星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ハリーポッターと呪われた子供(8章)のストーリー結末ネタバレ!

更新日

世界中で絶大な人気を誇る、J・K・ローリング氏のファンタジー小説『ハリーポッター』シリーズ。

10年間に渡って執筆された『ハリーポッター』の小説は、全7巻が刊行。

そのいずれも世界的な超ベストセラー級の売上を記録しています。

その人気の高さは、それだけで十分に伺えますね。

そんな『ハリーポッター』が、遂に舞台化されたのです。

タイトルは『ハリー・ポッターと呪われた子供』。

この舞台は、『ハリーポッター』の

正統な続編

ということで、あのJ・K・ローリング氏自身も、ストーリー制作に携わっているそうです。

果たして『ハリー・ポッターと呪われた子供』は、どんなストーリーなのでしょうか。

そこで本記事にて、本作のストーリーから結末ネタバレを紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ハリーポッターの舞台!ストーリーは続編(8章)?

ハリーポッター

『ハリーポッター』は、1997年、当時無名だった新人作家である

J・K・ローリング氏の作品

として、ロンドンのブルームズベリー出版社から刊行されました。

瞬く間にベストセラーとなり、児童文学でありながらも、大人も愛読するようになりました。

さらに『ハリーポッター』の人気は、世界的な社会現象となったほどです。

2007年の最終巻で『ハリーポッター』は完結し、続々と映画化もされていきましたね。

『ハリーポッター』の映画は、これまでに全8作が公開され、こちらも当然ストーリーは完結しています。

『ハリーポッター』シリーズは、もともと全7巻の構成だったことから、おそらく

もう『ハリーポッター』の続編はないだろう

と思われていたのですが、なんと『ハリーポッター』のさらなる続編が、舞台化。

その舞台は

『ハリー・ポッターと呪われた子供』

というタイトル。

事実上の『ハリーポッター』8作目…。

つまり、第8章として制作されたのです。

ちなみに、『ハリーポッター』シリーズが、公式に舞台化されるのは、『ハリー・ポッターと呪われた子供』が初めて。

この脚本は、

  • 『ハリーポッター』原作者のJ・K・ローリング氏
  • 『Once ダブリンの街角で』の舞台で演出を務めたジョン・ティファニー氏
  • 『FADES/フェーズ』の脚本で知られるジャック・ソーン氏

が執筆しています。

この『ハリー・ポッターと呪われた子供』の舞台は、2部作となるようです。

  • 昼公演・夜公演で1部・2部を上演
  • 2夜連続上演

という形の、どちらかを想定してプログラムするとのこと。

  • プレビュー公演は、2016年5月下旬
  • ワールドプレミア公演は2016年7月30日

にロンドンのパレス・シアターで行われました。

イギリス以外の国で公演があるかは不明なため、これは我々日本人にとっては残念なニュースですね。

『ハリーポッター』の演出は公開されており、脚本にも加わっているジョン・ティファニー氏、そして振付師のスティーヴン・ホゲット氏が担当します。

 

この舞台『ハリー・ポッターと呪われた子供』について、原作者のJ・K・ローリング氏はTwitterで、

知っての通り、これは前日譚ではないわ。

『Harry Potter and the Cursed Child』は19年後の物語よ!

と、『ハリーポッター』の小説などで本編が公開されるわけではなく、

舞台が本編である

ことを強調していました。

『ハリーポッター』の正統な続編を舞台で行うのは、まさに斬新な取り組みですよね。

普通に考えれば、『ハリーポッター』であれば、小説や映画のほうが全世界で売れますし、商業的にも効果があると思うのですが…。

原作者のJ・K・ローリング氏が、なぜ『ハリーポッター』を舞台にしようと考えたのかはわかりません。

おそらくは、舞台が一番最高の魅せ方になることなのでしょうか?

