星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

auのCM三太郎シリーズの一寸法師の隠された場所とキャストは誰?

更新日

みなさんは、auのCM、『三太郎シリーズ』をご存知でしょうか?

桃太郎、浦島太郎、金太郎の3人が出演し、そのコミカルな内容と、インパクトの強さに目を惹かれた方も多いことかと思います。

実は、その『三太郎シリーズ』に、なんと一寸法師が出演していたというのですが…。

ネット上では、auのCM『三太郎シリーズ』に一寸法師がいると判明してから、ただでさえ反響のあったCMが、さらに話題になり、

『一寸法師を演じている俳優がいったい誰なのか?』

と、さまざまな予想が飛び交っているようです。

はたして、auのCM『三太郎シリーズ』に出演している「一寸法師」役の俳優は一体誰なのでしょう。

当記事では、その一寸法師の正体について、探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

auの三太郎シリーズに一寸法師が出演していた!

三太郎

auの『三太郎シリーズ』といえば、桃太郎を松田翔太さん、浦島太郎を桐谷健太さん、金太郎を濱田岳さんが演じているCMシリーズで、2014年には『CM好感度ランキング』で1位を獲得した人気のCMです。

『三太郎シリーズ』には、徐々に昔話の登場人物が増えてきており、最近では「かぐや姫」役を有村架純さん、浦島太郎に登場する「乙姫」役を菜々緒さん、桃太郎、金太郎に登場する「鬼」役を菅田将暉さんが演じたことでも話題になりましたね。

その『三太郎シリーズ』に、これまた昔話では有名な一寸法師が存在していたとのこと!

しかも、実はこれまでに一寸法師は、何度も登場しており、さらに一寸法師は登場するにつれ、少しずつですが大きくなっているようです。

ネット上で噂になってから、KDDIへ問い合わせるメディアなども増えたようで、取材に対しKDDIは

「登場しています」

「お客さまへちょっとしたTVCMのお楽しみを提供していきたいという趣旨です。桃太郎や浦島太郎、金太郎など、今までの登場キャラクターと同じように、『誰もが知っている昔話』の中から選定しました」

と、au公式に一寸法師の存在を認める回答をしたようです。

ちなみに、一寸法師は『三太郎シリーズ』の26作品中6作品に登場しているらしく、

・au「竜宮城ぷるぷる」篇

・auスマートバリュー「かぐや姫の帰省」篇

・ビデオパス「月との交信」篇

・auスーパーカケホ「鬼、登場」篇

・au「愛の結晶」篇

・auスマートバリュー「鬼と鬼嫁」篇

と、最近の作品には多く登場しているみたいですね。

ちなみに、今後の一寸法師の登場については

「今後(一寸法師が)登場するかどうかは、まだ決まっておりません。これからの展開にご期待ください」

とコメントしており、未定の模様。

しかし、これだけの大反響を得ているのですから、これからも変わらずに一寸法師が登場しても全くおかしくありません。

むしろここで一寸法師の登場が終わったら、なにか変ですよね。

これからのauのCM『三太郎シリーズ』をより楽しんでみるためにも、目を凝らしながら一寸法師を探すようにして、CMを見てみるのも面白いと思いますよ。

 

三太郎シリーズCMで一寸法師はどこにいる?

先ほど、auのCM『三太郎シリーズ』の6作品に、『実は一寸法師がいる』ということは、お話しました。

次第に一寸法師の姿が大きくなっているとはいえ、画面全体からしてみたら、まだまだ豆粒のような大きさで、いざ見つけようと思っても、そう簡単には見つかりません。

そこで、筆者が『三太郎シリーズ』に出演中の一寸法師のいるポイントをご紹介しておきます。

お世辞にも筆者は目がいいとは言えないのですが、なんとか見つけ出すことができました。

わかりやすいよう、少し明るめにして一寸法師のいる場所を表示しておきますね。

au『竜宮城ぷるぷる』篇

三太郎

auスマートバリュー『かぐや姫の帰省』篇

三太郎

ビデオパス『月との交信』篇

三太郎

auスーパーカケホ『鬼、登場』篇

三太郎

au『愛の結晶』篇

三太郎

auスマートバリュー『鬼と鬼嫁』篇

三太郎

以上が、これまでの一寸法師の登場シーンです。

いやぁ、本当に一寸法師は、豆粒並みの大きさなので、実際にCMで探すのには苦労しました。

明るくしないと、わかりにくいCMが多かっただけに、最初に見つけた人に拍手を送ってあげたいですね。

元々auが、公表するつもりもなく、隠していたお遊び要素を発見してしまうわけですからね。

もしかすると、他の会社のCMにも、誰にも見つからずに静かに終わった隠し要素があるかもしれませんね。

CMといえば、自分の好きな番組を見ている時には、ただ鬱陶しいだけの存在に思われがちなのですが、今回のauの一寸法師のように、こういったちょっとしたお遊び要素を入れることで、よりCMに注目してもらえるようになりますし、実に良い試みだと思います。

 

三太郎新CMにも一寸法師がいる?

