星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

ギャラクシー街道のストーリー結末ネタバレ!評価が悪い理由とは?

更新日:


三谷幸喜さん脚本・監督の映画『ギャラクシー街道』が、三谷映画史上最大級のズッコケぶりを見せたようです。

ネット上でも映画のおかしな部分で、大きく注目されてしまっています。

この『ギャラクシー街道』の映画のストーリーも、シッチャカメッチャカ。

お笑い重視というネタバレが完全にアダとなったのか、

「中身がない!」

という厳しい意見が飛び交い、それで『ギャラクシー街道』が悪い評価を受けている話もあるようです。

では本当にこの『ギャラクシー街道』は、つまらない映画なのでしょうか?

それとも、『ギャラクシー街道』に対して、一部のアンチが批判しているだけなのでしょうか?

そこで本記事で、映画『ギャラクシー街道』のストーリー結末ネタバレと共に、評価が悪い理由原因を探っていきます。

スポンサーリンク

ギャラクシー街道のストーリー結末までネタバレ

ギャラクシー街道

キャストである香取慎吾さんや、大竹しのぶさんが舞台挨拶などで語っていたように

「本当にくだらなくて、なんにもない映画」

そして、『ギャラクシー街道』を見た人の評価も、これまでにない低評価となっています。

確かに筆者としては、『ギャラクシー街道』にかぎらず三谷幸喜作品の中で、『古畑任三郎』を除く全ての作品は、

コメディ主体の作品であると強く感じ、どんどんくだらなさが強くなっている

ような印象も受けます。

それは、ミステリー作品でもあった『オリエンタル急行さつ人事件』(2015年1月放送)でも、顕著に表れています。

この作品で描かれた事件の犯人は、被害者の男性がかつて引き起こした事件の被害者たち12名全員です。

彼らは、復讐のためにオリエンタル急行に乗り合わせ、犯罪を計画していました。

そして、この物語で登場する探偵(ポアロ)は、

  • 12人の乗客全員が犯人という説
  • 外部の人間が犯人という説

の2つの説を提示し計画犯罪を暴きます。


次のページへ >

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.