追記

後ほど、ストーリーあらすじにも触れていきますが、今回の舞台『ハリー・ポッターと呪われた子供』では、過去の作品を思い出させるシーンも随所で見られたようです。

パレス・シアターで、この舞台を見たハリーポッターファンたちの間では、盛況だったという話も聞かれます。

中には『三度も見て泣いた』というファンの人もいたそうです。

スタンディングオベーションも贈られた作品であるだけに、日本でも公演して欲しいところです。

しかし、残念ながら予定はないみたいですね。

ただ、

2018年にアメリカ・ブロードウェイで『ハリー・ポッターと呪われた子供』が公演

という話なので、もしかしたら、その後に日本で公演される可能性も残されています。

今後もハリーポッターシリーズは、多くのファンを巻き込み、新たな展開を見せていくかもしれません。

今後もその動向に注目していきたいと思う次第です。

 

『ハリー・ポッターと呪われた子供』のストーリーあらすじ

ハリーポッター

原作者であるJ・K・ローリング氏が、

『19年後のストーリー』

とコメントしていた『ハリー・ポッターと呪われた子供』。

そのストーリーのあらすじが、すでに公開されているので、ここでも確認してみましょう。

 

『ハリー・ポッターと呪われた子供』は、まず主に

ハリーとハリーの三人の子供たちの一人、次男のアルバス・セブルス・ポッター

に焦点が当てられるとのこと。

アルバス・セブルス・ポッターは、ハリーの次男で、

名前には、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプの二人の名前が入っています

ハリーが言うには、

アルバス・セブルス・ポッター、おまえはホグワーツ歴代校長の二人の名前をもらっている。

そのうち一人は、父さんの知っている中で一番勇気のある人だ。

とのこと。

悪役のふりをしていたスネイプの真実を知ったハリーは、最終的にスネイプをここまで評価していたとは…。

スネイプも、このハリーの一言で報われたような気がしますね。

少し話が逸れましたが、『ハリー・ポッターと呪われた子供』のストーリーあらすじに戻ります。

魔法省に務め、過労寸前まで仕事に終われる19年後のハリーは、今では3児の父親。

そんなハリーは、過去と向き合いつつも拒絶したいようで、常に

英雄『ハリー・ポッター』

であることが、煩わしく感じるようになってきました。

一方、ハリーの次男アルバスは、『英雄の家族』という生まれながらにして、自身が望まぬ重荷を背負っていることに苦悩しているようです。

現在と過去が不吉に交差する時、二人は不愉快な真実を知ることになるのですが…。

というのが、『ハリー・ポッターと呪われた子供』のストーリーあらすじです。

 

英雄となった父親・ハリーと、その子供の関係がギクシャクしてしまう…。

なんだか最近の漫画『NARUTO』の続編『BORUTO』のような内容ですね。

どこの国においても、英雄とその子供という立場での葛藤は、人間味があり大衆から共感を得られやすいことなのでしょうか?

これは、最終的には

『自分は自分であり、父親ではないのだから気にすることはない』

というストーリー展開へ繋がるのがお約束です。

『ハリー・ポッターと呪われた子供』では、はたしてどうなるのでしょう。

ストーリー結末ネタバレ!

『ハリーポッター・呪われた子供』のストーリーあらすじとしては、ハリーの子供たちが主人公となって、新たな戦いに挑んでいく姿が描かれています。

ことの発端は、三大魔法学校対抗試合です。

ハリーの天敵であるヴォルデモートによって命を奪われてしまった、セドリック・ディゴリーの父親:エイモス・ディゴリーが、

ハリーに、

『過去に戻って息子を蘇らせてほしい』

と依頼したことがきっかけでした。

エイモスは、ハリーが時間を巻き戻すアイテム(タイム・ターナ)を闇の魔法使いから手に入れたことを聞きつけていたようです。

過去にタイムスリップして、息子の過去を変えて命を落とさなかったことにしてほしいと懇願するのですが、ハリーはそれを拒否してしまいます。

この一連のやり取りを聴いていた、ハリーとジニーの次男であるアルバスが、エイモスの姪・デルフィの協力を受けながら、

セドリックを救出するために過去に旅立つ

わけです。

しかし、話は最悪の方向に向かいます。

なんと、この過去の時間軸では、過去にハリーたちが倒したはずのヴォルデモートが、世界を支配しています。

さらにハリーを亡き者にしてしまったために、アルバスが姿を消してしまうのです。

その最悪の状況がたびたび起こり、過去が変わってしまったことで魔法省に騒動が生まれていきます。

しかし、なんとかこの窮地から脱出したハリーたちは、再びヴォルデモートを倒し、事なきを得た…。

 

以上が『ハリーポッターと呪われた子供』のストーリー結末ネタバレです。

今回の黒幕は、ズバリ!

