星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

エンテロウイルスの症状には麻痺も?潜伏期間と予防対策をチェック

更新日:

みなさんは、『エンテロウイルス』というウイルスの名前を聞いたことがありますか?

2015年8月に子供たちの多くが、

『発熱を伴う麻痺を起こしてしまっている』

という原因不明の症状が相次ぎました。

そこで国立感染症研究所が患者を調べて原因を調査した結果、その子供たちは

『エンテロウイルスD68』

というウイルスにかかっていることが判明したそうです。

それにしても、このエンテロウイルスは、どのようにして感染し、麻痺以外にどのような症状を起こすのでしょうか?

エンテロウイルスに感染した場合の潜伏期間から予防方法や対策、ワクチンなど、気になることはたくさんあります。

そこで本記事では、エンテロウイルスの謎について、探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンテロウイルスの症状

エンテロウイルス

エンテロウイルスD68が猛威を振るうようになったのは、2015年夏~秋のことでした。

なんと、子供たちが原因不明の麻痺に襲われ、病院に搬送される事態が急増したのです。

そして、その原因こそが、

『エンテロウイルスD68型』

というウイルスでした。

では、そもそも、エンテロウイルスとはどんなウイルスなのでしょう?

まずはそこから紹介していきます。

 

エンテロウイルスとは、腸管内で増殖するウイルスのことで、腸管ウイルスとも呼ばれています。

さまざまな型がありますが、中でも危険なのが、当記事で触れている

『エンテロウイルスD68型』

このエンテロウイルスD68の場合、大人は症状が出ない、または軽症で済むことが多く、

子供が重症化しやすく

なっています。

エンテロウイルスD68の症状としては、基本的には

  • くしゃみ、鼻水
  • 発熱
  • 体や筋肉の痛み
  • 気管支炎
  • 肺炎

といったことが多く、時期的に夏風邪に近い症状なので、エンテロウイルスに感染したことに気づかないケースが多いです。

そして、夏風邪だと思ってしまい、放っておくと、最悪の場合、重症化してしまいます。

重症化すると、

  • 気管支ぜんそく
  • 急性気管支炎

といった症状になる恐れもあるとのこと。

また、先ほども触れたように、

麻痺が起きる

ことも…。

2014年のアメリカでの大流行の際は、1000人の感染者のうち、一部に麻痺の後遺症が残ってしまったそうですよ。

また、2015年には、95人が小児麻痺となり病院に搬送されたのですが、その一部の患者からエンテロウイルスD68が検出され、

「断定はできないが、このウイルスが関連する可能性がより高まった」

と厚生労働省の研究班がコメントしています。

とはいえ、確定とは言い切れず、現段階では、エンテロウイルスD68に感染することと麻痺が起こることについては、

関連性はありそうだが、決定的な証拠はない

という状態です。

しかし、エンテロウイルスD68に感染した人に麻痺症状が出たことも、確かなことです。

このような事態にならないよう、子供の健康管理をしっかりしたいですね。

 

ちなみに、エンテロウイルスにはもうひとつ、流行しやすい型があります。

それが『エンテロウイルス71』。

この『エンテロウイルス71』は、手足口病を引き起こすのですが、手足口病を引き起こすウイルスの中でも重症化しやすいことが特徴。

重症化すると、

  • 髄膜炎
  • 脳炎

といった症状に発展するので注意が必要です。

 

エンテロウイルスの発症までの潜伏期間

夏風邪に似ているため、重症化するまで気づかないとも言われるエンテロウイルス。

このエンテロウイルスの潜伏期間は、果たしてどれくらいなのでしょうか?

 

基本的にエンテロウイルスの潜伏期間は

約3日~7日

と言われています。

そして、

感染から3日後~発病して10日後

までの間に、他の人へウイルスが広がる恐れのある期間となっています。

 

感染経路としては、

感染した人の気道の分泌物が付着したものをなめたり、分泌物に触れた手をなめたりしてしまい、ウイルスが口の中に入ってしまう

と、周囲の人に感染が広がっていきます。

また、エンテロウイルスは便の中にも存在しています。

そのため、子供のおしめを替えるときなどに、手に便が付着してしまい、その後よく手を洗わないで食事をしてしまうと…。

エンテロウイルスは、ウイルスが口の中へ入ってしまい、それによって周囲の人が感染することを覚えておきましょう。

 

エンテロウイルスの治療方法や予防対策は?

厄介なエンテロウイルスのワクチンや治療方法・予防対策に関してですが、実は

まだワクチンもできておらず、治療方法が確立していない

という状況です。

つまり、エンテロウイルスに対するワクチンがないので、エンテロウイルスD68に対するワクチンも当然ながら、ないわけです。

そのため現状では、せいぜい

痛みや症状を和らげる対処療法

などを用いるしかないのです。

 

治療方法がない以上、エンテロウイルスについては、ノロウイルスやインフルエンザの予防対策と同じように、基本的な予防対策をするしかありません。

外出時にマスクをしたり、病人と直接キスやハグなど直接ふれあうことを避ける、コップや食器の共有も避ける…。

また、手洗いやうがいを徹底し、消毒もこまめにおこなうようにすることも、エンテロウイルスの予防対策として効果的です。

予防対策で神経質になりすぎるのも、精神衛生上あまりよろしくないと思いますが、ちょっとしたことで感染してしまうことも十分ありえます。

エンテロウイルスを予防したいのであれば、せめて、

  • うがい
  • 手洗い
  • マスク

のこの3つは徹底してくださいね。

エンテロウイルスは一度感染してしまうと様々な症状に襲われ、非常に苦しく辛い日々を送ることになります。

できる限りウイルス感染、体調不良を引き起こさないよう、常日頃から予防対策に努めましょう。

 

まとめ

エンテロウイルスは、夏風邪と間違いやすい症状が出ますが、重症化すると麻痺まで起きてしまう恐ろしいウイルスです。

大人が重症化することは稀だそうですが、逆に言えば子供は重症化しやすく危険ということでもありますね。

エンテロウイルスに対しては、まだワクチンや治療方法が確立しているわけでありません。

ありきたりかもしれませんが、手洗い、うがいなどの徹底、病人に直接触れないようにするなどの予防に努めることが、最大のエンテロウイルス予防対策といえるでしょう。

子供を持つ保護者は、夏~秋頃は細心の注意を払い、子供をエンテロウイルスから守ってくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.