星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

和田毅がソフトバンクで日本復帰の理由!2016年の成績や年棒は?

更新日

先日、アメリカ・メジャーリーグのシカゴ・カブスを自由契約になり、その去就が注目されていた和田毅投手ですが、なんとソフトバンクホークスと基本合意を果たし、来シーズンから日本球界への復帰が濃厚になったとのこと。

正直なところ、和田毅投手のようなピッチャーが加入することで、ますますソフトバンクがパ・リーグ一強となり、パ・リーグがつまらなくなりそうで、筆者的には嘆かわしいばかりなのですが…。

そして、日本球界へ復帰する和田毅投手の年棒はどのくらいになるのか?

また、これまでの成績や、日本球界復帰後に、和田毅投手がどの程度の成績を残せるのか、なども気になる所です。

そこで当記事では、日本球界・ソフトバンク復帰が濃厚となった和田毅投手について、まとめて見たいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

メジャーから和田毅がソフトバンクで日本復帰!

和田毅

和田毅

2012年にメジャーリーグのボルチモア・オリオールズへ移籍したものの、1年目から怪我に苦しみ思うような成績を残せず、わずか1年で自由契約になってしまった和田毅投手。

その後、2013年にはシカゴ・カブスと、マイナー契約を交わし、シーズン終盤にはメジャー初登板を達成。

さらにメジャー初勝利も挙げましたが、残念ながら今回、再び自由契約となってしまい、和田毅投手の今後の去就が注目されていました。

元々日本球界復帰の噂も流れていた和田毅投手でしたが、先日、古巣ソフトバンクと基本合意し、日本復帰がほぼ確定的になったと報道がありましたね。

かつて斉藤・杉内・和田・新垣の4本柱として1時代を築いたことは、まだまだ記憶に新しいですが、今では斉藤投手が引退、杉内投手は巨人へ移籍、新垣投手はヤクルトへ移籍と、当時の4本柱が、誰1人としてホークスにいないという状態でした。

そんな中、かつてチームを支えた左のエースが、ソフトバンクに帰ってきます。

2015シーズンは圧倒的な強さで優勝、日本一に輝いたソフトバンクホークスですが、主な先発投手は攝津、中田、武田、バンデンハーク、スタンリッジと右腕ばかりでした。

ソフトバンクの左腕では、大隣投手がいましたが、怪我により長期離脱、さらに手術をしたこともあり、2016シーズンの戦力として見るのは、現状では難しく、先発左腕が目に見えて不足しています。

そこにかつてソフトバンクホークスのダブルエースとして活躍していた和田毅投手が加入すれば、貴重な先発左腕としてだけでなく、チームの雰囲気にも良い影響を与える大きな存在となってくれることでしょう。

ソフトバンクの球団としての金銭面も問題はなく、李大浩選手や、スタンリッジ投手が退団濃厚とされていますし、2人で合計6億円が浮きます。

和田毅投手も

「(ソフトバンクが)アメリカに行くにあたって、快く送り出してくれた」

と語っており、ソフトバンクホークスへの感謝は、ただならぬものがあるでしょう。

メジャー初登板を果たした2014年には、王会長、秋山監督(当時)に、いち早く報告をしたほどです。

そして、自由契約になった2015シーズンオフには、真っ先に興味を示してくれたであろう古巣ですから、日本球界でプレーするならソフトバンクホークスで、と和田毅投手の心も既に決まっていたのでしょうね。

上記のように、和田毅投手の日本復帰理由としては、古巣への恩返しをしたいという想いがあったのだと思います。

和田毅投手は、松坂世代ということもあって、世代筆頭である松坂大輔投手が、『給料泥棒』呼ばわりされる今、若干の不安を感じることもあるかもしれません。

怪我明けの影響は多少なりともあるかもしれませんが、和田毅投手の日本プロ野球での登板間隔は、メジャーリーグより長い間隔ですし、筆者としては、おそらく大丈夫だろうとは思いますが…。

とにかく和田毅投手の2016シーズンの活躍に期待ですね!

 

和田毅の2016年の年棒はいくら?

お金

ソフトバンクホークスで日本復帰することとなった和田毅投手。

はたして、その年俸はいくらぐらいになるのでしょうか?

