星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

スマホ老眼とは?原因や症状と4つの予防対策方法をチェック!

更新日

年齢を重ねるにつれて、だんだん近くのものが見づらくなる老眼。

この老眼は、正式名称は、

"老視"

というらしく、実は病気の1つであることを知っていましたか?

早い人だと、40代辺りから自覚するようになり、もともと近視の症状があったりすると、近くも遠くも見づらいという、大変な状態になってしまいます。

そんな困った病気である老眼なのですが、なんと昨今では、

20代~30代の人でも老眼に悩んでいる

と言われています。

厳密には老眼というわけではなく、

スマホ老眼

というのですが…。

このスマホ老眼、一体どのようなものなのでしょう?

名前から想像がつく人もいるかとは思いますが、当記事でスマホ老眼についてまとめてみます!

スポンサーリンク

アドセンス

20代~30代に増加中のスマホ老眼の原因

スマホ

20代~30代の若者の間で発症しているスマホ老眼は、一体どのようなものなのでしょうか?

これは簡単にいえば、

スマホの使いすぎ

で起こってしまう目の症状です。

この辺りは、スマホ指やスマホ腱鞘炎などと同じ、いわゆる現代病の1つと言えそうです。

現代におけるスマホは、ゲームやSNSなど、娯楽や交流に使うツールとしての存在だけではありません。

スケジュール管理やメモなど、ビジネスシーンでも欠かせない日常に溶け込んでいるツールとなっています。

となると、必然的にスマホに触れる機会が多くなるわけですし、目にかかる負荷も、スマホがある現代となかった過去の時代とでは大違いです。

いまや生きるうえで、必ず向き合わなければならないスマホ老眼。

それでは、そのスマホ老眼の原因について探っていきましょう。

 

スマホ老眼になる原因というのは、どうやらスマホの見方にあるようです。

スマホの場合、基本的には、画面を近くから見ることのほうが多いと思います。

『スマホの画面を長時間集中して見続ける』

これを行ってしまうと、当然ながら目の酷使となり、目の筋肉が疲れてしまいますね。

目の疲労が繰り返し何度も続き、結果的に

目のピント調整能力が低下し、老眼のような症状を引き起こしてしまう

これがスマホ老眼というわけです。

また、名前こそスマホ老眼と呼ばれているものの、実際には

パソコンの画面の見すぎでもスマホ老眼になってしまいます

ただ、パソコンはスマホほど近くで見ないので、スマホ老眼と同じ症状にはなりにくいですが…。

また、

携帯ゲーム機

も同じくスマホ老眼の原因の1つなので、携帯ゲームで遊ぶ際にもスマホ老眼に注意しなければなりません。

スマホ老眼の症状

ここまででスマホ老眼になる原因はわかりました。

では、スマホ老眼になってしまうと、どういった症状が発生するのか?

こちらも気になりますよね。

もしかすると、

『日頃感じていた何かしらの目の症状が、実はスマホ老眼だった!』

というおそれも否定できません。

スマホ老眼の早期発見のためにも、予め症状を知っておくことは大切なことです。

そこで、スマホ老眼が引き起こす目の症状をまとめてみました。

  • 遠くは見えるのに、近くの文字がぼやけてみえる
  • 目の焦点が合いづらい
  • 目の疲れ(無理に焦点を合わせるため)
  • 目のかすみ
  • 肩こり
  • 頭痛

このように基本的には、典型的な老眼の症状です。

ただ、

頭痛や肩こりが伴う

ことには、驚いた人も多いのではないでしょうか?

実は、普通の老眼でも頭痛や肩こり、さらには

吐き気

を催すことがあるのです。

厳密には頭痛や肩こりは、老眼のせいではありません。

老眼になりはじめに無理をして、見えづらい近くのモノを無理して見ようとした結果、眼精疲労を引き起こし、その結果、頭痛や肩こりに発展してしまのです。

眼精疲労を引き起こす意味ではスマホ老眼も同じですし、そのため、肩こりや頭痛も起きやすくなるということですね。

眼精疲労をきっかけに頭痛や肩こりなど、他の部位への影響が大いにあることが特徴です。

スマホ老眼だからといって、症状が目だけに留まるわけではない!

そのことを頭に入れておきましょう。

 

スマホ老眼の4つの予防対策方法!

『スマホ老眼に注意!』

とは言うものの、スマホ老眼にならないためには、具体的にどうすればいいのでしょうか?