エイモスの姪とされていた

デルフィ

実は、

デルフィはヴォルデモートの娘

で、エイモスの姪ではありませんでした。

ある予言の下、セドリックを救うことでハリーを亡き者にし、

ヴォルデモートを蘇らせる計画を企てたデルフィ

が、エイモスを魔法で操り、セドリック救出の話を持ち出させたのです。

そして、父・ハリーに反発していた次男・アルバスが罪もなく亡き者にされてしまったセドリックを救うべきと考え、

タイム・ターナを盗んでまでセドリックを救おうと動いた

わけです。

ただ、結果的には最悪の方向に話が向かってしまい、過去(歴史)を変えることの恐ろしさをまざまざと見せつけられてしまいます。

そして、この事件を機に、ハリーとアルバスのわだかまりも融けていったわけです。

色々恐ろしい目にはあったものの、結果オーライといったところでしょうね。

なお、細かい部分の描写はキリがないので、あえて割愛しています。

さらに細かなストーリーが気になる人は、舞台を観るか、

脚本調で描かれている『ハリーポッターと呪われた子供』の書籍

を手に取って読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

『ハリーポッターと呪われた子供』の評判は?

ネット上では、正統なる続編の『ハリー・ポッターと呪われた子供』の舞台について、どのような反応を示しているのでしょうか?

そこで、さっそくネットの声を聞いてみると、

「ノベライズしてほしい!」

と、『ハリーポッター』の正統な続編を舞台という、極めて限定的な地域でしか見ることができない形式に対する落胆の声と、

やはりノベライズ化を希望する声が多かった

ように思います。

舞台ということですから、日本で演じられる可能性については、しばらくは薄そうです。

仮にイギリスまで行って観に行ったとしても、英語がわからなければ、ストーリーなどが理解できません。

それだけに、『ハリー・ポッターと呪われた子供』のノベライズや映画化が期待されるのは当然のことと言えます。

まぁ人気が出れば、商業的な思惑が発生するのも世の常みたいなものです。

原作者が執筆しない可能性もありますが、いずれ『ハリー・ポッターと呪われた子供』はノベライズされるのではないでしょうか?

我々は、来るべきその時まで、気長に待つことにしましょう。

追記

『ハリー・ポッターと呪われた子供』のノベライズの発売を希望しているファンが非常に多かったこともあって、2016年11月に脚本調で書かれた書籍が発売。

脚本調というだけあって、細かい描写は多少割愛されているところもあるため、一部のコアなファンたちの間では、

「少し物足りない…」

という声も聞かれますね。

ただ、それはかなりコアなファンの意見です。

基本的には、ハリーポッターシリーズの新たな装いが見え、多くの人が楽しめる作品となっています。

まだ読んでいないという人は一度『ハリー・ポッターと呪われた子供』を読んでみてほしいと思います。

そして、できることなら映像化するか、日本でも舞台が上演されて、より具体的に『ハリー・ポッターと呪われた子供』の世界観を堪能したいものですね。

 

まとめ

J・K・ローリング氏の小説で、世界的に有名な作品である『ハリーポッター』シリーズ。

その正統な続編にして、事実上の第8章が、『舞台』という形で公開され、ロンドンでは大盛況だったようです。

残念ながら、日本では公開されていません。

なので、

2016年11月に発売された書籍(小説と言うよりは脚本調なもの)

でしか、その『ハリー・ポッターと呪われた子供』の世界観を堪能することはできません

ただ、それでも『十分楽しめた』というハリポタファンが続出している話も耳にします。

ストーリーの結末もなかなかおもしろい展開が見られ、非常に面白い作品でしょう。

それだけに今後映像化され、日本でも『ハリー・ポッターと呪われた子供』が公開されていくことを期待したいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事