星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

口喧嘩で相手に勝つ方法や強くなるコツ!負けるパターンは怒り?

投稿日

人間なら誰しも喧嘩の1つや2つはあると思います。

この喧嘩で暴力という形で相手を傷つけたら、喧嘩両成敗で罰せられますが、何故か口喧嘩となると、それは暴力とはみなされず、言葉でどれだけ相手を傷つけても誰にも文句を言われない…

本当に理不尽な世界で、

『権力を持っていたら何をしても許されるのか?』

と、強い憤りを抱く方が、中にはいらっしゃるでしょう。

はっきり言って、口喧嘩も暴力による喧嘩も、行為そのものは同じことで、とても許されたことではありません。

しかし、裁判でも有罪・無罪を争うように、時には口論という形で、口喧嘩しなければならない時があるのも事実です。

そこで本記事では、最悪の事態に備えて、相手に勝つため口喧嘩が強くなるコツ・方法・対策をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

口喧嘩はどんなときに起こるの?

怒りの男性

みなさんは口喧嘩をしたことがありますか?

きっと誰もがこれまでの人生の中で、1度や2度は「口喧嘩の経験がある」と答えられることと思います。

喧嘩のない世の中が続いていけば、一番良いのですが、人間という生き物は、本当に未熟で愚かな面を持ち併せているので、自分の主義主張を強引に押し通そうとして、その結果、不満を持つ人達と、衝突し、それが口喧嘩へと発展することは、しばしばあります。

口喧嘩で済めば、まだ不幸中の幸いなのかもしれませんが、実際に暴力にまでエスカレートし、最悪、相手を命を奪うなんて事件になってしまうこともあるのですから、本当にちょっとした喧嘩と言っても、ゾッとする光景だといえますね。

出来ることなら避けたい口喧嘩ですが、そもそも何故口喧嘩は起こってしまうのでしょうか?

簡単に言えば、相手への理解不足・思いやりの欠如に尽きると思います。

例えば、現在放送中のドラマ『下町ロケット』で、ナカシマ工業が佃製作所に対して起こした特許侵害訴訟も、相手への配慮が全くありません。

佃製作所の持つ技術力を狙って起こしたナカシマ工業側のワガママな訴訟裁判で、当然、佃製作所も自身を守るために戦います。

これは裁判という形で示した、ほんの一例にしか過ぎませんが、誰しも自分の中に持つ正義というものがあるはずです。

それは常識的だったり、思い込みだったりするわけですが、その正義を振りかざして主義主張を強引に押し通してしまうと、結果的に相手への配慮がなされていなかったり、相手のことを全く理解できていなかったりすることが多く、それで口論となってしまうのです。

もちろん、人間は未熟な生き物で、どんなに争いごとが嫌いな人であっても、時に黙っていられずに口喧嘩をしてしまうなんてことはよくある話です。

筆者のように猪突猛進なタイプは、もう口喧嘩なんてしょっちゅうあったりもします。

例えば、スーパーなどでよく使われているショッピングカートを、指定の位置ではない所、駐車場などに無造作において帰る不届き者を見ると、それだけで激怒して口論になることも…

もちろん駐車場のあちこちに無造作に置いている人が悪いわけで、そんなことを許していたら、ショッピングカートが元で何か事故が起こってしまうかもしれませんし、許してはいけないことは明らかなことです。

しかし、相手側からしてみれば

『たったそれくらいのことで…』

となってしまい口喧嘩となってしまうわけです。

まぁ、そういう身勝手な人に、やさしく

『すみません、カートを元の位置に戻してくださいね』

と注意したところで、それを素直に聞いてくれる人など、1割にも満たないと思います。

しかし、それでも優しく笑顔で言うのと、最初から激怒してしまうのでは、全く異なります。

当然、喧嘩腰に激怒して相手に突っかかっていけば、必ずと言っていいほど口喧嘩が勃発してしまうのです。

世の中に争いごとが消えず、裁判という名の口喧嘩が絶えず行われているのも、こういった相手への配慮の無さ、自分の正義の主張などが、主な原因となって巻き起こってしまうわけで、生きていたら良くも悪くも、口喧嘩は避けては通れないのです。

 

口喧嘩で負けるパターンと勝つパターン

怒りの男性

さて、口喧嘩は先程もお話したように、生きていたら、大なり小なり必ずどこかで起こり、避けては通れないものです。

それが、どんなに正しいことであっても、口喧嘩であることに違いなく、お互いに傷つけ合うことは、許される行為ではありません。

しかし、一切口喧嘩せずに、何でも相手の言い分を聞き受けてしまっていては、自分を見失ってしまい路頭に迷うだけでなく、息苦しさから自分の命を捨てることへ踏み込んでしまうことも十分考えられます。

