星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

グルメ

バーガーキングのビッグ割の期間と店舗!新商品の割引価格は?

更新日

東京・神奈川など関東周辺と、大阪を中心に全国展開されているアメリカ発祥のバーガーチェーン店『バーガーキング』。

店舗数としてはロッテリア・モスバーガー・マクドナルドほどの多くの店舗数はありませんが、他のバーガーチェーン店にない、自由なカスタマイズが出来るバーガーチェーン店として、多くのファンから支持を受けているそうです。

そんなバーガーキングで、今度新たに『ビッグ割』という割引サービスが登場するそうですが、果たしてどんな割引サービスなのでしょうか?

本記事では、バーガーキングが新たに打ち出した、『ビッグ割』という割引サービスの価格・内容、そして、サービスに対応されている店舗・割引サービス期間など、最新情報をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

バーガーキングの『ビッグ割』にユーザー激震!

バーガーキング

バーガーキング

バーガーチェーン店のライバルは、国内でもしのぎを削り合っているモスバーガー・マクドナルド・ロッテリアに続く、バーガーチェーンとしてお馴染みのバーガーキング。

バーガーキングは、主に関東周辺と、大阪中心に展開されているバーガーチェーン店ですので、残念ながらまだ店舗展開されていない都道府県も多数存在しています。

地域によっては、一見して馴染みが薄いような気もしますが、決してバーガーキングが他のチェーン店に劣っているわけでありません。

過去には、お笑いコンビ『タカアンドトシ』がMCを務めるバラエティ番組『お試しか』の名物コーナー『帰れま10』でも登場したことがあるバーガーチェーンとして、バーガーキングは知る人には知られている大手バーガーチェーン店なのです。

そんなバーガーキングが、この度、『ビッグ割』と呼ばれる実に太っ腹な割引サービスを展開すると発表されました。

何と『ビッグ割』というサービスは、たとえライバルバーガーチェーン店で発売されているバーガーを持参していても、ある条件を満たしていれば、バーガーキングで新発売される『BIG KING 4.0』が、通常価格490円(税込)のところ、370円で購入できるのです。

たかが120円の割引とおっしゃられるかもしれませんが、マクドナルドが昼マック廃止によって、ワンコインで昼食を食べられなくなったサラリーマンのお父さん連中も続出しているという話も耳にしているだけに、わずか120円の割引でも非常にありがたい話ですよね。

ちょっとサイドメニューも足して、豪華に食べたいけど、流石に500円以上は厳しい、と言うお小遣いの少ない学生や、お父さんたちがこの『ビッグ割』サービスを活用し、ちょっとだけ浮いたお金で、サイドメニューを頼むことだって可能になるのです。

もちろん120円を浮かせて、次の昼食代と併せて豪華にすることも可能ですし、何かと経済的に苦しい人たちにとっては、この『ビッグ割』は、またとない割引キャンペーンだと思いますよ。

ちなみに、既に『ビッグ割』の割引キャンペーンを受けたバーガーキングユーザーの口コミを覗いてみると、バーガーキングの新作バーガーを面白い条件で割り引いてくれて、本当に嬉しいと絶賛されている意見がほとんどです。

『ビッグ割』は、あくまで期間限定のキャンペーンですが、もう暫くバーガーキングから目が離せそうに無いですね。

 

バーガーキングのビッグ割キャンペーンの条件

バーガーキング

バーガーキング

バーガーキングの『ビッグ割』について、ネット上でもかなりの盛り上がりを見せていますが、それもそのはず、この割引キャンペーンの適用条件が実にユニークで太っ腹なのです。

では、『ビッグ割』は、どんな適用条件か、ご紹介していきます。

まずは、『ビッグ割』を受けられるのは、バーガーキングの新作バーガーである『BIG KING 4.0』を購入された方のみとなっています。

さらにサイズの大きい『BIG KING 5.0』も期間限定で発売されるそうですが、こちらはキャンペーン対象外という話でした。

キャンペーンが受けられる商品の幅は狭く、これでは太っ腹とはいえませんよね。

しかし、ご安心ください。

キャンペーン対象商品は『BIG KING 4.0』のみですが、キャンペーンを受けられる条件が、実に太っ腹なのです。

それは、『BIG KING 4.0』のバーガー名にちなんで、"BIG"と名が付いているものを提示・または、その店舗でのレシートを提示することで、『ビッグ割』の割引サービスが受けられるのです。

