星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

カトパン(加藤綾子)のめざましテレビ卒業&フジテレビ退社の理由

更新日:

朝の情報番組『めざましテレビ』で、三宅正治アナと共に、番組総合MCとして、”朝の顔”を続けてきた、カトパンこと加藤綾子アナ。

2016年4月1日をもって『めざましテレビ』を卒業し、2016年4月末にはフジテレビも退社されたことはみなさんも記憶に新しい話でしょう。

現在も、フジの主要番組には、フリーアナとしてカトパン(加藤綾子アナ)が出演されています。

『めざましテレビ』も、永島優美アナが後任に就き、番組を盛り上げています。

それにしても、何故あのタイミングでカトパン(加藤綾子アナ)は、『めざましテレビ』の卒業・フジ退社をされたのか。

本記事でその真相や、『めざましテレビ』の後任に永島優美アナが起用された背景をお話していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カトパン(加藤綾子)に頼り切りのフジテレビ

カトパン

カトパン(加藤綾子)

2015年からのフジテレビを見ると、何かと迷走続きという印象が強く残ります。

『ごきげんよう』『昼ドラ』が、2016年3月いっぱいで終了。

2時間枠に拡大された『バイキング』にいたっては、

完全なる芸能ゴシップ専門の情報番組

と化してしまっています。

もともとバラエティ番組として始まっているはずの『バイキング』が、ここまで紆余曲折し、辿り着いた先が芸能ゴシップ。

これまでのコンセプトが跡形もないのですから、ここだけを切り取って見ても、フジテレビの迷走ぶりは十二分に伺えます。

また、月9ドラマにしても、TBSの『逃げ恥』が好調だっただけに、昨今の不評続きは、まさに痛恨といえる流れです…

しかも、昨年末のSMAPの解散により、『SMAP×SMAP』の番組終了もありました。

アクシデントといえる事象もありますが、フジテレビが迷走しているかのように見えるのも無理もないでしょう。

その最中、2016年4月のカトパン(加藤綾子)の『めざましテレビ』卒業という悲劇も起こります。

それをきっかけに、好調だった数少ない番組でもあった『めざましテレビ』までも、負のスパイラルに巻き込まれ、日テレ『ZIP!』に視聴率で追い抜かれてしまったという話も…

一体どこまで負のスパイラルが続いていくのだろうか…。

筆者も心配しながら推移を見守っているわけですが、アナウンス部に関して言えば、決して偶然起きた結果とは言い難いです。

実は、カトパン(加藤綾子)のフリー転身後も、女子アナ人気ランキングで2位に君臨していることも影響しているのか、彼女を追い抜くような後継者を育てられていないと言うのです。

カトパン(加藤綾子)が、フジテレビ入社した2008年以降、13人の女性後輩アナが誕生しています。

そのメンバーを見渡すと、第一線として、フジテレビの番組の中でよく見かける女子アナは、永島優美アナ、山崎夕貴アナなどぐらいで、あまり育っていない印象です。

しかも、カトパン(加藤綾子)が、いまだに特番から『ホンマでっかTV』まで幅広く出演…

その背景を探ってみても、

他のフジテレビ女子アナが育っていない

ために、無理をしてでもカトパン(加藤綾子)に頼むしかなかったという話が現実味を帯びてきます。

フジテレビが看板アナを育てきれなかった落ち度を考えると、ただの偶然で片付けられない深刻な問題を抱えていることが分りますね。

 

カトパン(加藤綾子)の『めざましテレビ』卒業&退社の理由は?

カトパンこと加藤綾子アナの、『めざましテレビ』卒業及び、フジテレビ退社を決めた理由は、噂になっていた

フリー転身説

が濃厚という話が囁かれていますよね。

現在、カトパン(加藤綾子)は、篠原涼子さんなどが所属している芸能事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属しています。

現在は、スケジュール調整しながら、これまで通りフジテレビのバラエティ番組及び、特番を中心に出演されています。

しかし、せっかくフリー転身したにもかかわらず、他局の番組でカトパン(加藤綾子)は姿を見ていません。

CM出演はされていますが、それくらいです。

『めざましテレビ』卒業以外、とくに変わった様子もなく、なんのためのフジテレビ退社だったのか…

そんな声もちらほら耳にするようになりました。

けれども、フリーになったのは、決してフジテレビとカトパン(加藤綾子)が衝突したわけではありません。

むしろ関係は良好で、信頼関係も出来上がっていたという話もあります。

フジテレビ・亀山社長も、カトパン(加藤綾子)に対する待遇を改善して、昼の情報番組『直撃LIVE グッディ!』に『めざましテレビ』からの異動を示唆し、彼女の負荷を減らそうと努力もしてくれていました。

あくまで、両者にとってフジテレビ退社というのは、最悪の結末だったような気がします。

それだけに、カトパン(加藤綾子)の中で何があったのか気にしている人は多いでしょう。

そこで筆者も、改めてカトパン(加藤綾子)が、『めざましテレビ』卒業&フジテレビを退社した理由を探ってみると、とある理由が浮かんできました。

多少は予想していたことではあったのですが、実は当時、馬車馬のように働いていたカトパン(加藤綾子)の身体は、悲鳴をあげていたらしいのです。

結果として、『めざましテレビ』本番中に倒れてしまう事態にも陥ります。

そのため、

仕事量をセーブするため

それを理由にカトパン(加藤綾子)はフリー転身を決めたのです。

先程も少し触れましたが、当時のカトパン(加藤綾子)は、『めざましテレビ』MC以外に、『ホンマでっかTV!』のレギュラー出演、その他特番など、夜の番組見にも多数出演し、

