星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

Jリーグ

日本人サッカー選手の年収(年俸)ランキング2017!海外は超高額!

更新日:


 

以上が、ランキング上位にいる海外リーグ所属の日本人選手たちの年収となっています。

『年収数億円』という金額は、一般人から見ると夢のような金額ですが、ひとつ重要なことがあります。

それは

海外にいる日本人サッカー選手の全てが、高額な年収を得ているわけではない

ということです。

たしかに活躍さえすれば億単位の年収になるのでしょうけど、ベンチウォーマーではこのような大金は得られません。

とはいえ、サッカーの世界は夢のある世界であり、世界に通用する一流のプロサッカー選手になることは、日本の子供たちに夢を与える素晴らしい職種の一つであるでしょうね。

 

Jリーグの選手と海外の日本人選手の年収(年俸)の違い

考える男性

さきほども紹介しましたが、Jリーグの平均年俸は

2,106万円

ですが、海外(主としてヨーロッパ)のチームの平均年俸は、おおよその額は

4,000万円から6,000万円程度

と2倍以上の差があります。

(国によって、もしくはリーグによって差があります)

この差は、海外(主としてヨーロッパ)と日本のサッカー人気と、普及度の違いによるものでしょう。

日本の方が一般的な所得が多い国でも、一流のサッカー選手の年収となると、日本人より遙かに多いのです。

はっきり言って、海外リーグ所属のランキング下位の選手と比較しても、Jリーグトップの年収を得ている遠藤選手でさえ、足元にも及んでいません。

もちろん全く実績がなく、無名の選手は、たとえ海外リーグ所属であっても、それほど大きな年収はないと思います。

 

いつの日か海外リーグで活躍できれば、Jリーガーのトップ年収(年俸)を一気に飛び越え、億万長者になれるわけです。

お金のことだけを言うのもあれですけど、本当に夢のある世界ですよね。

実際にお金だけでなく、世界のトップ選手たちと、同じフィールドで戦うことができるわけですから、高みを目指すサッカー選手たちにとって、これ以上の幸せなことはないと思います。

海外リーグに所属してから大きく伸びる選手が多いのも、高い水準の選手たちと一緒にプレーができることが、選手の成長に大きく貢献しているのでしょう。

ただし、そこは厳しい海外リーグの世界です。

現地の言葉をしっかり覚えていないと、最悪相手にされないこともあるでしょう。

あくまで外国籍選手扱いなのですから、現地の国内選手以上に活躍が求められ、活躍ができなければ、すぐに干されてしまいます。

それは、本田圭佑選手、香川真司選手にも言えることです。

とくに香川真司選手に至っては、マンチェスターUで、しばらくスタメンから離れ、戦力構想外とされてしまい、結局ドルトムントに出戻るという、屈辱を味わっています。

海外リーグには夢があるのと同時に、それだけの厳しさが存在しているわけです。

海外では、選手の成績と評価は、ほぼ完全に比例するといっても過言ではありません。

よいプレーをすれば神のごとくあがめられ、出来が悪ければボロクソに言われる

これが、海外での評価の通例です。

『海外リーグに挑戦して失敗しても、また国内のJリーグに戻ればいいや』

などと、簡単な気持ちで挑戦しても、海外で成功は見込めません。

逆に歯車が狂い、おかしくなるだけでしょう。

もし、これから海外リーグに挑戦される日本人選手がいるなら、覚悟を持って海外に挑戦し、その上でぜひ成功してもらいたいですね。

 

まとめ

Jリーグ発足から24年。

国内プロサッカーリーグもJ3まで発足され、多くの都道府県でJリーグのサッカークラブチームが誕生しました。

将来は、きっと全ての都道府県で、Jリーグに所属するサッカークラブが溢れる日本が構築されると思います。

しかし、今回の年収(年俸)ランキングを見ていくと、同じ日本人選手でも海外と国内の年収(年俸)の差は歴然。

まだまだ世界と日本の差の大きさを痛感させられます。

今すぐというのは不可能ですが、将来は、海外クラブを追い越すような素晴らしいJリーグに進化していって欲しいと期待したいですね!


-Jリーグ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.