星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

小保方晴子の博士号取り消し理由・原因は早稲田大学を守る為?

投稿日

小保方晴子さんが、STAP細胞の論文で、データ改ざん・捏造・画像流用などの疑惑を持たれ、存在すら証明できず、虚偽の疑いが持たれた問題。

この疑惑に関しては、少し前には日々ニュースでも大きく取り上げられ、何かと話題になっていましたよね。

この一件の騒動をきっかけに、小保方晴子さんは理研を辞め、早稲田大学からも、1年間の猶予期間を設けて論文の訂正・再提出を求められました。

しかし、どうやら小保方晴子さんは、早稲田大学の満足する論文が提出されていなかったのか、博士号を取り消されてしまう事態に。

そして、小保方晴子さんはこの早稲田大学の判定に反発し、訴訟をおこす構えと、またもやニュースに…

そこで本記事ではえ、STAP細胞をめぐる今回の騒動と、小保方晴子さんの博士号取り消しの背景・理由を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

小保方晴子のSTAP細胞論文偽装疑惑問題

小保方晴子

小保方晴子

昨年、良くも悪くも巷を賑わせ騒動となったSTAP細胞論文偽装疑惑問題。

その渦中にあったのは、当時、理研(理化学研究所)に所属していた研究者・小保方晴子さん。

2014年1月に発表したSTAP研究の論文によって、小保方晴子さんは、世界の注目を集め、まさに"時の人"として、もてはやされていましたよね。

なにやら細胞にストレスを与えることで、皮膚や筋肉などの細胞を簡単に再結成させることの出来る万能細胞をつくり上げることが、このSTAP細胞を用いると実現可能となるらしく、未来の医療に明るい兆しをもたらそうとした研究として、大きく注目されていました。

それもそのはず、小保方晴子さんがSTAP細胞を発見したと言うまでは、ノーベル賞受賞者・山中伸弥教授が発見したiPS細胞でしか、万能細胞をつくり上げることしか出来なかったのですから。

iPS細胞の場合は、人の細胞に別の遺伝子を混入して作るため、時間が掛かるだけでなく、発がん性のリスクもあり、課題もまだ多かったのです。

しかし、小保方晴子さんのSTAP細胞は、1週間ほど弱酸性の液体に漬けておくだけで出来上がるため、時間短縮はもちろんのこと、発がん性のリスクも軽減され、非常に簡単にSTAP細胞をつくり上げることが出来、これまでiPS細胞が抱えていた課題をクリアできるのです。

だからこそ、すごい発見をしたとして、理研やマスコミが小保方晴子さんを持ち上げ、当時リケジョブームが到来したわけ。

女優として活躍されている杏さんの様に、歴史の興味を持つ女性が増えたことで、『歴女』ブームが到来したように、瞬く間に、理系女子と呼ばれる女子学生が増えだし、これからの社会は、女性も科学に携わっていく時代が到来したのだと言われるようになりました。

しかし、このSTAP細胞を立証するために、他の研究者が、小保方晴子さんの論文を用いて検証したところ、STAP細胞を再現できないことが発覚します。

小保方晴子さんは

『STAP細胞はあります』

と主張しますが、小保方晴子さん以外に再現ができないという問題が露呈され、さらに、

『論文そのものが正しいのか?』

『本当にSTAP細胞は存在するのか?』

など、疑惑が生まれ、論文偽装問題として取り上げられてしまうのです。

当時、リケジョとしてあれだけ小保方晴子さんのことを持ち上げていた理研も、手のひらを返したように彼女をバッシングしはじめます。

まるでトカゲのしっぽきりのように小保方晴子さんを切り捨てようとしたところもあって、理研の組織の醜さが明るみになり、ニュースでも物議を生む結果に…

そして、STAP細胞再現のため、小保方晴子さんと理研のそれぞれで検証していくものの、結局STAP細胞は再現できず、論文に関しても幾つかの虚偽のデータ・捏造、画像の流用は事実だったのでは?とますます疑いが大きくなっていきました。