『いつ休んでいるのか?』

と心配するほどに多忙を極めていたのです。

もともと、カトパン(加藤綾子)は、仕事に対してプロフェッショナルな意識を強く持っている女子アナです。

その部分においては、フジテレビ内部では、かなり評価されていました。

しかし、その反面、カトパン(加藤綾子)に対する期待値は膨らむ一方で、また期待に応えていく中で、根が真面目な彼女は負荷を独りでドンドン背負い込むことに…

カトパン(加藤綾子)に、どこか甘えてしまったフジアナウンス部は、カトパン(加藤綾子)の後継を育てることができず、完全に彼女に頼り切りとなってしまう…。

結局、カトパン(加藤綾子)が大黒柱のような存在となり、負担を一手に引き受けざるを得なくなっていったそうです。

とは言え、カトパン(加藤綾子)も一人の人間です。

体力の限界だってあるでしょうから、

『これ以上は無理』

と断ることだってできたはず…

それでも、無理していたのは、

何もできなかった自分をここまで育ててくれた、フジテレビに対して恩義

を強く感じていたため、少しでも会社に恩返しがしたかったらしく、上層部の要求を受け続け、ずっと孤軍奮闘し続けていたとのこと…

根が真面目で義理堅いカトパン(加藤綾子)らしい行動ですよね。

しかし、恩義を感じて戦い続けたカトパン(加藤綾子)自身、遂に心と体のバランスが大きく崩れていくのです。

その結果、『めざましテレビ』卒業&フジ退社を決断したというのが、カトパン(加藤綾子)がフジテレビを退社するまでに至った大きな理由なんだそうですよ。

一度倒れてしまった自身を目の当たりにし、

『ゆっくりと日常を歩んでいきたい』

と思うようになってしまったとしても、何らおかしくない話です。

一歩間違えば過労で命の危険もあったかもしれないことを考えれば、あの時点でフジテレビを辞めて仕事がセーブできたことは、良かったことと思います。

これまでのカトパン(加藤綾子)のフジテレビ退社の理由には、

  • 他の女子アナから嫌われている
  • 寿退社

という噂が流れていたらしいですね。

結論を言えば、いずれもガセです。

そもそもカトパン(加藤綾子)の熱愛の話すらないのに寿退社なわけがありません。

多少、仲の良し悪しは人間づきあいの中であるとしても、他の女子アナから嫌われ孤立し退社に追い込まれるなんてこともないでしょう。

別にカトパン(加藤綾子)自身、看板アナとして、ひらすらチヤホヤされていたわけでもありません。

それどころか数々の番組に無理をして出演し、身体を酷使し続けてきているのに、何故、そこまで頑張っているカトパン(加藤綾子)が嫌われなければならないのでしょうか。

寿退社によって、会社に迷惑を掛けている女性アナがいる反面、そのフォローをカトパン(加藤綾子)がしてきたわけです。

感謝されることはあっても、嫌われることなどとても考えられない話です。

あくまで噂は噂でしかなく、カトパン(加藤綾子)の『めざましテレビ』卒業&フジテレビ退社の理由は、

仕事量をセーブし、無理せず仕事をしていくため

でしかないというのが真相です。

 

後任女子アナの永島優美の評判が悪い?

カトパンこと加藤綾子アナの『めざましテレビ』卒業。

現在、カトパン(加藤綾子)の後任アナとしてMCを務めているのは、入社3年目の永島優美アナ。

永島優美

永島優美

彼女自身、入社1年目で『めざましテレビ』のキャスターに起用されているわけですし、実力がないわけではありません。

ただ、父親が永島昭浩さんということも影響し、いまいち人気が上がっていないなんて話もあるらしいです。

さらに、

カトパンロス

も加味され、『めざましテレビ』の視聴率的には厳しいみたいですね。

話によると、

『めざましアクア』から『めざましテレビ』へ昇格した宮司愛海アナをMCに据えて3人体制で行くプランも検討された

なんて話が出ていたようです。

宮司愛海

宮司愛海

流石に女性キャスター2人をMCに据えるのは、今までの歴史を見てもおかしいと判断して実行していないみたいですが…。

そういった話が出ていることでも伺えるように、『めざましテレビ』の後任アナというよりも、フジテレビ女性アナとしてのカトパン(加藤綾子)の後継が未だに見えていないのだと思います。

まぁ既に、カトパン(加藤綾子)は辞められているわけですし、ここでジタバタしても始まらないでしょう。

じっくり先を見据えて、永島優美アナ、宮司愛海アナを筆頭に、若い女子アナたちを育ててゆっくりと後継を創出していけば良いのではないかと思う次第です。

 

まとめ

フジテレビの看板アナだったカトパン(加藤綾子)の『めざましテレビ』卒業&退社は、当時のフジテレビにとって相当ショッキングな話だったはず…

現在、『めざましテレビ』の後任アナには、永島優美アナを据え、なんとか立て直そうとしています。

しかし、カトパン(加藤綾子)の損失は大きく、今なおカトパンロスは続いているようです。

とはいえ、カトパン(加藤綾子)は、フリーアナに転身した現在も、フジの番組に出演されています。

カトパン(加藤綾子)がフリーになった理由は、あくまで仕事量をセーブしているだけです。

フジテレビとしては、今のうちに永島優美アナや宮司愛海アナを筆頭に、若手女子アナをしっかり育てていってほしいですね。

そして、カトパン(加藤綾子)のように、本番中に過労で倒れてしまうなんて悲劇が起きないことを祈るばかりです。

カトパンの記事はコチラもよく読まれています!

加藤綾子(カトパン)フジ退社の理由は過労?フリー後は年収2億!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アナウンサー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.