星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

テラフォーマーズ(実写映画)のキャストと内容の評判が最悪の理由

更新日:

ミラクルジャンプや、週刊ヤングジャンプで連載され、現在でも爆発的人気を誇る漫画作品『テラフォーマーズ』が、実写映画化されましたね。

どうやら映画『テラフォーマーズ』の評判は、人気漫画『進撃の巨人』の実写映画化と同じような様相となっているようです。

実写化困難な漫画作品を強引に実写化してしまったため、案の定というべきか、どこの評価・レビューを見ても、

批判、批判、批判…

で、まさに炎上状態。

では、なぜ実写映画『テラフォーマーズ』がここまで炎上してしまったのでしょうか?

その理由・原因を、当記事で探ってみようと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大人気漫画『テラフォーマーズ』

テラフォーマーズ

まず、実写映画化された『テラフォーマーズ』という原作漫画のストーリーをもとに解説していきます。

 

21世紀の世界で、異常に人口が増え、対応に困り果てた人類社会。

その人類の一部を火星に移住させて問題を解決しようと考えた『火星移住計画』の総仕上げに入ろうとしていました。

その仕上げとは、500年前に火星に放ったある生物の駆逐。

そして、それをミッションとして与えられた15人の隊員たち。

慣れない火星という土地で、しかも人類以上に進化を遂げた生物と対決しなければいけなくなり、絶体絶命に追い詰められた15人の隊員たちの運命はどう転がっていくのか…?

 

というのが、『テラフォーマーズ』のストーリーです。

『テラフォーマーズ』は、ある意味、

人類を守るために巨人に立ち向かう勇士達の物語を描いた漫画作品『進撃の巨人』にも似ている設定

の作品ですね。

ただ純粋に人間が生きるために闘う、壮大な背景のもとで魅力的なバトルが描かれているストーリーとして、絶大な人気がある作品なのです。

『テラフォーマーズ』の単行本コミックス売上数も

1300万部

というのですから、いかに人気があるかが伺えるかと思います。

そんな超人気漫画作品である『テラフォーマーズ』ですが、三池崇史監督によって実写映画化されたのを覚えていますか?

『テラフォーマーズ』ファンとしては、もう記憶から抹消してしまっているかもしれませんが…。

三池崇史監督といえば、映画作品が素晴らしいものに仕上がるならば、タブーも辞さないスタンスを持っている映画監督です。

壮大なスケールの物語として描かれている『テラフォーマーズ』だけに、これまでの常識を打ち破るような、良い意味での問題作を創りあげてくれる…。

そう思っていたのですが、残念ながら、実写映画『テラフォーマーズ』は、

悪い意味での問題作

となってしまい、批判が噴出。

その直近でいえば、

『進撃の巨人』の実写映画を超える酷さ

となってしまっています。

では、そんな実写映画『テラフォーマーズ』は、どのようなキャストなのでしょうか?

 

実写映画『テラフォーマーズ』のキャスト

それでは実写映画『テラフォーマーズ』のキャストを紹介していきましょう。

実写映画『テラフォーマーズ』のキャスト

小町小吉:伊藤英明

秋田奈々緒:武井咲

武藤仁:山下智久

蛭間一郎:山田孝之

ゴッド・リー:ケイン・コスギ

森木明日香:菊地凛子

堂島啓介:加藤雅也

大張美奈:小池栄子

大迫空衣:篠田麻里子

手塚俊治:滝藤賢一

連城マリア:太田莉菜

榊原:福島リラ

吉兼丈二:渋川清彦

総田敏雄:青木健

町岡隆太:長尾卓也

虎丸陽:黒石高大

本田晃:小栗旬

そうそうたるメンバーが揃っていますね。

これだけの豪華キャスト陣だったので、映画の出来を期待して映画館へ足を運んでしまった人も多いと思います。

ここで

『運んでしまった』

という表現を用いたのは間違いではありません。

後述する評判・評価からして、実写映画『テラフォーマーズ』を見てしまった人は、ある意味で被害者です…。

 

さて、それはさておき、『テラフォーマーズ』主人公の小町小吉役には、伊藤英明さんが起用されています。

伊藤英明さんと三池崇史監督と言えば、『悪の教典』コンビですね。

また、珍しいキャストと言うと、ケイン・コスギさんに目がいくと思います。

筆者としては、久しぶりにケイン・コスギさんを見たと思ったのですが、それもそのはず。

しばらくケイン・コスギさんはハリウッドを中心に活躍していて、2007年にハリウッド映画の『DOA/デッド・オア・アライブ』でデビュー。

さらに2014年のハリウッド映画『TEKKEN 2:KAZUYA’S REVENGE』では、初主演を勝ち取るという成長を果たしました。

どちらも日本の格闘ゲームが原作の映画というのが、また面白いところですね。

…と、ここまでで実写映画『テラフォーマーズ』の豪華なキャスト陣の紹介をおわります。

 