親会社の赤字が膨らみ続けていますし、そうそう大金はかけられないと思います。

しかし、かといってあまりに安ければ、他球団にマネーゲームで負けてしまうこともあったはずです。

年俸について、詳しいことはまだ明かされていませんが、どうやら、和田毅投手には、ソフトバンクホークス在籍最終年の年俸・3億3000万を基本とした複数年契約を提示していると見られています。

和田毅投手は、トミー・ジョン手術を受けて復帰してからは、平均球速が上がったといいますし、奪三振率もホークス時代から変わらず高い水準を誇っているので、ソフトバンクとしては、「怪我の影響はないだろう」と踏んでの提示でしょうね。

ソフトバンクが複数年を考えていると言うことで、おそらくは松坂大輔投手のように、3年12億ほどの契約になると思いますが…。

現在、和田毅投手はメディカルチェックを終え、ソフトバンクとの契約交渉も詰めの段階に入っている模様。

近日中には何らかの発表があると思いますので、その発表を待つことにしましょう。

 

和田毅のこれまでの成績を紹介

和田毅

和田毅

それでは、和田毅投手のこれまでの成績を振り返ってみましょう。

とは言っても、メジャーリーグでは怪我に泣かされ、1年間で4勝4敗、防御率3.25という残念な成績しか残っていないので、メジャーについて語ることはあまりなく、和田毅投手のソフトバンク在籍時の紹介が主になりますが…。

ということで、和田毅投手のソフトバンク時代の成績をご紹介します。

★はその年に獲得したタイトルを表します。

 

2003年 14勝5敗 防御率3.38 ★新人王

2004年 10勝6敗 防御率4.35

2005年 12勝8敗 防御率3.27

2006年 14勝6敗 防御率2.98

2007年 12勝10敗 防御率2.82

2008年 8勝8敗 防御率3.61

2009年 4勝5敗 防御率4.06

2010年 17勝8敗 防御率3.14 ★ベストナイン、MVP

2011年 16勝5敗 防御率1.51

 

何と言っても、和田毅投手が化け物じみている成績としては、1年目の14勝5敗という素晴らしい成績での新人王と、ルーキーイヤーから5年連続2桁勝利というところでしょう。

2008年も北京オリンピックさえなければ2桁勝利を達成していたでしょうし、自己ワーストの成績となった2009年は怪我をしてしまったゆえの成績です。

事実、怪我から復帰した2010年には自己最多の17勝をマークし、シーズンMVPにも選ばれています。

メジャーリーグでも、トミー・ジョン手術を受けてから復活した和田毅投手は球速が上がり、さらにはツーシームを習得して、投手としてパワーアップするなど、怪我を乗り越えるたびに進化しているようにも感じますね。

そのため、怪我の影響も感じさせないでしょうし、おそらくは広島カープの黒田博樹投手のようにシーズンを通じて活躍してくれることと思います。

2016シーズンの活躍予想をするとすれば、怪我さえなければ普通に2桁勝利はできそうな気がしますね。

なんといっても、チームがチームですから、多少の失点もソフトバンクの超打撃力でカバーしてしまいます。

それに、ソフトバンクホークスへの恩返しをしたいという和田毅投手自身の想いも強いでしょうし、これまで以上に気合の入ったシーズンとして、フル回転したいと思っているでしょう。

もしかすると、キャンプやオープン戦での仕上がり次第では、和田毅投手が開幕投手ということもあるかもしれませんね!

ただ、フル回転が空回りして怪我をしてしまい、和田毅投手がまさに松坂2世となって

「給料泥棒だ!」

と言われてしまわないよう、気を引き締めて2016年に臨んで欲しい思います。

 

おわりに

ソフトバンクホークスの4本柱、そしてダブルエースとして長年ホークスを支えた和田毅投手の古巣復帰が濃厚となり、ホークスファンにとってはまたとない朗報になったのではないでしょうか?

不足していた左腕を補強できたわけですし、その補強した投手が、かつてホークスを支えたエースの1人ですから、これでチームの士気も高まり、これはもう2016シーズンも再びホークスが優勝、日本一になることが濃厚な気もします。

ただ、ソフトバンクホークスファン以外からしたら、

「(ソフトバンクが)強くなりすぎて、つまらない」

という声がさらに上がってしまうこととなるでしょう。

実際、筆者もそう思っている1人です。

先日の日本シリーズをソフトバンクホークスが制した時も、戦力的に勝って当然のところが、当然のごとく勝ったわけで、ファンでもありませんし、正直あまり感動もありませんでした。

セ・リーグは巨人が凋落したことにより、1強時代が終焉を迎え、面白くなっただけに、ソフトバンクホークス1強時代は残念なところです。

もっと言ってしまえば、プロ野球もメジャーリーグのように、贅沢税をとるべきだと思います。

ただ、金満球団が有力選手をかき集め、それで優勝してしまうことほど、つまらないものはないですからね。

2016シーズンもパ・リーグは、ソフトバンクホークスが独走してしまい、面白くないシーズンになりそうですが、筆者としては、なんとか他の5球団の奮闘に期待したいですね!

ソフトバンクの記事はコチラもよく読まれています!

ソフトバンクのアニメキャラクターCM批判炎上の理由・原因とは?

iPhone6sの発売日と価格!ドコモ・ソフトバンク・auを比較紹介!

ソフトバンクの通信制限の3日で3GBはいつから?制限速度も緩和!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球