さらに、新たに公開された2つのauのCMでも、一寸法師の姿を確認することができました。

まずは、『お供の秘密編』。

具体的なあらすじをご紹介すると、ある日、桃太郎の家に浦島太郎と金太郎がやってきて、いつものように他愛ない話をしていました。

そして、ふと庭をみた浦島太郎が、桃太郎のお供の犬が柴犬ではなくダルメシアンになっていることに気付きます。

桃太郎は

「いつもの犬は花咲か爺さんのところ」

と、犬が昔話の兼業をしているという、昔の人々も腰を抜かすような驚きの発言をし、さらに、猿についても

「たまにさるかに合戦あるから」

と、猿もまた昔話『さるかに合戦』との兼業をしているとのことから2匹いるという、もはや何でもありの流れに。

残念ながら、キジは他の昔話に登場しないことから、出番はなく1匹だけのようですが…。

このように、シリーズ恒例のコメディ感満載な内容だった『お供の秘密編』。

実は、このCMにも一寸法師が紛れ込んでいるのです。

その場所が、こちらの画像です。

三太郎

今回は、比較的わかりやすいように思います。

では、もう1つの『鬼の子編』はどうでしょうか?

内容は、桃太郎、金太郎、浦島太郎、鬼ちゃんが『鬼と鬼嫁編』で語られていた鬼ちゃんの5人の子供の話をするというもので、話題は鬼ちゃんの子供の名前に移ります。

鬼ちゃんは、まず一番最初に生まれた子供に「赤鬼」と名づけ、次が「青鬼」と、ここまではよかったのですが、生まれるたびに名前がどんどん酷くなってしまい、「鬼子」、「オニオン」、「おにぎり」と、最終的に食べ物の名前になってしまいました。

さらに、次の鬼ちゃんの子供が生まれた際には、「おいなり」と名づけようとしているなど、もはや鬼の面影が一切ない名前にする予定という、こちらもコメディ感溢れる面白い内容のCMとなっています。

そんな『鬼の子編』にも、一寸法師が隠れていたのですが、気付いた方はいらっしゃるでしょうか?

『一寸法師は開始数秒に映りこむことが多い』

というパターンがわかっていれば、見つけることも難しくはないと思うのですが、『鬼の子編』は、背景が暗いので、テレビの位置と、テレビの周囲の照明条件で、見にくいこともあると思います。

その『鬼の子編』の一寸法師の位置はこちらです。

三太郎

これまで、この一寸法師についてauは、

「今後もCMに登場するかは決まっておりません」

と、公式発表していたものの、一寸法師の存在が判明してから、さらなる反響を得ただけに、新CM2つでも一寸法師を登場させてきましたね。

ここまで来ると、やはり次のauのCMでも登場しそうで、auのCMからしばらく目が離せなくなりそうですね。

 

【追記】auの三太郎シリーズ2016CMに一寸法師が!

2016年になって、auの『三太郎シリーズ』も新CM・みんながみんな英雄編が始まりました。

とくに今回は、ひとつのCMの中に、幾つもの「昔ばなしや童話」が織り交ぜられた楽しいCMとなっていますね。

「おむすびころりん~」から始まり、そこからCMのシーンが、

・鶴の恩返し

・大きなかぶ

・シンデレラ

・花咲か爺さん

・金の斧

・ウサギとカメ

・かさじぞう

と、それぞれ有名な童話の話の名シーンが流れるように、展開していく印象的なCMです。

さて、auのCM『三太郎シリーズ』では、隠れキャラとして、CMの何処かに"一寸法師"が紛れ込んでいるという隠れ設定がありますが、やはり今回の『みんなが英雄』のCMにも、ちゃんと一寸法師が存在しているようです!

今回の三太郎CMでは、なんと4箇所も!

それでは、その一寸法師が紛れ込んだCM箇所を場面ごとに紹介していきますね。

auの三太郎CM2016『おおきなかぶ』篇

かぶを抜いている所を傍観している一寸法師

一寸法師1

auの三太郎CM2016『かぐや姫』篇

月を見上げる乙ちゃんとかぐちゃんの後ろで灯籠の上にいる一寸法師

一寸法師2

auの三太郎CM2016『かさじぞう』篇

浦ちゃんがお地蔵さんに笠を被せるのを木の上から見守る一寸法師

一寸法師3

auの三太郎CM2016『おむずびころりん』篇

鬼ちゃんがおむすびを持ち上げるシーンで桃ちゃんの手元にいる一寸法師

一寸法師4


 

以上が、auの三太郎CM2016の僅かコンマ何秒の登場シーンでありながらも、皆の注目を集めている一寸法師です。

とくに今回の一寸法師は、本当に大画面で見ても分かるか分からないかくらいの一瞬しか映り込んでいません。

何度も三太郎CMを見返して確認する他ありませんが、せっかくなら楽しみながら探して発見してみてくださいね!