これによって、各報道では、

『小保方晴子さんが意図的に捏造し、STAP細胞をでっち上げたのでは?』

という意見も飛び交うようになってしまったのです。

"理研の星"とまで言われ、大きな脚光を浴びた小保方晴子さんが、一転バッシングの対象とされてしまい、その結果、彼女は理研を辞めることになります。

正直1年以上も掛けて、

『一体STAP細胞とは何だったのか?』

と思いたくなるような、謎だらけの騒動だったといえますね。

いろいろ報道で聞く限りでは、山中伸弥教授が発見したiPS細胞の論文が流用されていたり、マウス実験で用いられた細胞の中に、すでに立証されていたES細胞が混入されていた可能性が高いことも分かっていき、次第に小保方晴子さんが世間から姿を消すようになります。

そして、先日、早稲田大学から小保方晴子さんの博士号認定を取り消され、再び騒動が湧き上がってしまったのです。

1年以上掛けて、物議を生み、『何だったのか?』と首を傾げたくなるような問題となり、そして沈静化していったSTAP細胞論文偽装疑惑問題は、まだ本当の決着が付いていなかったようですね。

実際にSTAP細胞があるのか無いのか、正直よく分かりませんが、社会をこれだけ巻き込んでしまっているだけに、もういい加減に決着を付けてほしいものです。

 

小保方晴子の博士号取り消し騒動とは?

小保方晴子

小保方晴子

何かと騒動を引き起こしている小保方晴子さんのSTAP細胞論文偽装疑惑問題は、理研だけの問題ではなく、彼女の母校であり、博士号の称号を与えた早稲田大学でも問題視され、彼女の博士号認定取り消しという大問題へと発展してしまいました。

本当に何が何だかと言った印象で、私達一般人からしてみれば、どうでもいい話ということも出来るわけですが、小保方晴子さんがこれだけの騒動を巻き起こしたSTAP細胞問題だっただけに、多くのネットユーザーも、何かと関心を持っているみたいですね。

それにしても、なぜ早稲田大学は、わざわざ小保方晴子さんの博士号の認定を取り消したのでしょうか?

一応、博士号を取得した際に出された小保方晴子さんの論文が、実質的な審査対象論文と異なった初期構想時の論文を誤って提出したということで、冒頭でもお話した通り1年間の猶予をもって、彼女には論文の再提出が求められました。

小保方晴子さんの再提出の結果、それが早稲田側の満足いく論文ではなく、博士号認定には不適合とみなされ取り消したそうです。

とは言え、これは建前の理由で、おそらくは小保方晴子さんに早稲田大学が博士号を与えたままでいると、これだけ騒動を巻き起こしてしまったことで、早稲田大学の社会的心象が大きく損なわれてしまうと考え、彼女の博士号を取り消したのでは?と思われます。

そもそも1年の猶予があるわけで、たとえ再提出した論文が納得いくものでなかったとしても、どこが駄目なのか再提示し、再び提出のチャンスが与えられるはずです。

しかも、小保方晴子さんは、今回の一件で、体調も崩し現在療養中の身で、満足いく論文をつくり上げるだけの体力すらない状態だそうです。

そんな小保方晴子さんに対する配慮は一切なく、一発で不合格として博士号認定を取り上げようとしたわけで、やはり早稲田大学の社会的イメージの損失を恐れたトカゲの尻尾きりとしか思えない状況に見えます。

少しでも良いイメージを持つものは、まるで自分の手柄のようにもてはやし、一方、少しでも損失になるものは、全ての責任をなすりつけてでも、切り捨てる…

早稲田大学そのものが、別に何か悪さをしたわけではありませんが、少しでもネームバリューを傷つけるものとは、一切関わりたくないというそのスタンスは、人情の欠片も無く、ある種酷い話とも言えるでしょう。

