星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

家電

スマホ携帯キャリアの最新お得プラン内容比較!おすすめはdocomo?

更新日:

スマホの料金は、これまで大手キャリア各社が独自のプランを打ち出しながら、基本的な月額料金などに大きな違いはありませんでした。

そのため、au・SoftBank・docomo(ドコモ)の3大キャリアの違いが不明瞭。

しかし、ここ数年は、3大キャリアに独自のお得プランが登場し、少しずつではありますが、差別化も見えてきています。

とはいえ、まだどのキャリアを選べば良いのか、わからない人も少なくないでしょう。

正直、筆者もこれまでスマホ・携帯キャリアには迷い続けていましたし、その気持ちはよくわかります。

そこで本記事で、現在の3大キャリアが提唱する料金・お得プランを比較検証し、おすすめはどこかを検証していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スマホ携帯キャリアの独自お得プランが登場

キャリア大手3社

みなさんはスマホ携帯の料金を

『高い!』

と感じたことはありませんか?

筆者は、スマホ携帯の大手キャリアの料金は、かなり高額であるにも関わらず、中にはサービスそのものが悪いと感じることもありました。

そのたびにスマホ携帯キャリアを真剣に変更しようと考えることが、たびたびあるのです。

実際に、大手3大キャリアの中で、駅構内での通話状態がひどく、そのためにキャリアを変更した経験もあります。

また、アンドロイド携帯で不具合が起こった時にサポートを要求したものの、そっけない態度をされたケースもあったのです。

各社とも、いろいろと料金プランを打ち出していますが、スマホ携帯の料金的には、さほど変わりがなく似たり寄ったりですね

 

さて、スマホ携帯の契約のネックになっているのは、データプラン。

これによって、高額のスマホ・携帯料金が発生してしまうわけです。

その料金の高さには、日本政府までが

「高いんじゃないの?」

と指摘するほど…。

当然、みなさんにとってスマホ携帯料金は高いと思うわけですよね。

例えば、docomo(ドコモ)の場合、新料金であるカケホーダイと組み合わせた契約プラン中心で、現在は旧プランは契約できない流れになっています。

このカケホーダイプランは、データパックと共に契約する必要があるのです。

そのため、他端末の分をテザリングで節約しようと考えても、

最低2GBとなる3,500円のデータパックと、組み合わせて契約しなければならない

という落とし穴が発生してしまうのです。

このことで、一気にスマホ携帯料金が高騰してしまう事態に陥ってしまったわけです。

端的にいえば、最低でも

6,500円

内訳

端末料金:0円

カケホプラン:2,700円

sp(サービスプロバイダ)モード:300円

データプランS:3,500円

が必要です。

さらに、実質負担金0円と言っても、値引きして負担金0円となっているだけで、端末代金を請求されるケースもあります。

その為、1万円の月額料金になる話は、大げさな話ではないのです。

ちなみに、カケホーダイライトプランは、

1回5分以内なら通話無料

というプランで、

それほど長時間の通話をしない人なら、カケホーダイライトプランの方が1,000円お得

となっています。

そして、docomo(ドコモ)に限らずSoftBank、auに関しても、同じような内容の月額料金プランになっています。

そこで登場してきたのが、スマホや携帯、タブレットなどで、携帯通話(通話)や、インターネットに接続するために、

SIMと呼ばれるチップを用いた、キャリアごとのロックがかかっていない『SIMフリー』を使った格安電話・データ通信プラン

(いわゆる格安スマホ)

ただし、このSIMフリーをつかった契約をした場合、大手キャリアの手厚いサポートを受けることはできません。

しかし、その分の月額料金を格安に抑えることもできるので、非常に人気。

傾向として、iPhoneやGALAXYなどの最新スマホを購入し、SIMフリー機器として、使用している人が続出しています。

ただ、そんな中、大手キャリアも料金のすり合わせをせずに、より独自性の高いお得プランを登場させてきています。

単純に他社からの乗り換えによる顧客獲得を狙うだけでなく、ユーザー流出を防ぐ対策を立てているわけです。

docomo(ドコモ)

なら、主回線の利用者が、

6年以上、docomo(ドコモ)を利用していることを条件に、パケット通信料の割引が受けられます。

最低300円~最大2,000円割引

が受けられるそうです。

au

も同じようなお得プランがあり、こちらは割引ではなく、

データ容量(500MB~2GB)を割増

してくれます。

そして、

SoftBank

では、スマホ・携帯料金を支払うことで溜まっていく、

T-POINTカードのポイントの倍率を最大3倍まで

に引き上げてくれます。

まだまだ似たようなサービスプランでありながら、スマホ携帯の大手キャリアも徐々に独自の個性が出ている新プランを登場させています。

それによって、3大キャリアが顧客離れを避けようと攻勢を仕掛けているわけです。

ユーザーにとっても、状況に併せて料金プランを選べるので、よりしっかり吟味しながらキャリアを選びたいものですね。

 

ますますわからないスマホ携帯キャリア選び

先程もお話したように、顧客離れを避けるために大手3大携帯キャリア(au・SoftBank・docomo)が、

独自の料金プランとして、

  • データ容量割増提供
  • T-POINT倍率増加
  • 料金割引

の3パターンの新料金プランを登場させることを発表しています。

いずれにしても、今まで乗り換えを検討している人ばかりが優遇されていたスマホ契約に関して、

継続利用しているユーザーにも目を向けはじめてくれている

ことはありがたい話です。

 

