星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

グラスホッパーの映画キャストとキャラクター紹介!主題歌はYUKI!

投稿日

とある学校教師が、妻をひき逃げされたことをきっかけに裏社会に飛び込み、その中で事情を抱えた別の人達と共に、それぞれ『押し屋』という●し屋を追いかけていくミステリアスで、バイオレンスな映画『グラスホッパー』。

この映画『グラスホッパー』の公開が、2015年11月7日ということで、いよいよ迫っていますが、話題の問題作であるだけに、前評判も高く、大勢の方が注目されているそうです。

『グラスホッパー』のキャストも、豪華なトリプルキャストが主演を務め、その力の入れ具合が伺えます。

その主演を務める役者はもちろんのこと、他の出演キャストも気になりますよね。

そして、この『グラスホッパー』という大問題作映画の主題歌を担当するのはいったい誰なのか、を気にされる方もいらっしゃいますので、その辺りのことを含め、本記事でご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

映画『グラスホッパー』の主演キャスト3名!

グラスホッパー

みなさんは『グラスホッパー』という大問題作をご存知でしょうか?

大問題作というと、何かとんでもない悪い作品と言う印象を受けてしまうかもしれませんが、ここで言う大問題作とは、トラブルに陥る様な、とんでもない作品という意味合いではありません。

『グラスホッパー』という作品は、実にミステリアスで、それぞれの主観で物語る別の解釈が出来る複雑な物語という意味で、大問題作と言われているようです。

この大問題作という話は、映画『イニシエーション・ラブ』でも言われてこと…

映画『イニシエーション・ラブ』は、みなさんも御存知の通り、単純なラブストーリーであると思いきや、ラスト5分で大どんでん返しが巻き起こるというとんでもない映画として話題になりましたよね。

映画『グラスホッパー』も、とんでもない大どんでん返しが巻き起こるのではないか、とも言われているらしく、そのことで大問題作として、多くのファンから注目されているのです。

その大どんでん返しとは一体何なのか、本当にその裏解釈が映画『グラスホッパー』で描かれていくのか、その全貌は、ぜひ劇場に行って、自身の目で確認して欲しいのですが、それにしてもこの映画は、キャストも非常に豪華です。

一人は、妻をひき逃げされて、その男を追いかけるために教師という職を捨てて、裏社会に飛び込み、新たに入社した会社命令で『押し屋』という●し屋を追いかける『鈴木』という人間。

一人は、自●専門の●し屋で、過去を清算させるために、『押し屋』という●し屋を追いかけていく『鯨』という人間。

一人は、ナイフの使い手で、手柄を得るために『押し屋』という●し屋を追いかける『蝉』という●し屋。

いずれも『押し屋』という、『鈴木』が追いかけていたひき逃げ犯を轢いて命を奪った●し屋を追いかけていく人間であり、彼らがこの映画『グラスホッパー』の根幹となる、超重要なキャストとなっています。

それは、トリンドル玲奈さんが主演を務めた映画『リアル鬼ごっこ(女性版)』同様、豪華トリプル主演という様相を成し、それでいて、それぞれのキャストの主観に立って見ることの出来る、実に奥の深い大作映画となっています。

さて、肝心のこれらの重要キャストを演じるのが、誰かをご紹介します。

まず『鈴木』を演じるのは、『ウロボロス』、『軍師官兵衛』などの名作ドラマ・映画に数多く出演されている俳優・生田斗真さん。

次に『鯨』を演じるのは、様々なドラマ・映画に出演し、威圧的なキャラクターも巧みに演じられる個性は俳優・浅野忠信さん。

浅野忠信

浅野忠信

そして最後に『蝉』を演じるのは、どちらかと言うと●し屋という役は全く似合わない、笑顔の素敵なジャニーズアイドル『Hey!Say!JUMP!』の山田涼介さん。

それぞれ全く個性の違う3者が、それぞれの立場を抱えるキャラクターをどのように演じていくのか。

超豪華キャストのコラボレーションが見られる映画として、『グラスホッパー』の公開が非常に楽しみです。

 

『グラスホッパー』のその他のキャストも贅沢!