一番驚いたのが、マクドナルドの定番商品である、ビッグマックを持参し、割引を受けられた方がいらっしゃったらしく、完全にライバルバーガーチェーン店の商品を持参しても、何の文句も言わずに、『ビッグ割』の割引サービスに対応してくれるのですから、バーガーキングは、本当に太っ腹ですよね。

要は新商品として発売された『BIG KING 4.0』に、一人でも多くのユーザーへ関心を持ってもらおうという狙いが、バーガーキングサイドにあり、それがマクドナルドでビッグマックを購入した方でも関係なく、『ビッグ割』の割引サービスをしようとなったのだと思います。

このことからバーガーキングに何の関係もないものでも、"BIG"と名前がついていれば、あらゆるものが基本的にはOKです。

例えばビックカメラのポイントカードやレシート、駄菓子屋などでも見かける『ビッグカツ』、または、故・横山やすしさんが出演されていた『ビッグ・マグナム黒岩先生』のVHSビデオでも、提示さえすれば『ビッグ割』のサービスが受けられるのです。

もちろん、バーガーキングの店員のさじ加減的な物もありますので、中には、条件に適用しているものでも、NGと言われてしまうこともあるでしょう。

また、いくら条件をクリアしているからといって、5インチHDD (メーカー:Quantum Bigfoot)や、"ビック"でもOKということで、ルービックキューブを持参するなど、あまりにもかけ離れ過ぎたら、店員に笑われてしまうかもしれません。

バーガーキング店舗に持参するものによっては、かなり気恥ずかしさも感じられますが、店員さんさえOKを出してくれれば、ほぼなんでもありの世界だといえるでしょう。

この『ビッグ割』は、あくまでバーガーキング側の儲けよりも知名度の拡大を目的とした販売戦略なのでしょうね。

本当に、バーガーキングのこの太っ腹な『ビッグ割』には感銘を覚えた次第です。

 

バーガーキングのビッグ割のサービス期間と店舗

いつから?の女性

さて、何かとユニークで太っ腹な姿勢が伺えるバーガーキングの『ビッグ割』割引サービスですが、既にバーガーキング全店舗にて、サービスは始まっているそうです。

ただ、この『ビッグ割』が、期間としていつまで継続されるのか気になりますよね。

実際に調べてみたところ、12月中旬まで『ビッグ割』のサービスを予定しているということが分かりました。

2015年末までは対応してくれないみたいですが、後1ヶ月近くまだありますし、限定商品の販売とは異なり、割引サービスなのですから、多少のタイムラグはあったとしても、突然「完売で終わりました!」という話にはならないでしょう。

いくらバーガーキング全店舗で展開と言っても、店舗によっては、『ビッグ割』サービスにあまり柔軟に対応していないところもあるかもしれません。

それでも12月中旬までは、『ビッグ割』を存分に楽しむことが可能な割引サービスであることに違いないのですから、ここは焦ること無く、あなたのご都合にあわせて、何度でも『ビッグ割』を満喫すればいいと思いますよ。

他のバーガーチェーン店では、わがままオーダーに対応してくれる店舗もありますが、あからさまに「カスタマイズOK」という触れ込みでバーガーを販売されている店舗はバーガーキング以外にはありません。

この「カスタマイズOK」でもユニークなのに、今回の『ビッグ割』はもう極めつけな割引サービスです。

ユーザーの期待に寄り添いながら、何が一番喜んでもらえるのか、それをつぶさに捉え、その上でサービス展開していくバーガーキングの今後が非常に楽しみですね。

残念ながら、一部の都道府県には、バーガーキングが1店舗もオープンされていない、なんてところもあるので、全ての人が気軽に『ビック割』のサービスを満喫することは不可能だと思います。

しかし、関東周辺や大阪などを中心に全国展開されているバーガーチェーンではあるので、もし、お住まいのエリアでバーガーキングがオープンされている場合は、ぜひ、この機会に『ビッグ割』を試してみてくださいね。

 

まとめ

ただいまバーガーキングが、新商品として発売されている『BIG KING 4.0』を購入した方を限定に、全店舗で割引サービスを実施されています。

それは、購入時に"ビッグ"の名がつくものか、購入したレシートを持参すると、購入価格490円を370円に割引いてくれるという『ビッグ割』。

その名の通り、BIG、ビッグ、BIC、ビックなど、これらのワードがどこかに入っていれば何でもOKらしく、中には『ルービックキューブ』を持参して割引を受けた強者もいらっしゃるそうです。

『ビッグ割』のサービス適用期間は12月中旬までなので、お近くにバーガーキングの店舗があるエリアにお住まいの方は、ぜひこの機会にユニークで太っ腹なこのサービスを受けてみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-グルメ