 

三太郎シリーズの一寸法師の俳優は誰?

auのCM『三太郎シリーズ』で、一寸法師の存在が確認され、ネット上では早くも

「一寸法師を演じているのは誰だろう?」

と、さまざまな予想が飛び交っています。

auは、隠れキャラの一寸法師について

「今後(一寸法師が)登場するかどうかも決まっておりませんので、回答は差し控えさせてください」

と回答。

そもそも現段階ではCGなどで一寸法師が作られている可能性もあり、人間が演じていないということも十分にありえるのですが、それならば回答を差し控える、とは言わないだろうという意見もあり、そのことから、おそらく誰かが演じていると考えられているようです。

では、一体誰が一寸法師を演じているのか?

ネット上での予想で多かった一寸法師候補を何人か挙げてみたいと思います。

まず、予想するにあたって、これまでの『三太郎シリーズ』CMに登場した人達に多いのが、今話題沸騰中の若手俳優達です。

福士蒼汰

福士蒼汰

この条件に当てはまる俳優ということで、一寸法師候補に挙がっているのが、『仮面ライダーフォーゼ』で主人公を演じ、一躍人気となった福士蒼太さんや、ドラマ『デスノート』で話題となった窪田正孝さん。

染谷将太

染谷将太

さらには染谷翔太さんや神木隆之介さんといった名前も挙がっていました。

また、一寸法師は最後に打ち出の小槌で身長が大きくなることから、高身長の東出昌大さんという予想もありましたね。

さまざまな予想があるのですが、筆者的に神木隆之介さんや窪田正孝さんの可能性はほぼないと考えています。

というのも、神木隆之介さんは過去にライバル会社であるdocomoのCMに出演していましたし、窪田正孝さんに至っては現在進行形でdocomoのCMに出演しています

ライバル会社のCMに起用されている方を起用するということは、まずないことなので、可能性としてはかなり薄れるでしょう。

筆者の予想としては、これまでの一寸法師は、CGや人形などで作られており、まだ一寸法師の俳優はとくに決まっておらず、後々に一寸法師が打ち出の小槌で大きくなる、というストーリーが組まれた際に、やっと一寸法師役のキャストが起用される、というストーリー展開になるのでは?と考えています。

CMの一寸法師は、『鬼と鬼嫁』編でようやく人らしき姿になっており、それまでは豆粒同然の人間の形をしているのかすら怪しかったので、これまではCGや人形などの小道具である可能性も十分に考えられます。

いずれは、この一寸法師がメインとなるストーリーの『三太郎シリーズ』のCMも公開されるのではないでしょうか?

一寸法師が登場する次のauのCM放送が楽しみになってきますね!

はたしてauのCM『三太郎シリーズ』の「一寸法師」役の俳優は、一体誰なのか?

今後のauのCM展開に大注目です!

 

おわりに

2014年度の『CM好感度ランキング』で1位を獲得したauのCM『三太郎シリーズ』。

2015年になっても、その『三太郎シリーズ』に、なんと一寸法師が出演していると判明し、ネット上で大いに話題となりました。

さらも、一寸法師を演じているのは、一体誰なのか?ということにも大きな注目が集まり、各々が一寸法師候補を挙げています。

先ほどもお話したように、現在はCGや人形という線もありますし、作中の一寸法師は、かろうじて人の形が確認できるだけなので、本当に人間が演じているのかどうかすらわかりません。

ただ、今後一寸法師が打ち出の小槌で、大きくなるというストーリーのCMが放送される可能性は十分にあります。

その時が、皆さんの一寸法師予想の答えあわせということになりそうですね。

さて、このauのCMのように視聴者が楽しめるようなCMというのは、とてもいい試みだと思います。

昨今は番組の間に流れるCMは、鬱陶しいだけという風潮もありますし、消費者の意を汲んだ家電各社メーカーが録画レコーダーにCMスキップ機能を実装するほどです。

auのCM『三太郎シリーズ』のような、つい見てみたくなるお遊び要素があったり、『ロト7』のCMのように、CMにストーリー性があったりすると、視聴者もCMに目が惹かれます。

ただ宣伝するだけで、つまらないCMでは、結局きちんと見てもらえませんし、そういう意味では、視聴者に大いに楽しんでもらえるようなCMを作るというのは、CMらしく作るよりも注目してもらえる上に、商品PRにもなり、お互いの利益向上に大きく寄与するでしょう。

そういった意味では、auのCM『三太郎シリーズ』は、視聴者に好感をもってもらえるCMのお手本として、他企業のCM制作にも、大きな影響を与えることになるかもしれません。

『三太郎シリーズ』をきっかけに、今後はお茶の間に、面白いCMがどんどん増えてほしいところですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