星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

iPhone

iPhone7の新機能?本体を落としても画面割れを防ぐ方法・仕組み

更新日

みなさんは、大事なiPhoneを落として画面が割れてしまったことはありませんか?

筆者はそこまで画面がバキバキに割れたことは無いので、なんとも言えない話ではあるのですが、実際に何度もiPhoneを落としてしまい、バキバキに画面が割れている方もたまに電車で見かけます。

さらには、iPhoneの画面が、酷くひび割れしてしまい、ほとんど何も見えないなんて方もいらっしゃいますね…

折角、高いお金を出して買ったiPhoneも、そんな状態では使いモノにならず、意味がありませんよね。

そんな利用者が急増している背景からなのか、次世代iPhone7では、新機能というべきかどうかは別として、

『画面が割れない』

という技術を盛り込むためか、新しい仕組みの特許を出願しているというのです。

果たして、『画面が割れない』という、iPhone7の仕組みとはどんなものなのでしょう。

具体的にiPhone7に、どのように新機能が組み込まれていくのか、その全貌を本記事で探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

iPhoneなどのスマホにある落下時の画面割れ問題

割れたiPhone

割れたiPhone

iPhone7などのスマホ利用者なら、きっと誰でも一度くらいは本体を落としてしまい、スマホに傷つけてしまったことがあると思います。

筆者も実際に落としてしまったことがあり、若干ケースが傷ついた事があります。

運良く画面こそは傷つかずに済んでいますが、中には、この落下によって画面を傷つけてしまう方もたくさんいらっしゃるらしく、最悪なケースでは、もう画面がバキバキに割れてしまって、スマホの画面がまともに見られないなんて方もいらっしゃるそうです。

そうならないように、スマホ専用のケースを別途購入し、なるべく傷を防止されている方もいらっしゃるかと思いますが、出来ることなら、わざわざそんなケースを購入せず、そもそも最初からなかなか傷つかないようにしたいものです。

しかし、これまでのiPhoneは、スリム化を図るためなのか、とくにそのような機能を持ちあわせておらず、しかもAndroid型のスマホと異なり、耐久性の優れる機種が、特別にリリースされる、といったことは一切ありません。

あくまでiPhoneは、どこまでいってもiPhoneでしか無く、バージョンによる機能の差はあるものの、これまでの歴代iPhoneにも落下による傷つき防止機能などありません。

その為、よく本体を落としてしまうiPhoneユーザーにとっては、深刻な問題がずっと続いていた、ということが言えるでしょう。

そのかわりといってはなんですが、iPhoneは、セキュリティーが厳しく、OSも一度安定して使える様になると、その後はずっと安定し起動できると言われています。

ただ、防水機能がなかったり、さきほどから話題にしている落下防止によるキズつき防止機能がなかったりなどします。

iPhoneの外的環境への対応は、急務な課題となっているのではないでしょうか。

せっかくAndroidよりも安定して使えるのですから、残りは外的な部分でも安定して使えるようにすること。

これをぜひ問題解決して欲しい、と願っているのが、多くのiPhoneユーザーの真の姿なのかもしれませんね。

 

iPhone7に新機能?画面キズつき防止機能

嬉しい女性

スマホユーザーなら誰もが悩む落下による本体の傷つき問題ですが、iPhoneでは、これまで特にそのような機能は盛り込まれていませんでした。

しかし、どうやらiPhone7には、その傷つき防止機能なるものが盛り込まれるだろう、と言われていて、すでに傷つき防止機能に関する特許も申請しているという話もあるようです。

Appleが、iPhone7にこのキズつき防止機能を盛り込ませるために申請した特許は、2つあります。

一つは、落下した際に空中で位置を検知し、画面が地面に衝突しないように半回転する機能、もう一つは、画面の箸にちょっとした爪(出っ張り)を設けて、万が一画面が地面に落下した際に、この出っ張りによって、画面が地面に直接当たらずに傷を防ぐという機能。

この二つの機能を、Appleが特許申請しているので、これらの機能がiPhone7に盛り込まれれば、最悪iPhoneが落下したとしても、直接画面が傷つくということは無く、画面がバキバキに割れてしまうという最悪の事態は避けられそうですね。

ただ一つだけ、この対応にも問題があります。

それは常に爪の出っ張りを出すことで、カッターシャツのポケットに引っかかって取れなかったり、また、セーターなど糸がほつれやすい服を着ている場合、爪の出っ張りにセーターが引っかかって、糸がほつれてしまうなど、出っ張りの爪が出てしまうことが、逆に問題になるケースがいくつか考えられます。

