に驚きです。

ただ、どうも山田花子さん自身が、それで良いと納得はしているそうなので、これ以上はなんとも言えませんが…。

追記

山田花子さんの夫は、トランペット奏者で講師をしていますが、現在に至っても、ほぼニート生活は続いてしまっているみたいですね。

さらにサイトのリニューアル代を出させるなど、金銭的に山田花子さんに仕事のサポートまでさせているのです。

それなのに、アレもコレも拒否というのは、身勝手極まりない話に聞こえます。

新婚当初から山田花子さんがキスをねだってきた時に、お金を取るなんて、全く信じられません。

しかし本人曰く、

「頻繁にキスしていたらその行為が安っぽくなるから、格調高くするためにお金を取ろうとした」

とはっきり公言しているので、もはやそういう人と受け取るしかありません。

あくまで筆者の考えでしかありませんが、街中のキスをしてラブラブなカップルを見て、『バカップルのように見える』というのはまだわかります。

でも、当人同士にとってみれば、周囲の目も気にせずラブラブするのは当たり前の話だと思うんですよね。

それが山田花子さんの場合、新婚当初からお金を取られ続けていたわけです。

その行動が今も変わっていないというのであれば、それは、ネット上で批判が高まるのも頷けます。

夫に仕事がないというのは、状況によりけりでどうしようもない部分もあるでしょう。

そこは山田花子さんが納得できていれば問題はないと想います。

ただ、育児や家事のサポートくらいはしてあげて欲しいものです。

夜の営みなど、夫婦の絆を深め合うのも、協力的にしてあげないと、そのうち本当に捨てられてしまいかねません。

そうなってからでは手遅れだと思いますよ。

今一度、夫には目を覚ましてもらい、山田花子さんと真剣に家庭を築いていってほしいですね。

ネット上でも、今の状況が続くなら早く離婚して、山田花子さんに再スタートを切ってほしいと声を揃えているというのが現状です。

 

まとめ

お笑いタレント:山田花子さんの夫・福島正紀氏には収入がほとんどありません。

その上、浪費家で、キスや会話をするのにも金をせびり、もはや愛が感じられない話は、新婚当初からたびたび耳にしてきました。

二人の第二子誕生後の現在でもその様子は変わらない模様…。

時折バラエティ番組などで、その事に愚痴を漏らす山田花子さんの姿も見られます。

彼女を心配し、ネットでは早く離婚して再スタートをきって欲しいという声も多く挙がっている始末。

一方、夫に対してはクズ呼ばわりする人が多く、批判が集中しているようです。

実際にトランペット奏者としての仕事は、ほぼ成立していません。

山田花子さんの結婚相手(夫)には、せめて家事育児でのサポートくらいはして欲しいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.