とくに子供のいじめ問題で、自分の命を捨てるパターンの大半が、先生や友達・ご両親に相談することすら出来ず、また相手に対して口喧嘩として主義主張を唱えることも出来ずに、一人で全てを抱えてしまい、生きることから逃げてしまうケース。

これは非常に多いですよね。

もちろん、いじめをすることは最低な行為で、どんな理由であっても、許されて良い訳がありません。

しかし、その事に自分自身で主義主張を唱えなければ、当然、いじめていると抗議することなど出来ず、どんどん相手のやりたい放題になってしまうだけです。

非常に残念な話ではありますが、喧嘩は良くないと言いながらも、それは所詮、綺麗事に過ぎず、誹謗中傷はNGだとしても、時には口喧嘩してでも自分を守らなければ、もう生きていくことすら出来ない世の中になってしまっているのも事実なのです。

では、口喧嘩で負けないためにはどうすれば良いのか…

その前に、何故口喧嘩で負けるのか、そして口喧嘩で勝つ人はどういう人なのか、その傾向を見ていきましょう。

まず、口喧嘩で負けるパターンの大半が、冷静さを欠いてしまい、一方的にまくし立てているケースです。

相手のグウの音が出ないほど淡々と理路整然に語るならまだしも、何の根拠もないのに勝手な正義を振りかざし、クレームを入れるパターンは、立場や権力を持っていればまだしも、対等な立場であれば100%負けてしまいます。

例えば、モンスターペアレントと言われる人たちのクレームなんて、まさにその代表的な例ですよね。

コンビニなどでかつて見かけた、『おでんに付属する味噌や辛子を大量に付けてくれないと激怒されるお客さん』に対して、低姿勢で店員は頭を下げて、お客さんの満足いくまで味噌をおまけしてくれる光景も、『お客さん』という立場を振りかざしているからこそ、勝てる話。

もしこれが対等な立場なら、味噌1つにおいても経費がかかっているわけですし、それで他のお客様にもおまけしてあげられなくなる可能性もあるわけですし、そもそも怒鳴りこんでくるようなお客さんに、心象として、おまけすることなんてありません。

あくまで立場や権力に負けて、その場を収拾するためだけに、一方的に要望に応えてくれているに過ぎないのです。

これは、あくまでほんの一例に過ぎません。

対等な相手に、一方的に理不尽なことをまくし立てたとしても、相手は全く納得してくれず、口喧嘩で勝つことなど夢のまた夢であり、そういう人は、大抵理路整然と相手の反撃にあい、撃沈するのが関の山と言っていいでしょう。

一方、口喧嘩で勝つ人の傾向としては、冷静に状況を判断し、理路整然と相手に理詰めしていくパターンが大半です。

口喧嘩である以上、最終的に自分の意見が正しいのだと、相手を黙らせる様な納得のさせ方をさせないと、口喧嘩で勝つことにはなりませんよね。

勝つか負けるかを決めるのは、100%相手を平伏せさせるかどうかに限ります。

口喧嘩をする場合は、裁判と同じで、『100%自分の主義主張が正しい』と、相手に証明しなければなりません。

そんな大変なことをするのに、冷静さを欠いて、目的を達成することが出来るのでしょうか?

大抵は、どこかでボロが出てしまい負けてしまうだけで、冷静に一歩引いて戦略をたて、理路整然と相手を理論で牛耳っていく人ほど、口喧嘩で勝つことが出来るのです。

もし口喧嘩している動画や、光景などがあれば、客観的に観察してみてください。

きっと負ける人の傾向と、勝つ人の傾向は、今ご紹介したようなパターンに当てはまっているかと思いますよ。

 

口喧嘩で相手に勝つためのコツや必勝法・対策

いいねの男性

先ほど口喧嘩で負ける人・勝つ人の傾向をご紹介した際にも話したことですが、口喧嘩で相手に勝つための必勝法・対策は、勝つための冷静な分析・情報収集と、理論による追い詰め以外に道はありません。

理詰めで相手を追い込むためには、まずは一歩引いて冷静に相手の意見を聞かなければ、反論のしようがありませんよね。

これはこちらから言葉で攻撃するときも同じで、相手に注意するときに、反論された場合も冷静に相手の意見を聴いた上で、反論の矛盾点を冷静に指摘し続け、再び反論できないようにすれば、必ずと言っていいほど口喧嘩では勝てます。