しかし、いまいち何がお得なのかわからないユーザーも多いようです。

実際にネットで多くの人が、これを歓迎せずに批判的な見解を示しているようにも思います。

大手キャリアは、元々の料金が割高だからこそ不満だったわけです。

多少サービスを良くしてもらったとしても、それほど劇的な変化があるわけではない意見もよくわかります。

事実、docomo(ドコモ)のカケホーダイプランに関しても、お得サービスを受けるためには、

特定の容量以上のデータプランの契約を求められ、全体的な料金としては、割高

になってしまう状況が続いています。

それだけに、

「イマイチキャリアの言うプランを信用できない」

という考えも蔓延してしまっているのです。

実際にサポートセンターにあれこれ問い合わせたとしても、ごく一部の所しか親身になって問い合わせに答えてくれません。

マニュアルありきの対応がほとんどなので、信用できないという話も理解できるでしょう。

その上で、もっと具体的に

『これだけお得なんですよ!』

と、大々的に打ち出してくれれば良いのですが、料金プランそのものが、かなり不透明でユーザー目線での説明がありません。

ただ漠然と、『お得ですよ』と謳っているに過ぎないのです。

そして、いざ契約してみると、カケホーダイライトプランがはじまった頃のように、

データプランとの組み合わせ制限によって割高になった

という悲劇も招きかねないのが現状なのです。

そのため、何を信じて良いのかわからず、不安が高まり、キャリアから離れてしまうユーザーが増えてしまうのでしょう。

筆者もその一人です。

料金が高い割には安心して使えず、それだったら格安スマホの方が良いと、docomo(ドコモ)・auからキャリアを変えてしまったほどです。

正直なところ、これには

大した違いがない

と感じてしまうような、微々たるレベルのサービスだと思います。

そして、細分化されていく、スマホ・携帯のお得プランが、

ますますキャリア選びに混乱を生じさせてしまう

様相も見えつつあるのが、現状と言えるでしょう。

 

お得プラン登場!どのキャリアがおすすめ?

スマホ携帯ユーザーたちが知りたいのは、

「結局どのお得プランが一番おすすめ?」

という話だと思います。

はっきりと論じたいところですが、それはユーザーがいったい何を重要視するのかが大きく影響すると思います。

オンラインゲームなど、年中ネット中心の生活をする人なら、細かくデータ容量追加設定ができる、auの料金プランはお得といえるでしょう。

また、スマホ・携帯を安心して使いたい人には、通信環境やサービスの安定が抜きん出ているdocomo(ドコモ)がおすすめ。

それにdocomo(ドコモ)は、DAZNなど、インターネットコンテンツが充実しているのも一つの魅力でしょう。

他社も充実はしていますが、スポーツにおいては、docomo(ドコモ)がおすすめです。

そして、普段からT-POINTカードを使用している人ならSoftBankのプランがおすすめですね。

逆に、

T-POINTカードを使用していない人には、SoftBankのお得プランは全く意味がありません

それなら純粋にdocomo(ドコモ)で月額料金を割引してくれたほうがお得だと思います。

また、そもそも月額料金が割高だと感じている人であれば、

『データ容量を追加してもらったところで、それほど嬉しいのか?』

という疑問もあるでしょう。

このように、どのキャリアのプランがより良く見えるかは人により異なります。

 

ただ、ネットユーザーの多くは、

「docomo(ドコモ)が一番マシ」

と断言しているようなのです。

各業者とお話させてもらった時には、圧倒的にdocomo(ドコモ)がマシという印象を受けました。

SoftBankは、とにかく契約させようという気『だけ』が満ち溢れています。

また、auはサポートが微妙で、マニュアル通りの対応しかできない印象を持っています。

その点、docomo(ドコモ)は、まだユーザー寄りに動いてくれる印象が強く、月額料金としても、大きく変わらないのであれば、docomo(ドコモ)一択です。

ただし、それは筆者を含めた一部のユーザーの声に過ぎません。

auやSoftBankの方が良いと考えている人は、確かにいます。

あくまでケースバイケースなので、みなさんも今一度大手キャリア3社を比較検討し、自身に適したスマホ携帯キャリアを選んでくださいね。

 

まとめ

以前からスマホ携帯キャリア大手3社(docomo・au・SoftBank)から現存ユーザーのために、お得プランが打ち出され、

  • docomo:継続年数(6年以上)・プランに応じた料金割引
  • au:データ容量割増提供サービス
  • SoftBank:T-POINT倍率拡大サービス

などのプランが提供されています。

しかし、実質的には、

「携帯料金そのものが高い」

と悩んでいるユーザーが大半で、まだまだプランには改善の余地があるように思えます。

ここではトータル的に見て、筆者はdocomo(ドコモ)の割引料金プランをおすすめします。

ドコモオンラインショップ

ただし、状況によっては他社や、格安のSIMフリーの方が合っている可能性も十分あるので、自身の状況に応じて、必要なキャリアを選ぶようにしてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-家電

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.