また、既にスマホ老眼になってしまった場合の対策方法も気になります。

ちなみに、スマホ老眼は

一時的な症状

なので、発症してしまってから生活を改めれば、

改善することが可能

そのため、スマホ老眼になっていなくても、既になってしまっていても、予防対策の方法を知っておくことは重要です。

それでは、スマホ老眼の予防対策方法を4つほど、紹介していきます。

スマホ老眼の予防対策1 長時間使わない!

あたりまえの話ですが、

『スマホやパソコンを長時間使わない』

これが一番有効なスマホ老眼対策です。

しかし、事務作業などでは、パソコンを長時間見続けなければならない場合もありますし、そう簡単に実行できない対策であることも事実。

ここで重要なのは、あくまで

長時間使わない=長時間ぶっ続けで画面を見続けない

ということです。

1時間ほど経ったら、5分でいいので目を瞑って休憩する

など、小刻みに休憩を挟むだけでも、何時間と続けて画面とにらめっこするよりは目の負荷は大きく減ります。

後は、近くを見ていて分厚くなったままの目の水晶体を薄くするために、

たまには遠くを見つめたり、意識してまばたきをして目を動かす

といった方法も有効です。

スマホ老眼の予防対策2 目との距離を40cm以上あける!

スマホ老眼の予防・対策方法としては、

『画面から距離を離す』

これも大切なことです。

近くでスマホを凝視することがスマホ老眼の原因の一つです。

ということは、画面から距離をおけば、目にかかる負荷の軽減に繋がります。

約40cmほどの距離

を離すと効果的です。

定規などで測ってみてもいいのですが、

一般的な大人の手のひらを全開にすると、親指と小指までが約20cm

らしいので、両手を広げると40cmほどになります。

それを目安に、スマホとの距離を意識しましょう。

ただ、手が小さい人の場合、片手で20cmになりません。

手が小さいと自覚のある人は、定規などで一度、正しいスマホとの距離感覚を掴むようにしたほうがいいかもしれませんね。

スマホ老眼の予防対策3 目の周りを温める

スマホ老眼には、蒸しタオルなどを目の周りに当てて、温める対策方法もおすすめです。

これは目の疲労に効果的な方法として、普段から実践している人も多い方法だと思います。

目の周りを温めることにどのような効果があるのでしょうか?

実は、目の周辺を温めることによって、

血液の流れがよくなり、さらに寝ている間に疲労物質を取り除きやすくなる

のです。

ただ、この方法には注意が必要で、やりすぎは逆に目に悪影響を及ぼしてしまうため、

1日1回

にするべきです。

タイミングとしては、就寝前におこなうのが、一番適切なタイミングだと思いますよ。

スマホ老眼の予防対策4 毛様体筋を鍛える

スマホ老眼の対策方法として、

トレーニング

という手段もあります。

これは視力回復トレーニングにも繋がっていて、弱ってしまった目の筋肉を鍛えることで、スマホ老眼を予防しようという考え方です。

目の毛様体筋が衰えるとピントを合わせにくくなるため、視力低下につながってしまいます。

それを防ぐ意味合いでも、トレーニングが必要になってくるのです。

では、そのトレーニング方法を紹介しますね。

  1. 目の前の人差し指にピントを合わせ、3秒数える
  2. 2~3m先の物に目線を送り、ピントを合わせ3秒数える
  3. 1、2を交互に10回繰り返す

また、このトレーニング方法の発展系として、

  1. 窓から外が見える位置に立ち、腕を伸ばした状態で手に持ったペンを3秒間、見つめる
  2. その後、目のピントを外の遠景に合わせて、再び3秒間、見つめる
  3. 1、2を3回繰り返す

という方法もありますよ。

『近くと遠くを交互に見る』

ということが、このトレーニングの大事なポイントです。

そのため、

指を近くから遠くへ移動させ、また近くへ移動させる

簡易的な方法でもいいわけです。

ぜひ自分のやりやすい方法で毛様体筋を鍛え、スマホ老眼対策をしてくださいね!

 

まとめ

近年、20代~30代の若い世代を中心に、老眼と似た症状を引き起こすスマホ老眼が流行しつつあります。

近くで画面を見すぎることで、目のピント調節機能が弱ってしまうことがスマホ老眼の原因です。

そのため、パソコンなどを使った長時間の作業中にも、

  • たまには遠くを見る
  • まばたきをする

といった目を休める対策が重要となります。

現代病の1つともいえるため、現代を生きるみなさんは、スマホ老眼になる危険性と隣り合わせだと言えるでしょう。

ぜひ、この記事の予防・対策を参考に、スマホ老眼には気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学