そこで、常に出っ張りを作っておくのではなく、落下の際だけ出っ張りが出るような仕組みをAppleは考えたのです。

落下判定に関しては、『ジャイロスコープ』や『加速度センサー』でも十分判定できるのですが、iPhoneでは、これだけでなく、カメラやスピーカーの機能を駆使した、OS側のモーションキャプチャソフトを利用し、落下を認識できる、というのです。

あとは、その落下を感知し、モーターで駆動するアクティブストッパーという出っ張り(爪)が出ることで、iPhoneの画面が地面にぶつかり傷つくことを、ただストッパーが防止するだけでOKというわけ。

元々落下による画面の傷つき防止に関しては、これまでにAppleで度々開発してきているらしく、何度となく失敗を繰り返しながら、遂にその努力が実り、画面の傷つき防止の方法が完成したとのこと。

そして、このアクティブストッパーという特許を申請し、いよいよ2016年に満を持して発売されるのでは?と噂されているiPhone7の新機能として盛り込まれる、と噂されているのです。

まだiPhone7の正式な発売日が明確になっていませんし、iPhone7に搭載されている機能の詳細も当然明らかになっていないので、なんとも言えない部分は大いにあります。

しかし、もしこの画面傷つき防止機能が実現されれば、防水機能と共に、iPhoneユーザーにとって、とても嬉しいニュースとなりそうですね。

 

iPhoneユーザー加速?新機能への期待値!

期待する女性

Android系のスマホは、OSの汎用性が高いために、各メーカーが様々な機能を盛り込んだ独自のAndroid系のスマホをリリースされていますよね。

グラフィック表示に強い機種や、防水機能を盛り込んだ機種、耐震用・衝撃耐性の強い機種など、あらゆる個性豊かなAndroid系のスマホが、ユーザーのニーズに合わせた形で登場し続けています。

一方、iPhoneに関しては、OSの汎用性・共有性が乏しく、Appleのみで開発し続けている機種なので、iPhoneのバージョンアップで欲しい機能が盛り込まれているかどうかが、問題視されているところがあります。

しかし、汎用性が乏しいことは、逆にセキュリティー面はしっかりとガードしてくれることを意味し、安定稼働率もAndroidと比べて、非常に高いのがiPhoneの最大の魅力です。

そこに防水機能と、落下時の画面の傷つき防止機能が加われば、ますますiPhoneユーザー獲得に向けて、大きく躍進することが期待できます。

事実、筆者も、現在Androidを使用していますが、防水機能が無いことと、落下時に画面が傷つきやすいことを理由に、渋々Androidを使用していたところがあります。

スマホを購入した時に言われたことは、iPhoneは、トラブルがあった時もiPhoneの対応ショップまで持ち込まないと対応が取れないらしく、iPhone対応ショップが無いエリアだと、遠隔地まで行かなければならず、そのような経緯で結局iPhoneを諦めたにすぎません。

しかし、新機能によりiPhoneのトラブルがより少なくなるのであれば、十分購入価値は見出され、AndroidからiPhoneへの移行を検討する可能性が広がります。

正直な話、ちょうど2016年3月で、筆者は今のスマホが2年契約満了となるので、これを機にiPhoneへの乗り換えも視野に入れています。

まぁ、流石に来年の3月にはiPhone7のリリースはないと思いますが、おそらくは2016年の秋頃に発売され、新機能として防水機能と落下時の画面傷つき防止機能が付くのであれば、その時点まで我慢して、iPhone7の発売に合わせて、乗り換えをするのもいいか、と考え始めています。

筆者の場合は、一つの例にしか過ぎませんが、きっと同じようにiPhoneへの乗り換えのタイミングを模索している方は、たくさんいらっしゃると思います。

間違いなくiPhoneユーザー加速に繋がるような重要な機能ですので、ぜひiPhone7で防水機能と落下傷つき防止機能が搭載できるように、Apple側の対応に期待したいものですね。

 

まとめ

Appleがリリースする次世代iPhone7の新機能としては、これまでユーザーたちが本体を落下させてしまい、画面を傷つけてしまうトラブルを防止するための傷つき防止機能を盛り込むのでは?と噂されているそうです。

その新機能とは、『ジャイロスコープ』や『加速度センサー』、カメラなどのOS側によるモーションキャプチャーソフトを駆使して落下を判定し、落下の場合だけ画面の四隅に出っ張りとなる爪が飛び出るアクティブストッパー機能です。

この機能があれば、最悪床にiPhoneが落下しても、画面が直接地面に衝突することなく、画面の傷つきを防止できると言われています。

まだまだ先の話ではありますが、iPhone7にはいろんな意味で期待したいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-iPhone