結果、どうなったかと映画の封を切ってみれば、キャスト陣はかなり豪華だというのに、

映画のその他の要素は全くと言ってダメ

という評価。

初週で300スクリーンもあったのに、たったの1.5億という興行収入で、最終目標は30億だったそうですが、結果は10億にも満たなかったのだとか…。

これでは大コケもいいところですよね。

これを知り、キャストがいくら豪華でも、決して良い映画を作れる保証はない…

ということを、実写映画『テラフォーマーズ』で、まざまざと実感させられました…。

 

テラフォーマーズの実写映画の評判が最悪の理由

漫画原作を映画実写化した末路と言うべきなのか、実写映画化された『テラフォーマーズ』は、映画を観た人からの批判が続出し、炎上状態になったほどの最悪の評判でした。

どのくらいひどいかというと、

実写化映画史上最悪と言われた『デビルマン』と比較しなければならないほど

と言えば、わかるかと思います。

要するに、実写化映画史上最低を争うような、あまりにもひどい映画に『テラフォーマーズ』がなっている評判なのです。

実写映画『テラフォーマーズ』について、ネット上での主な評価レビューをまとめてみると、

「(同時期に)『ズートピア』や『シビルウォ―』をやってるのに、わざわざ『テラフォーマーズ』を見ようとするのは、余程のクソ映画好きとしか考えられない」

「予告の時点でどう考えても進撃以下な地雷だったのに、ちゃんと見に行った人は褒めたたえたいよ」

「見た記憶を抹消したい映画ナンバーワンになったわ」

「まるで味噌のない味噌汁のようだ」

「原作ファンを馬鹿にするためだけに作った作品としか思えん」

など、散々な言われよう。

また、原作『テラフォーマーズ』の設定的にも、

「日本人が全くいないのに、実写映画で日本人ばかり起用するのがそもそも間違いだった」

とも言われています。

(実写映画では原作設定を改変してしまい、全員が日本人ということになっています)

これらの批判の中でも、筆者の中で一番わかりやすかったのが、実写化映画史上最低作品の『デビルマン』と比べたレビューで、

「『デビルマン』から主役の棒読みなどのネタ要素を削り取った、ただつまらないだけのどうしようもない映画」

というコメント。

実写化映画史上最低最悪と言われたあの『デビルマン』は、実写化映画でやってはいけないこと、いや、実写化どころか、映画においてやってはいけないことのオンパレード。

いわば反面教師的な意味での、映画制作におけるバイブルといえる作品として有名です。

怖いもの見たさで一度、筆者も見たことがあるのですが、主演の演技初挑戦の双子アーティストの棒読みで、まず気が抜けてしまい、

「ハッピーバースデー、デビルマン!」

の展開で、頭に"はてな"が浮かび上がり、見るのがあまりにも苦痛になったほど。

しまいには、途中でまともに観る気が失せ、携帯ゲームをするついでに流し見してしまいました。

ただ、『デビルマン』の場合は、

  • 演技経験もないようなキャストを主役に起用し、棒読みを連発
  • 原作ぶち壊しの唐突な謎発言

など、失笑ではあるものの、ほんの数ミクロンほどですが、笑えるネタ要素がありました。

もちろん、スキップできない映画館でこれを見るのは相当な苦痛だと思います…。

しかし、『テラフォーマーズ』には、『デビルマン』唯一の救いだったネタ要素すらなく、ただただつまらないだけという評判なのです。

ある人のレビューでは、

「映画を見ているにつれ、だんだん感情がなくなるだろう」

とすら言われてしまうほど、どうしようもなくつまらない映画になってしまっているようです。

一応、実写映画『テラフォーマーズ』の擁護意見に、

「『デビルマン』よりまだマシ」

「役者は完璧なだけに、『デビルマン』と同じラインは言い過ぎだろう」

というコメントもあります。

ただ、あくまで『テラフォーマーズ』の良し悪しの判断の基準が『デビルマン』なのです。

 

これらのレビューをまとめると、

実写映画『テラフォーマーズ』は相当ひどい!

ということだけは伝わってきますね。

いわゆるクソ映画と言われる中でも、良いクソ映画と悪いクソ映画があるのですが、『テラフォーマーズ』は、どうも後者になってしまったように見受けられました。

いろいろ見ていて、唯一笑えたところが、

「特別協賛:アース製薬」

というスタッフロールだった…

なんていう話もありますし、映画『テラフォーマーズ』の内容については、全く評価に値しないと考えて良いようです。

 

まとめ

ミラクルジャンプや週刊ヤングジャンプで連載されている大人気漫画『テラフォーマーズ』の実写映画化。

案の定というべきか、実写映画は大批判の嵐で炎上状態に…。

実写化の中でも伝説級のひどさを誇った映画『デビルマン』が比較に出されてしまうほど、『テラフォーマーズ』はひどい映画に仕上がってしまったようです。

ある意味で話題作となってしまい、『ガッチャマン』、『デビルマン』に次ぐ、不名誉な意味で、『テラフォーマーズ』は歴史に残る作品にランクインしてしまったと思います。

もうそろそろ、実写化が困難と言われている漫画作品の実写映画化は、やめたらどうでしょうか…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.