ところが、大抵の場合、感情に流されてしまい、冷静な判断が出来ず、相手の矛盾点を突くことすら出来ないから負けてしまうのです。

逆に言えば、口喧嘩は、いかに相手を怒らせ、冷静さを無くさせるのかで勝負がすべて決まると言っていいでしょう。

相手に同じ土俵に登らせること無く、相手の主張の矛盾点を徹底的に突いて、グウの音も出ない様な反撃をするよう心がけましょう。

そのために重要だと筆者が考えていることを、最後にもう一つだけお話しておきます。

それは、常に物事をあらゆる角度で冷静に分析する癖を身につけておいてください、ということです。

何故このような話をするのかというと、相手の立場に立ち、心理を考えた上で物事を考えていると、双方の立場の気持ちを把握することが出来るため、何処をどう指摘されたら口喧嘩で倒せるか、手に取るように分かってくるのです。

例えば、子供のイジメ問題などで、いじめている側の人達を注意するときに、『いじめなんて最低』と批判することで、必ずと言っていいほど『イジメられる側にも原因がある』と反論されますが、こんな時も、いじめる側の立場が分かれば、十分反論は可能です。

何も考えず「確かにそうかも」と思うと、そこから突き崩され、口喧嘩にも負けてしまいます。

しかし、冷静に、

『原因があるなら何故冷静に注意できないの?』

とか、

『じゃあ、気に入らないから、何をしても許されるの?』

と、いろいろ理論的に崩すことは可能ですよね。

たとえ相手に原因があったとしても『いじめをして良い』という法律など存在していません。

その事を冷静に指摘した上で、さらに『俺の気持ちなんてわかられてたまるか』と逆上されたとしても、『相手の行動が気に入らないからといって、それがいじめて良い理由にはならないし、そんな奴の気持ちが分かるわけがない』と冷静に反撃することが出来たりもします。

しかも、

『じゃあ、俺もお前の行動が気に入らないから、いなくなってくれる?』

とトドメの一言を言ってしまえば、

『何でそんなことしないといけないの?』

と逆上します。

こうなれば誘導通りで、

『そうだよね、嫌だよね、おかしいよね…気に入らないから攻撃なんて間違っているよね…』

といえば詰みます。

相手の立場を熟知したうえだからこそ、このような話の展開は出来ますが、全く知らずに口喧嘩をした場合、どこかで言葉が詰まってしまい、感情的になってしまいます。

だからこそ、あらゆる角度で、双方の立場やモノの見方を捉え、分析することが、口喧嘩で勝つためには重要なのです。

人間って本当に愚かで未熟で、だからこそ日々成長が見られて面白い存在ですが、その分、失敗やボロがたくさんあります。

冷静に全ての物事を対処できる人なんて、本当に一握りの方だけです。

テレビ番組などで、有名弁護士などが、何かと討論することがありますが、はっきり言って誰ひとりとして、常に冷静さを保ち、淡々と口喧嘩(口論)で相手を打ち負かす姿など、何一つ見たことがありません。

あの北村弁護士ですら、人狼バトルしていた時には感情をむき出しにし、面白いほどボロを出しまくっているのですから、それは難しいことなのです。

ただ、口喧嘩で、かならず勝つためには重要なことなので、まずは冷静になることから、はじめてみてください。

何度も言いますが、人は必ず口論という形で戦わなければいけない時はやってきます。

万が一そういう時が来た時のために、みなさんもしっかり心の準備をしておきましょうね。

 

まとめ

口喧嘩は、どんな方でも必ず1度や2度はやっています。

もちろん許されることではありませんが、主義主張が食い違い、その上で相手への配慮がなくなれば、喧嘩は起こりますし、それを完全になくすことは出来ません。

何かを守るときには、口喧嘩を仕掛けなければならないこともあります。

そんな口喧嘩で勝利し、大切なあなたの正義を守るためには、クールに徹して相手の言い分をしっかりと聞いた上で、矛盾を探しそれを突きます。

また、感情論で揺さぶりをかけてきた時に備えて、相手の立場・気持ちを分析しながら、冷静に弱みを理論で突く必要もあります。

物事を様々な角度で分析し、冷静になって判断するほど、口喧嘩に勝つ確率は上がります。

まずは『冷静に!』そのことを心がけてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学