そしてこの早稲田大学の小保方晴子さんの博士号認定取り消しが、新たな騒動を勃発させることとなってしまうのです。

 

博士号取り消しに対する小保方晴子の姿勢

考える女性

早稲田大学が、小保方晴子さんへの博士号認定を取り消した問題で、当然のごとく小保方晴子さんは、早稲田大学に対して異議を唱えます。

先程もお話したとおり、小保方晴子さんの博士号認定時に提出した論文は、審査対象と異なる初期構想時の論文だったことは、紛れも無い事実のようで、そのことは彼女も認めています。

問題はここから先の話でした。

小保方晴子さんは、早稲田大学から論文の再提出と、再度提出へ向けての指導を受けるチャンスをもらうことが出来、このために大学設置の調査委員会に指摘された問題点を全て修正した上で、論文を再提出したわけですが、それにもかかわらず、早稲田大学には博士号認定不適合と判断されてしまうのです。

そもそも審査委員会が指摘した部分をすべてクリアして再提出したにも関わらず、『満足いく結果を出せていない』と不適合にされてしまう理由すら分かりません。

また再提出に1年の猶予があったにも関わらず、この扱いには、小保方晴子さんも納得がいかないでしょう。

そもそも、小保方晴子さんが論文再提出を早稲田大学に求められた際には、「指摘した部分を修正すれば大丈夫」と言っていたにも関わらず、いざ論文を提出しようとすると、

『今回は合格する可能性がとても低い』

と伝えられ、不合格の理由も

『博士号として認められない』

の一点張り…

また今回のSTAP細胞論文偽装疑惑問題で、小保方晴子さんが物議を生んだことを背景に、『その反応を見たら不合格は明らかだ』と言われ、論文の内容と関係ないところで、博士号認定不合格にされてしまっていたため、小保方晴子さんとしては、早稲田大学の対応が公平性に欠いているとし、今回の決定に失望したとコメントしたのです。

また、博士号認定向けに論文を書き上げるに十分な健康状態でないにも関わらず、そのことへの配慮は一切なされず、むしろそのことが不合格の理由の一つにされてしまったというのですから、小保方晴子さんの論文をそもそも認める気が最初からなかったことがよくわかります。

これらを理由に小保方晴子さんは、あまりの公平性を欠いた早稲田大学の大学調査委員会に対して立腹し、訴訟も辞さない構えで、徹底抗戦しようとしているわけです。

確かに論文偽装疑惑問題は事実発生していますし、早稲田大学側に出した論文にも不手際があったわけですから、最初からそれを理由に博士号を取り上げられているのであれば、小保方晴子さんも文句も言いようがありません。

しかし、最初から博士号を取り上げるつもりでいたにもかかわらず、体裁だけのチャンス…あたかも小保方晴子さんにチャンスを与えたというパフォーマンスを見せた早稲田大学の考えが、あまりにも人として、モラルの欠いた対応だったと言わざるをえないのです。

果たしてこの小保方晴子さんの博士号取り消し騒動は、どのような決着を見せるのか、今後の動向に注目ですね。

 

まとめ

小保方晴子さんは、STAP細胞論文偽装疑惑問題をきっかけに、理研を辞め、日々マスコミからも追われ、体調不良まで引き起こし、現在療養中の身にあるそうです。

そんな中、今度は早稲田大学の博士号をも取り上げられるトラブルに見舞われました。

しかも、本来ならば不足していた部分を修正して、論文を再提出すれば、博士号を取り上げはしないと言われていたにも関わらず、社会的な背景や、小保方晴子さんの体調不良などを言い訳に、再提出した論文を不合格にし、早稲田大学は、一方的に彼女から博士号を取り上げたのです。

その事に小保方晴子さんは大激怒し、訴訟までおこす構えだと言っているそうです。

果たしてこの騒動は、どのように決着を迎えるのか、これからもその動向に注目したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事