何かと注目されている映画『グラスホッパー』ですが、先述した3名以外のキャストも、目を疑うような豪華なキャストが贅沢に起用されています。

波瑠

波瑠

その中で、最も豪華だと思ったのが、『鈴木』の妻(映画では婚約者という設定)で、ひき逃げに遭い、亡くなってしまう女性を、朝ドラ『あさが来た』で主演として出演中の波瑠さんが演じます。

朝ドラヒロインの起用を、この映画『グラスホッパー』のキャスティングの前に決めたのか、後に決めたのかはわかりませんが、いずれにしても、現在放送中の朝ドラヒロインを、冒頭で亡くなる『鈴木』の「妻」役として起用する贅沢さには驚きです。

映画版『グラスホッパー』では、婚約者という立場で登場するそうですし、劇中に回想シーンもたくさんあるとは思います。

本当に『こんなに贅沢な起用をするのか?』と目を疑いたくなるようなキャスティングですよね。

その他も超豪華なキャストが起用されています。

麻生久美子と吉岡秀隆

麻生久美子と吉岡秀隆

例えば、『鈴木』に接近する謎の主婦「すみれ」役に麻生久美子さん、その夫で『押し屋』という謎の●し屋を演じるのが、『Dr.コトー』でお馴染みの吉岡秀隆さんが演じます。

また、悪女役をさせたら右に出るものがいないとまで言われる女優:菜々緒さんが、『鈴木』を追い詰める悪女『比与子』を演じ、『蝉』の相棒を務める岩西には村上淳さん、『鯨』にとって、目の上のたんこぶとなる「父親」役には、宇崎竜童さんが演じられる超豪華キャスト。

極めつけは、『極道の妻たち 地獄の道連れ』、『アウトレイジ』など数々の任侠・極道映画に多数出演し、その他でも、孫に対して優しいおじいさんや、変質者のような多彩な役を演じるいぶし銀、石橋蓮司さんが劇中の"裏社会のドン"を演じられるのです。

何度も言いますが、実に豪華なキャストが出揃い、主役3名と、どんなコラボが見られるのか…

他のドラマや映画なら、間違いなく主役級の役者ばかりですから、その大物役者達が、どのようにこの映画『グラスホッパー』を描いてくれるのか、楽しみにしたいと思います!

 

『グラスホッパー』の主題歌は超人気アーティスト!

ガリレオシリーズ『真夏の方程式』や、映画『永遠の0』、『図書館戦争』などの作品にハマった方なら、間違いなくハマってしまうとも言われている期待の映画『グラスホッパー』がいよいよ劇場公開されます。

そして、その『グラスホッパー』の主題歌も豪華な楽曲となっているのです。

今回『グラスホッパー』の主題歌を手掛けるのは、元JUDY AND MARYのヴォーカリストで、ドラマ『パパと娘の7日間』や、映画『タッチ』など、数々の作品の主題歌を担当したYUKIさんが、新曲『tonight』を引っさげ、主題歌を担当されます。

YUKI

YUKI

今回の『tonight』という楽曲は、生きていてもいなくても、悲しく辛く傷つくような方が多いこの現代社会において、『もう悲しまなくて良いんだよ』と抱きしめてあげるようなメッセージが込められた楽曲となっているそうです。

一見、『グラスホッパー』は、バイオレンス要素の高い作品として、恐ろしい印象の映画とも見受けられますが、実際には、影の部分に支配された3人の哀しい物語が描かれています。

『鈴木』は、婚約者を失った哀しい過去、『鯨』は、過去に自身が引き起こしたことに対する後ろ暗さ、『蝉』は、手柄を上げる事に駆り立てられている影に、それぞれ支配され、突き動かされている様にも見える作品であるだけに、今回のYUKIさんの新曲は『グラスホッパー』の主題歌としてピッタリだと思います。

果たして、YUKIさんの主題歌『tonight』が、何処までこのミステリアスな映画『グラスホッパー』を物悲しく、且つどこか切なくも癒やしを与えるような映画として盛り上げてくれるのか、こちらも非常に楽しみになりますね。

YUKIさんの世界観が存分に伝わる、ハートフルな楽曲を聞きたい方は、ぜひ劇場に足を運び、映画『グラスホッパー』の世界に引き込まれながら、聴いてみてくださいね。

 

まとめ

2015年11月7日に劇場公開を控えた映画『グラスホッパー』は、主役以外のキャストに朝ドラヒロインや、名悪女など、実に豪華な面々がキャスティングされ、その上、主題歌も独特の声質と世界観を持つYUKIさんが手掛けるとあって、何かと話題になっています。

この物語でメインキャストとなる、『鈴木』、『鯨』、『蝉』には、それぞれ生田斗真さん、浅野忠信さん、山田涼介さんという、個性の全く異なる3名の役者達が演じることになり、これが一体どのような展開を見せていくのか…

『グラスホッパー』という映画は、主役3人の主観に立って見ることが出来る体感型な映画でもあります。

豪華キャスト・ストーリー・主題歌の豪華3要素が、はたしてどんなコラボを見せていくのか。

その全貌は、ぜひ劇場に足を運び、映画『グラスホッパー』を御自身の目でご覧になってくださいね!

グラスホッパーの記事はコチラもよく読まれています!

グラスホッパー原作ネタバレ!謎の答えと映画ストーリーに違いは?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画